苦しみは、

過去の記憶と

未来の予想の中にしかありません。



今ここに、スペースが空けば

そやつらはスルッと入ってきて


せっかくの余裕を埋め尽くしてしまう。








余裕がないから不安になるのではなく、

空いた隙間やスペースに

幸せや楽しいことやワクワクする気持ちよりも


不安や恐れを詰め込んでしまう、


という癖があるだけなのです。



----

それはまるで、

必要無いのに溜め込んでしまう脂肪のように、

わたしたちのサガなのです。




だから、いつも不安な人

いつも苦しい人

いつもせかせかしてる人




安心してください。




たぶん、

真面目なのでしょう。


たぶん、

完璧主義なのでしょう。



いいえ、たぶんではなく


真面目で完璧主義で
優しくて、責任感が強くて
負けず嫌いで、不器用なんです。


そうそう。

不安症の人はね、

その人に何か欠陥してるところがあるんじゃ無いのよ。

問題があるんじゃ無いのよ。

楽観的な人より劣っているんじゃ無いのよ。




幸せや笑顔や楽しさや喜びが重要視されてる今においては


ちょっと生きづらく、
不器用なだけなのよ。



---

でも、だからこそ知っておいて欲しいことがあります。


不安でいることで

どこか安心してることを。



心配することで

どこか安心してることを。




心に空いた隙間に

すぐ不安や恐れを入れてしまうのは、


真面目で完璧主義で、

そうでもしないとダメな気がして、

不安でいた方が普通な気がして

恐れていた方が大丈夫な気がして、




そうやって、空いた隙間に

楽な気持ちを入れるよりも


不安でいっぱいにすることによって

自分を満たしているということを。





ただそれだけに気づけるといいかもしれません。


ただそんな自分がいることを

ただ認めてあげることから始まるのかもしれません。








コメント(6)