人は注目されたい。
その人なりの好ましい形で注目と興味が欲しい。


ある人は、ストレートに注目されたがったり、
またある人は、間接的に作品とか文章とか、自分を通して生み出したものへの注目だったりとか。


愛されたい
愛され◎◎
モテる
モテる◎◎

これらすべて、

「興味をもってほしい、関心がほしい、注目がほしい」だけのことであって、

ほんとうの「愛」たるものの本質からは少しずれている・・・




と思っているのがわたしなのですが(笑)


この

・愛されたい



・注目されたい、興味関心がほしい


を分けてみるといいよ~ってことを、
お伝えすることがあります。


^^^^^^^^^^

恋愛・パートナーシップだとわかりやすいでしょう。



男女ともに、好きな人から(あるいは不特定多数から)

注目をもらったり、関心をもらったり、興味をもってもらいたい、

と思っています。



生物学的に、人間は自分に対する興味や関心がないと
生命の危機にたたされる!

・・・という情報が入っているので
なぁーんもおかしいことではないのですが。


恋人にたいして
『愛されたい』はある気持ちの代弁でしかなく

ほんとうは


・注目してほしい
・関心を持ってほしい
・わたしに興味を持ってほしい


のだと知ること。気づくこと。



人間語で「愛されたい」ってのは

本能語で「メシくれ!」って言っているのと

同じようなものだと思うのです。






これで、恋愛やパートナーシップ間のいろいろな問題が解消されることがあります。


^^^^^^^^^^

実はわたし、

恋人に愛されたい!

っていう感覚がいまいちよくわかりませんでした。



愛し愛される関係でいたい
お互いの関係が良好、かつ成長するものであってほしい


という気持ちはあるのですが、

「わたしを愛してほしい」っていう感覚がよくわかりませんでした。

こんな本を書いといてアレなんですが(笑)





『愛』に対する不感症なのかな~?
わたし、おかしいのかな~?
何か、封印しているのか?
我慢しているのか?



と思っていたくらいです。



でも、あるとき気づきました。


「愛されたい!」とは思わないのだけど、

「わたしに気付いていてほしい」
「わたしにかまってほしい」
「わたしに注目してほしい」
「わたしに興味を持ってほしい」


その気持ちのほうが、明確だった。



『なるほどね、みんなが言う”愛されたい”って、このことか!』

と、とても納得。


これに気付けて良かった理由は

『相手に伝えやすい、求めやすい』ことと、

『自分に何をしてあげるといいか、わかりやすい』ってこと。




愛されたい!を変換すると
そんなことができるようになっていくのです。


^^^^

例えば、もっとパートナーに愛されたい!

と思っていたとしましょう。




ただやみくもに「愛されたい!」って言っても、

実はなんとなくのぼんやりなので

相手に何を伝え、何を求め、
自分が何をされたら嬉しいのか、よくわかりません。


しかも、具体的じゃないので、
「愛する」主導権が相手側にあります。


それじゃあ、なんだろう・・・


非常に不安定というか。

自分の幸せや喜びが、相手に依存している状態になります。


^^

でも、愛されたい!を変換してみましょう。



注目されたい!
関心を持ってほしい!
たくさんかまってほしい!
話を聞いてほしい!
助けてほしい!
興味をもってほしい!



・・・こういうのは、女性の代表的な声かもしれませんね。


男性の愛されたい!と訳すと、


認めてほしい!
感謝されたい!
できるって思われたい!
かっこいいって言われたい!
頼られたい!
モテたい!(笑)



なのかもしれません。



ただ「愛されたい!」だけにまとめちゃうとわけわからなかったことも、

こうやって具体的にしていくと、かなりわかりやすい。

男女の「愛されたい」の違いも、わかる。




これがわかるとさらに良いのは、


『男女の愛されたいの違いが、すれ違いをうむ』ってことも
同時にわかりますね。


なぜなら、人はなんだかんだ

『自分の愛し方でしか、人を愛せないから』





だから、女性は女性の「愛されたい」に従って
相手を愛そうとするし、

男性は男性の「愛されたい」に従って、
女性を愛そうとする。





お互いに、求めていることが違いすぎて

根本的にすれちがう!



ほんとうにもう、ねぇ・・・!って感じですよね。


^^^^

さて、

「愛されたい!」を具体的に、ちょっと細かく見ていくと基本的に


・注目されたい!
・関心をもってほしい!
・興味をもってほしい!

のでしょう。
男女ともに。


さらに男女別にみていくと、



男性の場合は、
女性の場合は・・・・


ってな感じで分かれていきます。



男性にとっての注目、関心、興味と、
女性にとっての注目、関心、興味はちがうから。



もっと言えば、

人それぞれ、微妙に

「どのような程度で、どのような方法で、どのような頻度で」
注目されたり、興味もたれたり、関心もってほしいのか、
違う。






ここらへん、もっと具体的に書きたいのですが
この記事ではとりあえず


「なんとなくのモヤモヤを、
愛されたい!で終わりにせず、

もうすこし細かく自分の本音を見つけていこうぜ 」





っていう結論で、終わりにしたいと思います。



あなたのされたい

注目の形はなんですか?
頻度は?
手段は?
アプローチは?


言葉がほしいのか、
行動がほしいのか、
まなざしがほしいのか、

なんだろう?



それを見つけることができたら、

まずは「自分で自分に向けて、ためらわず。」




これが、鉄則なり。





^^

気が乗れば、続編かきますね。

この記事書いたら、久しぶりに恋愛の本がまた、書きたくなりました。



出版社のみなさま、
いかがでしょうか?( ̄▽+ ̄*)




ここ1年くらいかけて、じっくりゆっくり行っていることがあります。

それは・・・




何もしないこと

(DOじゃなくて、BEでいること)



「あ、◎◎しよう」と思って
すんなりそれができるときは、その行為と自分が繋がっていることになります。

だから、それはDOではなく、BEです。



逆に、

あ、◎◎しよう、と思ったとしても、その行為の奥に見えない不安や恐れがある場合は

BEではなくDO。



ここらへんの違いがわかるようになると、とても自然に行動ができるようになります。



なぜかわたしは忙しくていつもバタバタしているイメージがあるようなんですが、

実際はその正反対。


かなり、ゆるいと思います。

DOをやめてBEになってからは、もっともっと、ゆるい。



でも、DOをやめても
外界の世界はそこまで変わりません。

収入も変わりません。
付き合う人も変わりません。
仕事も変わりません。
ペースもそこまで変わりません。



ただし、自分の内部感覚が変わります。



たくさんやっても、

DOじゃなくて、BEだから
時間が経つのもはやく、


「やった」という感覚が残りません。


だから、なぜか時間がありあまってて
暇なような感じがします(笑)


時間に拘束されていないというか。



わたしがそうするようになったのは
あるとき、自分の中から声が聞こえたからなのです。

(あやしいはなしじゃないですヨ。笑)

——

自分の声をよくきく、というか。
自分の声って、すこしずつゆっくりでいいから意識していないと聞くことができません。


わたしはあるときから、

「笑わない」ことを意識するようになりました。

「笑える」ときしか、笑わない。




もともと、ぶっきらぼうな顔しているもので(笑)

それでこわいと言われたり、
ただ真剣なだけなのに、怒っているかと思われて気をつかわれたり・・・。


そういうことが多かったので、いつしか「笑うように」していたんですよね。

そしたら、あるとき気づきました。

『はぁ、わたし最近笑ってないなぁ』って。







え?って。

笑ってるやん!笑


と最初は思ったのですが、

その声が自分から聞こえてきたとき、わたしは自分の無理に笑うようにする癖を
手放すことにしました。



それからは、

家でも、外でも、仕事中でも、講座中でも、




笑わない

笑えるときしか、笑わなくていい




を徹底しています。


———

DOじゃなくてBEでいる、というのは
とても抽象的ですが、

同じ行動をするにせよ、その行動に含まれるエネルギーが変わってくるので


ブログを書くにしろ、
メルマガを書くにしろ、
わたしは

『書かなきゃ』がすこしでも含まれているときは書きません。

それは、DOだから。

そこには、”自分の存在”ではなく、”自分の不安や恐れ”が入っているから。



なので、行動をする前に一度、その中身と対話をしてみるんですね。





ほんとうにそれをする(DO)必要はあるのか?

何か勝手に勘違いしてしなきゃと思っているのではないか?




探ってみて、もし何かを勝手に勘違いして思い込んで、

◎◎しなきゃ、と思ってしているときならば、



勇気を出して「しない」選択、

あるいは「しないで様子を見る」選択をします。




すると、だいたいが

「勝手に思い込んでいたこと」だったことが、よくわかる(笑)




そうやってすこしずつ、
自分の中の思い込みとも付き合っていきます。

———



ふだん、会社勤めなどをされていると、
このDOではなく、BEで行動することが難しく感じるかもしれません。


はじめっからやりたくない仕事についている場合なんかとくに、
そこにはDOしかなく、
BEなんて感じる余裕も、ない。



でも、普通の私生活の中で考えてみるのです。




潜在意識は、ベストなタイミングでベストなものをベストなエネルギーすべてを与えてくれます。


「やらなきゃ」じゃなくて
「あ、やーろっぺ」
(古い?笑)


ってなるの。





自然と「あ、やーろっぺ」ってなることに忠実に、素直にいると

自分の周り(時間、仕事、お金、恋人、家族、友人、すべて)

から束縛されたり、
コントロールされていると感じることが減るのです。






あ~、なんか不自由だなぁ、

とおもったら、


DOばかりしていること、

「あ、やろう」じゃなくて「あ、やらなきゃ」ばかりが生活に溢れてしまっていることを、
再確認してみてくださいね。






ちなみに、

「あ、やろう」と思ったとしても、
癖や習慣で

「あ、やらなきゃ」が「あ、やろう」に移り変わっている場合もおおいです。



なので、シンプルな法則として、



それをやって、
自分がどうなるか?
シンプルになるか?
すっきりするか?
静かになるか?
ほんのり嬉しくなったり、楽しくなったりするか?



などを基準にしてみてくださいね。




「今のうちにこれやっとかなきゃ」で

人生詰めっ詰めにすんの、
もったいないと、おもうのです。






{1C076D26-B597-44C1-BAA5-502A34CAC5A9}


今日はみごとに、


DOをせず、
BEでいたら、
なーんにもできない1日になりました。


ふと、読みたくなって飲みたくなったものが出てきたので、そんなこんなで出かけたら


ふとブログ書きたくなって書いて、

そして、今です。









あなたがあなたでいるだけで、

助かる人がいる。


いるだけで、強烈に安心する人がいる。


いるだけで、気づきが湧く人がいるし、


いるだけで、心の助けになる人がいる。






わたしにとっては、今身の回りにいる人たちが既にそうで、

みんな、何かしら「してくれる」こともあるけど、

してくれることの前に、存在が大きい。




そして、自分もまた誰かにそう、思われてるのだろう。


-----

今日は、アシスタントの存在にこころ強くなった。


昨日は、講座メンバーの存在にこころ柔らかくなった。


だいたい毎日、
パートナーの存在にこころ頼りにしていて

(たまにここ忘れるとたいへん。笑)


だいたい毎日、

やりたいことがあることに、どこか静かに安定してる。




でも、それがなくなったとしても、大丈夫。


お金とか
仕事とか
恋愛とか
友達とか


なくなっても、大丈夫。




やっぱり、自分がいるから。
自分の話を聞く自分がいるから、大丈夫なんだよね。

---

そのうえで、人がいる。

そのうえで、人の存在があり難くなる。


そのうえで、パートナーの存在に感謝できるんだなぁ、と



ふむふむ( ̄ー ̄)

なるほどねと思うばかりです。



----

自分で自分の声を聞くっていうのは、

自分に話しかける感じでよくて。





よっ、今日、はたゆかどうよ?

体調は?

おー、よさそうね!

心境はよくなった?


あー、まだ少し寂しいみたいね。


うんうん、寂しいよねー。





共感はしても、アドバイスはしない。

そう、



自分にもアドバイスしないの。


---


変わり変わる自分に対して、
もう一人の自分がとやかくアドバイスするときがある。



もっとこうしなさいよー!

もっとこうしたらいいじゃない。




いやいやいや。。。




アドバイスが欲しいんじゃなくて

ただ話を聞いてほしいんだよね。





よく、


男性はアドバイスしたがり、
女性は自分の話をただ聞いてほしいだけ

と言うけれど本当にその通りで。







自分の中にいる男性性に、
自分の中の女性性が

「ただ、話を聞いてほしいだけ」

と言うのはとても大切だし、


自分の中にいる女性性に、
自分の中の男性性が丁寧に尽くし、
アドバイスするのではなく耳を傾けるの。


これ、大事。

パートナーの間だけではなく、

自分との間でも、大事ですね。



---