そこに、その行為に、その意識に、心はあるのか?
/hatayuka-ryc/entry-12175509928.html




先ほどのこの記事の追記、というか補足です。



私たちの中にある価値観は、

私たちの声を借りて
他の誰かの考えを押し付けてきます。


お母さんとか

お父さんとか

おじいちゃん、おばあちゃんとか、

小学生のときの先生とか、

近所のおばちゃんとか、


そういう、いろんな人の考えや恐れを
持った、

「借り物の言葉、考え」が、価値観です。



しかし、価値観があったおかげで
成長もしました。
生きてこれました。
判断をすることも出来ました。
仕事もできました。
恋愛もできました。
友達もできました。


いいことも、あったんです。


-----

借り物の言葉や考えたちは、
私たちの中に住み着いて、

私たちに教えを説きます。


その教えが、
自分のこころ、
自分のあるがままの世界観と
一致するときがあります。


そういうときは、価値観と世界観が一致して

とても心地よいです。




しかし、


あくまでも借り物の言葉、借り物の考えです。


時と場合によっては、

自分の本音や自分の心を無視します。





借り物の言葉たちは、

論理的で倫理的でとても強い口調で
大人の主張をします。


かつて、何も知らなかった頃にそう言われてきたように、

大人になってからも、借り物の言葉たちはわたしたちが何も知らない子供であるかのように、
接してくるのです。



あれしろ、
これしろ、
あれはだめ、
これはだめ、

あんなのは恥ずかしい
こんなのは情けない



借り物の考えは、
わたしたちの中に住み着いてるので
自分の声として響きます。



それが、いわゆる、


自分責め

ってやつです。

罪悪感てやつです。



------

でも、もう一度よく考えてみてください。


借り物の言葉、考えなのです。

とりあえず、一旦、

その考え、にしておくわ。


そうやって、借りてるだけなので、

後になってから今一度、その価値観を吟味する必要が出てきます。




それが、いわゆる葛藤です。

モヤモヤするのも、
葛藤するのも、
問題のようなものが起きてしまうのも、


ぜんぶ




価値観という名の借り物の言葉、考えを
もう一度よく吟味して、



それを自分ものにするかどうか、決めましょうね、というサインなのです。



だから、うまくいかないことがあって凹んでもいいけれど、


世の中にはうまくいかないことなんてなくて、うまくいってるとかいってないとか、そもそもなくて。



あるのは、ただあるものだけ。

出来事はただ起きてるだけ。


それを歪めてしまうのは、借り物の言葉、考えなのです。


----

わたしは、ブログや講座などで


どうあるべきか、という話はしていません。しているつもりはありません。笑



ただ、仕組みを知って欲しいのです。

そして、それによって、



各自がそれぞれで、それぞれの答えが出せるといいなぁ、なんて。



そう思うわけです。



この記事、とても大事なんで
何度も読んでみてくださいね。










どうしたらうまくいくかな?



うまくいかせるために、

あれとか
これとか
それとか

やってみる
言ってみる
意識してみる
がんばらないようにしてみる
サボってみる
わがまましてみる
自分を大切にしてみる




ぜんぶ、


うまくいくために


であって


自分のために


じゃないんですよね。



-----


恋愛がうまくいくために
ビジネスをうまくいかせるために
人間関係をよくするために



ぜーんぶ、

「問題発起」のモチベーションなんです。

問題が前提にあっての


行為、知識、学び、意識、


になるんです。



じゃあ、問題はない前提にしてみたら?



ほんとうにまだ、それやる?

問題は何もないことにしたら?

うまくいかせるためにやってたこと、
ほんとうに、まだやる?



問題は何もないとしたら?


今読んでる本、
今読んでるブログ
今付き合ってる人
今やろうとさてること


ほんとうにまだ、やる??





そうやって考えてみると
わかりやすい気がするのですよ。


------

で、もちろんこの記事に書いてあることも

何かを問題としてるわけじゃない。



ただ、

うまくいかせるために、

が基準になって、そこに

自分のために、

がなくなると、本末転倒だということです。




お金稼ぐために
そこにほんとうに自分の心はあるの?
心動くの?
安心したいだけじゃなくて?
だったら、お金稼ぐためにじゃなくて
安心したい気持ちを優先しようよ。




うまくいくために
うまくいかせたいのは誰や?
うまくいかせなきゃいけないというのは誰や?

誰がそれを求めてるの?
自分の心?
それとも、自分の価値観?




私たちの中にある価値観は、
私たちの心とは違い、

誰かの顔してものを言ってきたり
誰かがかわって代弁してきたりします。


外からも、中からも。



その中に自分のこころは、ないんです。



-----



今日は、金沢出張の日。

企業さまへ研修に行って参ります。






抽象的だけど、
好きな部分をかいつまんで、
読んでくださいね。






久々のかっちりめスタイル、なんか嬉しい。

{406A3E3A-D9D0-4DE7-8C3C-B275984EB485}





わたしたちの人生に入り込んでくると、

ことごとくいろんな問題を生む、

○○○

があります。


さて、なんでしょうか?















こたえは、


『ふつう』です。



^^^^


ふつうは、こうなのに、わたしは違う

→自分を変えようとする。


ふつう、幸せだったらこうなのに、わたしは違う

→幸せになろうとする。


ふつう、愛していたらこうするのに、わたしはされない(orされなかった)

→愛されようとする。


ふつう、稼げるってこうだけど、わたしはできそうにない。

→稼げないと悩む。



・・・・ふつう、ってなんだ?




とよくこのブログでも問いかけるのですが、

誰かとの関係や、
何かとの関係、

すべてにおいて「ふつうは」ってのが入り込んでくると
たちまち問題が発生します。



もっといってみましょうか。




うまくいっている人はふつう、こうしている。
わたしはそれができていない。

→だからうまくいかないんだ。


わたしはこういう人間だから、ふつうこういうことができるはずなのに、
今のわたしはそれができない。

→ダメだわたし。


自分はこれを望んでいるのがふつうなのに、それが叶わない。

→わたしの望みは叶っていない。




ほら、書き出すととんちんかんに聞こえるでしょ?

^^^^^^


わたしたちの中には、

無意識に覚えた

「ふつうはこうする」ってのがたくさんあります。


いわゆる、それが幼い頃に覚えたルールであり価値観であり、

ほんとうの自分・まんまの自分を抑圧する固定概念でもあります。




潜在意識に眠っている、

「ふつうはこうするべきなのに」が発動すると、

わたしたちは自分を責めます。

罪悪感を感じます。

自分が問題だらけに思えます。

幸せや愛情はここにはないと思います。

何がやりたいのかわからなくて焦ります。

できていないことばかり見えてしまいます。




「ふつうはこうするべきなのに」
「ふつうはこうなのに」
「ふつうはこうであるはずなのに」


すべて、それらが無意識に発動しての副作用のようなものです。


罪悪感だってそうですよね。


「ふつうはこうなのに」

それができない。

→わたしはダメだ、ごめんなさい。




文章にしてみると、?????????ですね。






この、気づかぬうちにストックしてしまったたくさんの
「ふつうはこうでしょ」

を、ひとつずつ

「そのふつうはわたしにとっては違うけれど、

わたしのふつうはこれです」



と言えるようになることが、

自分とつながることだったり、
自分を見つけることだったり、

するのです。




そして、そのときは安心します。

心の奥底から安心します。



「あぁ、わたしはわたしでよかったんだ」

となります。





あのとき泣いてよかったんだ。

あのとき怒ってよかったんだ。

あのとき笑ってよかったんだ。

あのとき、あれでよかったんだ。





仲直りしていくと、
心も身体もゆるんでいく。



あぁ、よかった、よかった、って。



お金にも恋人にも友達にも仕事にも与えてもらえない
絶対的な安堵感を得るのです。

^^^^^

先日、ELMプログラムのメンバーからこんなコメントをもらいました。



---------------

Q,ELMプログラムってどんな感じだった?

A,

ネックレスのチェーンが絡まったような
過去からの思い、感情、思考を


自分なりに体感から緩め、解き


なかった事にした繊細な願望
感じていなかった伝えられなかった感情を

人生という自分なりの織物の編む糸にする

---------------


とても素敵な感想。



日々の中で、いろいろな問題や悩みに出会うことがあると思います。

当たり前のように

「問題だ!解決しろ!」といわんばかりの面で

目の前にドーンっと出てきたりします。


そういうときって、

すごく圧迫感を感じるし、

すごくこわいし、不安だし、イライラするし、嫌になりますよね。



でもでもでも。



もし、これが

「ワークのようなものだ」としたら・・・?
「ただのあぶり出しワーク」だと思ったら・・・?

少し見る目が変わるかもしれません。


実際に、ELMプログラムのワークは、
眠っていた「ふつうはこうでしょ」を

あえて

引き出して、

あえて

隠さず出してもらって、

そして、


ぎゅーっとなっているのを
するっと抜く。


んぁぁあああああ"~ぬけたぁ~!


となる。笑


眠ったままのいらない価値観を放っておかず、

リセットしてあげる。


身も心も、

ふわ~っと力がぬけて、

らく~になる。



あえて、ワークで引き出して、ぬいてあげて、仲直りしてあげるから、
他で、副作用が出にくくなる。





^^^^^


問題がある、
不安がある、
悩みにぐるぐるする、
なんとなくモヤモヤする、
人と比べてしまう・・・


そういうときこそ、

「ふつう」を疑ってみてほしいのです。


自分の中に眠っていた

「ふつうはこうするべきでしょ」が発動しているんじゃないか、って。



それに気づいたら、

先日紹介したこの方法を試してみてくださいね。

続けていると、とても効果を発揮してきますので!



----------
▼INFO
----------

無料メルマガのご登録はこちら

「好きなことで稼ぐ前に、稼ぐことを好きになる!」
7日間の無料メール講座のご登録はこちら


潜在意識を学ぼう!オリジナルツールRYC®メソッド

全国で受けられる!初級講座はこちら

ちょっとマニアックな潜在意識の研究所

HATAYUKA LABOはこちら