ポジティブ!

テーマ:
今週日曜日がバレエの発表会の娘ですが、
連休あけのきのうの朝、干しておいたトウシューズが不幸にも猫の○○っ○で汚れてしまい…。

軽く洗ったものの匂いはとれず、っていうかトウシューズ洗ったら弱くなってしまうし…。
それも、ようやく見つけた自分にあったトウシューズだけど、
外国製だからちょうどのサイズが店に在庫があるとも限らず…。

「それに、今日のレッスンではくトウシューズがない…先生になんていえば…」
…泣きながら学校に行きました。

「トラブルはつきものだから、起きてしまったことはしょうがないからいつまでも泣いていないで前をむいて対処を考えようね!」

とはいうものの、娘はものすごくまじめで昔からどちらかというと物事をネガティブにとらえがち…。そこに干すのは危険だともっとちゃんと言えばよかった、予備を準備しておいてあげればよかった…と母も反省しきり。
それでも、チャコットに1足あり、通販でも予備の1足を見つけ金曜日到着で送ってくれるとのこと。発表会はなんとかなりそうとレッスン場に電話で伝言を頼みました。

そしてきのうの夜帰ってきて
「あのね、今日ね、Yがトウシューズで激しく転んで捻挫して、
Rは急に足が大きくなってトウシューズがはけなくて、
Aはトウシューズが急につぶれて立てなくなって、
先生が、『ええ!発表会まで1週間なのに…みんな大丈夫?』って
中2呪われている~!っていう雰囲気になったんだけど、
『実は私も…』って言ったら、
『え!yuiまで!どうしたの!』って言われて
『ネコのおしっこで汚れました』って正直に伝えたら…
みんな大爆笑だったの…。
暗い雰囲気がなくなってがんばろうっていう。思い切って言ってよかった」
とのこと。

こうしたことを積み重ねて、管理をちゃんとしようと思うだけではなく、
アンラッキーなことも笑いが取れて「おいしい」と感じたり、
まあ、発表会当日じゃなくてよかったって思えたり、
そんなことを学んで少しずつポジティブになってほしいな。
AD

モンスターズアンセム

テーマ:

大学時代の友人が脚本を書き

高校時代の友人が出ているミュージカルを見てきた。


今日明日だけ。

もったいない。このキャストでこの内容で2日4回だけなんて。

特に後半の頭は泣けるよ~。

そして、キャストの歌唱力、ぱなく、すごい。


当日券もあるので、ミュージカルに興味がある方はぜひ!


http://monsters-anthem.com/cast/


3曲目の「ともだち」という曲は

先月、12年ぶりに私と会った時に作った詩だという。

大学時代の彼女といろいろな事を語り合った

密度の濃い時間を思い出して…泣けた。


大学時代のサークルで一緒だった

映画の脚本書いている友人と観に行った。

この3人のスリーショットは30年ぶりだろうか・・・。


脚本家2人と3人でお茶しながらおしゃべりして

私は脚本書かないけど、

文章を書いたり企画つくったり

ある意味同じような仕事だね、って笑った。

AD

いや~。

よかったです。

キャラメルボックスの「サンタクロースが歌ってくれた」

退団した、上川隆也さんも出るとあって、

会場は熱気にあふれてましたね~。

ストーリーもよくできていたし、

演技力のある人ばかりだったし

笑いあり、踊りあり、次の展開が気になって、

あっという間の2時間でした。

いろいろな見方があると思うけど。

すずこという登場人物に感情移入して、すずこの視点で観ていました。

そしてなにより、魅力は、

演じている人が、とても楽しそうで。

25周年ということもあって、力も入っていて。

いつもは、どちらかというと

映画のように舞台を観ていますが、

今日は、なんだか自分が高校時代に演劇部だったことを思い出しました。

人前で演じることであったり。伝えたいと思って舞台を作ることであったり。

そんな熱さが伝わってくる舞台でした。

普通のサラリーマンになったけど、

許されるなら、そういった世界に進みたかったな…。

その一方で、高校時代の友人の岡田静香(のちに劇団四季に入る)の

舞台の上でのオーラを観て、

私には彼女のような存在感はないなあと、感じていもいたから

早々にあきらめたけど。

balletをしているのも、どこか舞台で表現したいという願望があることが大きいのかもしれない。

1990年ぐらいに、宣伝部時代に、フロムエーが演劇支援をしていて

三谷さんの舞台や、キャラメルボックスの舞台を観ているはずなので、

もしかしたら、今日の(1989年の再演とあったから)を観たのかもしれない。

月に1本演劇観る、という目標はがんばってクリアしていこう。

そして、そんな熱い気持ちを思い出させてくれた

キャラメルボックスの仲村さんに、感謝感謝です!

ありがとうございました!

AD