多くの人に伝えたいこと。

テーマ:
1月に右足を人工股関節にし、
右足を治したらそれまでがんばってきた左足が悪化し
このたび左足も人工股関節にする手術を行いました。

変形性股関節症といって
骨頭がうまくはまっていないので
加齢とともに軟骨がなくなって
骨と骨が当たって痛いっていう症状です。
生まれつきのようですが
わかるのは40代が多いそうで、
私の場合はバレエを踊って違和感があって
行きつけの整骨院の先生に勧められて整形外科でレントゲン撮って
すでに末期だったのが7年前。
バレエのおかげか、上半身で歩いているようで
あまり痛くなかったのでぎりぎり我慢できるところまでがまんし
1月に症例数が多い病院を自分で探して診察を受け
先生がとてもわかりやすく説明してくださり
言っていること(考え方)にとても共感し
この先生ならお任せできる!と1月に手術。
右足の術後の検診に通いながら
左足も診ていただいていましたが
もう限界で、手術となりました。


今回入院して、いろいろな人とお話して

「近所の病院でずっと神経痛だと言われていた」

という母と同じ年の方。

「整形外科で、手術してももって20年だからなるべく手術は遅いほうがいい」

と言われていたという同世代の人。

「腰痛だと思っていたから股関節だとわかってびっくりした」

という60代の方。

医療技術がどんどん進むので
最先端の病院とそうでないところでは
全く事情が違うし、
ネットなどで調べられる人とそうでない人との差も大きい。

私が股関節変形症とわかったころから足をひきずっていて
ようやく私の主治医に診てもらったママ仲間は
腰も悪くしていて、股関節の手術をしても痛みは取れないかもしれないという。
我慢しすぎると、よくない場合もあります。

私のおばたちは80過ぎて手術せずに
(遺伝ですかね、多いです親戚に)畑仕事なんかしてますが
別にへーきらしく、
それも一つの選択です。

私はずっとバレエを続けていたので
手術をしても離床してすぐにもう立てて、すぐ歩けたけど
車椅子でやってきて
手術後に歩行器→杖になって
「歩ける」ということに感動している人を
たくさんみました。

だから、股関節の痛み、もしくは腰痛だけど腰が悪くないといわれている方
いろいろな事情で人工股関節に二の足を踏んでいる方…

手術するしないは本人の選択でいいと思いますが
ぜひ、人工股関節の症例数の多い
最先端の病院で先生に会って
話だけでもしてほしい。
少なくとも私の手術した病院は
紹介状がなくても
(初診料かかるけど)
普通に診察してもらえます!

結果どうするかの判断はその人それぞれですが
正しく自分の足の現状を
理解していほしい。
そう思います。

詳細知りたいかたはコチラをお読みください。


ということで年内は失業者です。
来月あたりから転職活動始めないとだわ~。
とくにあせりもなく
トランジションに自分の点検中です。

ある意味、眼の前に自分に向いた仕事があって、
社会的に意義があって、
30年間仕事をしてきたように思います。

これを機会に、これがしたい!これをやろう!
と、いうことが果たして自分にあるのか、
残りの10年をどう過ごしたいのか
考えようと思っています。

AD
クリスマスイブに骨折をし
まったく役立たずな年末年始を過ごしています。

かろうじてお節は例年通り作りました。

来週月曜日から新しい職場で新しい生活が始まります。
そして月末には
おそらく人生最大の出来事が待っております。
まだご報告はできませんが、
自分自身を試されるような新年となりました。

今年は、おそらく私にとっては
大変な1年なると思います。

まあ、明るく、元気に
家族仲良く、
そして
「無理せず」
1年を過ごしたいと思います。

本年もよろしくお願いします。
AD

りんごをかじると

テーマ:


はぐきからちがでませんか。

でません。

伊那から届いたりんご
今年も蜜がご立派で。

ちびがさっそくかぶりつき。

うれしい~。


iPhoneから送信
AD

発熱しました

テーマ:
思春期でくそまじめな娘には
テキトーで反抗期な弟が許せなくて
抗争が激化して母がプチ家出したりした先週…。

金曜日は夜祭りで10万近い飲み物を売り。
土曜日が午前中学校公開日で学校へ行き、、
午後は祭りの準備。
日曜日は午前中ちびの試合で
帰って長男の背番号を塗ったあと
ちびの神輿を見守り、祭りの準備をしたあと
5時間たこ焼きとポテトを揚げながら
大声で売り続け10万円を売り上げ。
__.JPG


祝日は長男の秋季大会初戦の応援に行き。

帰ってそうじや洗濯するも
なんかふわふわするなあと…。
久々に38度。

デングじゃありません。

過労です。

そして、今日明日は仕事ピークで
なんとか37度3分まで下がったので
仕事に行こうとしたら、猫がまさかの娘のトウシューズに○○っ○を…。
今週の日曜日が発表会で外国製のトウシューズで
1足しかないっていうのに…。
しくしくと泣く娘…。

さすがにへろへろです…。

がんばります。
5年前の6月1日に頭の骨を折ったちび。
たぶん大丈夫だろうけど、
何かあるとしたら今夜ですと言われた
病院でのまんじりともしない、
ひたすら眠り続けるちびを見守ったあの1夜を
一生忘れない。

__.JPG

あの時、無事だったからこそのこの姿。

ただただ、感謝。

腫れてます;_;

テーマ:
やっちまったな~

なあーに~

っていう言葉が頭をこだましちょります。



幼少のみぎりより、活発な私は
ケガばかり。

家族もしょっちゅうけがをします。

この5年でも、

だんなはソフトボール大会でママたちにいいとこ見せようと
ダイビングキャッチして鎖骨を骨折。
ちびっこは頭の骨にひびがはいり。
長男は車にちゃりごとはねられ(無傷)
   雪かきしていて自分で投げて雪の塊を顔面で受けて7針縫う…。

あ、娘はないね。

で、私も大きなけがはここのところなかったんだけどね~。
新横浜駅前で段差に足がはまり
そのままきれいにこけて
足の甲をやっちまった。

いつもトウシューズでスっ転んでいるから
きれいに転んでそれ以外のけがはなし。

骨に異常はなさそうだし
初期の処置がよかったために
あまり痛みはありませんが
すげー腫れっぷり。

はあ~。
不便。

猫もびっくりさ。

iPhoneから送信__.JPG

片付けって

テーマ:
ゴミ屋敷の住人だとか、一人暮らしで家が汚い人は、
心に問題があるとか。

この半年の私の心の状態はあまりよくなかったからか、
とても家が散らかっていたというのに、
どうしても、片付けられなかった。
たぶん、今が史上最悪。

あのね、散らかっているのが目に入らないという点が
精神状態の悪さにリンクしている気がするのだ。

去年の夏にとっても心が傷ついて
やはりなかなか立ち直れていないんだな。

それでも、ようやく、きのう、片付けた。
といっても。まだ、五分の一程度ですが。

まずは、片付けるだけの
心身ともに健康な状態を戻りつつあることがうれしい。

そして一度片付けだすと
いろいろ気になりだして、少しずつきれいなところが増えていく。

うん。4月は片付け月間にしよう。
ちょこちょこと。
まずは捨てる。

がんばるよ。

まあ、こいつが荒らすんだな。
アメショーは激しいよ…。



バカ長男

テーマ:
まあ、東京の西の方にある学校で
野球場が雪で大変なことになり。
ネットは破れ、ベンチの屋根も壊れ。

毎朝グランド整備なのですが…。

おとといの朝、雪を片付けて
どうやら手渡しでほいほい渡して
最後に脇に投げる担当で
受け取った雪の塊がでかすぎて
投げようとしたら二つに割れて
その力で足元を救われ転んでその投げた雪の塊が
顔面に落ちてきたらしく。



6針。

野球でけがしたことないのに。
試合に行く途中で車と自転車でぶつかって救急車で運ばれたり(無傷)
バカすぎます。

みなさんも、
雪かきはくれぐれもお気をつけあそばせ。

iPhoneから送信

ボロボロ

テーマ:
少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG


私がバレエを始めたのは、

31歳の時だった。


もともと腰痛持ちで、

これは何か運動でもしなければ!

と、少しやったことのあるジャズダンススタジオを探したが

ちょうど土日にやっている所が近所になくて、

たまたまあったバレエスタジオで体験して・・・はまった。


間に3人子どもを産んだので多少の中断があったものの続け、

今の先生に12年前に出会ってからは、

毎年のスポーツクラブの発表会、

3年に一度の先生の大きな発表会、

合間の勉強会と、

舞台にも何度も立っている。


股関節に違和感を感じたのはたしか5年くらい前の

発表会前のことだった。

生まれつきの股関節変型症が

今さらながらに発覚した。

10年くらいしたら人工股関節にしなければならないほどの

進行期だったのに気づかずにきたのは

もともと身体が柔らかい上に鍛えていたからか?


あまり股関節に負担をかけずに

薬を飲んだりしながら、やりすごすのか、

ストレッチして筋肉鍛えてキープしていくのか。


誰も決めてくれないので、

自分は後者を選んだ。

だから、今もバレエを続けているが、

10年したら人工股関節と言われて5年経っているので

かなり稼働領域は狭いし、正座はできないし、

長時間立っていたり、歩いたり、

重いものをもったりすると、

大変なことになる。

信号でダッシュもできないし、

階段をかけあがることもできない。


ずっと座っていた後に立ちあがると

すぐには歩けないし、

「足どうかしたの?」

と今日も言われたが

普通に歩いているつもりだが

やはり変らしい。


たとえば、バレエでいえば

キャトル、サンク、アンバッテ、シャッセアンレール、

ブリゼボレといった飛び系はできないし、

右足は前と横があがらないので

デベロッペやグランバトマンは

かッチョ悪い。

(うしろは問題ない)

あ、あがらないといっても

バレエ踊らなければ足をあげることはないので

日常生活では特に問題ないが。


また、右足を軸にしたアンデダンターンというのも

できればやりたくない。


それでも、先生は発表会に出る事を拒むどころか

応援してくれているし、

私のできない振付を変えてくれることもある。

実はこっそり私だけ左足でジャンプしていたりすることもある。

上半身をひきあげて、

首や腕をきれいに使う事をとても意識するようになったし、

先生もそこをすごく注意してくれる。


そこまでしてなんで踊るのと言われると

楽しいから。

きのうできなかったことができるようになったり

上手になったりすることがうれしいから。

(できなくなることも多くなっているが)

そして、バレエのお友達と一緒にいるのが楽しいから。


同じ目標を持つ仲間がいるというのは

もうすぐ50歳のおばちゃんにしたら

ぜいたくだと思う。


ということで、

5月の発表会に向けて週に4日踊っているので、

トウシューズもぼろぼろです。

でも、実は筋力がアップするし

体重も落ちるので足の調子はいい。


自分がバレエやっていたから娘がバレエをはじめ

(私よりすっかり上手ですが)

ちびっこがダンスをはじめ

(これまたすごいうまい…)

踊る大家族です。


まあ、やばいと思うまで、発表会に出続け、

人口股関節になったとしても、

バレエは続けたいと、思っています、はい。

この世代の女性、多いらしいです股関節変型症。

このおばちゃんは、がんばりまっす。


5月の発表会も

娘と一緒に舞台に立っている場面もあったりして、笑っちゃいますが

楽しくやりまーす。


iPhoneから送信