研修の仲間のみなさまより

テーマ:
資格とるのに
お勉強していますが。

一緒に学ぶ若者から
目ヂカラ強すぎます
と言われました。

おもろいおばちゃんでやってますが
まあ、グループワークとか
課題抽出とか
実はやりなれているので…。

場を崩さないように
書記したりとか
なるべく気配消してます…。

毎日新たな学びは
めっちゃ楽しい!
AD

第一子は素直だったな~…。

テーマ:
本当にちびはああ言えばこういう。
むかつく~。

最近年齢もあるし
3人目だし私ももうがまんするというギアははいらない。

・・・で、毎回近所にまる聞こえで怒鳴ってしまうのだが、
本来伝えたいことはまったく聞かずに
怒っている母の態度を怒ったり、
自分の都合でなきわめいたりするから
ぐったりしてしまう…。

第一子はなんだかんだ言って
揚げ足をとるようなことを言うこともなく
素直に聞いていたのだが
今思えば飲み込んでいたのかと
申し訳なく思う。

ちびは腹もたつが一番打たれ強く
なにがあっても社会でやっていけるようにも思う。

むすめはむすめであいかわらずの反抗期で…。

早くこの状態から脱したい~。




AD

ちび11歳

テーマ:
なぜ、あんなに子どもは3人!
とこだわったのかな~。

男の子と女の子いて。
2人も3人も大してかわらないんじゃないかとか。

多分、今が一番いろいろ大変だけど、いや~三人三様、おもしろいよ!

チビ、11歳おめでとう。

FullSizeRender.jpg


理屈っぽくて態度がデカいあたり、1番私に似てる。
塾の勉強も、ようやく少しはやるようになり、
学校でも、ずいぶん落ち着いたらしい。
あいかわらずやりたいことを
その時やれないと
すぐにイライラするあたりが
私との衝突の原因ですが
それさえなくなってくれれば。

リレー選手と応援団だだそうで。
それも5年生なのに応援団副団長とか。
だって5年でもいいっていうし~
6年でやりたい人いなかったし~
なんか、大物なんです…。

さて、
父も姉も遅いんだよね~と朝つぶやいてたら、
兄がダッシュで帰ってきて一緒に祝ってくれた。
泣ける~。
いや、ホント兄はいい人なんです。

むすめは長い反抗期に入っていて、
私と兄とは大丈夫ですが
父と弟は閉鎖されているので、
まあ、殺伐としていますが。

それもまた、
なんかコントのようにおもろいなあ~と。
時が経てば、必ず笑い話だろうと。
むしろ、学校やバレエではとても楽しそうで
それも少し無理しているとするならば
全部自分のいやなところを出して
感情むき出しの場所があることの方が
よっぽど健全かなと。

そんな我が家も今年はダブル受験。
それぞれがんばれ~。
AD

部活

テーマ:


少子化時代の子育てとキャリア教育-部活
バレエを週に5日も踊る娘は

中学で選んだ部活は週に2回しかない水泳部。


でも、たとえばテニス部やバスケ部の友達をちょっとうらやましいと

思っているところがあった。


水泳部は、娘のように外の習い事で部活をがっつりできない、

たとえばシニアで野球をやっている人や

サッカーを外のクラブでやっている人などが多い。


で、今日は区の水泳大会で、

もともと水泳部は女子が少ない中で、

娘は6年生までスポーツクラブで上級になっても泳いでいたので、

そこそこ泳げるので出ることに…。


50メートルのバッタ、平泳ぎ、メドレーリレー(バッタ)に出場。


平泳ぎ中学女子は16名中9位。

バッタにいたっては9名しか出ていない中7位。

でも、あと0.1秒早ければ決勝で悔しい~。

(しかし他のバッタの選手の背中の広さったら…)


でも、1日プールで、部員で一緒にいて

応援したり、応援してもらったり

はじめて

「部活」

らしい一日でした。

先輩男子と話す姿に、ちょっとほのぼの。

(先輩男子ってシニアの野球の子やサッカーの子だったりするんだけど)


1年生は仲良しの女子と速い男子の3人でしたが、

まあ、3人仲良く1日過ごし、

中学生活が楽しくおくれていてよかったなあと

母、うれしい一日でした。



娘の中学運動会

テーマ:

いろいろあった娘ですが、

地元の区立中学に進学し、のびのびやってます。


体育係として臨んだ初めての中学運動会、

リレーに、1000メートルに体育係に大活躍。

クラスが準優勝し表彰を代表して受けたり。


なんか、小学校でいろいろと女子で苦労していただけに、

イキイキと活躍する姿にうるうる…。



少子化時代の子育てとキャリア教育
1000メートルは、へろへろでした。


まあ、結果オーライだったな。

入学式続き。

テーマ:
少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG



きのうは長男高校の入学式。

今日は娘の中学の入学式。


兄の高校では、

先輩の高校生が

「自由をはきちがえてはいけない。

自由とは責任を伴うものだ」

とのあいさつに、ほっほ~と思い。


娘の中学では

先輩の中学生が

「何か打ち込むものがあれば勉強はどうでもいいというのは

間違いです。

一流の人はみな勉強をおろそかにしません」

とのあいさつに、ほっほ~と思い。


ともによい学校に巡り合えてよかった。


娘は、なんだかんだありましたが、

徒歩5分の区立中学に通う事になりましたが、

その一番の理由が制服。

きゃわゆいの~。


靴は革靴禁止で、通学はリュックなので、

またすごい靴はいてますけど。


まあ、これから3年、小、中。高で。

えらいこっちゃ。


兄は中学=野球だった。

でも娘は、週4バレエなので、

部活はできれば月、水、木のバレエのない日のものにしたい。

運動部に入りたい気持ちもあるものの、

両方が中途半端になるのも・・・という悩み中。

さて、何を選ぶやら。


今日も、入学式が終わるなり

大人のバレエの発表会のリハーサルに行った(と思う)。


新しい生活の始まりです。



iPhoneから送信

終わりました。

テーマ:

どとうの10日間でした。


作文、特に意見文が得意な娘は

他の学校では400字くらいだけど、

その学校は


「600字の作文をがっつり書かせる学校」


だったので

あえて選んで受けましたが…。


なんと作文が出題されないという予想外の出来事…。


倍率7倍、得意の作文も出ない…。

残念ながらダメでした。


都立は怖いね~。

テレビでもやっていましたが、

塾がすごいので、その裏をかかなければならないんでしょうね。

でもだからって、作文ないってやりすぎでしょ~。


はい、愚痴でした。


まあ、でも娘はあっけらかんとしたもので、

私立の女子校受かってましたが

「女子校リアルにないし」

と、とっとと地元の区立中学進学を決めて

制服も注文しちゃいました。

(制服がまた、かわいいので)

家から徒歩5分だし。

(片道1時間の学校を受けていました)

同じように違う都立中を受けたけど

過去の出題と違う問題に対応できなかった友達と

部活の相談までしています。


もちろん傷ついてはいると思います。

その友達は結果を聞いて大泣きしていたそうです。

娘はふーんやっぱりね、っていう感じで。

いっそのこと泣いてくれた方がよかったかな。


でも、

ここに至るまで、どうしても算数をがんばれなかったことが

結果につながっていることを本人もわかっているし、

まあ、受かっているところがあるけど地元の中学っていう

複数の選択肢から選べた事も

よかったなあと、思っています。


ただ、

「しょせん、努力したところで

結果につながらない」

などとは思ってほしくない。


都立向けにいろいろな作文を書いたり、

図表の読み込みやったり、

もちろん算数もがんばったりした勉強は無駄ではないし。


適当な兄と違って

「塾でこれやれって言った」

「塾の宿題だから」

「塾の先生がこういっていた」

っていう事にふりまわされた娘なので、

中学は通信教育で

自分のペースできちんと納得しながら勉強してもらいたいものです。」


まあ、塾の予想と全く違う問題だったので

「塾なんてあてにならない。自分で考えないと」

ってことは身を持って体験してくれたようですが。


ということで、

3年後は、兄の大学とW受験ですが。

ま、いっか。

終わった~

テーマ:

ものすごい受験生の数・・・

過去問と全く違う問題・・・


全く合否が読めません…。


それでもここまでよくがんばった娘を尊敬します。


そして、わたしも娘もそのまま発表会の振付…。


私なんてまるまる一曲終わってしまい、

頭フリーズの中では無理~。


明日からがんばって覚えます。

とにかく何度も踊らないと体にはいらない。


そして家族で阿佐ヶ谷のえこひいきでごはん。

豆まきなう。


もう寝たい…。


そして来週もめちゃ忙しい…。大丈夫か!

受験初日

テーマ:

3日が本命ではありますが、

まあ、それに向けて今日2校、明日1校。


昼に中華ランチを娘と食べて

私は眠くなって

仕事する予定の保護者控え室で

机に突っ伏して1時間熟睡し

「チャイムの音で起きる」

という久々の経験をするありさま…。


それでも、午前受験した

近所の女子校に午後受験の帰り道によって

合格を確認して、

ネガティブシンキングの娘も少し落ち着いた。


共学に行きたい娘なので、

女子校受かったからといって気は緩みませんが、

「へ~ちゃんと、受かるんだ」

っていう事実が大事だと

改めて痛感。


そして、その学校は

どの問題がどれくらいできたか教えてくれるという

すばらしいサービスがあり。


「作文はとてもすばらしゅうございました」


と絶賛されました。


あと2日~。

母もがんばる~。


ちなみに受験で学校が休みな長男は

仲の良い友人と男4人で富士急ハイランドに行き

めっちゃ楽しかった~

と江頭のような黒タイツいっちょで語り続け

娘のヒンシュク買っている。


まあ、いつもの風景ってことで。


聞けば受験に向けて

何人か学校休んでいるそうで。


いや、うちはそんな事させまへんで~。

そもそもリズム狂うし。

昼間私家にいないし。


多分

娘もバレエでは本番が一番うまかったりするから

前日に緊張で寝られないとか

本番でフリーズして頭真っ白とか

そういうことはないとは思うけど。


まあ、家もいつも通りが一番なわけで。


兄と違ってぐちぐち言ってますけどね。

心配症だから。

自信ないとかなんとか。


でも

「オレ、11月で合格可能性20%で受かってますから。

それに比べたらいいでしょ~」

「あ、りいが試験ってことは、

オレは試験中、学校休みだから

映画見たり富士急いったりしちゃうけど

悪いね~がんばってね~」

って兄だし。


母も、

冷静に考えて

作文というのは失敗しずらいし、

作文と通知表のシェアが高いんだから

まあ、心配すんな。


ま、でもお母さんが受けるわけじゃないから~。


とか。


今日も、この3日間の予定をきっちり書いて冷蔵庫にはってあった。

まじめ~。


ちびもあと3日がんばれ!

きのうもなんとか仕事を早く抜けてちびっこのダンスを見に行ったり

一緒に風呂に入ったりしてあげてるんですけど~。