出産

テーマ:
先日、「あさいち」で出産について取り上げていた。

病院で、陣痛の間に放っておかれた…
だんながつきそってくれなかった…
陣痛が予想と違って長かった…
お産、痛かった…

そんなはずじゃなかった。

みたいな。

要は、理想と違った…的な。

えっと。

理想ってなに。
「そんなはずって」ってなに。

動物なので、お産は基本、1人でしなくちゃならない。
でも、1人じゃ無理だからお産婆さんが昔はとりあげてくれて。
今は、さらに病院で受け入れてくれる。

ありがたや。

私も1人目陣痛長かったな。
3人とも陣痛は病院の部屋で1人だったけど
別にそれをどうこう思わなかったし、
ナースコールでいつでも呼べたし。

たとえばそこに誰かいたらどうなってたかっていうと
痛いって聞いてもらうぐらいで…。
痛み変わらないし。

1人目なんて
陣痛がまんしすぎて(どんなもんか加減がわからず)
あ、破水した、と思って呼んだら、
頭見えてます、ってすぐ分娩台で
2イキミぐらいで産まれちゃったし。

あ、もちろん、高齢だったり、
血圧高いとか、ちょっとおかしいとか
そういう事を見逃さないのは必要ですよ。

事前に予習しすぎ?
それまですべてが「思い通りに」行き過ぎ?
痛みや辛さに弱い?
病院とか、サービスに対して期待しすぎ?

なんだろう。

あさいちの途中で
視聴者からのfaxで
私のような人からのfaxがいくつかきたみたいで
番組のトーンが変わって少しほっとしたけど。

もう忘れた昔のことだけど。

AD

テキトーな母

テーマ:


先週、夕方ちびから留守電が入っていた。

「どうやら、今日から塾の新学期らしいから
 とりあえず行ってみます」

その日の朝、
「来週ぐらいじゃね?」
とか適当に答えた母でした。

おとといは、月に一度のお弁当給食の日で、
金曜日に聞いていたけど、
土日はさんですっかり飛んで
「いったん学校に向かったちびがあわてて帰ってきて」
「今日、弁当だ!」

幸い、うちは朝は弁当作るから
かつとかあったので
おおあわててつめて渡した。

土曜日の学校公開日も
作品展で、
「わー上手だね、この牛」
と言ったら
「おかあさん…ここに書いてあるでしょ…これ
 シーサーだから」

と思ったら隣で同じ年のママが
「やだ~上手じゃない~自分の顔?」
って言って息子に怒られていて。

50歳ママ二人で
「いーじゃなーい、上手なんだから~」
ってお互いの息子の背中をばんばん叩くっていう。

母、適当だと、子どもはしっかりするの~。





iPhoneから送信
AD

打ち込んでますか

テーマ:

台風で、

兄部活なくなり、

娘バレエのレッスンなくなり、

ちび、野球の練習なくなり、

母祭りの片付けなくない

ばあちゃん、伊那に帰れなくなり…。


家の中に祝日に6人も人がいる~。


という珍しい現象でした。


娘のバレエへの集中力がすごかったが

きのうの放心ぶりはさらにすごかった。

今日も顔真っ白。

大丈夫か~。


でも、小学校低学年には自分の感情をコントロールできずに

私が遅い日などはランドセルを投げ散らかしていた娘が

ここまで成長できたのは

バレエの存在、バレエの先生が素晴らしい方であること、

そしてバレエの仲間たちがいること。


中学生になり、ぐっと成長したなあと、

しみじみ思う。


兄の野球もそう。


ちびっこは、ダンスと野球と水泳をやっていて

口では野球が一番好きだと言っているが

どれも同じだろうな。


ダンスも駅前公園で踊った時の表現力にびっくりしたのだが

水泳も、

8月末に5級だったのが

木曜日に4級に進級し、金曜日に3級に進級し

3級からは一番上のグループなので

月の初めにタイムチェックなんだけど、

9月の第1週に軽々クリアで2級に進級。

たった1週間で3つも級がアップした。


何を選ぶのか。

小学生のうちはできれば全部やらせてあげたい。


大好きな事、打ち込めることがある事で

子どもたちが成長している姿が

とても心強いです。


母涙~。

AD

育児は終わったようです。

テーマ:
少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG
伊那のふきみそと
大阪みやげのいかなごのくぎ煮


伊那のばーちゃんは、年末と先月と2回も転んで骨折した。

春休みに、子どもを長く遊びに行かせたかったが、

ちょっと負担かな、と1泊だけ下2人を行かせて、

大阪⇒名古屋出張帰りに迎えに行ったら…。


ちびが今まではちょーわがままで、

姉も心の底から腹を立てたひどいけんか…

で、ばーちゃんもけがしたばっかりだし

と心配していたのに…。


蓋をあけたら、

娘はよくbはーちゃんを手伝うし、

ちびっこもおだやかに過ごしていて、

せっかく迎えにいったのに

もう1日どうせひまだから

明日2人でバスで帰るから

お母さん先に東京帰っていいよ…って。

特に娘とばーちゃんは、おだやかで、心配症で

時間の流れがよく似ている。

(間の母がばたばたがんがんうるさいのがむしろ違って見える)


ああ、育児から卒業したのかなあ、と実感。


振り返ると一番大変だった時期はいつだっただろうか。


長男1歳まで24時間保育に預けて管理職を続けた時だろうか?

長男年長、娘3歳でちびのつわりと戦いながら資格を取っていたときだろうか?

ちびが生まれたあとだろうか?


正解は・・・。

もう覚えていない。


まあ、よくやったなあ私、っていう事だけはなんとなくわかる。

そして、時に仕事の量を調節したり、

もう少し休みたいと思っても頼まれればなんとか仕事をしたり、

仕事を続けてよかった、ということだけは言える。

今思えば、ぱっと会社を辞めたのは、

後先考えずの無謀な

でも勇気ある決断だったが、

なかなかいい判断したよな、と思う。

不安がなかったかというと…なかったなあ。


結果…

仕事ができる人のところには

必ず仕事はやってくる、とわかった。

(自分で言うな)

仕事ができるというのは

どんな小さな仕事でも頼まれたことを確実に100%のクオリティでやるってこと。

そして、まわりの人に配慮できるってこと。


きのうは、会社の20代の男性Nくんと、30代の女性Mちゃんと3人で夜

熱く仕事を語った。

Mちゃんは私と同じく子ども3人いて営業をしている。

いつもばたばたなのは私と同じだが

うちよりまだ子どもが小さいので本当に大変だと思う。

それでも、話していて

仕事において自分にも相手にも妥協がないから

ほれぼれした。


もうすぐ50歳になりますが、

育児からの解放を嬉しく思うとともに、

このような環境で仕事をさせてもらえていて

(それはがんばって続けてきた結果ではあるものの)

しみじみ幸せだと思うのでした。

iPhoneから送信

ちびっこケガ(⌒-⌒; )

テーマ:
少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG


きのう跳び箱でくにってした親指のつけねが

けさおきたらぱんと腫れている…。


急ぎ整形外科へ。


なにしろ先週伊那のばあちゃんが

雪で転んで手首にひびがはいったばかりなので

えーちびも~。


と、レントゲン撮りましたが

セーフ。

骨は大丈夫。


ふう。


仕事ドピークな中

うっかりきのう大酒を飲んでしまった上に

この時期整形外科はおそろしく混んでいて午前中がつぶれた上に

今日の午後はちびの保護者会。

前期はプロジェクトで、後期は大学の授業で

全く行けていないので今日こそは!


で会社ですごい勢いで仕事中。




iPhoneから送信

寒さには勝てまへん

テーマ:

兄が別の部屋で寝るようになり、

それまで娘とちびっこと二人分の布団に三人で寝ていた私も

この夏から兄が寝ていたベッドでのびのびと寝ることができるようになった…。


しかし…。


ここのところの急激な冷え込みに

あんかを使いつつも↓な気分。

猫が足元で寝てくれるので朝方は

足が冷えないが…。


きのうちょっとしたウソをついたちびっこをすごく叱り

泣き寝入りしたので

かわいそうだったかな~と

今日は一緒にねてあげる・・・と


なんてあったかいんだ~…。


結局、朝までその布団から出られず…。


ということでこの冬はまた逆川の字に戻ります…。


まあ、許されるのもあと1,2年だろうなあ…。


ゆうべ姉の勉強のじゃまにならないようにと

兄の部屋でテレビを見ていたちびっこ(小2)が

テレビを見ながら寝てしまったようで、

階下におりてきて、

トイレと間違えて

台所のドアをあけたところで普通におしっこをして

はっと目が覚めた。

「おかあさん、どうしよう、おしっこしちゃった…」


ひえ~。

今までも寝ぼけてやばい時があったが

ついにか!


と思ったが、

見事にからっぽのごみ箱を便器にみたてていた。


多少汚れたものの最悪の事態は避けられた。


まさに

不幸中の幸い。


月曜日がごみの日なため

ゴミ箱がからっぽだったのも

不幸中の幸い。


そうか

不幸中の幸いっていう言葉は

現代でいう

「ポジティブシンキング」

なんだね。


そして、

小2はまだ

「育児」

だと改めて痛感したのでした~。


よくわからない遊びを作りだしては熱中している

そんなお年頃。

これもよくわからない遊びだったなあ。


少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG



優先順位

テーマ:

今日・・・

①長男…野球の選抜チームの開会式。副キャプテンとして優勝旗を持って行進するため、学校を公休して弁当持って朝6時半に出ていった。終わり次第大田区から学校へ戻り、学校のチームで午後練習試合で昭島へ。

②長女…学校公開日で学校へ。午後はバレエ

③ちびっこ…学校公開日で1時間目に学習発表会。おおきなかぶのおじいさん


で、母は

学習発表会→長男の学校の野球部の(私は保護者代表なので)自分幹事のランチ会→昭島の練習試合にて前年度保護者代表のおかあさんからひきつぎ→夜バレエレッスン


父は、優勝旗を持って行進する長男を見たいが、ちびっこの初の学習発表会を見てあげようと、学校。その後小学校の保護者会(1年→5年)のあと、昭島の試合を観に行くらしい。


明日は明日で、

長男 選抜公式戦1回戦→学校の練習試合。

長女 バレエの発表会の照明あわせでおだんごして衣裳持ってリハーサル


で、私は、

来週のまつりの準備→長男公式戦→間に合えばリハーサル立会


…その都度全員のスケジュールを確認し、優先順位を決める土日が続きます。



ママのための放射線セミナー

テーマ:
大学時代のサークルの先輩の
井原美紀さん主催のイベントです。

私もぜひ参加しようと思います。
興味のある方はぜひ

www.tres2003.com
青木晃先生を再びお迎えし、セミナーを開催いたします。
放射線が
人体にどのような影響を与えるのか、
食品や土壌がどれくらい汚染
されているのかといったことについて
正しい知識を持っている人は
どれだけいるでしょうか。

このセミナーでは、ぜひ知っておきたい


「放射線被ばくから身を守る方法」についてのお話をしていただき
ます。
放射線と放射線被ばくについて正しい知識をもち、
子ども達を守る
ための生活の工夫を知ることは大切なこと。
妊産婦さんや小さいお
子さんを持つお母さん、
これから赤ちゃんを産む若い女性方にはぜ
ひ聞いていただきたい内容です。

放射線にご興味のある方は、どな
たでもご参加いただけます。