友。

テーマ:

入学早々生徒総会でタンカを切るような、

パンチの効いた高校生だった私にとって、

変わり者は私だけじゃないし、

と気が楽になれたのは、

さらにパンチの効いた友人マサキの存在のおかげ。

 

たまたま伊那に帰ったら一時帰国していたから

10年ふりくらいに会えたよ。


カナダの大学教授で、

今度地下水の研究の世界的な賞を受賞するらしい。

貫いたね〜。

 

高校時代に出会えてよかった。

常にマサキに負けたくないという自分がいた結果

今の自分がいるからね。

 

距離や時間を超えて

常にその存在が自分にとって意味を持つ。

そんな友。

相手にとって自分もそうでありたいと、

そう思う。

 

彼は社会に何かインパクトを与えたいという。

私は違うな、と思った。

私は私の中に生じた謎を常に解きたい。

 

ということに気づいたのも、この久々の邂逅から。

 

AD