出産

テーマ:
先日、「あさいち」で出産について取り上げていた。

病院で、陣痛の間に放っておかれた…
だんながつきそってくれなかった…
陣痛が予想と違って長かった…
お産、痛かった…

そんなはずじゃなかった。

みたいな。

要は、理想と違った…的な。

えっと。

理想ってなに。
「そんなはずって」ってなに。

動物なので、お産は基本、1人でしなくちゃならない。
でも、1人じゃ無理だからお産婆さんが昔はとりあげてくれて。
今は、さらに病院で受け入れてくれる。

ありがたや。

私も1人目陣痛長かったな。
3人とも陣痛は病院の部屋で1人だったけど
別にそれをどうこう思わなかったし、
ナースコールでいつでも呼べたし。

たとえばそこに誰かいたらどうなってたかっていうと
痛いって聞いてもらうぐらいで…。
痛み変わらないし。

1人目なんて
陣痛がまんしすぎて(どんなもんか加減がわからず)
あ、破水した、と思って呼んだら、
頭見えてます、ってすぐ分娩台で
2イキミぐらいで産まれちゃったし。

あ、もちろん、高齢だったり、
血圧高いとか、ちょっとおかしいとか
そういう事を見逃さないのは必要ですよ。

事前に予習しすぎ?
それまですべてが「思い通りに」行き過ぎ?
痛みや辛さに弱い?
病院とか、サービスに対して期待しすぎ?

なんだろう。

あさいちの途中で
視聴者からのfaxで
私のような人からのfaxがいくつかきたみたいで
番組のトーンが変わって少しほっとしたけど。

もう忘れた昔のことだけど。

AD
一般市民による心肺停止が目撃された症例が23,797件。
そのうち、一般市民による心肺蘇生が実施されたのは54.5%。
けれど、そのうちAEDが使用された症例がたったの3.7%。

AEDの数を増やすこと。
使おうと思った時にAEDがどこにあるか知っていて、躊躇なく使える人を増やすこと。
特に、自分達ではAEDを購入することはできないけれど、必要としている、
もしくは、地域のコミュニティの核として防災に取り組むNPOなどの団体や、
災害時に福祉避難所になる施設にAEDを贈ること。

そのために、こうした基金を立ち上げました。
きのう、その第一号の贈呈式でした。

ようやく形になりました。

コチラ
AD

バレエも無事に終了

テーマ:
なんか、むすめ、えらいうまくなっていた。

ジャンプ

ゆい


前の晩眠れず。
楽屋でもずっと寒いと訴えていたらしいが、
翌日、日直でなんとか行ったが、
4時間目でダウン。

一方の兄は、大事な試合の前の日もぐーぐー寝ている上に
隣の部屋から夜中に
「やった~!」
と寝言。

どんな夢みてんの。
ポジティブすぎるやろ。

もう、ずっと子どものイベント続いてますが。
むすめはこれでひと段落。
次はどこに向かえばいいのか?



AD
秋の大会はどうやらいつもくじ運が悪かったらしく。

日曜日に予選2回戦コールド勝ちして
10月の本戦出場をゲット!



相手校が注目校だったらしく、
高校野球ドットコムも取材にきていて、
苦節10年、ようやく当たりだしてチャンスで2本打った長男
写真付きで紹介され。

スターはいないけど
チーム力強い理由の一つは
9人中4人はうちも含めて
中学時代はレギュラーに定着できなかったために
辛い思いを知っているからじゃないかと。
もうすごくミーティングするし、
確認も怠らないし、
ベンチも含めばかみたいに声を出し続ける事。

ようやくベスト48ですが
がんばって少しでも上にいってね!

ポジティブ!

テーマ:
今週日曜日がバレエの発表会の娘ですが、
連休あけのきのうの朝、干しておいたトウシューズが不幸にも猫の○○っ○で汚れてしまい…。

軽く洗ったものの匂いはとれず、っていうかトウシューズ洗ったら弱くなってしまうし…。
それも、ようやく見つけた自分にあったトウシューズだけど、
外国製だからちょうどのサイズが店に在庫があるとも限らず…。

「それに、今日のレッスンではくトウシューズがない…先生になんていえば…」
…泣きながら学校に行きました。

「トラブルはつきものだから、起きてしまったことはしょうがないからいつまでも泣いていないで前をむいて対処を考えようね!」

とはいうものの、娘はものすごくまじめで昔からどちらかというと物事をネガティブにとらえがち…。そこに干すのは危険だともっとちゃんと言えばよかった、予備を準備しておいてあげればよかった…と母も反省しきり。
それでも、チャコットに1足あり、通販でも予備の1足を見つけ金曜日到着で送ってくれるとのこと。発表会はなんとかなりそうとレッスン場に電話で伝言を頼みました。

そしてきのうの夜帰ってきて
「あのね、今日ね、Yがトウシューズで激しく転んで捻挫して、
Rは急に足が大きくなってトウシューズがはけなくて、
Aはトウシューズが急につぶれて立てなくなって、
先生が、『ええ!発表会まで1週間なのに…みんな大丈夫?』って
中2呪われている~!っていう雰囲気になったんだけど、
『実は私も…』って言ったら、
『え!yuiまで!どうしたの!』って言われて
『ネコのおしっこで汚れました』って正直に伝えたら…
みんな大爆笑だったの…。
暗い雰囲気がなくなってがんばろうっていう。思い切って言ってよかった」
とのこと。

こうしたことを積み重ねて、管理をちゃんとしようと思うだけではなく、
アンラッキーなことも笑いが取れて「おいしい」と感じたり、
まあ、発表会当日じゃなくてよかったって思えたり、
そんなことを学んで少しずつポジティブになってほしいな。

発熱しました

テーマ:
思春期でくそまじめな娘には
テキトーで反抗期な弟が許せなくて
抗争が激化して母がプチ家出したりした先週…。

金曜日は夜祭りで10万近い飲み物を売り。
土曜日が午前中学校公開日で学校へ行き、、
午後は祭りの準備。
日曜日は午前中ちびの試合で
帰って長男の背番号を塗ったあと
ちびの神輿を見守り、祭りの準備をしたあと
5時間たこ焼きとポテトを揚げながら
大声で売り続け10万円を売り上げ。
__.JPG


祝日は長男の秋季大会初戦の応援に行き。

帰ってそうじや洗濯するも
なんかふわふわするなあと…。
久々に38度。

デングじゃありません。

過労です。

そして、今日明日は仕事ピークで
なんとか37度3分まで下がったので
仕事に行こうとしたら、猫がまさかの娘のトウシューズに○○っ○を…。
今週の日曜日が発表会で外国製のトウシューズで
1足しかないっていうのに…。
しくしくと泣く娘…。

さすがにへろへろです…。

がんばります。

遺伝ってやつか

テーマ:
小学校の時に、近所の神社で巫女の舞を舞った時に
すごくしっくりきて。
バレエやダンスに興味あったけど
時代的にも地域的にも踊るような環境ではなく。

大学時代にちょっとだけジャズダンスやって楽しくて。

30歳すぎて腰痛がひどく、なんか踊りでもやらねば、
と教室探したら近所にバレエスタジオしかなくて。

で、はまって。

まあ、自分がやっているし
すばらしい先生なので、娘も4歳から初めて
すっかり夢中になり。
この夏休みは週に4日水泳の部活をしながら、
6日8レッスンくらい受けてものすごいアスリートな体型になっているし。

そしてちび。

そういえば、赤ちゃんの頃に発表会のリハーサルで
おんぶしながら踊ったことがあるし、
実は名前はバレエまんがに出てくるバレエダンサーから取ったけど
特に深い意味はなかった。

で、年長の時に
姉の友達のダンスクラスが人が足りなくてつぶれそうだと
なんとなく始めて早5年。
野球選手になるといいながらも、
自分の受けていたダンスのクラスに塾で行けなくなったら
自転車でわざわざ2駅向こうまで、先生のレッスンを受けに週1、
それもうまい人しかいないクラスにチャレンジするほどで…。
そして、本番にまあ、すばらしいパフォーマンス。
中高生とうまい小学校高学年しかいないチームで堂々と。

__.JPG



ワンピースでは、まあ、舞台でアドリブで盛り上がり、
生き生きと。


iPhoneから送信__.JPG

長男も、野球部ながらに、エグザイルや3代目JSBの新曲出ると、家で振り起こし。野球部の文化祭のダンスパフォーマンスでも実力発揮。

たとえば、陸上選手の子どもが足が早いとか、水泳選手の子どももやはり泳ぎのセンスがいいように、ダンスのセンスっていうのも、あるのかな。まあ、ダンスというか、音感かもしれない。ここで決める、みたいな。表情のつけ方や手の動きや。

ちなみに、私とカラオケに行った方はご存じのように、まあ歌もうまいわけですが
子どもたちもみなうまいです。

バレエを一緒にやっていて娘の指導もしてくれている友達が、ちびっこのダンスを見て、むすめによく踊りが似ていると。バレエとヒップホップなのにね。

なんか、踊る家族です。あ、父ちゃん以外。

うそっこすえっこ

テーマ:
ごぶさたしちゃってます…。
夏休みにうそばっかりついて
塾の宿題も学校の宿題もやったといって
遊び倒すちびにきれ続け…。

しかればめちゃ言い返すちびにつかれはて…。

長男に諭されました…。
長男すばらしすぎる…。


さすが高校野球部キャプテン…。

ちびの個性をけさずに。
でも、最低限のルールを守る…。

母忍耐の時…。
おだやかな性格に生まれたかった…。

野球


あら~写真さかさま。

そういえば、うちの子のどれかが
さかさまのことを
さかさかま
って言っていたな。

今後、救命講習の講師できます。
三日間がっつり消防署で研修受けると
誰でも(実技と筆記はありますが)取れますよ~。

倒れていた人がいたらどうしたらいいかわかるって、
何か人としての安心感を得た感じ。


iPhoneから送信