勉強勉強。

テーマ:
きのはうちの財団主催の勉強会で。
とはいえ私も
事務局でビデオとりながら勉強。


少子化時代の子育てとキャリア教育と社会貢献-__.JPG


そして今日は自分が研修参加。

ワークショップもなく、
資格をとるための必修の
暗記のために解説を聞き続ける
地獄のような座学でした…。


iPhoneから送信$少子化時代の子育てとキャリア教育と社会貢献-__.JPG

新しい事を知るのは楽しいけどね。
AD

父の三回忌でした。

テーマ:
少子化時代の子育てとキャリア教育と社会貢献-__.JPG


男性陣が学校や仕事で、
母、姉、私、娘、
そしてお経を読むのが安寿様と
全員女性でした。

娘と姪は
ここにきて仲良し。
今までは年が9歳も離れているので
大人と子どもでしたが、
少し近づいたかな。

なんか穏やかで静かなので似てるし、
娘もうれしそう。

このメンバーに入ると私だけちょっと違うんだよね。

あっという間の2年でした。



iPhoneから送信
AD

プロボノって知ってます~?

テーマ:
*とても印象的だったので、仕事のブログと同じような内容で掲載します。

社会貢献をお考えの社会人の皆様、
プロボノって知ってますか?

プロボノというのは、ラテン語で
「Pro Bono Publico」(→公共善のために)を語源として、
プロフェッショナルなスキルや専門知識を持つ社会人が、
社会的、公共的な目的のためにそうしたスキルを活かすボランティア活動のことです。

*詳しくはサービスグラントを運営し
きのうもコーディネーターとして活躍されていた
嵯峨生馬さんの書かれた

プロボノ―新しい社会貢献新しい働き方/勁草書房

をご覧ください。
¥1,995 Amazon.co.jp
$パブリックリソース財団はたやの活動報告-プロボノ


私の中の理解では、
まあ、NPOのホームページを作るとか、広報紙作るとか、
経理のチェックとか、そういった事かな~と思っていたのですが…。

昨日はNPO法人サービスグラントと、パナソニック株式会社主催の
プロボノフォーラムTOKYO2013に参加してきました。
(19時~21時半 @ヒカリエ 8/court)

で、まあびっくり。

きのうのフォーラムでは、
実際にプロボノのチームがNPOに関わった3例が紹介されたのですが、
私の予想よりも大がかりで
一つは施設のコンセプト作り、
一つは事業化の商品設計、
一つはNPOではないけれど工業高校のイメージアップと
かなり高度な関わりを実行していました。

特に「はじめまして~」の6人が
役割分担を決めながらチームを作って対応していく様子は、
さながら、ちょっとハードな企業内研修並みの
クオリティとハードルの高さだと感じました。

また、事例発表では
プロボノに参加した社会人の方がそれぞれにコメントを述べたのですが、

「私なんかがボランティアあんてやっていいのだろうか」

という言葉はもちろん印象的でしたが、

ボランティアであるとか、NPOと協働とか、社会貢献をしているという点よりも、
むしろ、

「社内で自分が持っている力が社外で通用するのだろうか」とか
「チームビルディングの面白さを学べた」
「真剣に議論できる大人の友達ができた」

といった、
自分自身のために有意義な活動であったという
言葉が印象的でした。

単に社会貢献しましょう、といった大義名分ではなく、
「プロボノワーカー」をする事におけるメリットや動機づけがあるからこそ
両者のニーズが合致するのだろうなあと感じました。

その後の分科会では、
NPO側の、ファミリーハウス、荒川Clean Aid、
また学校の千葉工業高校の校長先生のお話をお聞きしたのですが、
そもそも、応募する際にはっきりとした解決したい課題があり、
その企画書が通らなければプロボノをお願いできない。
だから、
実際に6か月の間にプロボノの方からできるだけ引き出したい。

その一方で、業務は忙しく、待ったいるヒマはないし、
そもそも、背景が違う中でなかなか落としどころが見つからないで
プロボノのみなさんと話し合うために内部で
何度も話し合う必要もあり、
頼む以上は覚悟が必要、と語っていらっしゃいました。

いや~、とにかく圧倒されました。
どちらにも。

2時間半、大変得るものの多い学びの時間でした。

AD

台風の日に

テーマ:
子どもたちはみんな休みでしたが、
まあ普通に私は会社に行って、
いつも通りに到着したら誰もおらず
メールを開いたら
「今日は無理せずみなさん午後からで」
とボスからメールが。

いや、もう着いちゃいましたけどっていう。


少子化時代の子育てとキャリア教育と社会貢献-__.JPG


都内地下鉄横断なので、
なんの影響もなく。
でした。

新しい事務所のあたり、
結構好きかも。
駅のホームからちょうど10分、
あんまりつらくない。

iPhoneから送信

ドラマですが。

テーマ:
あまちゃん後、ごちそうさんもなんか見てます。

あ、リーガルハイも子どもが見てるので。
安堂ロイドはワンセグで見たけど
へーって感じで。

本日ビデオでまとめて
ダンダリンはまあまあ。見ようかな。

そして思いがけずに
東京バンドワゴンで泣いてしまいました。
いや、玉置浩二の歌に泣けた…。

あとは月9だな。

いい大人が学びを遊ぶ

テーマ:
元Rの同僚が始めた
「麹町アカデミア」のオープニングセミナーに参加してきました。

いくつかある中で、私が参加したのは、
「社会科学を学ぶ シリーズ1『大人の発達心理学』」。ニューヨーク在住のLectica発達測定アナリストの加藤洋平氏(28歳)の講義をSKYPEで受けました。主に社会的感情的な発達の5段階を説明していただいて、それに対して、秋山君を始め、経営者や、研究者や、ビジネス誌の副編集長や、私(何者なんだろう~自分でもわからない~)が、がんがんに日本から質問するという、とっても刺激的な1時間半でした。
いや~やっぱり心理学はおもしろい~。
NPO法人などで財源を獲得することをファンドレイジングというらしい。

うちの財団で、NPOの方向けにこういう研修やりますが。興味のある方はぜひ。
私もまだまだ勉強する側です。

「オンライン寄付調達」研修
日時;2013年10月28日(月) 13:00~16:45
場所;女性就業支援センター
第1部「ファンドレイジング戦略におけるオンライン寄付」
第2部「オンライン寄付調達を行うために、ソーシャルメディアを効果的活用する方法」講師:日本財団 山田泰久 氏

詳しくはコチラ