育児は終わったようです。

テーマ:
少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG
伊那のふきみそと
大阪みやげのいかなごのくぎ煮


伊那のばーちゃんは、年末と先月と2回も転んで骨折した。

春休みに、子どもを長く遊びに行かせたかったが、

ちょっと負担かな、と1泊だけ下2人を行かせて、

大阪⇒名古屋出張帰りに迎えに行ったら…。


ちびが今まではちょーわがままで、

姉も心の底から腹を立てたひどいけんか…

で、ばーちゃんもけがしたばっかりだし

と心配していたのに…。


蓋をあけたら、

娘はよくbはーちゃんを手伝うし、

ちびっこもおだやかに過ごしていて、

せっかく迎えにいったのに

もう1日どうせひまだから

明日2人でバスで帰るから

お母さん先に東京帰っていいよ…って。

特に娘とばーちゃんは、おだやかで、心配症で

時間の流れがよく似ている。

(間の母がばたばたがんがんうるさいのがむしろ違って見える)


ああ、育児から卒業したのかなあ、と実感。


振り返ると一番大変だった時期はいつだっただろうか。


長男1歳まで24時間保育に預けて管理職を続けた時だろうか?

長男年長、娘3歳でちびのつわりと戦いながら資格を取っていたときだろうか?

ちびが生まれたあとだろうか?


正解は・・・。

もう覚えていない。


まあ、よくやったなあ私、っていう事だけはなんとなくわかる。

そして、時に仕事の量を調節したり、

もう少し休みたいと思っても頼まれればなんとか仕事をしたり、

仕事を続けてよかった、ということだけは言える。

今思えば、ぱっと会社を辞めたのは、

後先考えずの無謀な

でも勇気ある決断だったが、

なかなかいい判断したよな、と思う。

不安がなかったかというと…なかったなあ。


結果…

仕事ができる人のところには

必ず仕事はやってくる、とわかった。

(自分で言うな)

仕事ができるというのは

どんな小さな仕事でも頼まれたことを確実に100%のクオリティでやるってこと。

そして、まわりの人に配慮できるってこと。


きのうは、会社の20代の男性Nくんと、30代の女性Mちゃんと3人で夜

熱く仕事を語った。

Mちゃんは私と同じく子ども3人いて営業をしている。

いつもばたばたなのは私と同じだが

うちよりまだ子どもが小さいので本当に大変だと思う。

それでも、話していて

仕事において自分にも相手にも妥協がないから

ほれぼれした。


もうすぐ50歳になりますが、

育児からの解放を嬉しく思うとともに、

このような環境で仕事をさせてもらえていて

(それはがんばって続けてきた結果ではあるものの)

しみじみ幸せだと思うのでした。

iPhoneから送信

AD

卒業式やら何やら。

テーマ:
少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG

3月17日のちびっこのダンスの発表会以降、
兄の選抜チームの解散式、
娘卒業式、兄卒業式、
当然バレエの発表会のリハーサルもあり…。

どとうの日々です。

兄の選抜チームでは
役員の方が欠席だったり途中で帰ったりで
(一応副キャプテンの親だったりして…)
宴会後にも監督やパパさんたちのために居酒屋を取ったりして
結局昼間から含めて8時間くらい飲んでいて…。
娘の卒業式では
謝恩会の司会して、
そのあと11人の小学生をカラオケにつれていき…。
これまた昼間から8時間くらい飲んでいて…。

兄の卒業式は
中高一貫校だし、まだ高校あるし
まあ、でも行っとくかぐらいで行ったら
いきなりクラス代表で卒業証書受け取っているし…。
(言いたくないお年頃らしい)
その後野球のママ仲間と久々におしゃべり。

まあ、2月以降おそろしい仕事量をこなしつつの
土日のイベント満載にかなりのくたくたぶり。

明日の出張さえ終われば少し楽になるのでしょうか…。

いろんなことを考える余裕がないっす。
4月の第一週には
絶対に家を片付けます(誓っておかないと・・・)



iPhoneから送信

AD

きのうのアタマ

テーマ:
少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG



長男は野球。

長女はバレエ。


まあ、他の習い事なども試したり検討したりした結果、

結局2人はそれぞれにはまっている。


さて、ちびっこ。

野球、水泳とやっていますが、

どうやら、一番はまったのがダンスではないだろうか。


年長の時に

姉の友達のダンスクラスが存続の危機で

姉が入った時についでに入り、

おととしはみんなにまぎれての発表会、

去年は少人数の発表会+…

先生がぜひ、と

その中の2人で品川で全く知らない発表会に参加して

拍手をもらってちょっと気持よかったらしい。


その先生のクラスがなくなってしまったので

別の先生のクラスに移ったのが1年前。


さらにその先生の難しい方のクラスも受けさせてくださいと

自分からお願いしてきたのが半年前…。

難しいクラスに入ると

上手い中高生なんかもいて

まあ、メキメキその中で上達。

(モノマネがうまいのね多分)


で、きのうはダンスの発表会に

その先生の2クラスに参加。


いやいや。

ダンスうまいわ。

8歳でこれとは。

娘のバレエ同様、本番が一番うまいし。

いい根性している。


始めたばかりなので、後の方で踊ることが多かったのですが

「来年はもっと前で踊れるようがんばる!」

と燃えています。


入ったばかりのクラスですが、

ちゃんと普通クラスでは2チームの上手い方チーム入り。


難しいクラスでも

(ついていけない子は途中で抜けたりするのですが)

ちゃんと場所をキープ。


「踊りは顔だから!」

(母のアドバイス)


ということで、

きのうは頭をアップにして緑赤に。

(衣裳が水曜クラスが緑で土曜クラスが赤だった)


まあ、夢中になれるものがあるというのは

すばらしいことで。



iPhoneから送信

AD

社訓

テーマ:

「自ら機会を創り出し、その機会によって自らを変えよ」


新卒で入った会社では、この言葉が書かれたプレートが全員に配られていました。

社会人30年近い今でも、この言葉を自分に問い続けながら仕事をしているように思う。

この言葉を元に若い頃に同じ会社で働いていた人々の多くが

社会で活躍しています。


今日は、この言葉を作った社長のお別れ会です。


社長はもういませんが、この言葉は永遠です。



ボロボロ

テーマ:
少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG


私がバレエを始めたのは、

31歳の時だった。


もともと腰痛持ちで、

これは何か運動でもしなければ!

と、少しやったことのあるジャズダンススタジオを探したが

ちょうど土日にやっている所が近所になくて、

たまたまあったバレエスタジオで体験して・・・はまった。


間に3人子どもを産んだので多少の中断があったものの続け、

今の先生に12年前に出会ってからは、

毎年のスポーツクラブの発表会、

3年に一度の先生の大きな発表会、

合間の勉強会と、

舞台にも何度も立っている。


股関節に違和感を感じたのはたしか5年くらい前の

発表会前のことだった。

生まれつきの股関節変型症が

今さらながらに発覚した。

10年くらいしたら人工股関節にしなければならないほどの

進行期だったのに気づかずにきたのは

もともと身体が柔らかい上に鍛えていたからか?


あまり股関節に負担をかけずに

薬を飲んだりしながら、やりすごすのか、

ストレッチして筋肉鍛えてキープしていくのか。


誰も決めてくれないので、

自分は後者を選んだ。

だから、今もバレエを続けているが、

10年したら人工股関節と言われて5年経っているので

かなり稼働領域は狭いし、正座はできないし、

長時間立っていたり、歩いたり、

重いものをもったりすると、

大変なことになる。

信号でダッシュもできないし、

階段をかけあがることもできない。


ずっと座っていた後に立ちあがると

すぐには歩けないし、

「足どうかしたの?」

と今日も言われたが

普通に歩いているつもりだが

やはり変らしい。


たとえば、バレエでいえば

キャトル、サンク、アンバッテ、シャッセアンレール、

ブリゼボレといった飛び系はできないし、

右足は前と横があがらないので

デベロッペやグランバトマンは

かッチョ悪い。

(うしろは問題ない)

あ、あがらないといっても

バレエ踊らなければ足をあげることはないので

日常生活では特に問題ないが。


また、右足を軸にしたアンデダンターンというのも

できればやりたくない。


それでも、先生は発表会に出る事を拒むどころか

応援してくれているし、

私のできない振付を変えてくれることもある。

実はこっそり私だけ左足でジャンプしていたりすることもある。

上半身をひきあげて、

首や腕をきれいに使う事をとても意識するようになったし、

先生もそこをすごく注意してくれる。


そこまでしてなんで踊るのと言われると

楽しいから。

きのうできなかったことができるようになったり

上手になったりすることがうれしいから。

(できなくなることも多くなっているが)

そして、バレエのお友達と一緒にいるのが楽しいから。


同じ目標を持つ仲間がいるというのは

もうすぐ50歳のおばちゃんにしたら

ぜいたくだと思う。


ということで、

5月の発表会に向けて週に4日踊っているので、

トウシューズもぼろぼろです。

でも、実は筋力がアップするし

体重も落ちるので足の調子はいい。


自分がバレエやっていたから娘がバレエをはじめ

(私よりすっかり上手ですが)

ちびっこがダンスをはじめ

(これまたすごいうまい…)

踊る大家族です。


まあ、やばいと思うまで、発表会に出続け、

人口股関節になったとしても、

バレエは続けたいと、思っています、はい。

この世代の女性、多いらしいです股関節変型症。

このおばちゃんは、がんばりまっす。


5月の発表会も

娘と一緒に舞台に立っている場面もあったりして、笑っちゃいますが

楽しくやりまーす。


iPhoneから送信

久々にサウス

テーマ:
少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG


勉強会の講師で久々に古巣のRへ。

久々と言っても、ワークスにいたころはサウスじゃなかったので、

通ってませんが。


懐かしい顔に数名会っても普通の反応だったのは、

ほんの3年前まワークスにいたから

別段外部の人に懐かしく会ったね~って感じもない、か。…。

2つ下のS君に会ったから

「え、まだRにいたんだ!」

と思わず驚いたら

「だめ?」

と笑顔で去っていった…。


もう少ないです、この世代。


きのう、

44ページのパンフレット2種類と

4ページのカラーリーフ2種類入稿終わらせ、

一応この勉強会で、この1月末からの

ものすごい仕事が一段落する予定だったんだけど、

結局4月からの大学の授業を作る仕事が全くその間フリーズしたので

午後からはそれで忙しいという~。

そしてその今日の勉強会のスライドを

配布するから明日中に完成させてくださいって…。


聞いてね~。


明日やる…。


金曜日は名古屋出張から帰ってそのまま夜は娘と上野で白鳥の湖 (バレエのお友達がでるやつ)。


そして最終完版チェックなう…。


そんなもの。


今回、自分のストレス耐性の高さに

改めて自画自賛状態。




iPhoneから送信

ついに…

テーマ:
少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG



土曜日に貧血でぶっ倒れた。


金曜日朝方まで仕事していて、

土曜日は学校公開日で午前中学校、

午後は謝恩会の打ち合わせ(司会するから)で

帰ってきて仮眠取って

バレエに行ったけど

無理でした。

まあ、身体ががっちがちで

胃腸がすべての活動拒否!

レッスンは出ないでそのまま帰宅しました・・・。


私の過労の時の症状はたいてい

同じ。


とりあえず胃をからっぽにして

全身サロンパス貼って、寝る!

…ということで土曜日にはとにかくすべてを捨てて寝ました。


で、きのうは昼から通し稽古。

朝おきたらすっきりしていたので

よかったです。


夜は、とにかく栄養だ!

ということで

わたみん家に家族で行って

がっつり食べてきました。


仕事は今週が山なので

全く気が抜けません。


ストレス耐性高くてよかったです…。


がんばるぞ!

iPhoneから送信

怒涛の日々で。

テーマ:

ちびっこのつきゆびが治ったと思ったら

長男が体育のサッカー中に腰がぐきっとなってフリーズ…。

したのが月曜日。

そのまま手ぶらで帰宅し病院へ。


まあ前の日に久々にピッチングをした上に、

サッカーの動きが筋肉に来たらしく。


きのうは一日家で勉強してました。

(期末試験来週らしい)

しかし荷物は学校で、勉強道具もなく

月曜日は父が早退して病院⇒学校でした。


その頃私は娘の最後の保護者会で小学校にいたもので…。

土曜日は野球のお茶当番。

長男同士が仲良しで、

お互い三人子どもがいるから

今も野球チームで一緒になる

仲良しのママ仲間と久々にグランドでおしゃべり楽しかった~。



少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG

夜は、下2人は友人宅に泊まりに行き、

私はバレエが休みなので

バレエの仲良しさんとこれまたおしゃべり。


少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG


日曜日はバレエのリハーサルから帰って

雛祭り。


少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG

ちなみに、仕事は先週今週がいろいろ大変で、

はまってます。


それでもきのう確定申告も終え、

おとといちゃんとひな人形も片づけたので

がんばります。