少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG



飛び石連休ですけどね。

土曜日は兄の試合。

日曜日は娘のフォローで吉祥寺を歩きまわり。

月曜日はちびっこを連れて兄の野球の練習試合観戦へ。

お弁当持って、電車で。

西武線やら中央線やらいっぱい乗って。


iphoneで地図を持たせて

道案内させたり楽しそう~な感じを演出。


でも、終わってから兄の野球仲間に囲まれて

自分も中3気分でその輪の中心でおしゃべりしていたのが

一番楽しかったみたい。


みんないいやつで

ちびの相手をしてくれて。

一人っ子や二人兄弟、姉弟の下が多く、

7つも離れた弟が珍しくかわいいらしい。


ピッチャー二人が手をつないで駅まで行ってくれたり。


なんだか、中3たちもかわいいなあ。

iPhoneから送信

AD

笑いの神…野球なのに…

テーマ:

先週グランドコンディションが悪く、

土曜日が初戦となった春季大会。


多分、勝つだろうと言う試合ながら初戦なので大事な場面。


サードの守備でつっこんだ長男ボールがイレギュラーして肩にあたり…。

エラーか!という場面で

そのボールがぽーんと孤を描いてピッチャーの元へ・・・。

そしてピッチャーがそれをファーストに送球して楽にアウト…。


会場爆笑…。


で、みんなそれでリラックスできましたけど…。


その日は、打ちやすい球を投げるピッチャーだったため

みんながばかすか打つ中

うちの長男はバッティングはふるわず…。

笑いの神ではなくバッティングの神様がよかったな…。


で、きのう。

地域の町会のバーベキュー大会の運営しなくてはならない私は

試合に行けず…。

実はつい先日、練習試合で緩い球を投げるピッチャーに攻めあぐねて負けてしまったチーム。

「とにかく、あんたは、バッティングで貢献できなくても

声を出し続けたらいいんじゃないの。」

と送り出した。


副キャプテンのお母さんが

試合の実況をしてくれたんだけど、

やはり攻めあぐねていて1点とられ…。

そこで、チームの初ヒットがうちの長男だったらしい。

バットで足を引っ張る男なのに…。

それをきっかけに追いついて…。


そのあとまた1点取られてしまい、

なんと相手がピッチャーへのボールを返すのをミスしてくれて同点。


そして、1アウト満塁でうちの長男だったらしい…。

そこで、一歩間違えばWプレーだし…。

と大根切りみたいにワンバンのゴロで勝ち越し、

やはりうちの長男ともども守備の要ながら

バッティングではふるわないGがヒット!

で4対2で勝利。

ベスト8に進みました。


足が速くバントもうまいけど

バント以外ではいつもイマイチな長男が

大事な場面でがんばれるのは、

やはり冬場に

キャプテンだけどレギュラーをはずされ

苦しんだ結果なんだろうな。


声を出す事、やる気を見せるっていうのは

チームプレイでの役割意識としてとても大事。

さらに、こうした場面で確実に点に絡める長男は

声を出し続け、やる気を維持しようと努力しているからこそ

結果に表れるんだろうな、っていう様子が頼もしい。


うん、いいキャプテンに育った!


次回は優勝候補との戦い。

秋はここに惜敗。

がんばれ、みんな!




AD

スケジュールかぶり

テーマ:

きのうは長男の野球大会の初戦。

先週娘のバレエの発表会の日の予定でしたが雨でグランドコンディションが悪くきのうに。

無事に勝って今日が2戦目。


しかし…。

本日は町会の新入生歓迎会で、

6年母で一応全体とりまとめ係の私は応援に行けず。

今日はきのうと違って強いチーム。

祈るしかない…。


まあ、子ども3人いるとね、仕方なし。


しかしきのうの試合で

長男にバッティングの神様降りておしかったのに

笑いの神様おりてきちゃったし…。


野球の試合でめったに降りてこないよ、笑いの神様。

まあ、みんなの緊張がいっきにとけたけど。


そして、PTAは今年はさすがに無理だから断りたかったのに…。

結局校外部の書記(一回やってるからね…)受けちゃった…。

夏以降野球の大会終わったらがんばるという条件付きで…。



AD

ヤマ越えた…

テーマ:
そんな日曜日でしたが、今週もプロジェクトはマックス走っているわけで、ようやく今週のヤマ越えた~。
東京駅地下で惣菜買った。わあい。ゆっくりするぞ~。
やはり毎朝5時20分起きはボディブローのように効いてるなあ。



iPhoneからの投稿

なんとかした娘。

テーマ:

少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG オノヨーコ?


無事に終わりました…。

朝、目は全くよくなっておらず、むしろさらに腫れていて

「こんな顔で踊りたくない・・・」

とちょっぴりヒステリーおこして泣きだして。

これは私が決めてはいけないな。と思った。

「泣いたら、目がよけいに腫れてしまうよ。

おかあさんは、出ても、でなくてもどっちでもいいと思うよ」

と語りかけて、

すでに楽屋入りしている先生に電話した。

「とにかく冷やして。

本番だけ出るのでもいいんだよ」

っていう伝言を伝えたら

すっと起きだしてお風呂にはいり、身支度を始めた。

まあ、出ないとは一言も言っていない娘。

先生の言葉で冷静になった。

まあ、それを期待して電話したんだけど。

で、昼に楽屋入り。

とにかく行ってから考えようって。

&ゲネやらないのはやはり心配で。

行ったら先生も、一緒に踊る6年の仲間も、フォローの大人(私のバレエ仲間)も

ずっと娘を励まし続けてくれて。

気持ちが切り替わりました。

途中自分の世界に入っていくのがわかりました。

こういったあたりは芸術家だな、と思う。

さらに先生のマジックのようなメイクで全くぶつぶつが目立たなくなり、

それで娘もすっかり落ち着きました。

ゲネ無事に終了。

そして本番に至っては、ものすごい笑顔で

ゲネでは回らなかったダブルも。


少子化時代の子育てとキャリア教育-ポーズ

もう、涙涙・・・。

こんな根性のある娘だったんだ。

打ち上げでは、友達とはじけてました。

帰ってから、バレエで一番仲良しの子のママで

私のバレエ仲間から

「娘の心に一緒残るがんばりを見せてくれてありがとう。」

というメールをもらってさらに泣けた。

きっと私も一生忘れない一日。

これから娘はちょっとつらいことがあっても

「あの時あの状況でなんとかなったし!」

と乗り越えて行けるに違いない、と

母は思うのでした。

iPhoneから送信




iPhoneから送信

悩みどころ

テーマ:

娘、はじめて花粉症を発症した今年。

もともとアレルギーがあるのですが

先週末より目の奥が痛いと言い始めて

顔がぱんぱんに腫れて目が充血し、

週明けたら38度の熱が出てアレルギー性結膜炎と診断されたのが火曜日。


その後、熱は下がったものの

水曜日夜にふとみるとぽつぽつ・・・と目の周りに出来ていた小さなできものが

金曜日にはめのまわり全体に出来て

土曜日に皮膚科でヘルペスと診断され。


初めてのヘルペスは症状が重く

時々このように全体に広がることがあり

それがたまたま目のまわり…。


おそろしい顔になっています。

けさヘルペスの一部は、かわきはじめているものの

さらにまぶたが腫れて…。


っていう状態のまま、

バレエの発表会当日を迎えてしまいました。


出演を辞めさせた方がいいのかもしれない。

でも、本人が出たいと言っている。

あの顔で舞台に出る事自体が

本人の心の傷になったらどうしよう・・・。

休むことで迷惑をかけたくない、

でもあの状態で出すことが迷惑では…。


などなど葛藤の母ですが、

本人の意思を尊重します。


幸い兄の野球が雨でグランドコンディション悪く中止となり

(こちらも春の公式戦初日で保護者代表として休むわけにいかず…だったのですが)

昼入りに変えてもらい、午前中休ませて

会場まで私が連れていってあげることができそうです。


人生初めての試練がすでに11歳で来た娘。

がんばって!

友達

少子化時代の子育てとキャリア教育-__.JPG


大学時代に、マスコミ塾という就職塾に通っていた。その頃の友人でもともと私とも友人のTがジャカルタに転勤になり、壮行会を企画したら11人も集まった。まあ、中にはWikipediaで検索したら名前でるような人もいたり、年齢的にもみんなそれなりだったりするのに、大学時代に戻ってバカみたいに騒いで笑った。
まあ、当時の私は田舎者で、彼らからみれば幼かったので、私にとっては保護者のような友人達なのだ。だから今更ながらに、30年も前の事をダメだしされた。
「おまえ、高田馬場の飲み会にジャージできたよな」とか叱られた。よう覚えてるね。

もう、いつだれが死んでもおかしくない年だから、まめに会おうな~という、アダ名師匠の友人のコトバに深くうなずくのでした。

そして友人T。まあ、男女を越えて30年親友と呼び合ってますが、新天地で、ガンバッてね。


iPhoneから送信