小学生の体力

テーマ:

小学校の4年生から6年生まで、毎朝クラスで、学校から外に出て15分くらいの道のりを走っていた。校庭が下の段にあって、そこをかけおりて外に出て坂を上り、ぐるっとたんぼ道をまわって、坂を下って帰ってきて、最後にその校庭の段を上ってゴールだった。すごくしんどくて、雨が降るとうれしかった。(ただし、雨の日は縄跳び1000回)

そんなクラスだった。

毎日、学校が終るとランドセルを置いて学校に戻ってサッカーかソフトボール、ポートボールなどをして、冬は朝5時におきてスケートに行き、夏は水泳選手だから毎日何キロも泳いでいた。

休みの日にはちゃりんこでかなり遠い山まで山菜をとりにいったり、クラスで権兵衛峠を歩いて登って木曽まで行って帰ってきたりしたこともある。中学では全員で西駒(駒ケ岳)登山をしたりもした(ただし、私は気圧に弱いらしく、なんと途中で貧血を起こしてリタイアしてしまった)


でも、体育の成績は普通だった。つまり、まわりにはもっとつわものが多く、これでも体力は並み。だから中学高校は(身長が低いこともあり)吹奏楽部であり、演劇部であった。(でもどっちも体力勝負だから、ひまがあれば走ったり腹筋や腕立て伏せやってたけどね)


大学に入って東京に出てきて、ふくらはぎに筋肉がついていない女性を初めてみた。最初の体育で、体力測定のようなことをやって、腹筋だの背筋だの、踏み台昇降だのをやって、次々と脱落する人がいる中で、もくもくとやっていたら、体育の先生に

「君は・・・ワンダーホーゲル部かなんかなの?」と聞かれたのを今でも覚えている(ワンダーホーゲル部ってどんなイメージなのやら・・・)。踏み台昇降の結果かなんかから、

「マラソンの選手?」

と聞かれもした。

別に、運動の習い事をしているわけではなく、まわりが、みんな体力があるのが当たり前の時代&地域だった。

向かいの席のJちゃんも、長距離が得意で、学校ではずーっと長距離走で学年一番だったという。


・・・と前置きが長くなったが、先日、息子の学校で長距離走をするから応援に来てくださいというので見に行った。


走る 3週目はきつい!

うちの子は、週に二回水泳、土日は野球、毎日校庭開放で遊び倒して帰ってくるし、息子がよく遊ぶのは、野球をやっている子たちだったりするので、みんな、冬でも半そで半ズボンで走り回っている。娘も水泳とバレエをしているし、休みの日は公園で遊びまわっているので、そんなもんだと思っていた。

しかし・・・。

たった校庭三週走るのに、後半もう走れなくて歩いている子とか、明らかに日ごろあまり走っていない子がすごくたくさんいてびっくりした。私の頃でいうと、クラスの中には数人いたかもしれないな、という走り方の子が3割以上という印象。

私は「明るいうちは、家でゲームなんてしないで外で遊べー」と追い出す人だし、まあ、本人も外で遊ぶ方が楽しいし…でも、そうばかりではないんだなあ・・・。

今どき、私のクラスのように、毎日走らせるなんてできないのかもしれないけど、今思えば、あれで本当に身体は丈夫になった。

健康な身体、体力づくりも、大事な教育なんだなあ、と改めて感じた出来事でした。


さて、一方、娘は芸術が爆発しています。保育園で鬼の面を作ったのですが、なんともまあ個性的だこと。最近は帰ってからは毎日自作の紙芝居作りに夢中。


鬼の面 ハナとつのがオレンジなのだ

AD
前橋の講演でいただいた質問のうちで、
「小学校のキャリア教育は必要か」
という問いについて、うまく答えられなかったなあ、と
帰りの車中でいろいろと考えていました。

小学生に必要なキャリア教育は

①職業への興味を持たせること。
②基礎力につながる「力」を養成すること
③「働くこと」の意味を教えること

の3つの視点があるのかあ、と思います。

①は地元の商店街に行ったうちの子どもたちような取り組みでもいいし、
社会科見学でもいい。
親や地域の人がゲストティーチャーとしてやってきて仕事を語ることでもいい。
キッザニアに行く事だっていいかと思います。
とにかく、仕事に興味を持つということが大事なのかと思います。
グッド・ジョブーブ!/大滝 まみ
こんな絵本も出ています
¥1,260
Amazon.co.jp

②は、社会に出てから必要につながる力をつけること

・あいさつや正しい生活習慣をみにつけること
・社会のルールを知ること、守ること
・友達と一緒に何かをすること(協働)
・友達に自分の意見を言うこと
・違う意見や価値観の友達(人)がいるということを知る

といったことが取り入れられていることが重要なのではないかな、と思います。
また、個人的には子育ての座右の銘として「是々非々」ということを大事にしています。
つまり、いいことはいい、悪いことは悪い、その判断基準をいかに自分でもてるのか、きちんと指し示すことが重要なのかと思います。

③これは「中学生に子どもになぜ働くのと聞かれた」という質問に答えるのと同じく
大変答えにくい問題で、授業でやるというよりも、
いろいろなことを知る中で感じてほしいなあ、とは思うのですが。
親を含め、仕事をすることで自己実現していて、
活き活きと働く人に多く接することが、一番重要なのかなと思います。

ちなみに、「中学生に子どもになぜ働くのと聞かれた」という質問に、
家族が生活していくのにいくらかかって、そのお金を稼ぐためにも働いているという経済観念について、
中学生なら伝えていいのでは?と答えました。
社会に出たら、自分で生活していかなければならないわけで、
生活していくのにいくらかかるのか、
「生きていくにはお金がかかる。
そのために稼がなければならない」
ということはきちんと教える必要があると答えました。
大学生でも、このあたりがわかっていない人も多いように思います。

若干この表現だと小学生にはストレートすぎますが、
最近コマーシャルでみずほ銀行が
お金の仕組みについてのキャリア教育に協力しているというのがありますが、
ああいった取り組みも、すごくいいことだなあ、と思います。

ということで、質問をいただくことで、
さらに、こちらもいろいろと学ばせていただきました。
AD

プチ肉体改造・・・?

テーマ:

前にも書いたが、私は健康オタクである。


1月にはいってから毎日「15秒かけて寝る腹筋」をはじめたのだが、体重は変わらないものの、あきらかにウェストが細くなった気がする。それに、バレエを踊っているときに、キープ力が付いた気がする・・・。


でも、踊りながら、右足の股関節に負担がかかる原因ややはり、右足首の弱さにある、と気が付いた。10年ほど前に、たまたま遊びでやりなれないテニスをやて、転んで右足首のじん帯をのばして、5ヶ月くらい固定していたのであるが、やはり右足に乗り切れないために、斜めに体重がかかって股関節に全部いくんじゃないかな、と。

(ちなみに、もともとスピードスケートやスキーをやるので常人よりは足首は強いかと思うのですが)


また、バレエの先生もここのところ(おそらく先日の発表会で、そうした私の欠点が一気に判明したこともあり)かなり、体重が足に乗り切っていないことを指導してくれている。今日のレッスンでは、特に「股間接をたたむ」「モモには力をいれずに足の裏側の筋肉を伸ばす」ということを徹底して教えてくれた。

つまり、自分にあった足の開き方をしないと、斜めになる、ということなのだ。

でも、徹底的にやったおかげ&腹筋がついてきていること、などから今日はずいぶんと自分としては足が上がった気がする。


さらに足首が弱いことをたまるや鍼灸整骨院 で話したら、「たしかに右足首がゆるいですね」とのご指摘を受け、足首の筋力トレーニングの方法を教えてくれた。(ストッキングなどを利用して筋力を養成する)

腹筋に加えて、この足首の筋力トレーニングで、さらにバレエがうまくなりたい!と切に願う43歳でした・・・。

(だって、この間の勉強会のDVDが届いて、今の自分の実力的には85%のできながら、悲しいくらい足がまがっているしトウシューズに乗り切れていないんだもの・・・)


ということで、まだまだ身体鍛えまっせえーーー。


そうそう腹筋効果で言うと、ウェストが細くなった以外に、お通じがよくなりました。

がんばって「よい習慣」を続けます!(基礎力の行動持続力)

AD

一安心

テーマ:

一晩寝たら、すっかり元気な長男。

ほっ・・・。


今日は父に三人のことを頼んで前橋まで講演に行ってきました。

終わってからの質問で

①「中学生の子どもになぜ働かなければならないのかと聞かれるがなんと答えたらいいか」

②「小学生にキャリア教育は必要か」

などを受けました。


一番答えられなかったのは

「仕事をしていて一番大事にしていることは何ですか」


なんだろう・・・。


ちなみに、

ちょうど、地域で和田中の藤原さんをお呼びした講演会があり、かぶってしまい、聞けなくて残念!

(出張前に、ご挨拶だけしてきました・・・。あいかわらずのオーラだ・・・!)

うつった?

テーマ:

「うつったかもしれない・・・」

とさっき長男から電話が・・・。


ううーーーむ・・・。


来週の仕事を持ち帰るか・・・。

次男と違って、長男休まれても、仕事はできるだろう・・・。


さて、ただの疲れか溶蓮菌か・・・。

一人あたり30分ぐらいで、・・・と思いながらも・・・


エントリーシートを見て、


①自己分析、自己PRはエピソードを交えてきちんとできているか

②志望動機は企業と自分をちゃんとつなげて書いているか


などを見ているのだが、何が自分のウリなのかがよくわからない、志望動機があいまい、とか、そもそも、その会社の選び方でいいのか、とか、もっとそもそも働くことへの抵抗感が実はあったりとか、なかなか時間がかかって、中にはどうしても1時間近くかかってしまう場合もある。

でも、まだ3年生の1月。がんばって自分と会話してほしいと願うのでした。


そして今日も1時から5時過ぎまで、ノンストップで、のどからからでした。



2月か3月に同窓会をごんちゃんの店でやろうかと思っています!

mixiにコミュニティを立ち上げたので、連絡くださいね!


個人的な業務連絡でした・・・。


さて、咳も治まり、口内炎ももうかゆくないけど、「薬飲んで三日くらい」ということで今日までお休みの次男です。


きのうは家にずっといて、キャリアの本を読み、土曜日の講演の資料を完成させ、レジメをつくり、パワポであまりに凍るので、自動更新になっていなかったので更新し(すごい時間がかかった)、期限切れながら時間がなく気になっていたウィルスバスターも更新し、部屋を軽くそうじし、ホットカーペットカバーを洗濯し、木曜日に塾の試験の長男の勉強を少しみて、少し上海で遊んで・・・気づいたらすげー疲れてました・・・。


今日も家ですが、もうちょい掃除しないとなあ・・・。


溶蓮菌その後・・・

テーマ:


2歳8ヶ月次男・・・元気です・・・。本当に病気?


うちは家系的に熱に強いようで、結局土曜日の夜と、月曜日の午前中に38度でた以外熱が出ていない。

口にぶつぶつがなかったら、溶蓮菌を疑わずに検査もしなかったかもしれない。

10日飲む薬をもらって、後遺症がでないかの尿チェックが必要なくらいだから、

ただの風邪だとすぎるのも怖いなあ。

そう思うと、多少症状が出ないと、病気を見過ごすので心配だ。


しかし、元気すぎるので、(咳以外熱はないし、食欲もあるし、元気だし)

昼間仕事をしたいのに大騒ぎで、仕方なTSUTAYAでDVDを借りてきて見てもらっている。

(大好きなおどろんぱとあんぱんまんでご満悦)

NHKうたっておどろんぱ! うたとダンスの大メドレー
¥2,852
Amazon.co.jp
NHK うたっておどろんぱ ! あしたにむかってダンス
¥2,760
Amazon.co.jp

おかげで仕事ができた・・・ほっ。


おそらく明日休めばあさっては大丈夫かな・・・。


保護者会にてルールの確認

テーマ:

先週の金曜日に保護者会で、グループ懇談が行われた。

先日の、うちの長男が調子にのっておごってしまった事件があったので、先生から、簡単に

「先日子ども同士でおごるおごられるということがあったとご連絡をいただきました。」

という報告があり、それを受けて、放課後の遊び方や、お金についてのルールを中心に、3年生全体が3グループぐらいに分かれて話し合いました。


まあ、私の場合当事者だったので、

「おごれよーと強要されていったというより、その子の家に遊びに行った時にいつもお菓子をもらったりするので、『かえさなければ』と思ってしまったようだ。なので、叱ることでもなく、私が子どもにきちんとそうしたルールについてをはっきりさせていなかったことが悪い。なので、

・子どもだけでマクドナルドに行かない

・子どもだけでゲームセンターに行かない

・誰かのママにお菓子をもらっても返すのは大人の役目。きちんとお礼を言って母に報告することが大事

・誰かにおごるとかおごられるというお金の使い方はよくない

ということを確認しました」

と口火を切りました。


若干、厳しいかな、と思う気持ちもあったのですが、うちのグループは比較的そうしたことに厳しい人が多く、中でも、Mちゃんのママは

「うちは、ゲームも買いません。それはうちのルールがそうだから、と話しています。友達がもっているからと言われても、よそはよそうちはうち、と話して聞かせています。」

ときっぱりと言い切っていて、

「おおーーさすがだ」

と、感心した。


おおむねうちのグループは、社会勉強として買い物には行かせるものの、子どもだけの活動にはまだ制限をしていたり、お金の管理をしている人が多かった。みなさんルールを決めていて、それぞれの家庭の「ルール」を確認して、終わりました。

そうか、みんなしっかりしているなあ、と思ったのですが、あとで他のチームのことを聞いたら、一人すごいママがいたようだ。


「うちは子どもの友達が来たらみんなに300円渡して、これでゲームセンターに行くなり、コンビニで何かするなりしてね、と言います。時々いらないっていう子がいるんだけど、かわいくないですよねー」


それに対してどうだったの?と聞くと、みんな口ぽかーんで誰も何も言わなかったそうな。

うーん・・・うちのグループにいたら、私、どうしていたのかな・・・。