ES地域プロデューサー奮闘記 ホーピー君の「よそ者、ばか者、若者」まちづくりブログ

「企業基点のまちづくり」をプロデュースする"ES地域プロデューサー"となるべく修行中。地域とつながり、楽しく、誇りをもって幸せにはたらく人を地域に、日本に、世界に増やす。


テーマ:
皆様こんにちは!

今回は、インコタームズについての詳しい調査をする
予定でしたが、東京都の貿易証明センターに行って参りましたので、
記憶が鮮明なうちにその様子をお伝えしたいと思います。

以前に原産地証明書を取得するには、
商工会議所等の公的な機関の証明が必要であると
お話ししていますが、
これから実際に貿易を始めるに
あたって必要になるこれらの書類を取得するための

前提となる貿易登録をするべく、
先日商工会議所の機関の1つである東京都の
貿易証明センターに行って参りました。

実は、貿易登録はインターネット上で出来るものばかり
だと思っていましたが、
登録に必要な書類は、貿易証明センターに
直接取りに行かなければならないとのこと・・

何故なのか?

まあ、勤務先から離れているわけではないし、
混んでもいないだろうからそれほどの負担にはならないだろう
と思いながら現地に向かいました。

東京駅周辺のビルは相変わらず整然としています。

書類をもらって早く帰ります・・

貿易証明センターがある、大きなビルの1室に入りました。

非常に混んでいます・・

ここで改めて考えてみると、なるほど現在は、
原産地証明書をとれるのは商工会議所など決まった機関しかありません。

そのことが、混んでいる理由の1つなのかもしれません。

ちなみに、今後、原産地証明書等の一部の貿易書類は
商工会議所等の公的な機関の独占業務ではなくなり、
民間にも広く開放される予定となっていると聞いています。

さて、周りを見ると、商社の社員の方や、士業の方らしき人の
姿が見えます。
書類が足りず慌てている人もいます・・

もしかしたら貿易は私が考えている以上に
とてもシビアな世界なのかもしれません。

1時間ほど待ち、私の番号が呼ばれました。

受け付けにいき、書類を受け取とり、
長々と説明を聞いているうちに、
だんだんと直接書類を受け取りに来なければならない
理由が分かりました。

細かい・・
間違が許されない厳しいものです。

国境を超えた取引ですので当然のことかもしれませんが、
予想外の出来事の数々に、改めて貿易取引の大変さを
実感できました。

このブログでは、
カンボジアにカレーを届けるという目標を第1としながらも、
コツコツ知識を積み重ね、まずは貿易のプロと呼ばれている方々とも、
対等に交渉が出来る能力を身につける、
それが第1の目標を達成することにつながるもの
と思って執筆させて頂いています。


貿易は、難しいですが、引き続き次回もよろしくお願いします!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。