ジギングチームR-1

明石を拠点に、日本全国ジギングしてる釣り倶楽部のブログです。
所属メンバーが勝手気ままに釣り関連の情報をUPしてます。


テーマ:

みなさんこんにちわ~爆  笑 まさくんです。

今日からチームの皆さんは石垣島へ遠征に行っておられます飛行機

爆釣祈願!しておりますうお座

 

にほんブログ村 釣りブログ ジギングへ
にほんブログ村
いつものポチッをお願いします

おまけのポチッもお願いします

 

今日は、今が旬の鯛ラバについて考察してみたいと思います真顔

 

の生息地域

 

ネット上で調べてみると、詳しい事が分かってきました爆  笑

 

中真鯛や大真鯛は混在しているだけではない。その生息域は広く、沿岸域の藻場から沖合い本流域の200mを越す深海にまで及ぶ。尚、手の平クラスの幼真鯛や小鯛は、キス等の居る浅い砂泥地や沿岸の藻場にも多い。又、数㎏を越すような大真鯛でも、浅い藻場を単独で回遊することも多く、素潜り漁師の目撃談は数限りなく多い。
 特に、潮流の当たる島礁際や、海底に沈み瀬や沈船、漁礁付近も真鯛の餌場となっており、多くの真鯛やチダイが居着いている。又、豊後水道本流域では、起伏の激しい海底や深い海中から立ち上がった尾根付近も真鯛の絶好の附き場となる。このようなポイントに潮流が当たると、地域や部分的に潮流が速くなったり湧き揚がるなど複雑な流れとなり、真鯛が餌にするイワシ類の他、甲殻類やイカ類が寄るからに他ならない。
 湧昇流が発生すると、海底からの豊富な栄養分を上層に運ぶからプランクトンが常時発生する。このプランクトンを求めて、シラスなどの各種の幼稚魚が寄るだけでなく、甲殻類や小魚群も多く流れて来る。
 これらに附けた真鯛やチダイは、海底から離れて小魚群直下の低層から中層にかけて浮上していることが多い。しかし、起伏の無い浅い砂泥地には真鯛の姿は少ないものだ。餌となる甲殻類やイカ類、小魚群が少ない上に、危険が迫った際に身を隠すような障害物が無いからであろうか? 唯一、アマダイ釣りをする際に、たまに混漁される程度である。
 小魚群が沈み瀬や漁礁等のポイントを離れた場合、{真鯛}や{チダイ}は、行動を共にすることは少ないが、大真鯛や中真鯛はカタクチイワシ等の小魚群が濃密群のまま低層を移動した際には、これらの小魚を食しながら、群に追随する動きをするのが特徴だ。
 豊後水道本流域に位置する、無垢島や高島、保戸島、水の子島近海には、急流域の海底に岩礁や沈み瀬、漁礁、沈船等が無数に点在し、真鯛は勿論のこと、ヒラメやブリ、ハマチ、イサキ等、大魚の絶好の付き場となっている。又、これらの島礁際は強い潮流に掘られ削られて水深100mを越す海溝状となっている。
 この深淵付近に点在する浅場{かけあがり}には、年間を通して各サイズの真鯛やチダイ・大アジ・イサキ・ヒラメ・ブリ等の魚影が濃い。
 これらのポイントには、速い潮流による湧昇流に乗って、アミやエビ等の甲殻類の他に小魚群が流れて来るだけでなく、通年各種のイカ類も多く来流し、餌として容易に補足されるからであろう。又、豊後水道には、特定の時季に各種のエビやアミ類の大発生する場所が点在しており、これを察知した真鯛・チダイ・ハマチ・サバ・大アジ・イサキなどが大挙して来流する。
 しかし、時季やポイントによって、真鯛やチダイが主体であったり、イサキの大群だけが群がって居たりして、各魚種が対等に混在することは無いようだ。
 冬季の大真鯛は、豊後水道本流域の80mから100mを超す海溝で、この時季に大量に来流するコブイカなどのイカ類を追う。[胴付き仕掛け]に活きたコブイカを掛けて狙うと、いい釣果を出す。
 ブリやカンパチ、ヒラマサ、大アジ、大サバ、イサキなどの大型魚が居附く沈み瀬や漁礁付近には、年間を通して大型や中型の真鯛が多く居るものだ。
 中真鯛、小真鯛やチダイは、食性や採餌行動がイサキの群と共通点があるから、イサキ群が居るポイントは、間違いなく各サイズの真鯛やチダイの一級ポイントである。このような時、大真鯛の姿が少ないのは、餌となる甲殻類やアミ類、各種の幼稚魚が小さく、大真鯛の食性と合致しないから。
 魚類養殖場の生け簀下は、養殖魚への投げ餌の「こぼれ餌」があるだけでなく、真鯛の好む甲殻類や小魚類、貝類も多い。又、生け簀が直射日射を遮り、ブロックアンカーを投錨してロープを縦横無尽に張っているから、これらが邪魔をして刺し網漁の操業もままならない。
 このように好条件が揃った上に、立体的な漁礁の状態なので、真鯛やぶり、イシダイ、チダイ等の絶好の棲家となっており、年間を通してその魚影は濃い。又、漁獲したカタクチイワシやアジなどの畜養生け簀下や定置網際も大中真鯛の好ポイントとなる。しかし、餌盗り上手な雑魚が多いのも否めない。


上記の文章の「カケ上がりが途切れ・・」というのがポイントみたいですね!?

船頭さんは色んなポイントを知ってて、毎日、その日の状況に応じて移動されるんですね音符

鯛は賢い魚らしいので、釣る側もよく考えないといけませんね。。ニヤニヤ

 

ラバのタックル

ロッド 鯛ラバ専用ロッドが良いです。釣り具店でご相談されてくださいルンルン

ティップの柔らかさ・バットの強さが重要で、6フィート前後くらいのが一般的に良いようです。チョキ

リール 鯛ラバに最適なベイトリールを選ぶポイントをいくつかご紹介します。

まず一番大切なのは海水での使用が可能かどうかです。淡水専用だとほぼ確実に錆びて壊れます。

次に重さ。できる限り軽い方が良いでしょう。

ギア比は6:1ぐらいのギア比が幅広い状況で使えると思います。

その他、ギア比の高い(7:1)ものもありますが、こちらのタイプはスローにリーリングする事は難しく、冬などの低活性時には向きません。ですが、ベイトがイワシの時などのリーリングスピードを上げた方が良い場合に使いやすいです。

しかし、実際に釣りをしていて使いやすいのは6:1前後の物が良いのではないでしょうか。

 

僕はシマノのカルカッタコンクエストを使っていますOK

ライン PE 0.6号~0.8号が妥当と思います。船頭の指示に従ってください。

太いラインは禁物です滝汗 まず釣れませんし、ラインがふけてまつり、他の乗船客に迷惑となります笑い泣き

僕は、YGK よつあみ ガリス ウルトラジグマンを使っていますOK

 

リーダー  フロロカーボン素材で12lbくらいが良いと思いますチョキ

PEラインとの結束はノットが不可欠となります。FGノット・PRノットくらいが良いのではないでしょうか音符

僕はPRノットでやってます。爆  笑 ただ、船上で切れた時は、「電車結び」とかやって凌いでますが、お勧め出来ませんデレデレ 

ノットはYouTubeなので出ていますので、練習してみてくださいねニコニコ

僕はモーリスのバリバスのを使っていますOK

 

 

ラバの種類

リーダーの先に付けるのが、鯛ラバですが、

固定式と遊動式がありますが、僕は固定式が多いです。爆  笑

遊動式の方がフッキングがしっかり出来るという方もいますし、これは経験だと思いますOK

垂直にラインを垂らしてる時は良いのですが、斜めになるとフッキングに差が出るようですニヤニヤ

 

 

単純ですが釣果のアップは、使用する鯛カブラのスペックに左右されます。

この釣りでまず、一番大事なのが底取り。これが明確かつスピーディーに分かることが大切です。この条件を満たすためには「タングステン製」であることです。

鯛カブラを始めたころは、鉛製しかなかったので当たり前のように鉛を使っていました。

もちろん、それでその当時は十分な釣果をもたらしてくれました。ただ、鉛を使って思っていたことは「水深が深くなればなるほど、重いカブラをチョイスするために引き抵抗が重いので、ディープの釣りがやりにくい」ということでした。

そんな中「タングステン鯛カブラ」が、今や主流となりました。

タングステンは、鉛に比べて比重が高い素材です。

鉛とタングステンの比重は鉛11.34に対し、タングステンは19.3。タングステンは、鉛に比べて約1.7倍重い計算です。

また、同じ重さでも鉛より約42%も小さいということになります。

要するに、タングステンは「鉛よりも小さいシルエットで重いヘッド」です。

「鉛より小さいシルエットで重いヘッド」がもたらすメリットは、フォールスピードが鉛に比べて速く、しかも引き抵抗が軽い。そして、鉛よりも硬いので、着底が明確です。また、その着底感の違いから根掛かりを回避しやすくロスト率も下がります。

一度タングステンのカブラを使用すると、その凄さがすぐに体感できると思います。

さらに着底のスピードアップは釣果アップにつながります。

 

僕はジャッカルのビンビン玉を使っています。

 

なお、釣り方は船頭さんの指示に従ってください音符

結構、簡単ですチョキ 着底して一定のスピードで巻き上げるだけです。爆  笑

が、、フッキングはしない方が良い説と、した方が良い説があります!?

 

どっちが良いか僕はあまり理解出来ていません。ニヤニヤ

 

鯛は違和感あると頭を振るので、当然フッキング出来てないとバレます。えーん

ただ変に合わせるとちゃんと食ってないので、針だけ外れてしまいますニヤニヤ

やはり集中力です!! よく釣っておられる方は集中されてます爆  笑

頑張りましょう!!

 

料理について

何のために釣るのか? そりゃ食べるためでしょうニヤニヤ

僕が鯛料理で一番好きなのが、鯛メシです爆  笑 鯛は良いダシが出ますので抜群に旨いですラブラブ

 

いや、まず新鮮なものは刺身にするのが一番ですけど。。音符

他にも煮付けにしたり、色んな料理がありますから、楽しみですねウシシ

 

 

みなさん、僕も考察していく中で、奥深い鯛ラバをやりたくなってきましたラブラブ

は魚の王様と言われるくらい美味で、釣ってよし、食ってよしです爆  笑

船で行くなら、西宮から出てるはたの屋さんなんか良いと思いますグッ

                   上矢印       上矢印クリックしてみてくださいブルーハーツ

ではでは~バイバイ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ジギングチームR-1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。