ジギングチームR-1

明石を拠点に、日本全国ジギングしてる釣り倶楽部のブログです。
所属メンバーが勝手気ままに釣り関連の情報をUPしてます。


テーマ:
こんにちはーザッキーです

今月は2週連続のキハダ遠征
第一弾は久米島です


いつものポチッをお願いします

おまけのポチッもお願いします

久しぶりのキハダ遠征、今回もお馴染み久米島イーフビーチホテル



メンバーはボス、ヒロさんツンさん僕です

天気は悪かったですが相変わらずのロケーションに癒されます

今回のキハダの釣り方はジギングキャスティングパラシュートの3本立て

パラシュート仕掛けはこのようにオモリの付いた袋にコマセと仕掛けを入れ


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


反応がある水深まで落とし、シャクって袋を開封し確実にマグロのいるタナが狙える

何とも効率の良い、久米島発祥の釣り方です

今回お世話になる船は『太一丸』さん

船も大きくキャビンも広々快適です

《1日目》
 
2日間とも雨予報だったのが奇跡的に雨は免れ

まず初めはパヤオジギングでメバチマグロ狙い

4人全員でシャクると

さすがパヤオジギング


ダブルヒット、トリプルヒットは当たり前

ですが型が小さすぎる。。。。。


キャスティングでも同サイズでした

小さいながらも久々にマグロに引きを味わい、次はパラシュートに切り替え
大物キハダ狙い

まずはヒロさんの竿が曲がり、25kgのキハダを難なくキャッチ

しばらくするとボスの竿がブン曲がり

ドラグが

『ジィィィィィィィィィィィィィィィィィ~ッ

この日一番ドラグが唸ります

安定のファイトに、耐える時は耐え

危なげなく数分で40kgをGET


▼ボスYさん’マグロタックル
【ロッド】カーペンター BB55/60-B(sg)
【リール】SIMANO タリカ 20Ⅱ
【ライン】ヨツアミ ウルトラジグマン8号 400m

最後はツンさんも25kgのキハダをキャッチでこの日はストップフィッシング


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
▼ツンさん’マグロタックル
【ロッド】ダイワ エクスペディション DEEP55S・F
【リール】ダイワ ソルティガ7000Hドッグファイト
【ライン】ヨツアミ ウルトラダイニーマ6号 400m

《2日目》
この日はジギングはナシにして

初めからパラシュート仕掛けで大物狙いにかけます

25kgオーバーのキハダがコンスタントに上がる中、


▼ザッキー’マグロタックル
【ロッド】ゼニス グラスエスタ インテンスブルー168H
【リール】アリゲーター バトル20(スタンディングソウル使用)
【ライン】ヨツアミ ウルトラダイニーマ10号 400m

ヒロさんの竿に待望の大物の予感

順調に上げていたのが途中、いきなり魚が暴れ出します

『これアカンやつやぁ


とセカンドランを必死に耐え

それでも焦ることなく、安定したファイト

『仕掛けが見えてきたおっ背ビレが長い

これはデカイかも

ボスがギャフを打ち

上がって来たのは35kg


▼ヒロさん’マグロタックル
【ロッド】剛樹ブラックバイト・スタンディング16-ギンバル仕様
【リール】SIMANO  ジガーLD 4000
【ライン】ヨツアミ ウルトラダイニーマ5号 500m

この日1番の大きさでした

そして海面ではマグロのナブラが1日中あり、合間をみてキャスティングも頑張りましたが

不発に終わりました

そして港に戻り、魚の集合写真

2日間ともポツポツHITが多かったので、あまり釣った感じはなかったのですが

並べてみれば以外に釣れてました


さて、このキハダの感覚が戻ってるうちに

今週の石垣キハダ遠征で記録を狙いたいと思います







AD
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさんこんにちは まさくんです。
チームのみなさんは、あさってから遠征の予定です。
前回同様、大漁祈願しております
明石近海もタイが釣れてきています
今日はタイラバ(鯛カブラ)について考察してみます


いつものポチッをお願いします

おまけのポチッもお願いします

みなさんはタイをどのように釣っておられるでしょうか
タイサビキタイラバで釣るのが一般的ですが、ゲーム性はタイラバが一番ありますね
明石の鯛はブランド物で味が最高です今年も是非釣りたいです

(ぼうずコンニャク さんより)
いやぁ~ 40cmちょっとくらいの美味しいタイを釣りたいですね


タイサビキは一昨年に鳴門方面に釣りに行った時は扱いが悪く、釣果が良くなかったので、
また機会があれば行きたいと思いますが・・・ 
 長いので、よく絡みました(>_<)
船縁にマグネットシートを貼り付けて、針を順番に付けておいて、
ポイントに着いたら降ろしていくのですが、風があると辛いものです
 
まだまだ修行が足りません

今年はタイラバをもう少し練習したいと思っています
やった事は何度もあるのですが、今ひとつ釣果を上げてないのは
何かが足りてないと思います
 
ボスからはよく教えていただいてます。「要は集中力 」
あと竿先を下げるとか・・・


ここでタイラバのルーツを探ってみました


鯛カブラは元々、長崎県や徳島県の漁業から発生したと言われる真鯛釣りの伝統漁法で、鉛玉(ヘッド)に数センチのハリスを付け、それにウタセエビなどの餌をつけ真鯛を釣る漁具でした。


それが地域によっては、餌の代わりにビニールやラバーが用いられるようになりました。荷造用の何の変哲もないビニールヒモを細長く裂いたものや、薄いラバーをネクタイ状にしたものをフック(釣り針)を付けるだけものですが、真鯛がこれに非常に興味を示し素晴らしい釣果を得ました。

近年、この鯛カブラがゲームフィッシングとしての可能性が見いだされ、関西方面(明石や鳴門)から全国へ広がっています。名称も「鯛カブラ」「フラフラ」「鯛ラバ」など、地域や人によってそれぞれ呼び名が変わっています。

へ~ なるほど。。。

タイラバには鉛製とタングステン製がありますね
左が鉛製、右がタングステン製です

タングステンは鉛よりも高価ですが、比重が高く、シルエットを小さくできるのと、
底取りが早いので、釣果を上げるには有効だと思います。

さらに、タイラバには「ネクタイ」や「スカート」と呼ばれる部分があります。


(以上 鯛カブラ.com さんより)

この部分をタイが吸い込み、フックに掛けて釣り上げるというものです。
ラバー素材を使ってる物が多いですが、色、形状等は各メーカー様々です

タイラバ釣りは基本的に一定のスピードで「ただ巻き」です。
では、どのようなコツがあるのでしょうか
ネットで調べてみました

必ずサミングしながらフォールさせる。
 →糸フケを抑え、着底の瞬間も分かりやすくなる。

着底前はサミングを強めにしてソッと落とす。
→タイに着底の金属音を聞かれ、見切られる可能性もあるため、

着底を確認したら、すぐに巻き始める。
→フォ-ルしてる時点でタイがタイラバを見つけているので、不自然に放置したら、
 タイにタイラバを見切られてしまう。


④ロッドが引き込まれたり、絞り込まれる
本アタリまでは絶対アワセにかからない。
 前アタリはコツコツと出て当たり前なので、そのまま巻き続けるのが大切。
→巻くのをやめるとタイがタイラバを追うのをやめてしまう。


⑤フッキングが決まると、ロッドとラインの角度を90度くらいに保ち、ズルズルと巻いてファイトする。タイが走れば巻くのを止め、止まれば巻くという風に気長に巻く。
→ロッドを立てたり、寝かしたり、ポンピングするとダメ。


(以上 ~鯛ラバで鯛を釣ろう~ より)

う~ん。。。理屈は分かりました

おそらく難しいのは、本アタリの見極めとフッキングするタイミングだと思いますが、
これは練習あるのみだと思います。 
感覚をつかまないとできるものではありません。。

今年は、感覚がつかめるよう努力していきたいと思います。
ではでは~


AD
いいね!(18)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は久々ボスとボートメバルに出撃


いつものポチッをお願いします

おまけのポチッもお願いします

ショアでは釣れ始めているのに

今年のボートメバルは釣果パッとせず。。。。。

次回こそメバルフィーバーが到来する

っと期待を胸に、いざ出航ーーー



ポイントに到着し、早速良型がHITしかも体高もある

これはさい先が良いのか

っと思いきや後が続かず

こまめにポイント移動を繰り返し

テトラ際をカーブフォールで探ると良型

キャストしテンションをかけるとすでにHITしてたり

パターンはバラバラでしたが釣れるメバルほとんどが良型

途中、メバルとはまた違う強烈な引きをした魚がHIT

まだまだ渋いですが、この釣行で回復の兆しが見え

今後に期待大

そして釣りの帰りはラーメン

太ると分っててもこれだけは止められません


タックル
ボス
ロッド:シマノ エクスチューン 709ULT 78g
リール:シマノ 14ステラC2000HGS  180g
ライン:バークレー バニッシュレボリューション 2lb
合計 258


ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレントTZ 72/TZ  64g
リール:シマノ 16バンキッシュ C2000S 155g
ライン:シーガー R-18 フロロリミテッド 1.5lb
合計 219




AD
いいね!(23)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさんこんにちは まさくんです。
今月もチームのみなさんは遠征に2回行かれる予定で、士気を高めておられます
僕は近海ながらも、メバルサビキに行ってきました。


いつものポチッをお願いします


おまけのポチッもお願いします

今回は、大阪市港区から出てる釣り船 武蔵んに乗ってきました。

18:00~22:30過ぎストップフィッシングで、渋かったですが結構楽しめました

夕方、駐車場に車止めて、乗船名簿に記入して乗船代は後払いみたいです。


お客さんは僕を入れて5人で、後、気さくな船長と補助のおじさんが乗っておられました。

釣座は右舷トモを取りました。 

後で思ったのですが、メバルの場合はミヨシ側の方がいいです
なぜなら、船はポイントでかけ上がりに前から付けるからです
今回のタックルは、いつものタイラバ用のロッドにカルカッタコンクエストです
PE1号、リーダー16ポンドでメバルサビキ仕掛けです。

18:00いざ出航です
尻無川を転回して、ゆっくりと大阪湾に出ていきます。


河川をかなりゆっくり航行だったので、ポイントまで45分くらいだったと思います

ポイント到着~
1隻の船がもうポイントで釣ってました。


第一投・・・・・・ うーんなかなか当りがありません 渋くなってきました 
当りは「ブルブル(大きいのはさらに)コーンと下に入ります。
この小気味良い引き メバルです おー良い型 これで27cmでした。

仕掛けは、これが相変わらずよく食いました。安くてとても良いです。
メバルの食いは比較的サビキの上層で食ってました 水深は11~15mの範囲内です。


他のサビキも持ってましたが、食いは悪くなります
何でなんでしょうね やっぱエダスの長さの適正とか、サバ皮ミックスがいいのでしょうか
渋いので、ポイントも結構移動しました
釣果は、小さいメバルは4匹リリースしましたが、こんな感じです。
一番右が27cmです。すべて塩焼きにして食べました
美味しかったです

全般にメバルサビキは渋くなってきてると思います。
他船では昼間の大アジ・サバ・タイ釣れ出してきてます。これから楽しみですね~
ではでは





いいね!(22)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、ツンです

何とか今年の初フィッシュを釣り上げることが出来ました



いつものポチッをお願いします


おまけのポチッもお願いします


今回はヒロさんに念願のT型デカ当てが使えるようにロッドを改造して

もらいました

着脱も蝶ナットで楽々で、釣行時に必要なある程度の遊びも抜群で、

精巧な仕上がりで超満足


やっぱり実際に魚を釣り上げてみると

同じロッドで釣ったとは思えないほど比較的、楽に釣り上げられました

おそらく今までのチビアテでは釣り上げられなかったと思います

やっぱりこういうアイテムは敏感に揃えていくべきだと実感しました


後、ボスYさんからは久しぶりの釣りだからガチンコファイトの動画をしっかり

確認しときなさい、危ない釣りだから、、、と言われじっくり視聴。。。


そこで覚えたのはガチンコファイトの上手な負け方

左手を船べりにつけて魚の勢いが過ぎるまでひたすらに耐える


(※立釣魂のサイトで勉強しました

これを覚えておかないと思いの他に強いヒットがあった時にパニックになります

やっぱり釣り上げてなんぼですから、もう少し上手になってから負けずに釣り上げる

事を考えてみようと思います

やっぱり、釣りも準備って大事だなぁと思える釣行でした

次回は5/19~22の久米島で久々のマグロ釣り

周囲もマグロに飢え始めてきてるので
大漁求めて頑張ってきます



いいね!(21)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちはーーー


いつものポチッをお願いします

おまけのポチッもお願いします

GWの初っぱなは待ちに待った与那国遠征

狙いは大物カンパチのガチンコファイト

先月の与那国遠征は荒天で中止になり

今回はその分気合いが入ります

宿泊先は『アイランドホテル与那国』


そして船もお馴染み『瑞宝丸』です

《1日目》
今回のメンバーはボス、ヒロさん、復活のツンさん、ザッキーです

まずはエサとなるムロアジポイントまで1時間30分移動

そしてポイントに到着し、ムロサビキ2連結オモリ400号水深350~400m

さすが与那国いつも僕らがやってるムロ取りとは違います

ムロがかかるとラインを送って送って、暴れてまつらないようゆっくり巻くと

2連結のサビキに全部ムロアジが掛かります~(ちなみに全部掛かると18匹)

竿を2本出していたので3流しくらいでムロ取りが終了

そして台湾方面に向け2時間移動しポイントに到着

そしてミヨシから順番に仕掛けを投入

すると、ズドン!



ズドン!!

いきなり皆の竿がブン曲がり

与那国の凄さを改めて体感

毎回、毎回仕掛けを落とす度に皆の竿が曲がり

生きたエサ、デッドベイト、ジグ

与那国のカンパチには関係なく

終始入れ食いでした

終盤はもう腕パンパンで腰まで負担が来ており、仕掛け落とす事に恐怖に感じる程でした

そんな中久々参加のツンさんがR-1メモリアルのカンパチ24kg
を出してくれましたー

おめでとうございまーす




《2日目》

1日目と同じパターンでムロを取り、仕掛けを投入

この日も安定の入れ食い!!!!

フォールの途中でもズドン!!!底着いた瞬間にズドン!!!

この日はメモリアルは出ませんでしたが、皆の体はファイトでボロボロ

ていうか、もうこれ以上釣る事ができないほど体力の消耗がしたところでちょうど良く納竿

1日目も2日目も移動時間が長かった為、実釣時間は半日もありませんでしたが

カンパチの数釣りができてとても濃厚な2日間となりました

そして今月は2週連続キハダ遠征

切り替えてタックルの準備をしておかなくては

ボス

【ロ ッド】アリゲーター スタンディングソウル170
【リール】アリゲーターバトル20
            (スタンディングソウル仕様)
【ライン】ウルトラダイニーマ10号
【リ-ダー】プレミアム万鮪60号
【ハリス】プレミアム万鮪60号
【フック】オーナーカット泳がせ30号


【ロ ッド】アリゲーター スタンディングソウル160
【リール】アリゲーターバトル20
            (スタンディングソウル仕様)
【ライン】ウルトラダイニーマ10号
【リ-ダー】プレミアム万鮪50号
【ハリス】プレミアム万鮪60号
【フック】
オーナーカット泳がせ30号

ヒロさん
ロッド】スタンディングソウル160
【リール】アリゲーターバトル20W
      (カスタムペイント)
【ライン】ウルトラダイニーマ10号
【リーダー】海藻カモフラージュPREMIUM ナイロン60号
【ハリス】
プレミアム万鮪60号 
【フック】
オーナーカット泳がせ30号

ザッキー
【ロ ッド】ゼニス グラシエスタ インテンスブルー
【リール】アリゲーターバトル20
            (スタンディングソウル仕様)
【ライン】ウルトラダイニーマ10号
【リ-ダー】
プレミアム万鮪60号
【ハリス】
プレミアム万鮪60号
【フック】オーナーカット泳がせ30号

ツンさん
【ロ ッド】アリゲーター スタンディングヒート170
【リール】アリゲーターバトル20
【ライン】ウルトラダイニーマ10号
【リ-ダー】
海藻カモフラージュPREMIUM ナイロン60号
【ハリス】プレミアム万鮪60号
【フック】オーナーカット泳がせ30号


いいね!(24)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
みなさんこんにちは まさくんです。

今日は今が旬の「青物キャスティング」について考察したいと思います

ちょうど、はたの屋さんでは紀北ハマチキャスティングを募集されておられますね


いつものポチッをお願いします



ついでのポチッもお願いします

僕は青物キャスティングは一度しかやった事ないですが、

表層ないしその付近をルアーで誘って、チェイスしていく青物をフッキングして

釣り上げるのは楽しいものです 

キャスティングといえば飛ばないと、探る距離も短くなるし釣果も上がりませんね
今日は素人目線で、どういう原理なのか、どんなロッドが必要なのかとかを

考察してみたいと思います。

ネットで調べてる部分が多いのですが、参考になればと思います


キャスティングとは

キャスティングとは、ルアーを目標(ポイント)に“投げる(入れる)”と言うことです。
決して難しい事ではないのです。


 らしいですが、やはり初心者はそんなに簡単にできる訳がない と思ってませんか

 僕は楽観主義なので、「いやいや、ちょうどショアで投げ釣りとかしてたら大丈夫でしょ

 とか思うのですが、周囲に注意して投げればいいのです。とか思ってたら奥が深い

 公園とか、波止とかで練習すればいけると思いますが やっぱ練習でしょうね

 くれぐれも周囲の人とかには注意してくださいね


キャスティングの種類

 オーバーヘッドキャスティング(基本中の基本)

 ロッドを真っ直ぐ振り上げて、そのまま真っ直ぐ投げる感じです。

 サイドハンドキャスティング(頭上に障害物がある所に有効)

 オーバーヘッドを横から投げる感じです。(手首を使い出来るだけ小さく振るのが良い)

 ピッチング(障害物の多い所に入れるのに有効)

 ロッドを持ってない手でルアーをつまみ、手首の動きだけでロッドの先端を下げて、

 一気にロッドを振り上げると同時に、つまんでいたルアーを放す。

 この時リールのクラッチは「切り」の状態です。リールからラインが出る状態です。


 おそらく、ソルトルアーはオーバーヘッドかサイドハンドで

 バスルアーはサイドハンドかピッチングをよく使うと思います。


ループについて

ちょっとマニアックな話ですが、キャスティングは投げた時のラインの形状でループが出来ます。
この形状で正しくキャストできてるか判別できるらしいのです

まず理想のループはこれらしいです。

先が丸くなってるでしょこれが理想らしいのです

ダメなのが下記の二つのループらしいです。


でも、しかし投げてる時ってこんなの見てる間もないし、見えないですよね
しかし、ネット上の師匠は、ラインを目で追ってイメージを掴むのが大切らしいのです

たぶん。。力の入れ方とロッドの持っていき方だと思うのです。

変に力を入れずに、ルアーの重みを感じて投げろという事なのだと思うのです・・・


僕がよくミスキャストするのが「テーリング」という下記の形です。


あんまり飛びません たぶん、何か原因があるのかと

これがなぜ起きるのか

ループのメカニズムについてもう少し調べてみました。


まずロッドから放たれるラインの形状はこのようならばラインは直線に伸びていき、

テーリングは起こっていないとのこと。


ここで大切なのは

ループの上側の形状はロッドがラインを追い越す前(加速時)に作られた形状である

ということです。

ではなぜテーリングが起きるのか

下記の図のように、加速時にロッドティップ(先端)が直線に動いていたのではなく、

波打っていた証拠らしいのです。


これを分解すると

徐々に力を入れていけば、急激にロッドは曲がらないはずですが、「遠くへ投げよう!」と思い、ロッドがまだしっかりと曲がっていない状態で、「エイッ!」と力を入れてしまったとき、に起こりやすい現象です。

たぶん。。たぶんですよ

理想のアクションとしては、スロー→ファースト→ストップの原理なのかな


ロッドが急激に、必要以上曲がってしまい、ロッドティップの軌跡が凹状になってしまっているのです。


まさに僕もそうです
ロッドの曲りを全然意識せずに、ただ振ってるだけ
そっか・・・急激にロッドが曲りすぎてるんだな・・・・

これを克服するのは、ロッドの選び方と練習するしかないようです。


ネットの師匠の記事では、
初心者用のロッドといって、よく曲がる物、曲がればよいと思うだけで柔らかいロッドを勧める、何も知らない自称エキスパートさんがいますが、それは大間違いです。

他に、理論も何も解っていないロッドの設計者も多く、「柔らかいロッドは飛ぶ!」そんな大ボケな事を言う先生もいますので要注意ですね。

初心者の方、中級者の方が起こしてしまいやすいミスとして、力を一点に入れてしまう傾向があるのです。そのことを考え設計されたロッドは、誰がキャストしてもミスが起こりにくい筈です。

曲がりやすいが必要以上に曲がらないロッドがベストです。

とありますので、釣具店の店員と相談してロッドは揃えた方が良さそうです

安いからといって、適当にロッドを買うのはやめよう
と思いました

いやぁ~ キャスティング奥が深いですね

ちょっとマニアックな方へ進んでしまったので、また自分で実際練習してみて

記事を書きたいと思います。

ではでは~








いいね!(20)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週末は久々にボスとヒロさんの3人でボートメバルに行ってきました


いつものポチッをお願いします



ついでのポチッもお願いします

大潮の満月がどうでるのか

探り探り出航

まずはいつも行くポイントと違う場所を調査開始

潮の流れも効き、ボスもヒロさん順調にメバルをキャッチ

僕もさい先良くオリカラのアジリンガーで良型キャッチ

少しアタリが落ち着いたところでいつものメバルポイントへ移動

それからはアタリが無くなり。。。。。。

ランガン→ランガンを繰り返しポツポツヒット

魚探の反応を見ながら、ジグヘッドで駄目ならと僕だけ奥の手のサビキを使ったところ

いきなりドラグがギュイーン

正体は45cmのチヌ。。。。。

メバルも単発に終わり、最後にプラグポイントへ移動

これも不発に終わったので諦めて納竿

今年の入れ食いはいつになったら経験できるのか。。。。。

そしてシメはラーメン

深夜まで開いてるのいつも重宝します



でも今年のボートメバルは渋いな~

もうしばし辛抱して通い続けます


タックル
ボス
ロッド:シマノ エクスチューン 709ULT 78g
リール:シマノ 14ステラC2000HGS  180g
ライン:バークレー バニッシュレボリューション 2lb
合計 258


ロッド:ヤマガブランクス ブルーカレントTZ 72/TZ  64g
リール:シマノ 16バンキッシュ C2000S 155g
ライン:シーガー R-18 フロロリミテッド 1.5lb
合計 219

ヒロさん
ロッド:シマノ ソアレSS 706ULT 78g
リール:
シマノ ソアレ CI4 2000HGS 185g
ライン:サンライン FCロックバイト 2lb
合計 263
いいね!(16)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、久しぶりのブログになります“ツン”です。

とうとう与那国遠征が来週となりました



いつものポチッをお願いします


ついでのポチッもお願いします


今年も、ふと気がつけば4月も残りわずか、、、

早くもゴールデンウィークも近づいてきています

だがしか~し、

今年はまだ一匹も魚を釣っておりません


一回だけ釣り遠征は参加したけどチーム史上初の

三日間ボウズだったし、それから何やかんやで釣りには

行けず仕舞です

来年の5月までは家庭の行事で中々に釣りに行ける日も限られて

しまうので行ける釣りにはドンドン参加しておきたいものです

やっぱり、釣りの時間は色んな方面でプラスに働いてる気がしますしね

昨日もボスさんとヒロさんとマサさんで『水たき いろは』

美味しい食事を頂いてきました

この店はなんと言ってもスープとつくねが絶品です

 

4人でつくねだけでも12人前を平らげてきました、でも体力が落ちてるせいか

マサさんほど食べる事ができなかったのが悔しいところ

こんな所にも釣りに行けてない余波が響いています


久々の与那国遠征(4/28~5/1)で


ごっついカンパチでも釣って景気付けしてきます
いいね!(19)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちはーザッキーです

先週、今シーズン最後となる対馬遠征に行ってきました


いつものポチッをお願いします



ついでのポチッもお願いします

今回もメンバーはボス、ヒロサンと僕の3人です

3月に行った時のパターンと似てますが、昼過ぎに対馬に到着し

昼食は巷で人気なうどん屋へ行き、釣り具屋で釣り具を少し買い足し

ホテルにチェックイン

ホテルはサウナに温泉付きの対馬グランドホテルです

前夜祭は船長おすすめの寿司屋さん

何か何まで美味しく、対馬の魚はやはり絶品旨し

そして翌日。。。。。

《1日目》小潮

お世話になるのはお馴染み『春漁丸』です

今回も船長のお任せプランで、ジギングメインにシャクッてきました

そして前回と同様、ヒラマサの活性がよく、1日中釣れ

小潮でこの釣果は船長も満足しておりました

僕は前回の対馬釣行の時、そのシャクリではジグが動いてないと
ボスから指摘を受け、今回は意識してシャクるとガツンとこの通り

ボスのおかげで一時は入れ食い状態も経験できました

夕方、潮が止まり活性が低くなったところでストップフィッシング

ホテルに戻り、サウナに温泉で体を労り

夕食はお馴染み『千両』で絶品四川麻婆豆腐

めちゃめちゃ良い味してて最高です

《2日目》長潮

この日は朝の潮が勝負という事で5時出航ジギングメインでスタート

船長の言うとおり朝は時合があり、皆途切れる事無く釣っていきます

ヒットジグはほとんどK-FLATのGummy、Gummy fat


怒濤の時合ラッシュ突入

昼はちょうど潮が止まり、休憩タイーム
反応が良くても潮が止まるとアタリもぱったり止まってしまいます

船長
『小潮、長潮でこれだけ釣れたら100点満点よぉ正直この潮なら
一人数本釣れたら良いなと思っとった

とお褒めの言葉を頂き、その後も僕らは機嫌良く数を増やしていきました

シャクリ過ぎて肩がもげそうな程疲れ、ヒットしてもファイトが辛い

でも、これも嬉しい悲鳴

途中、キャスティング好調中のヒロさんトップでブリを釣り上げるも
本命のヒラマサは現れず。。。。。

やはり安定のジギングでの数釣りに戻ります

ジグは1日目と同様Gummy、Gummy fatでコンスタントに釣っていき
ちょうど釣れなくなったところで



ストップフィッシング~さてさて結果は。。。。。

ジャーーーン


リリースサイズも合わせると余裕の100匹超え達成

前回の倍以上の数を叩き出す事ができました

最後の集合写真には船長も一緒にパシャリ



さて次回の遠征は与那国

次はカンパチの数釣りか超大物勝負になるのか

次回も楽しみです







いいね!(28)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。