ハタモク(働く目的)のブログ

働くことの意味や目的が持てれば 仕事を通した”生き方”が変わる


テーマ:
はじめまして。
第102回ハタモク実施するにあたり、亜細亜大学側として主催させてもらった亜細亜大学4年、小寺健太です。今回は、自分がハタモクのレポートを書くことになりました。月並みな文章になりますが、読んでいただけたら嬉しいです。

まず、亜細亜大学でハタモクをやりたい!と思ったきっかけですが、自分自身の就活の経験から、社会人と会話をする機会が非常に重要だと感じたからです。

そこで、亜細亜大学で「社会人と対等に話をできる機会を作れないか」と思ったんです。西荻窪で飲食店を経営されている、亜細亜大学OBのうじさんに話をしたところ、カーリーさんとうじさんに協力していただいて今回のハタモクが実現しました。


さぁ、ハタモク@亜細亜大の報告です!!

当日は学生18人、社会人が12人に集まっていただきました。参加者の女性学生が2人でしたので、人望のなさを痛切に感じました。


ハタモク(働く目的)のブログ


学生は全員初参加ですが、社会人の方も初参加の方が多かったです。今回は自他ともに認める(?)天才うじさんに、ファシリテーターを務めていただきました。

今回の目的:社会人を通じて、「働く」「仕事」の理解を深める
ゴールイメージ:自分なりの働く目的がわかった、将来の方向性がみえてきた

目的とゴールイメージ、ハタモクのグランドルールについて20分くらいをかけて進めていました。


ハタモク(働く目的)のブログ


しかし、急にうじさんが、

「なんか雰囲気かたいので、一回みんな立ちましょう。
その場で思いっきり10回ジャンプしてください」

一同立ちが上がって、全員で全力の垂直跳びです。マサイ族もびっくり。これで会場全体の雰囲気に活気がでました。天才は、やることが違います。


そんなことが起きた後から、第一セッション「ジブンガタリ」が開始しました。
一人8分程でジブンの経験を語りました。ついついみんな熱く語ってしまい、うじさんが「そろそろ全員終わったかな?」といっても、ほぼ全グループで最後の一人が話し終えていない状態でした。話を真剣に聞いてもらえる環境があったからこそ起きる現象ですね。


ハタモク(働く目的)のブログ


休憩を挟んで席替えをした後から、第二セッション「ミライガタリ」です。
ミライガタリシートにそれぞれ記入し、未来の自分について語りました。ここである学生は、「この夏休みの間に、やりたいこと見つけました!」。社会人の皆さんも自分のこの夏休みにやりたいことを話していただき、学生の皆さんは社会人の目標意識の高さに驚いていました。


最後のセッションは「働く目的とは?」でした。
これは意外に、社会人も学生もそんなに考えたことがない人が多かったです。自分自身も正直よくわかっていませんでしたが、思うことを素直に正直に話しました。多くの人が、人のために働きたいという共通の思いを持っていました。


ハタモク(働く目的)のブログ


ハタモクが終わった後にも学生と社会人がフレンドリーに話している姿を見て、今回は開催できて本当に良かったなぁと思いました。ハタモクをやってみて、改めてこのような場の必要性を感じました。ハタモクに限らず、亜細亜大学でもこのような機会をもっと増やしていきたいです。

今回のハタモクを実施するあたり協力していただいたカーリーさん、うじさんを初め、わざわざ熱い中、亜細亜大学まで来ていただいた社会人の方々、学生のみんな、本当にありがとうございました。


ハタモク(働く目的)のブログ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ハタモクさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。