ハタモク(働く目的)のブログ

働くことの意味や目的が持てれば 仕事を通した”生き方”が変わる


テーマ:

<2012年11月20日(火)19~21時半 @ナディアパーク デザインセンタービル6F>

こんにちは。
ハタモク・副代表、兼「ハタモクin名古屋」担当の生田(ナマ)です。

先日開催した名古屋でのハタモクの様子を、
名古屋市立大学4年、竹内滉太朗(通称:ガンダム)くんがレポートしてくれました!

どうぞご覧ください。




☆_____________________

 

4か月ぶりにハタモクに参加しました!!
7月以来のこともあり、お久しぶりな人よりもはじめましての方が多かったです。

私は早めに受付を済ませたので、もこちゃん、なほちゃん、もっちーと談笑していました。久しぶりに来たので、最初は緊張していましたが、話しているうちにハタモクらしい暖かい空気が感じられて心地よかったです。



さて、19時になりチェックイン。
しげさんからハタモクの目的やハタモクがどんな場であるのか説明。4か月ぶりに聞くので、なぜ自分が参加しているのか、あらためて考える時間となりました。

ハタモクにはいくつかのルールや大事にしていることがあります。
その中でも、『同じ目線で一緒に悩み、考える』、このルールが好きです。

普段は話す機会が少ない社会人の方や他の学生とも上から目線で注意されるのではなく、
自分と同じ立場になって考えて意見を出すことは普段の生活にはなく、新鮮に感じるからだと思います。



その後、しげさんの話では、
「就職することはゴールではなく、スタート地点を探すことで、ゴールをさがすことではない。」ということや、「一生のうちでも長い期間ある『働く』について真剣に考えよう!」ということがありました。

就活が終わってだからこそ、これらの言葉に重みを感じました。


さてRound1です。
テーマは、「5年後の自分は」どうなっていたいか?」

前回から導入したという「円グラフ」は、僕は書くのに苦労しました・・・。



グループでは、自分の書いた円グラフを見せながら話したのですが、
社会人の方は、仕事や家庭にかける意識が8割を超えていましたが、学生は趣味や自分のやりたいことについての割合が仕事よりも多いという感じでした。

この時は社会人1年目の方や、就活前後の学生がいたので、仕事の要領に関しての話であったり、会社でどういうことをしようとしているのかをじっくり聞きました。



また、就活を目前としている学生からは、就活が不安という悩みがありました。
周りは楽しもうとすることが大切で、どうやったら楽しめるのかを考えようという意見や、社会人の人に質問できたりする貴重な機会と考えようという意見があり、僕もその通りだと思いました。


次にRound2。
テーマは、「働くうえでこれだけは譲れないもの・大事にしていること」です。

今回のテーマでは、就活を迎える学生がアツかったです(笑)。
「誰にも負けたくない」という思いが強く、人の倍努力し、自分に負けたら終わり、今日より明日は成長するという考えを持った学生で、自分の今までと重ね合わせた時に、「なんとかなる」でやってきた自分が恥ずかしく感じました。



他にも、「相手の気持ちになって考えること」という意見がありました。
その方は医療系の学生でした。相手がして欲しいことよりも自分が相手にしてあげたいことがになりがちなので気を付けていると聞いたとき、来年から接客業をしていく僕はそんな当然のことができているのか、不安になりました。



このセッションの中で自分が大切にしていきたいと思ったのは、
「相手の知識量を考える」という社会人の方の言葉でした。

この方は、いろいろな方と接するときに、相手がどの目線で物事を見ているのかを考え、ふるまうと聞き、部活での引継ぎをしている自分がそういったことができているのか、自分のものさしで相手に接していないかを考えるようになりました。


最後のRound3はハタモクの定番、「何のために働くのか?」

ここでは、学生側の認識の甘さの再認識でした。
仕事とは楽しいばかりではないだからこそ、楽しさを見つけ、楽しみように仕事をすることが大切だということを改めて教えてもらいました。

また最初はやりたい仕事はできない。
であるならば、資料のコピーなどから会社のやろうとしていることや、相手の考えていることを読み取るなど、自分から情報を得ようとすることが大切である。

また、仕事のやりがいとしては、人からありがとうと言ってもらえることをはじめとした相手からのリアクションがすぐに伝わってくるというのがやりがいにもなるそうです。これは、接客をしていた時にしばしばあったことだったと思いました。



そして、このセッションでも人との接し方の話になりました。
自分が周りにどのような影響を与えているのかをきちんと知ること、説得していくようにすることで伝わりやすくなるように、言い方ひとつで相手の反応も変わってくるということはとても耳が痛かったです。

今回のハタモクでは、「相手の目線に合わせるということ」を学びました。

今までできていると思っていたことがけっこう傲慢な考えであったんだと、痛切に感じました。自分でわかっていても人にきちんと伝わっていなければ、意味がないということを多くの人に教えてもらえました。この出会いに感謝です。

最後にはみんなで円になり、感想のシェアです。

 

今回、初めて参加したという人(特に学生)が多かったのですが、そんな人たちがハタモクの場をいい場だと感じれくれたこと、そして学びがあり、また参加したいと言っていたことがとてもうれしかったです。


最後に、お知らせがあります!

1つ目は、
12月7日に「自分らしさに出会う! ホンキ系ハタモク IN 名古屋」。

こちらはNPO法人G-netとのコラボ企画で、僕も企画メンバーとして入らせてもらっています。アツい学生とのハタモクにぜひご参加を!!

2つ目は、
12月11日に「語れ学生!集まれ学生!情熱ハタモクジャーニー!」。

こちらは、もこちゃんとはるかさんを中心として、就活生向けのイベントとして行います。内容としては、自分をいかに表現するかをグループワーク形式でやるみたいです。こちらは学生限定となっています。就活生はぜひぜひ参加を!!

以上、長々となりましたが、名古屋市立大学4年・ガンダムでした。

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ハタモクさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。