ハタモク(働く目的)のブログ

働くことの意味や目的が持てれば 仕事を通した”生き方”が変わる


テーマ:
ハタモク副代表のナマ@生田です。

去る11/26(日)、かねてより開催希望の多かった「教育版ハタモク」を実施しました。



そして今回は、一緒に企画を進めてくれたhomeroomの白田直也くんが報告レポートを書いてくれました!

当日の様子がとてもよくわかる内容となっていますので、
今回、参加したかったけれど参加できなかったという方はぜひ「問い」を一緒に考えながら読んでいただければと思います。

そして、ぜひ次回、それについて一緒に語り合いましょう~!!

__________________________________________________________

homeroomという教育交流会を主宰しています、白田と申します。

今回は教育版のハタモクということでhomeroomメンバーも御一緒させて頂いて、【教育】【働く】ということについて学生さんと社会人で対話をさせて頂きました!

*homeroomとは?
保育士~学校の先生~企業の人事まで、教育に携わるあらゆる方の集まる対話の場。二年半で500名弱のあらゆる教育者の交わってきたイベントです。

今回どっぷり参加者として参加させて頂いた視点からハタモクレポートを書かせていただきます!

参加していた社会人は、保育士さん、小学校の先生、大学の先生、教育系企業に務める社会人、教員免許を持った社会人、などなどなど。

教育に熱い大人、熱い学生が集まっての会になりました。



チェックインで全員の簡単な自己紹介を済ませたあとに、セッションへ!

今回語り合ったテーマは...

①教育に興味をもったきっかけ
②教育を通して何を実現したいか
③教育を通して働く目的とは?

という3つのテーマについて話しました!


一つずつお話すると、
教育に興味をもったきっかけ、について
こちらはほぼ全員が共通して『出会い』について挙げていました。


 

その出会った方が自分に与えた影響について。

小学校の頃に過度の期待をかけられ、『みんなのお手本になりなさい』という一言が逆にプレッシャーになり、自分を追い詰めてしまったことがあったこと、

自由に生きる人に影響されてその人を追うように世界へ飛び出し、自立の選択を選んだひと、

一人の人物が与えてくれた出会いが、自分の大きな転換期となり、関わってくれた大人の存在の大きさが教育への興味をもったきっかけになっているという話が印象的でした。




②教育を通して実現したいことは?

ここではかなり白熱しました!

 

 


うちのグループではある学生が『論語』をもっと取り入れていくべきだ、ということをしきりにに話していました。

他のグループでも、私の教えたいことは国語や数学のような教科教育じゃない、と答える学生さんもいました。




『教科じゃない教育って何だろう?何を教えて欲しかったと思う?』

という問い掛けをすると、

『どう有るべきか、生き方を教えて欲しかったと思います。』

と答えていました。

 

これにはすでに企業で務める社会人からも同じ意見が出ました。

『教科によって伝えられることは限られている。生きるモデルになるような人が今の若い人の周りにはまだ少ないのではないか』と。

これも学生さんからでしたが、教科分業制のような話も出ていて
英語が出来て数学ができない人は、数学を頑張るのでなく、数学が出来る人と友達になるコツを学んだ方がいいと。笑

 

また保育士さんからは、
『日本の教育は30年遅れていると言われてる。今から10年、20年後大人になる子どもたちはそのギャップがより大きくなってしまうという不安がある』と、現場のリアルな問題を話してくれました。

そこから、10年後、20年後の世界がどうなってるか、ということに話が盛り上がり、脳科学の発展、量子力学などの話へ…。笑

 


そして
③教育を通して働く目的とは?

ここについては学生さんとの会話がすごく印象的でした。

教師になってどんなことを、どう伝えたいかは考えたことがあるけど、なぜ教師、その目的、ということは真剣に考えたことがなかった、と。

また、とある都市の市政、教育に関わっていきたいといっていた学生は、その市をもっとよくすること、それがハタモクであると話してくれました。



その土地が好きだから、その土地をもっと良くする為に教育に携わりたい、という発想。
こんな考え方もあるんだなぁ、と感心させられました。

全体を通して社会人として参加した感想としては、
本当に時代が変化していってるんだなということを感じました。

自分たちが感じていた現況の教育への違和感を、学生さんはもっと深くダイレクトに感じていて、

『どう生きるべきか』『どう在るべきか』それをどう教育に携わって伝えて行くのかという視点を当たり前のように持っていることに、静かな驚きと嬉しさを感じました。


最後は全員で、
仮決めのハタモクをそれぞれ発表会したのですが、
小学校の先生からは、『一つではなくたくさんのハタモクが見つかった』という声があったり、

『まだモヤモヤしています』という学生さんもいました。モヤモヤ大歓迎!
もって帰って大切に。というスタンスもハタモクの大きな魅力です。

働く意味、と同じように教育にも答はないのですが深まることで見えてくる自分の姿があるということを実感しました。

 


私の教育を通したハタモクは、
生きた証を残すこと、です。

今回参加させて頂いて自分の教育への思いを再確認出来ました。

迷いが多い自分の中で、こんなに、確固たるものがあるということに気付けました。

また是非御一緒させて下さい。
ありがとうございました!

_________________________________________________________

以上
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ハタモクさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。