ハタモク(働く目的)のブログ

働くことの意味や目的が持てれば 仕事を通した”生き方”が変わる


テーマ:


ハタモク副代表の修(若山)&ナマ(生田)です。

このたび7/9(月)に行われた中学校は、昨年、生徒たちが中学2年生
だった頃から始めて4回目。中学3年生になった彼女/彼らとの久々の
再会の場となりました。

公立中学校でのハタモク開催にあたっては、この中学の教員をしている
ふじもんこと藤本正樹さんがその熱意をもって、いろいろな関係者に納得
していただく経緯があっての開催です。

子どもたちにとってハタモクに参加することが必ずや役に立つだろう、
子どもたちが自分たちが今後進むべき道を自分で選択して進んでいくための
何かしらのきっかけになるだろう、

そんな想いが、同じ想いを持つ大学生&社会人に響き、平日のお昼間
という皆にとってとても忙しい時間にもかかわらず、総勢40名もの人たちが
この中学校に集結できたのだと思います。

そんな熱い面々の中でも、特にフジモンと同じくらい熱い男、まつもんこと
松尾洋佑くんが今回のレポートをしてくれました。

どうぞご覧ください~!

==========================================

ハタモク中学。
それはハタモクの中では異色な活動だと聞いていました。
しかし、その活動も今回で4回目を向かえております!!
それは異色と呼ばれるものなのでしょうか?

少し考えてみると、中学生とハタモク。
それは当初から行われている大学生と社会人が語らうという
部分からすると異色なのかもしれません。

ただ「働く目的を考える」ことにおいて、中学生・高校生から
この部分を考えることは私自身非常に重要なことではないかと
感じております。

申し遅れましたが、今回のレポートは、まつもんこと松尾洋佑が
書かせていただきます!ちなみに私も、ハタモク中学の主催者
であるフジモンと同様教員をしています。

 
はじまりの挨拶をするフジモン

場所はこれまで同様、埼玉県川越市立福原中学校。
期日は7/9(月)5時間目。

今回のハタモク中学、今までとの大きな違いは人数が多いという部分!
なんと今年受験を控えた中学3年生全クラス、総勢100名と社会人・
大学生の連合軍40名という過去最大規模で実施されたことです。


ハタモクの説明を真剣に聞く生徒たち

毎度の事ながら、平日の昼間にも関わらず多くの大人たちが
集まりました。それはひとつ、教育ということが非常に大切なことだと考え、
関心を持ってらっしゃる方が多いのではないかと感じております。

私は通信制高校で教員をしていますが、大それたことを言うと、
教育がこれからの日本を作っていくと考えています。自分にどれだけの
ことができるかというと、それは微々たる事なのかもしれません。
ただ、少しでも良い影響をこども達に与えることができたらと考えております。

楽しい事、大変な事、辛い事、さまざまなことが待ち受けている
未来を真剣に考えてもらいたい。そして、元気・やる気・勇気を持って
これからの人生を進んでいってもらいたい!と思っています。

なかなか希望がもてないようなニュースをよく耳にしますが(笑)

そんな中で私はハタモクと出会いました。

私が普段接している生徒たちの中には、人生に対してのパワーが
非常に弱い子がいます。すべてが揃っている日本という国でくらしている
からこそ、将来に希望を持てない。やりたいことが特にない。

ハタモクはそんな人たちを元気に、そしてやる気にする!
いや、本人達が自分でやる気になる!

そんな活動だと感じました。
ハタモクを通して私自身、様々なことを考えさせられ、パワーをもらいました。

大学生・社会人はもちろん、中学生・高校生にも非常に重要な「ハタモク」が
普通になればいいなと私も思っています。

本題になかなか入っておらずすみません。


さあいよいよハタモク中学始まります!!


3~4人1グループで、円になって語り合って行くわけですが、
その人数がとんでもない!なんと36組!!すごい光景でした。

将来についてこんなにたくさんの中学生が語り合っているとは、
素晴らしいことですね!


熱気に包まれた体育館の様子


今回は1つの宿題が出ていました。
前回よりもパワーアップした小道具!!

自分の人生ライン、価値観マップを中学生も大人も考えていきました。

今回のセッションは2回。

第1セッションは「何を大切にして残りの人生を過ごしたいか?」

これは中学生には難しい内容なのかな?と思いました。
大人チームでも残りの人生何を大切にしたいかといわれると非常に
悩む方はいらっしゃると思います(私は悩みましたw)。

しかし実際話をしてみると、将来についてしっかり考えている中学生が多い!
サッカー選手になりたい、公務員になりたい、言えないけどなりたいものがある。
それぞれ全く別の道に進みいと話していたけれど、価値観マップではみんな
夢を大切にしたいとのこと。

夢を大切にするっていいですよね。
聞いていて逆に元気をもらった気がします。


話を聞いている大学生&社会人も笑顔に!

中学生同士でも、グループのメンバーをチェンジするとお互いが
またいい刺激になっていくのではないかとも感じました。

第2セッションは、
「何を頑張る高校生活にすることが、残りの人生を大切にすることにつながるのか?」

受験生らしく、高校生活のことを意識した内容にもなっています。

ここで小道具第2弾登場!!

「勉強」「部活」「バイト」「白紙」4枚のカードを渡し、白紙には自由に記入
してもらいました。これは非常に考えられたいいツールですね!
中学生も楽しそうに取り組んでいました!!


©ハタモクの必殺小道具「高校カード」!

私のグループでは、白紙に全員が友達と記入していました。

やっぱり人間同士の繋がりはどの世代でも重要なことですよね。
迷わず書いた中学生を見てちょっと感動。

また、そこから順位付けをしていくわけですが、
なんと勉強を1番に持ってくる生徒が2/3名。その二人、実は将来何を
やりたいか決まっていないそうです。

そんな中で勉強を1番にするのは何故でしょう?

「とりあえず勉強しておかないと」

そうか、とりあえずか。
確かに今後の人生の中で、勉強は大切なことだと思います。
ただ、「とりあえず」を一番にするのか~

中学生からこの発言を聞いたらみなさんはどうお考えになりますか?

こういった子供たちこそ、またハタモクを経験してもらいたい!!


1つのセッション15分という短い時間で、中学生と話せることは本当に
少ないです。その中で、少なくても大人は楽しそうだなと思ってもらえたら、
それだけでもやる価値はあると思いました。

そんな大人の姿を見たら、将来がちょっと楽しみになるんじゃないかな。

中学生へのアンケートにもありますが、
中学生にとっていい時間を過ごせたようです。

楽しい、粋なハタモク大人チームの話に興味深々、そして自分たちの話に
夢中になり、声もなかなか通らないくらい盛り上がりました。


ipadを使いながらの自己紹介に・・・目が釘付け!

今後もハタモク中学やっていきたいですね!そして高校も(^^)

今回のレポートはかなり一つのグループの内容に偏ったものになって
しまって申し訳ないです。

最後に簡単なアンケート結果を紹介して終わります。

「今回のハタモクは楽しかったか?」の質問に対しては、ほぼ全員が
「楽しかった!」と答え、「またやりたいか?」の質問にもほぼ全員が
「またやりたい!」と答えてくれました。中には「明日またやりたい」
「二時間続きでやりたい」との具体的な解答もありました。

参加された社会人・大学生のみなさんお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。今後も張り切っていきましょう!!

以上

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ハタモクさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。