ハタモク(働く目的)のブログ

働くことの意味や目的が持てれば 仕事を通した”生き方”が変わる


テーマ:



こんにちは。ハタモク・副代表の生田です。

さて今回は、
ハタモク@多摩大学SGS(グローバルスタディーズ学部)×4回シリーズの
最終日でした。

4回目にして初めて参加してくれた学生もいたり、ハタモク常連の学生も
いたりしましたが、今回もまたそれぞれが自分たちの立場で、自分たちの
言葉を使いながら一生懸命、各テーマを考え、語り合っていました。

そして今回その様子をレポートしてくれるのが、ハタモクの常連である
「まつげ」こと高木篤くんです。

では、以下、まつげの想いがたっぷり詰まったレポートをご覧ください。

==============================

こんにちは。多摩大学4年のまつげ(本名:高木 篤)です。
7月5日に行われた「ハタモク@多摩大学SGS 前期・4回目」のレポート
をしたいと思います。

今回は最後の4回目ということで、学生が中心となって話し合いました。

セッションは3つ。

①「私の考える(仮決め)ハタモク」とは?
②働く目的のテーマ別に分かれてWhy? Why?と深掘りする。
③イキイキと働くために、これからの学生時代をどう過ごすか。
    準備できることは何か。


では、さっそくセッションⅠからいきましょう!

①「私の考える(仮決め)ハタモク」とは

毎回のことですが、今回も「働く目的」というテーマから色々な
話に広がりました。


 

今回は「向き、不向き」、「できる、できない」という話になりました。
突然ですが、みなさんは仕事に「向き、不向き」、「できる、できない」
はあると思いますか?

特に就職活動中の学生は「この仕事は私に向いているのかな・・」、
「私にこの仕事できるのかな・・」と考えるのではないでしょうか。

私も何度も考えたことがありました。

しかし、今回のハタモクで皆と話し合った結果、
「向き不向き」や「できるできない」はないのではないかと思うように
なりました。



そして、しゅうさんの過去のお仕事の経験を聴いて、
自分にはできないと思っていても一生懸命やれば意外とできちゃうのが
仕事の面白さなのかなとも感じました。



そんな時、ふと思い浮かんだ私の祖父の座右の銘です。
(私の座右の銘ではありません)
米沢藩(山形県)藩主 上杉鷹山(うえすぎ ようざん)が残した言葉です。

『為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり』

やればできる、やらなければできない、できないのはやっていないだけ、
ということです。


続いて、セッションⅡです。

②働く目的のテーマ別に分かれてWhy?Why?と深堀りする

私たちが考える働く目的は大きく分けて「自分」と「やりがい」に
分けることができました。

そして、私は「自分」チームの語り合いに参加しました。

自分磨きって・・??
自分が満足できる人生って何??
自分とは誰か??







「器を広げることが、自分磨きだ」
「マズローの欲求5段階説は当たってない」
「誰にどう思われたいかを定めることが大事」

など、色々な意見が出ましたが、
このセッションで一番印象に残ったことは、「稲盛和夫イズム」です。

稲盛さんは現在JALの会長を務めていますが、会社を再建するために
自分の犠牲を払っている。では、私たちは自分自身の経営者として
何を犠牲にすべきか、という話しになりました。

私の個人的な考えですが、
「欲」を我慢することが自分に対しての犠牲なのではないかと思っています。
欲にも、プラスの欲とマイナスの欲があると思いますが、楽な道を選択して
しまうマイナスな欲を我慢するということです。

しかし、「稲盛イズム」の本質は人間として正しいことをするということ
のようですね。稲盛さんの言う人間として正しいことをあたりまえに
することが簡単なようで、実はとても難しいのかもしれません。

「やりがい」チームは、やりがいは見つけるものじゃなくて生まれるものだ
という考えで一致したようです。




仕事は、以前ナマちゃんも言っていたように、Must→Can→Wantと移り変わり、
やるべき仕事を一生懸命に取り組めば自然とやりがいは生まれるということです。
私もこの考えに本当に共感しました。




最後に、セッションⅢです。

③イキイキと働くために、これからの学生時代をどう過ごすか。
 準備できることは何か。

 

・活字を読む
・ボランティアをする
・知識を増やす
・旅行する
・疑問を持つ
・毎日を本気で過ごす

など、様々な「明日への宣言」がありましたが、私が一番印象に残ったのが、
参加した仲間が言っていた「色んな人、モノを愛す」です。

最近は、自分のことばかり考えていて「愛す」ということを忘れかけていたので、
この言葉に衝撃を受けました。

「愛」は名詞ではなくて「愛す」という動詞で使うものなのかもしれません。
なので、極端に言えば、嫌いな人でも愛すことはできるのではないでしょうか。

今回も、早く社会人になって働きたいという気持ちが強くなるハタモクでした。



これで多摩大学での全4回が全て終了しました。

またまた、よらっちが「泣きそう」と言っていましたが、その言葉を聴いて僕も
泣きそうになりました(笑)。これからも引き続きハタモクに参加しますので、
よろしくお願い致します。

ありがとうございました。

以上
=============================


これで多摩大学SGSでのハタモク授業・前期日程は終了です。
次回は、秋に後期日程が始まります。日程が決まり次第、社会人の
みなさまにはお声掛けさせていただきますので、引き続きご協力を
お願いいたします!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ハタモクさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。