働かないで生きていくためのブログ

皆さんこんばんは、働かないで生きていくためのブログへようこそ!
このブログでは、どうすれば働かないで生きていけるかを将来に向けて真剣に考えていきます。
少しでも皆さんの役に立つ情報を提供できれば、と思っています。


テーマ:


今回は、お金の稼ぎ方の2つ目、事業主 です。


②事業主


事業主とは、自らがビジネスを行う主体のことです。


ビジネス、あるいは 実業 と言い換えてもいいかもしれません。



働かないで生きていくためのブログ


事業主とはいっても、必ずしも会社という組織体である必要ありません。
個人のままで、事業主となることもできます。



事業主は、仕入先から売り物や材料、あるいはサービスを仕入れ、それをお客に売ることでおカネを得ます。


自分のところで材料を加工したり、付加価値をつけることもあります。


広告を出すことも、仕入先からサービスを買うことの一種とみなすことができます。


事業主の収入は、お客から入ってくる売上がすべてです。

売上の中から、


・従業員への給料
・仕入先への支払い


などを賄うことになります。



事業主の悪いところは、


・始めに仕入先から売り物やサービスを仕入れる必要があるため、元手となるおカネが必要。(金銭的リスクを負う)


・定期的におカネが入ってくる保障はない。


・おカネが入ってこようがこまいが、仕入先への支払いは必要。


・従業員を雇っている場合は定期的に、一定の給料を支払う必要がある。


などです。


金銭的なリスクを負う必要があるという点が、大きなマイナス点です。



事業主の良いところは、


・従業員という立場では、絶対得られない程の額のカネを、得られる可能性がある。


という1点に尽きます。


従業員として働いている方でしたら実感されていると思いますが、従業員として働いていると、いろいろ仕事をこなして大きな儲けを出したとしても、月々の給料+α程度しか、自分の懐には入ってきません。


たとえば自分の功績で何千万も利益を出したとしても、自分の懐に入るのは月々の給料、残業代にプラスして、成果報酬の上乗せが数万円、せいぜいトータル数十万円といったところではないでしょうか。


差額はすべて、会社が持っていきます。


数十万円程度では、日々生きていくのに必要な分+α程度の額にすぎません。

働かないで生きていけるようになるためには、ぜんぜん足りません。


何千万も利益を出したのだから、1千万くらい自分がもらってもよさそうなものなのに、日本の会社ではこれはありえません。


いくらがんばってもがんばっても、懸命に働いて売り上げを上げたとしても、従業員という立場では、大きな額のカネは得られないのです。


従業員という立場では、どんなにがんばろうが大きな額のカネを得ることができないため、一生涯、働き続けるしかないのです。



その点、事業主の場合は違います。

大きく儲けることができた場合、その儲けを自らの懐に入れることができます。


「大きく儲けることができる可能性がある。」


この点が、従業員との大きな違いです。


従業員という立場では、「大きく儲けることができる可能性」がゼロなわけですから。


事業主という立場でうまくおカネを儲ける仕掛けを作り、大きく稼ぐことさえできれば、働かないで生きていく生き方を達成することができるのです。


可能性がある、というだけも望みが沸くのではないでしょうか。



また副次的な作用として、自分のため生きているという実感が沸きます。


そして、人生の方向が、「働かないで生きていく」という夢に向かっていることが実感できるので、モチベーションも違ってくるはずです。


事業主としてやっていくためには、


・当面生きていくだけの生活費


・おカネを稼げる仕組み


・元手となるおカネ


が必要です。


どうすれば、おカネを稼げる仕組みが作れるか。


今はインターネットがありますから、これを利用しない手はありません。

インターネットを使ったビジネスであれば、元手となるおカネも少なくて済みます。


元手のおカネを投入する前に、無料のサービスだけでネットビジネスを開始することもできます。

無料サービスだけを使って、いくつかネットビジネスを展開してみて、軌道に乗りそうな見込みの立ったものだけ、本格的に投入していけばいいと思います。


どうすればいいかわからない方は、こういったサイトもありますので、参考にしてはいかがでしょうか。


在宅で簡単にできるネットビジネスなら、サイバー


ネットビジネス初心者の基礎学習コース!「Internet Marketing Freshman」



そして最も大切なのは、自分を「自分でもできるのではないか」という気にさせることです。


そのためには、


・毎日、自分の理想の姿をイメージする


・なるべく自分の理想の姿に近い成功者の事を調べ、本を読んでみる


・いろんな切り口を使ってとにかく成功者に触れ、話を聞き(読み)、実感し、自分をマインドコントロールする


が有効です。



次回は、③投資家 について考察します。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2011年が間もなく終わろうとしています。

皆さんはどんな1年でしたでしょうか。



2012年は、世界の権力者の交代が予定されています。


ロシア、アメリカ、中国などなど。

(北朝鮮は、一足先に交代が起こってしまいましたが。)



今、世界中でデモが頻発するなど、世界は再び乱れてきています。


今のこの状況は、過去戦争が起こった時代と酷似しています。



現代、日本人の戦争感は偏っています。


庶民がこんなに苦労したとか、こんな被害がでたとか、こんなに人が死んだ、とかばかり見ている。

日本人は伝統的にこういう視点しかもっておらず、戦争に対しては、盲目的に拒否反応しているだけです。


そんなことではなく、


世界がどういう状況になった時に、戦争が起こるのか


を過去の事例から学ぶこと。

これが必要です。



そして今、その状況に酷似してきていることを、私たちは知らなければなりません。

戦争が起こった表面上の理由だけでなく、裏の事情、各国の思惑までを加味して把握する。

生きていくため、過去の事例から、この先の未来がどうなっていくかを予想しなければなりません。



現代は昔と違い、核兵器がありますので、大国と大国が本気でぶつかると、地球が滅んでしまいます。

ですので、大国同士が武力で真正面からぶつかることはないとは思っていますが。

代理を立てての小競り合い程度は、十分ありえます。



今は、沈みゆく国(アメリカ、ヨーロッパ)と浮上する国(中国)が交錯する時代になりつつあります。


ヨーロッパの危機、アメリカの衰退、中国の浮上、沈む国と浮上する国との間でキャスティングボードを握るロシア。


民主主義の限界と独裁の浮上。


世界レベルの格差、貧富の差、暴動、デモ、民衆の不満。



世界は再び乱れてきています。


こんな時代、人々は世界を救う救世主を求めているように思います。

誰かこの世の中を良くしてくれ、と。


このような時代は、独裁者が生まれやすい土壌と言えます。

過去、独裁者と言われた、ヒトラーやルーズヴェルトのように。


独裁者は、この人なら何とかしてくれる、というカリスマによって、民意で選ばれます。



過去の独裁者は、不景気を打開するため、戦争を起こしました。


ドイツは2回、世界大戦をおっ始めましたし、アメリカは太平洋戦争を誘発しました。


日本は、当時の世界恐慌から立ち直りできず、アメリカからの制裁で石油の輸入がストップされてしまったこともあり、生き場を失って、止むを得ずアメリカと戦争状態に入りました。


戦争を起こすことによって軍需産業を刺激され、雇用は促進され、景気が回復します。また、戦後は復興需要で、復興景気に沸きます。


現在、アメリカはイランを攻めたくて攻めたくてしょうがなくて、戦争を誘発しようと躍起になっています。

過去の日本のようです。


権力者の交代が刺激となり、不満が爆発し、何か悪いことがいつ起こってもおかしくない時代になってきています。


戦争と経済、沈む国と浮上する国、民主主義と独裁。


もっと世界に目を向けて、これからの時代を見つめていきましょう。





----------

告知です。


株投資で利益が出ない理由がたった1つあります。

もしあなたが、


・一流企業の株は取引単価が高すぎて手が出せない


・たとえ頑張って高額な株を勝ったとしても、

株価が上がるのは一時的なもので終わる


・インターネットなどの無料の方法や情報を試したが、

時間と手間がかかるわりに損ばかり


・MT4、システムトレード、CFD、

次々出る新しい市場、投資方法に追い付けない


・株の投資は企業情報が難しくてよくわからない


・安くて儲られるいい銘柄が見つからない


・そもそも、何からやっていけばいいのかわからない


と思っているなら、「利益の出ないたった1つの理由」に

ハマっている可能性があります・・・


今すぐこの動画の13分30秒あたりを見てください。


無料動画セミナーはこちら

http://123direct.info/tracking/af/473377/nCmvFJDU/


8万9606人以上の株投資家がチェックしている無料「株式テクニカルトレード」動画セミナー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんは、なんとなくダルかったり、疲れが取れなかったりしていないでしょうか。

そんな方への健康法をアドバイスします。

それは、「水を飲む」というものです。

人の疲れの原因は、体内の毒素や、老廃物です。

体内に毒素や老廃物がたまっていくと、疲れたと感じるのです。

人の体は、60~70%が水でできている、といわれています。

水は、細胞に栄養を届けるとともに、毒素や老廃物を外に排出する力があります。

人体には数兆個の細胞があるといわれていますが、そんな細胞から、
毒素や老廃物を排出できるのは、水だけなのです。

血液は体中をめぐって栄養を循環させますが、血液が個々の細胞まで栄養を運ぶわけではありません。
個々の細胞まで栄養を運ぶのは、水です。

それと同時に、個々の細胞が出す毒素や老廃物を、細胞から受け取り、外に排出するのも、水です。

水だけが、個々の細胞に栄養を届け、個々の細胞から毒素や老廃物を取り除けるのです。(正確にはリンパ液。)


人の細胞は、放っておいても、毒素や老廃物を作り出し、たまっていくようにできています。

ずっと座りっぱなしの仕事でも、食べたものを消化しますし、脳も使います。
体を動かしていないつもりでも、細胞は働いていて、疲労は溜まっていきます。

疲れを感じないようにするには、毒素や老廃物をとにかく外に排出することです。

何か精のつくものを摂る、という発想ではなく、とにかく外に出す、という逆の発想です。

つまり、水をたくさん飲む、ということ。


水をたくさん飲むと、とにかくトイレにたくさん行きたくなります。
そして、薄そうなおしっこが大量にでるようになると思います。

おしっこする度に毒素や老廃物が排出されている、と思えば、悪い気はしないと思います。

また、尿が薄いということは、体内から排出するべき毒素や老廃物がほとんどない、ということの証明になります。
これは喜ぶべきことです。

注意点としては2つです。

・食事の前後に大量に摂りすぎると、消化液が薄まって消化を妨げることがあるので、食前30分と、食後1時間は、水を摂るのを避けた方が良いです。

・摂取した水を、効果的に個々の細胞まで行き渡らせるために、とび跳ねたり、軽い運動をしたりして、身体に刺激を与えると効果的です。


摂取する量の目安としては、1日目標2リットル。

摂取する水は、なるべく余計なものが入っていない、下記のような純水がオススメです。

(余計なものが入っていると、細胞から毒素や老廃物を吸い出しにくくなるためです。)


赤穂化成 純水 2000ml×6本



告知です。


■1000冊限定!無料小冊子プレゼント!
【なぜ株式投資で推奨銘柄を買ってはいけないのか?】

■あなたは何故、業績のいい会社でも、下がり続ける株があるのか
を知っていますか?
■あなたは、6000銘柄の株の中から上昇する株だけを見分ける
明確な方法を知っていますか?

■株の世界でタブーとされて誰も語られてこなかった株式投資の真実
について書かれた小冊子を無料で手に入れるにはこちらから
http://123direct.info/tracking/af/473377/QxTXzINr/
[link]株式無料小冊子プレゼント【なぜ株式投資で推奨銘柄を買ってはいけないのか?】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさんは、なんとなくダルかったり、疲れが取れなかったりしていないでしょうか。

そんな方に、健康法をアドバイスします。

体に負担をかけると、身体は疲れます。
であれば、身体に負担をかけなければ、疲れにくくなるはずです。

人間の活動の中で、『消化』というのは、思ったよりも身体に負担をかける活動です。

ずっと座りっぱなしの仕事でも、食べ物の『消化』はするし、脳は使うわけです。
身体を使っていないつもりでも、身体には負担がかかっています。

そのため、身体に負担をかけない食べ物を、選んで食べることを、おすすめします。

どんな食べ物が身体に負担をかけないかというと、

 1.果物
 2.野菜

となります。

果物は、ほとんど消化することなく、吸収することができます。

野菜は、軽い消化ですみます。

魚や肉などのタンパク質は、消化にエネルギーと時間を要します。

これは、人間がサルから進化してきた過程を考えると、理解できます。
長い間、人間の歴史は、飢えとの戦いでした。

すぐ食べれる物といえば、果物や野草などのみ。
肉や魚は、なかなかありつけない、ぜいたく品でした。

普段、ヒトは果物や野菜ばかりを摂取して生きていたので、
人間の体は、植物を消化しやすいように適応されました。

人間の体は、めったにありつけない、
肉や魚を消化しやすいようには、適応されていないのです。


ヒトはサルだった頃から、植物ばかりを食べ、たまにしか肉・魚を食べていなかったわけです。

肉や魚を摂らないと、栄養が足りなくなるのでは、と思われ方もいるかも知れません。

しかしヒトは、
植物ばかりを食べて生きてきましたが、絶滅することなく、現在まで脈々と生き続けています。

肉や魚は、あまり食べなくても、人が生きていくうえで必要な栄養素は、遺伝子がうまく作り出してくれるようにできているようです。

果物というのは、ほとんど消化することなく、吸収されるそうです。

野菜は、多少の消化が必要ですが、肉や魚に比べると、消化の負担は軽いそうです。

身体の負担を減らすために、消化の負担を減らすよう、果物と野菜を意識して摂るようにすると良いです。


また、食べる順番も大事です。

胃は、先に食べたものから順に、消化していきます。

そのため、最初に食べるものは、消化の負担の軽いものからにした方が良いです。

まず、果物を摂る。
そのあと、野菜を摂る。
最後に肉・魚を摂る。

そうすると、胃の中で負担の軽いものから先に吸収され、後から食べた肉・魚は、じっくり時間をかけて消化されます。

先に肉・魚を食べて、後に果物や野菜を食べてしまった場合、胃の中で肉・魚の消化が終わるまで、果物や野菜は吸収されず、待ち続けることになります。

そのため、胃の中で、果物や野菜の腐敗が進むことにもつながります。

このように、食物や、食べる順番を見直すことで、身体の負担は減り、疲れにくくなります。



告知です。

去年の11月以降、日本株市場はやっと上昇相場上昇してきたと思ったら、また下落といった感じで、ちょうど今も日経平均は下落していますけど、

やっと来たようです。


『え?今も下落相場が続いているのに、なんでそんな事が言えるのか?って?』


下記の動画を見たからです。


"2011年7月、日本株市場にチャンス相場到来!"

http://123direct.info/tracking/af/473377/tFhjzaUw/


なんで、松下誠さんはそういった、上昇のタイミングや下落のタイミングが分かるのか?
って思いますか?


普通、こういう相場解説をする人って、なんでそうなるのか?という自分の投資法のコアの部分は、隠して教えてくれないモノですけど、松下誠さんは違うんです。


なぜ、株相場にチャンスが迫ってきていると言えるのか?
という元になる投資理論についても包み隠さず解説してくれているんです。


だから、これから来る日本株のチャンス相場のシナリオを知って、株のチャンスに乗って儲けたい方は、松下誠の動画をチェックしておいてください。

http://123direct.info/tracking/af/473377/tFhjzaUw/


時期が過ぎたり、閲覧者が増えすぎると、予告なく動画ページが消えてしまう事もあるので、今すぐチェックしておいてください。

http://123direct.info/tracking/af/473377/tFhjzaUw/

[link]無料動画「日本株市場にチャンス到来!?」


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ロシアで、反プーチンのデモが活発になっているようです。

★ ロシア全土に反政府デモ拡大、ソ連崩壊後で最大規模
⇒ http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE7BA00D20111211

2011/12/4(日)に行われたロシアの下院選で、プーチン率いる与党が、議席を大幅に減らしました。(315議席 → 238議席)

そして、20年前のソ連崩壊後で最大と言われるほどのデモが、ロシア各地で繰り広げられているそうです。

この報道だけを見ていると、「そろそろプーチンもヤバイな」と思えてくると思います。


対して、プーチンさんはこのデモを受けて、こう言っています。

★ ロシアのプーチン首相、デモを扇動と米国を非難
⇒ http://www.cnn.co.jp/world/30004868.html

「プーチン首相はこのクリントン国務長官の発言が『米国務省の支援を受けた』反政府勢力に対し、行動を促すシグナルを送ったと非難。また、国内からの批判と外国からの批判は質が異なるとし、ロシアは『外国からの干渉』から身を守らなければならないと述べた。」

プーチンさんは、デモを煽り、デモを誘導しているのはアメリカだと非難している。


日本にいて、日本の報道だけを見ていると、なんとなく プーチン=悪、アメリカ=善 という偏重に陥ってしまいます。

どちらの言うことが真実で、正しいのかはわかりません。

でも日本にいると、 プーチン=悪、アメリカ=善 という思考に、どうも陥ってしまいます。

今回のデモ報道でも、知らず知らずのうちに プーチン=悪、アメリカ=善 と認識してしまっている人も多いのではないでしょうか。

プーチンの主張する、「アメリカがデモを誘導している」という線も、あながち嘘とは思えません。

アメリカはプーチンが嫌いなので、世論を煽って、プーチンが大統領になるのを阻止しようとしているとも、十分考えられます。

アメリカは狡猾ですので、何か秘密裏に工作しているのかもしれません。
2000年代、旧ソ連諸国のいくつかでは、アメリカの策略でぞくぞくと革命が起こり、親米政権が誕生しました。

アメリカとは、そういう国でもあります。


いずれにせよロシアは、野党がまともに野党として機能していないらしいので、プーチンが大統領になる線は変わらないと思います。

日本の報道、アメリカの報道だけ見ていては、真実は見えない可能性があるということを、認識していただければと思います。



告知です。

■『1000本限定!無料CD「FX投資で失敗しない7つの法則」』

あなたは今から 90 日以内 に、FX投資で損をしなくなると同時に、
確実に利益を積み上げていくことができるようになるでしょう。

完全保証付きです。なくなる前に今すぐ入手して下さい。

⇒ http://123direct.info/tracking/af/473377/UvATTuER/
[image]投資で失敗しない7つの法則:無料CDプレゼント

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。