残留嗜好

模索中


テーマ:

『オリジナル。』発売記念イベント「こたつでまったり語りたい!」トーク&ミニライブ【第2部】に参加してきました!


 

会場のサイエンスホールに入場してステージを見ると、そこにはタイトル通りに鎮座するこたつ。籠に山盛りのみかんもばっちり。なかなか見ない光景に思わずニヤリ。
なんでこたつなのか?という疑問には前説にて解答されました。いわく「見たいじゃないか!」その通りですね。

 

お三方が入場して、最初の話題は恒例の天気について。
その日も雨ということで、雨宮さんに向けられる視線。それを手でガードする雨宮さん。
寒いけど、だからこそこたつ日和だよねなんて話しつつ、さっそくこたつに入ることに。そこで夏川さんからある宣言が。

 

 夏川「さっき差し入れのケーキ食べてお腹いっぱいで、会場も丁度いい温度で、だから」

 夏川「ねるかも」

 

それに対して、二人で対策を考えてきたという雨宮さんと麻倉さん。

 

 雨宮「本当に寝たら、このみかんの皮をむいて、ナンちゃんの頭にみかんの皮をいくつ積めるかチャレンジしよう」

 夏川「私で遊ぶな!」

 

まさかグレープフルーツもバナナの皮も載せる前にみかんの皮を載せられそうになるとは……もちろんそうはなりませんでしたが。
そんなやりとりもそこそこにこたつに入る3人。中でもいの一番にこたつにインして丸クッションを抱えて慣れた様子でこたつ体制にシフトする夏川さんの素早さときたら。
クッションをまるっと抱きかかえてこたつに入りぐでーっとする夏川さんはとても可愛らしかったです。

 

 夏川「夏川、オフのときはすっごい声低いから、今日そうなっちゃうかも。ひくいセイルになっちゃうかも」

 雨宮「それ歌えなくなっちゃうから~」

 

3人がこたつに入り準備が整ったところで、トークコーナーがスタート。
ここで登場するのがこたつに備えてあったみかん。なんとこのみかんただの小道具ではなく、底面にトークテーマが書かれているのです。
さっそく夏川さんが一つ手に取るも、一つ目は何も書かれていないスカ。
続く二つ目のみかんに書かれていたテーマは「麻倉さんと夏川さんが語りたい、雨宮さんのオリジナルなところ」
テーマを聞いてテンションが上がる雨宮さん。期待がにじみ出るようにゆらゆら揺れながら二人に問いかけます。
まず夏川さんが挙げたのは「こだわりの強さ」

 

 夏川「青へのこだわり、愛。色っていうか、もう青という存在を愛してる。他にも服とか喋り方とかいろいろこだわってる」

 雨宮「私よく気難しそうって言われるんだけど、こだわりがにじみ出てるのかな」

 

続いて麻倉さんに振られますが、麻倉さんの解答は

 

 麻倉「そうだよねって感じ。オリジナルのかたまり」

 雨宮「なにそれどういうこと?」

 麻倉「こんな変な人いないよね」

 

その言葉に、急上昇していた雨宮さんのテンション急降下。

 

 雨宮「ぬか喜びした!」

 麻倉「いやいや。こんな人と出会うこと、今までもこれからも絶対ないって思う」

 雨宮「それお互い様だから!」

 

綺麗にまとまったところで再び話題はこだわりに戻り「逆にこだわってないところある?」という話に。

 

 雨宮「そうとうある。部屋の掃除とか髪とか」

 麻倉「落差がすごいのかな。白黒はっきりしてる」

 

そのワードに空気が止まる会場、そして夏川さん。

 

 夏川「それあたしだから」

 麻倉「ナンちゃんはもはや黄色じゃん」

 夏川「なによー! あたしはまだ白黒だから! ほら、今日の服も白黒!」

 麻倉「いやどう見てもネイビーだから。紺だから」

 

何故か夏川さんがダメージを受けつつ、オリジナル談義は続きます。

 

 麻倉「生きてることに本気だよね。人生本気」

 夏川「一瞬一瞬を大事にしてる。エネルギーがすごい」

 雨宮「だって、どうせ一回きりの人生なんだから、成功させないと勿体無くない?」

 

「かっこいーっ!」と叫ぶ二人。心の中で私も叫ぶ。

 

 麻倉「めもちょだ!」

 夏川「こたつで言うことじゃないけどねー」

 

そこからも続々と雨宮さんのオリジナルが語られます。

 

 麻倉「勝ちへの執着がすごい。正直恐怖を覚える」

 夏川「絵も個性的だよね」

 麻倉「私たちのライングループずっと天の絵なんだよね。あの気味が悪い……つむじ風くん?」

 

※つむじ風くん:麻倉さんから君に届けの風早くんの話を聞いた雨宮さんが名前を覚えられず、つむじ風くんだのすきま風くんだのと呼んでいたという夏川さん曰く「TrySail公式キャラ」。

 

 夏川「いつか見せられるといいねー」

 

このように、二人から途切れることなく色々なオリジナルが出てきて、更にそのどれもが外から見ている私にも頷けるものばかりだったことに、「日頃から色々な面を見せてくれてるんだなあ」と嬉しくなりました。

そして、二人の言葉にに活き活きと一喜一憂する雨宮さんがとても素敵でした。

 

続いて、次のテーマを引こうとした時にちょっとした事件が起こります。

夏川さんが手を滑らせて床にみかんを転がしてしまいますが、面倒がって動こうとしません。麻倉さんがそれをたしなめながらこたつを出てみかんを取りに行くのですが。

 

 麻倉「ほらほらナンちゃんったら。悪い子ね~。みかん転がしちゃったの?」

 

夏川さんをたしなめるセリフをお母さんっぽい口調で言う麻倉さん。

それがもう、びっくりするほどお母さん感に溢れていて。

あんな風に言われたら絶対言うこと聞いちゃう……

 

そんな一幕がありつつ、次のみかんに書かれていたのは「みかんを一番早く4つ重ねた人が勝ち」。

優勝賞品がハーゲンダッツのギフト券10枚と聞いて、途端に姿勢を正して気合を入れる夏川さん。

 

 夏川「1枚で2個買えるんだよ」

 麻倉「えー、何日かけて食べよう」

 雨宮「ハーゲンダッツは濃いから私は1個で3日もつなー」

 

雨宮さんのハーゲン消費ペースに驚く二人。

 

 麻倉「それどうやって食べてるの?」

 雨宮「2口ぐらい食べて、あ~おいしかった~ってその日はしまう」

 夏川「えー、そんな食べ方邪道だから!」

 

ハーゲン欲しさに戦闘意欲高まってる夏川さん。

そして雨宮さんのハーゲン欲が強くないと知った麻倉さんはちゃっかり取引を持ちかけ始めます。

 

 麻倉「天は参加しなくても良いんじゃない?」

 雨宮「いやいや。勝負だもん」

 麻倉「じゃあ天が勝ったらギフト券は私に……代わりに何かするから、天が勝ったら私に8枚、私が勝ったら天に2枚」

 雨宮「それじゃ手を抜いちゃうから。ガチ勝負じゃないと」

 

雨宮さんの勝ちへの執着により取引は不成立。正々堂々の勝負が始まります。

まずは積むためのみかんを選択。目をつぶって籠に手を伸ばす3人。

夏川さんが手を伸ばし過ぎて自分の前の籠ではなく麻倉さんと雨宮さんの前の籠の方まで行き、みかんではなく雨宮さんの手にタッチ。突然手を触られてまさぐられた雨宮さんがきゃいきゃいと喜んだり。

空になった籠をまさぐってみかんが見つからない夏川さんがナーンナーンとこたつをばんばんしたり。

そんな場面を経て準備完了。両手を使うためにマイクを置いてからの、準備OK?の問いに答える雨宮さんの肉声の「オッケイ!」が実に凛々しかったです。

勝負の結果は、スムーズに4つ重ねることに成功した麻倉さんが勝利。

二人から「平らなみかん使ったでしょ! ずるい!」などといちゃもんつけられるも、「負けなんだよ~」と煽り返す麻倉さん。

ふてくされて寝転がる二人(客席からはこたつに隠れて見えなくなる形)。

 

 雨宮「リハはあたしが圧勝だったのに~~」

 麻倉「本番が大事だからねー」

 夏川「ハーゲン~~ハーゲン食べたい~~~~」

 

勝負の後のこの光景、何度見ても面白い……と言ってしまうとちょっと申し訳ない気もしますが。

そしてリハでの圧勝があったから麻倉さんは雨宮さんに取引を持ち掛けたのか。なかなかちゃっかりしています。

 

 雨宮「マリカだったら負けないのに」

 

以前のサイエンスホールでのイベントの時はスペランカーをやっていた記憶がありますが、今回はマリオカートだったようです。
よみうりランドのゴーカートで豪快な運転をしていた麻倉さん、ゲームの中ではどんなドライビングをするのかな……

 

≪続く≫

 

※上記文中のお三方の発言については、発言者・内容共にかなり不正確なので「こんな話題があった」程度に受け取っていただけると幸いです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「夏川椎菜1stフォトブック ナンスの挑戦本!!ってなんナンスか!?」発売記念イベントに参加してきました!


 

私が参加したのは第2部。

会場に入って最初に目に留まったのは、ステージの机の上に並んでいたナンスのゆかいな仲間たち。

パンダ、パンダ、パンダ、ソーナンス、ソーナンス、ソーナンス、パンダ。ナンスと縁を感じるぬいぐるみたちです。

そして、イベントがはじまり入場してきたナンスが抱えてきたのは、一際大きなサイズのパンダのぬいぐるみ。

アニメイトさんが用意してくださったという彼らを引き連れて、ナンスの初めての一人イベント(第2部)が始まりました。

 

本日のナンスの衣装はフォトブックの表紙にもなっているパンダスタイル。

このパンダパーカー、とんねるずの石橋さんがテレビで着ていたらしいのですが、それをナンスも偶然見ていてびっくりしたんだとか。

 

イベント内容はトーク&お渡し会。トークパートでは2つの企画を行いました。

以下、ナンスの言葉という体で記述している部分がありますが、口調は捏造・記憶も不確かなところが多分にあるので、ふんわりこんな感じだったと思って読んでくださると幸いです。

 

1つ目の企画は、七変化総選挙。

会場が秋葉原ということで、フォトブックの撮りおろし企画「ナンスが七変化」の中で一番を決める総選挙を開催!

ナンス自身による7つの衣装のプレゼンを行い、会場投票で一番を決めるという企画です。

「自分の写真がこんな大きなパネルに載っちゃって」「自分で自分をプレゼンするのは……」と照れながらのプレゼンの内容はこちら。

 

1.リゾートファッション:こういう格好はレア!

2.パンク:中学生みたい。こういうポーズ(フォトブック9ページ上の写真)、TrySailの撮影でもよくしてる。オフショットとかには映ってるかも?

3.ボーイッシュ:撮影で眼鏡かけるのってレアだよね。ブログの自撮りとかではあるけど。ほとんど初めてかも?

4.ドレッシー:オトナンス! オトナンスって響きが好き。こけしいなも、上手く言ってやったって思ってる。

5.カジュアル:ぷりん…すとん?(服に書いてある英単語:PRINCETON)アメリカの州とか? ブリヂストンみたいな。

6.ガーリー:くま!くまがかわいい!

7.パンダ:パンダ衣装は私の案。パンダキャップは横浜撮影の時に買いました。第1部では これが1位だったけど…

 

最初の3つまで行って「アピールポイント、レアしか言ってない?」となるナンちゃん。

オトナンスの響きは私も好き。

カジュアルの英単語、アメリカの州っぽいは近いのに「ブリヂストンみたいな」と続けたせいでおしくなっちゃうのがナンちゃんらしい。

 

会場投票の結果、ドレッシー・カジュアル・パンダの決選投票に。

私が票を投じたパンクは残念ながら票を得られなかったようで……ちなみに一人2票だったのでパンクとドレッシーに入れました。

投票の時、多く手が上がった衣装の写真パネルをよりわけていたのですが、その置き場所にでかパンダくんの背中を借りていたのが個人的にツボ。

そして、決戦投票の結果、第2部の優勝者はドレッシーなオトナンスに決定!

夏川セブンのダブルセンターが誕生した瞬間でした。

 

続いて2つ目の企画は、トランプタワーQ&A。

カードに書かれた質問やお題に答えながら、答えたカードを使ってトランプタワーを作ろうという企画です。

どうしてQ&Aにトランプタワーが合体したの?という疑念は、始まってみると称賛に変わりました。

タワーを作るには両手を使わないといけないので、作業中の発言はマイクを通さない生の声! 小さな会場だし、ナンスの声も通っていたので後ろの人にも聞こえているといいなぁ。途中からはマイクを持ったまま片手で立てることにも挑戦していました。

プラスチックのカードなので難度も高く、次第にカードを横にしてみたり山を縦に並べてみたり、折り目をつけようとしてみたり、カードを普通に横に重ねて「これもタワー(数センチ)」とやってみたり。

 

「これがいつか3センチ4センチ10センチと積み重なって、1メートルのタワーになる。そういう小さな積み重ねが大事なんだよ。これでいいよね。そうしよう!」

 

お約束のやけになってカードを吹っ飛ばす場面もあり、楽しい姿やレアな姿が色々と見られました。トランプタワー作ってるだけでこんなに面白いとは。

 

そんなトランプタワーコーナー、本題のQ&Aの内容はこちら。

 

Q:好きなうまい棒の味は?

A:メジャーな味を挙げて会場アンケ―トをとるナンス。ナンスの答えはコンポタ。

 

お題:パターゴルフに挑戦

  室内用のパターマットが敷かれ、突然始まるパターゴルフ。これ最前の人しか見えないやつ。外れたボールをクラブでマットごと押して動かそうとしたりする不正はナカッタンデスケド、結局失敗に終わりました。

しかし、ナンスのパター姿は超レアだし机に隠れていた全身を見られたので観客的には成功です。

連載コメントで「今後やる機会はないんじゃ」と言っていたらまさかこんなところでやることになるとは……。

 

お題:俳句に挑戦

  「俳句をたしなめます」「……んん? あっ、したためますだ!」

 

  俳句のお題は「オトナンスについて」

  「自由律俳句」(定型に縛られない俳句)であることを前置きして、

ナンスがたしなめ、もといしたためた一句がこちら。

 

  『みんな大好きオトナンス』  

 

  「オトナンス」が「今日の季語」だそうです。

 

Q:連載時に苦労したことは?

A:どれも楽しくやれていたとのこと。ですが、問題が起こったのは撮影のあと……

  「作った飴細工を持って帰ったんだけど溶けちゃって。クリスマスに作ったフェルトのパンダも、テレビ台の上に置いといたら、いつのまにか埃の掃き溜めになってた。持ち上げたらそこだけぼわぁ~っって。周りはそんなことないのにあの埃どこから来たんだろう。生まれた?」

 

Q:今日のおやつは?

A:いちごタルト!

 

Q:鍋といえば何鍋?

A:なんでも入ってるやつがいい。闇鍋じゃないよ!

  美味しいものいろいろ入ってて、出汁も効いてて……

 

Q:自分の中での今年の流行語は?

A:「もちさんの桃を頭に乗せてるジャケット写真。あのなんかやけにしっくりきてる感じ。

   あの現象に名前を付けて、それを今年の流行語にしたい。

   ……これは宿題にします。後でどこかで発表する。ブログとかで。でも忘れるかもしれないから約束はしません」

 

 

Q:好きな香りは?

A:「カモミール……あれ、違う? いやいや合ってるカモミール」

  間違ってないのに不安になっちゃうこと、あると思います。

  「シャンプーみたいな、清潔な香りが好き。でも香水とかルームフレグランスが無くて、アロマになっちゃうんだよね」

 

Q:あなたのフェチは?

A:「眼鏡フェチ。普段かけてる人が外したり、かけてない人がかけたりの眼鏡のON/OFFが好き」

  かけてる人が外して、のところで眼鏡を外し、かけてない人がかけて、のところで眼鏡を借りてかけ出す観客に大ウケするナンちゃん。

  あの笑い顔を引き出した眼鏡の人たち、グッジョブでした。

  ちなみに、眼鏡はふちが大きいものが好みだそう。

 

Q:今自分に必要なものは?

A:一週間の休み! 一週間休みがあったらポケモン買う。積んでるゲームもやる。一週間ないと満喫できない。

 

Q:よく使うLINEのスタンプは?

A:クリエイターズスタンプでパンダとひよこがいるのがある。

  「休日ぼっち」とか「今日も残業」とかブラックなのを意味無く使ってみたり。

 

Q:七変化をしたことで周囲からの反応は?

A:ナンス、マイクを観客に向けて「どう?」

  観客「かわいいー!」

  ナンス「以上!」

 

Q:宝くじで一億円当たったらどうする?

A:慎ましく暮らせば一生生きてける金額。貯金はつまらないよね……マンション。マンション買う。

 

Q:今後挑戦してみたい服は?

A:パジャマ。最近は脱がずになんでもできるやつがあって。歩く寝袋みたいな。

  でも自分で買うとかさばるから、まず衣装で着てみて、良かったら買う。……試着ってことじゃないよ!

 

お題:バルーンアートに挑戦

  このために練習したという「デイジー」に挑戦。

  やや慣れた手つきでバルーンに空気を入れ、口を閉じるのに苦戦しつつもなんとか閉じて制作開始。

  スピードが命、と勢いよくバルーンを捻っていくナンス。

  「風船にはトラウマがあったんですけど、もう慣れたかも。そうそう割れないって知ってるから。……フラグじゃないよ! そこ、耳抑えてるの誰だ!」

  制作は順調に……とはいかず、デイジーは諦めて方向転換。

  出来たのは、細長いバルーンの先に動物の頭だけが付いたもの。

 

  「キリン(首だけ)」

 

  いやあ、ナンスは芸術的ですね。

 

Q:未来にあったらいいなと思うものは?

A:外が全部ガラス張りの屋根で覆われてるの。

  これは小学生の頃から本気で思ってる。ずっと空調の中で生きていたい。

 

Q:好きなゲームジャンルは?

A:銃が出てくるもの。よくやってたのはシミュレーションゲーム。

  リピートはしないけど、一度にぐっとやり込むのが推理ゲーム。

  「1月に私の好きなシリーズの新作が出るんですけど、なんと声がスネークなんですよ! 早くやりたい!」

 

Q:得意な泳ぎ方は?

A:けのびかな。

 

Q:思いついた偉人を挙げてください。

A:会場のどこかに偉人要素がないか探し始めるナンス。しかし会場にはナンスとパンダとソーナンスしかいません。

  しばらく彷徨った末に俳句チャレンジで書いた俳句に辿り着き、「松尾芭蕉!」と解答。

  「偉人だよね? 俳人だけど」

 

Q:猫派?犬派?

A:家にはどっちもいるからなぁ……でも彼らはわたし派ではない。と悩むナンス。

  「猫かなあ。秋葉原にMoCHAっていう猫カフェが新しく出来てて。そこが気になってるから猫派です」

 

Q:カラオケの18番は?

A:supercellさんの「うたかた花火」。最初に歌うと声がよく通る。

 

Q:自分を動物に例えると?

A:今日はパンダに包まれてるからパンダです!

 

Q:初めて買ったCDは?

A:覚えてないけど、たぶん英語学習みたいな知育系。

  お母さんのテープで福山雅治をよく聞いてた。

 

Q:いつもカバンにつまっているものは?

A:ゆめときぼう

 

Q:ジブリでカッコイイと思う男性キャラクターは?

A:やっぱり天沢聖司くん。バイオリン弾いてる感じが良い。

 

Q:昨日の夕食は?

A:「今日自慢したいことがあって!

  わたし、おばあちゃんのかぼちゃスープが大好きで、自分でも作ってみたんですよ。

  まあクックパッドとかは見たんですけど、けっこう美味しくできて!!

  でも分量わからなくて作り過ぎちゃって、大量に冷凍してあります」

 

Q:自分のチャームポイントは?

A:「これ言ったらそこ見られるやつ! なので後ろ向いて答えます!」

  ナンスの解答は「眉毛」。

  「わたしの眉毛はおじいちゃん譲りで、おじいちゃんの眉毛は綿棒が乗るくらいしっかりしてて。黒くて綺麗な眉毛がチャームポイントです」

 

Q:幽霊って信じる?

A:「見たことはあるんですよ。火の玉とか、存在を感じたりとか。

   いるんじゃない? 会いたい。会って喋りたい。怖くはないです。元人間なんだし話せば分かるって。食事しながら喋りたい。「最近どんな感じ?」とか「仕事なにしてるの?」とか。自分が幽霊になったらセンパイになるわけだし」

 

Q:カレーは何辛を食べる?

A:その店のおすすめの辛さ。

 

以上が第2部のQ&Aコーナー。時間にして25分。ほぼラジオ一回分です。

トランプタワーの完成には至りませんでしたが、用意されたカードに全て解答され、色々な話を聞くことが出来てとても充実した時間でした。

 

トークパートの後は特典お渡し会をしてイベント終了。

お渡し会の特典は表紙写真のポストカード(メッセージ付き)。

お渡し会では、目線をしっかり合わせて渡してくれて、ちょっとはにかんでくれたナンスに胸を撃ち抜かれてきました。

 

というわけで、無事終了したナンスの初単独イベント(開演時間の遅れはありましたが)。

限られた時間の中でナンちゃんらしさがふんだんに飛び出してくるイベントで、夏川さんは面白くてかわいい人だなあと改めて体験してきました。今日ここに来ることができて本当に良かったです。

 

早くも来月には次のナンスのソロイベントMusic Rainbow04が控えています。どんなイベントになるか、今からわくわくが止まりません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 1st LIVE WONDERFUL M@GIC!!参加してきました!!

・・・・・・ライブビューイングですけどね!

仕事の都合で東京を離れているのでチケット争奪にすら参加できなかったときは軽く絶望しましたが、LVとはいえ行けて良かった。最高のライブでした!

私が行ったのは2日目の夜公演。この記念すべき1stライブの最後を飾る魔法の時間。

お願い!シンデレラから始まり、属性毎にパートに分かれ個人曲と属性ユニット曲、全員のススメ☆オトメ、一曲一曲どれもがとても魅力的なステージでした。

ニュージェネレーションの三人、島村卯月役の大橋彩香さん、渋谷凛役の福原綾香さん、本田未央役の原紗友里さんのステージはこれまで登ってきた色々な階段を感じさせるそれぞれの存在感抜群で、城ヶ崎莉嘉役の山本希望さん、城ヶ崎美嘉役の佳村はるかさん、諸星きらり役の松嵜麗さんは元気いっぱいかわいさいっぱい、貫禄あるパフォーマンスに磨きのかかった赤城みりあ役の黒沢ともよさん、杏らしい独特の空気を作り出していた双葉杏役の五十嵐裕美さん、その魅力にメロメロにならずにはいられない前川みく役の高森奈津美さん、とろけるようなかわいらしさの三村かな子役の大坪由佳さん、小日向美穂役の津田美波さん、ダンスやポージングに蘭子っぽさが溢れていて素適だった神埼蘭子訳の内田真礼さん、カッコよさと美しさの同居する新田美波役の州崎綾さん、ソロパートのトリにふさわしい思わずため息の出るような素晴らしい歌を披露してくださった高垣楓役の早見沙織さん。

そしてSSAで2日目のみ参戦だったため見れなかった中でも心残りで今回超楽しみにしてた多田李衣菜役の青木瑠璃子さん。手足が長くてスタイル良いだけにステージ上を駆けまわる姿もノリノリのエアギターも実に映えるし、叫ぶような『I love you!』もラストのウインクも強烈に胸に突き刺さって最高にロックなステージでした。

最後のMCでは感極まって涙を見せるキャスト続出で、見ているこちらもライブが始まってからずっと胸の内にこみ上げてきていたものがあふれ出してしまいそうで、その後最後のお願い!シンデレラに向かって上げた応援の声には抑えきれない涙が混じってしまって。

本当に本当に素晴らしいライブでした。一日経った今でもまだ魔法の余韻は消えず、ふとあの時間を思い出して突然道端で涙ぐみだす気持ち悪いモードからなかなか抜け出せません。

今回はLVでの参加でしたが、2ndライブがあれば今度こそは・・・・・・! 


アニメ化も決まり、CD第6弾の発売も控え、続くイベントやCDも続々のシンデレラガールズ。これからの展開もとても楽しみです。まだまだ追いかけていきますよ!





あ、それからライブ直後に昂った気持ちを治めるために藍子チャンスガチャ引いたら2回目で藍子ちゃん来たぜうっひょーっ!(一周するのはキツかった微課金藍子P的歓喜の叫び)
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。