FETISH&***

断髪・刈り上げ・おかっぱ・・・床屋さん
髪フェチ小説&ブログ


テーマ:

ほら副所長、そんな長い髪して邪魔じゃないのかしらね・・・

「結局、本社から来た女性なんて仕事なんてやる気ないのよ・・・」

そう影口が毎日聞こえてくる

呟く人は「辞めない年配の女性二人、金森佳代、大橋利子」だった

既に5年目のベテランだが、新人をいじめて辞めさせている悪女

 

二人の髪は短い、耳が出るくらいのベリーショート

 

商品センターの空調が弱すぎて「暑いから!」短くしたの・・・

そう言っていたことを思い出した

 

確かに暑い、空気の流れがなく何もしていなくても汗が流れる

湿度90%・・・・ジメジメする環境に耐えられず、断髪したらしい

 

副所長の歓迎会のとき、二人のおばさんが隣に来た

「あら!まだ髪切ってないのね・・・」絡んできた

嫌味な雰囲気を醸し出しながら・・・

 

志桜里は別に長い髪が好きでもなかった

「キャリア」のためなら・・・

 

「私、ショートにしたときなくて・・・」

「どんな髪形が似合いますかね・・・」

 

すると目を大きく見開いたおばさん達は

「あら!そうね・・・あなたの髪は癖のない、真っ黒な髪だから・・・」

そう言い、言葉を止めた

「せっかくだから、私たちの行きつけのお店に行きましょう!」

そうね、それがいいわね

 

「私たちが決めて上げる!」

「いいわね!・・・」

 

志桜里はショートカットした自分を想像した

「身長の高さ」が結構恰好良い!きっと

自分にそう言い聞かせた

 

翌日、仕事が終わって金森さんの軽自動車で「行きつけのお店」へと

向かった

 

数十分走ると小さな駅の商店街入口付近で車を降りた

 

「ほら!あそこよ・・・」

 

「えっ…・マジ」

 

小さな木造ボロボロの理髪店が佇んでいる

「金森理髪店」と剥げ落ちた看板に書かれている

 

「さ!入って・・・あたしの母がやっている床屋さん!」

 

少し安堵した・・・

 

「母さん!昨日話してた会社の偉い人」

 

「偉い人」・・・悪くない

 

「どうぞ・・・」

 

武骨な古臭い床屋の椅子に案内された

 

「じゃ~お願いね・・・昨日話した髪形にね・・・」

 

そう言いながらお店の奥の居間へと消えて行った

 

「気の良さそうな理容師さんに・・・」話しかけたが返答はなかった

 

志桜里の首にタオルと真っ白なクロスを掛けた

 

結わいている髪を解いて、無造作に下ろした

 

理容師さんは志桜里の頭を「クィっと」前に倒した

 

倒しながら冷たい触感の物を動かした

 

「カチカチカチ・・・」

 

「えっ・・・・刈られている」

 

結構な力で抑えられている

 

「カチカチカチ・・・・」

 

長い髪が邪魔なのか・・・

後頭部の髪を前に上げながら「カチカチカチ・・・」

 

耳の付け根辺りまで上下を繰り返した

 

「カチカチカチ・・・」

 

数十分頭を抑えれて、手動バリカンで刈られてしまった

 

今度は頭を起こして、霧吹きで髪を濡らした

 

水が垂れるくらいに濡らした髪にハサミが入った

 

「ジョキジョキジョキジョキ・・・」

 

「ジョキジョキジョキジョキ・・・」

 

太くて黒い髪がクロスに落ちている

 

耳半分が露わになってきた

 

さらに「ジョキジョキジョキジョキ・・・」

 

「ジョキジョキジョキジョキ・・・」

 

耳の付け根辺りで揃えられてしまった

 

横も後ろも真っすぐに

 

理容師は志桜里の前に立つと

前髪を櫛で真っすぐ下ろした

 

「ジョキジョキジョキジョキ・・・」

「ジョキジョキジョキジョキ・・・」

 

見えなかった鏡が見えてきた

 

「えっ・・・」

 

理容師は容赦なく前髪をこめかみいっぱいのラインで揃えていた

直角になるように何度も揃えているせいか・・・

青白い肌が露わになってきた

 

「もう切らないで!・・・」

心で叫ぶも、理容師はさらに前髪を揃えている

 

生え際1センチから2センチくらいでパッツンと揃えた

 

横は耳に掛かるくらいの長さで揃っている

 

理容師はコンセントにバリカンを差し込み電源を入れた

 

モーター音とともに志桜里の後頭部は剃り上げられている

 

「ジリジリジリ・・・」

「ジリジリジリ・・・」

 

電気バリカンの刃が熱い

 

手遅れな恥ずかしい髪形に驚愕した

 

理容師は笑顔で「あら!可愛いわね・・・」呟いた

 

「キャリア女性」に似合わない、恥ずかしい髪形に言葉が詰まった

 

そのあと、初めての洗髪、そして顔剃り

「恥ずかしいくらい細い眉」

もともと太くて黒い眉も、青白く剃られている

 

こめかみも青々としている

 

「はい!」

 

終わった、悪夢の断髪が・・・

 

¥2,800いただきます

 

「金取るのか・・・こんな髪形で!」と思いながらも財布から払った

 

「あら!」随分思い切った髪形にしたのね・・・

嫌味な笑みを浮かべながら、剃りたての後頭部を二人で撫でた

 

「お母さん!」毎月お願いね・・・

 

「ま・い・つ・き・・・・」

 

「志桜里さん!良かったわね・・・素敵な髪形になって!」

苦笑しながら家路についた

 

翌日、恥ずかしい髪形のまま電車に乗って出社した

朝から周りの笑い声と、「ひどい髪形!」。。。聞こえる

 

職場でも周りから「やるね・・・」「凄いね!」と声を掛けられた

 

「我慢!」そう呟きながら仕事についた

 

昼休み、私の周りにおばさん達がやって来た

「あら!こんなに汗かいて・・・」

すると食堂のぞうきんで後頭部を拭っている

 

「あ!ごめんなさいね・・・」

 

数週間後、志桜里は食堂の片隅で後頭部を刈られている

 

「ジ~ジ~ジ~ジ~・・・」

 

シェーバーで後頭部を剃られている

 

「はい!完成!良かったわね・・・」

 

ワカメちゃんカットは後頭部を綺麗に手入れしなきゃね・・・

 

志桜里の余計な一言が

「ここ伸びたら、男性の髭のようになるのかな・・・」

「そしたらみっともないかな・・・」

 

化粧室の鏡で呟いているところを聞いてしまった

 

「大丈夫よ!私たちがきれいに剃って上げますから・・・・」

 

「えっ!あ・・・大丈夫です!」

 

「ダメよ!あなたは偉い人なんだから身だしなみもね・・・」

 

二人は顔を見合わせてうれいそうに呟いた

 

副所長という肩書で呼ばれる機会は減っていった

 

「ワカメちゃん!」みんなからそう呼ばれている

 

ある意味「チームワーク」は出来てきた

 

「まっ!いいか・・・」もうすぐ戻れるし・・・

 

半年後「ワカメちゃんカット」で本社で杉沢人事部長と話した

 

「志桜里さん!」あと3年、商品センターお願いね

その髪型じゃ・・・営業部は無理ね

顧客相手じゃね・・・

 

~「えっ・・・」

「キャリア」は・・・・

 

半年前の人事発令書がまた貼られている

 

「あっ!」あのときの・・・まだ貼ってある

 

 

 

「配属転換」、人事発令という紙が食堂に貼られている

 

大谷志桜里 営業部(旧)  商品センター(新)

 

えっ私が、第二営業部課長という肩書から「えっ・・・」

 

昼食を済ませると、人事部から「至急!来てください」と内線が入った

 

入社8年目、それなりに会社に貢献してきた自負があるし、営業成績だって決して悪くはないのに、なんで・・・私が

髪を結い直して、人事部の扉を開いた

 

杉沢京子人事副部長は志桜里を来客用の応接室へと導いた

 

「大谷さん、3日間で今の仕事の引継ぎをしてください」

「商品センターは、輸入商品を扱う郊外の倉庫に」と告げられた

 

「キャリア」目指すなら「経験」という説得と、内部統制を図ってほしいという役職は「副所長」の言葉を聞いて人事発令を快諾した

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

あるとき、隣の部屋に中年女性が引っ越してきた。

豊満な体型を揺らしながら、荷物を運んでいる。

 

「手伝いましょうか・・・」

汗だくな額を拭いながら、笑顔で「じゃ~お願いします」と

笑顔で返された。

 

「エレベーター」のない小さなアパート

下に停めてある軽トラックから荷物を取り出し

「ごめんなさいね・・・これ持って行って・・・」

 

引っ越しが終わるとお礼にと食事をご馳走してくれた

 

「私、安西千代宜しくね・・・」

仕事は理容師、君は・・・「僕は会社員、今日は代休なんだ」

「いいね・・・サラリーマンか・・・」

 

ありきたりの会話をして、一応「LINE」交換して

その日はそれで終わった

 

数か月後、僕は千代さんの部屋で食事をご馳走になっていた

ベランダに干された「理容師のユニフォーム」が風で揺れている

あまりお酒が強くない僕は千代さんのペースについていけず

早々に酔ってしまった。

 

「ねえ・・・髪切って上げようか?」

唐突に話しかけてきた、顔を近づけて強引に抱き寄せられて

「千代さんの唇が重なってくる」

生暖かい口蜜が僕の中に溶け込んでくる

 

「う・・・・」

千代さんは僕の顎を持ち上げて、濃厚な接吻を続けている

「だめ・・・触っちゃ!」

手の甲を叩かれてしまった

 

「彼女がいない僕は千代さんに抱かれている」

 

いきなり髪をつかまれて、「短くしようね・・・」

 

「はい!」でしょ・・・

 

そう耳元で囁かれながら、息を吹きかけてくる

「あ・・・・はい!」

 

「それでいいわ・・・」

勝ち誇った表情で上から目線で僕を睨みつける

 

そういえば、しばらく切っていない髪はボサボサだった

 

千代さんは僕の顎を持ち上げて、口移しでワインを飲ませてくる

 

「のどが苦しそうに声を上げる」

 

相当酔っている状態で、台所に椅子を置き散髪の準備をしている

 

「大丈夫・・・可愛い髪形にして上げるね」

 

「ほら!ここに座って・・・」

 

椅子に座ると、千代さんは黒いランジェリー姿になった

 

「ちょっとここに来て!」洗面台に頭を強引に押されて

水を掛けた「ジャ~・・・」

 

「いいわ!」櫛で丁寧に髪を真っすぐ梳かした

 

「うん・・・ボブがいいわね・・・ここ刈り上げて!」

 

耳が隠れるくらいの長さまで伸びていた

 

白いクロスを首に巻いて、耳たぶ辺りで真っすぐハサミを入れた

 

素早く「ジョキジョキジョキ・・・」と切り刻んでいく

 

後ろもそのまま横に真っすぐ揃えながら、だんだん上がっている

 

「前下がりのワカメちゃん・・・」

 

冷たい笑顔で僕を見ながら「恥ずかしい散髪は続く」

 

耳たぶから後頭部は耳の付け根あたりで揃えている

 

「これ!私のお気に入り」

そう言いながら銀色のバリカンを動かし始めた

「カチカチカチ・・・」

「カチカチカチ・・・」

剃られるように青白い刈り跡が残る

 

巧みな手さばきで

「カチカチカチ・・・」

「カチカチカチ・・・」

 

「お~さすが!」自画自賛「うまい!」

 

僕の前に立つと前髪は鼻辺りまで伸びていた

 

「ジョキリジョキリジョキリ・・・」

「ジョキリジョキリジョキリ・・・」

 

額の真ん中から少し上で真っすぐに揃えた

 

「いいわ!可愛い!」

そう言いながら僕は千代さんにワカメちゃんカットにされてしまった

 

「お風呂で流して上げる・・・」

そう言いながら僕を全裸にして浴室へと手を引っ張った

 

「ここにお座り!」

小さな椅子に腰掛けると、シャワーで髪を流してくれた

 

「あら!ここも綺麗にしなきゃね・・・」

そう言いながらアンダーヘアにもバリカンを入れ始めた

「カチカチカチ・・・」

「カチカチカチ・・・」

ちょっとだけ残すわね・・・

 

その後、石鹸をつけて剃られてしまった

 

千代さんはランジェリーを脱ぐとアンダーヘアは見事なまでも

ツルツルに剃られていた

 

「それを見て興奮している僕はその後を覚えていない」

朝、起こされるまでは・・・

「遅刻しちゃうぞ・・・」

同じ布団で眠る僕をそう言いながら起こしてくれた

 

「朝食作ったから食べて・・・」

 

ようやく二日酔いの体を起こさせて

洗面台で顔を洗った

 

「えっ!髪。。。。」

「千代さん!ねえ、僕の髪、おかっぱ・・・」

「そうよ!昨日どうしてもその髪型にしたいって言うから」

「切って上げたの・・・」そう言いながら合わせ鏡で後ろを見せた

 

「えっ・・・」恥ずかしいよ・・・

 

千代さんは僕を抱きしめて

「大丈夫!変じゃないよ・・・可愛いわ・・・」

 

僕はためらいながらも朝食を食べて、自分の部屋へ戻り

何とか髪を弄るも、短い前髪のせいでどうすこともできない

 

「仕方ない前髪は上げよう!」

横も後ろに強引に流して・・・何とか固めた

 

会社に行くと、一応は「髪切ったの・・・」と言いながら

女性社員が寄ってくる

 

「ねえ!おかっぱだよね・・・」

そう言いながら固めた髪を弄り始める

 

「凄い!ワカメちゃんカット!」

後頭部に刈り上げを撫でられる

 

「やめてよ・・・」

 

あまり強く言えず、あだ名は「ワカメちゃん」と付けられてしまった

 

帰りの電車の中も周りの視線が気になる

 

「ねえ・・・凄いね」小さな声が聞こえてくる

 

耳が真っ赤になりながらようやく家に着いた

 

着くなり、千代さんの部屋に強引に入れられてしまった

 

「髪形どうだった!」いいでしょ

 

「ねえ・・・髪切って!恥ずかしいよ」

 

すると千代さんは「いいわよ!」でも後頭部の刈り上げからすると

「丸坊主しかないわね・・・」

「頭丸めるしかないね・・・」

 

そう言いながら台所の椅子に座らせて素早くクロスを巻いた

黒い大きなバリカンが既に用意してあった

 

「ほら!・・・僕の口に唇を重ねてながらバリカンの電源は入れられた」

 

「ビュ~ンガリガリガリガリ・・・・」

「ガリガリガリガリ・・・・」

「ガリガリガリガリ・・・・」

 

頭を回しながらいちばん短い刃のバリカンは僕の頭を丸め上げた

 

丸坊主の頭を千代さんの手で叩かれる

 

「バシバシ・・・・」せっかくの作品が台無しよ!

 

そのままクロスを外されて、台所の水道で頭を洗われた

 

「定期的に坊主ね・・・」

冷たい笑いの千代さんは僕を正座させて、上から目線で呟いた

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

自動車販売会社に内定した奈緒

 

ひとり、卒業旅行を兼ねて京都の歴史ある名所を訪れていた

 

「ひとりだから・・・」

 

とりわけ、大人数での行動に疲れる奈緒はひとり旅行も多かった

 

歴史あるお寺と神社を観光しながら、ふと髪を弄る

 

「ずいぶん伸びたわね・・・」

 

「パーマ掛けたのいつだっけ・・・」

 

「うわ~めちゃ痛んでる・・・」

 

「切ろうか・・・」

 

独り言を呟きながら、のんびり歩く

 

大通りから外れて、さらに外れて・・・

 

古民家が並ぶ小さな路地

 

古民家には様々なお店が入っている

 

「結構おしゃれなんだね・・・」

 

ゆっくり眺めながら、さらに奥の道へと入っていく

 

「うわ~古い床屋さん・・・」

 

奈緒は小さいころから床屋さんで髪を切っていた

祖母に連れられて、「ワカメちゃんカット」

耳半分で切られて、後頭部に銀色の手動バリカンが

小刻みに青々と剃られていく

そんな髪形を中学生までしていた

 

「伸ばす」と言っても、厳しい祖母は無言なまま

床屋へ連れて行き、「昭和のおかっぱ頭」と注文した

 

「懐かしいな・・・」

 

私の「ワカメちゃんカット」もこんな床屋さんだったな・・・

 

「やってるのかな・・・」

 

床屋のサインポールも随分古くさい

 

引き扉に白いレースカーテンが掛かっている

僅かに見える隙間から、中を覗き込んだら

煙草を吸った、傲慢そうな年配の女性と目が合った

 

「あっ・・・」遅かった

 

素早く扉を引いて奈緒を呼び込んだ

 

「さ・・・入りなさい!」

意地悪そうな表情と、冷たい言葉が

「覗き込んだことを後悔させた・・・」

 

理容師の衣服を着ている

さっきの煙草を思いっきり吸い込んで、奈緒の顔に掛けた

 

「古臭い黒い椅子に案内された」

 

「さ・・・どんな頭にしますか・・・?」

 

奈緒は仕方なく「おかっぱ」にしてください

小さな声で呟いた

 

咄嗟に出た髪形だった

 

さっきまで「昭和のおかっぱ頭」と心で呟いていたから

 

「あの~」すみません、やっぱり私あの~

「毛先揃えるくらいでもいいですか・・・?」

 

年配の女性は冷たく「ダメよ・・・」

 

お店を覗き込んだお仕置きが必要ね

 

最初のご注文通り「おかっぱ」いいわね・・・

 

奈緒は仕方なく頷いた

 

理容師は奈緒の後ろに立ち、首にきつくタオルを巻いて

 

古臭いシミの付いた白いクロスを掛けた

 

櫛で梳かさずいきなり首辺りでハサミを入れた

 

「ジョキリジョキリジョキリ・・・」

 

「ジョキリジョキリジョキリ・・・」

 

長い髪が白いクロスを滑っていく

 

横も耳下あたりでハサミを入れて切り刻む

 

耳元で「ジョキリジョキリジョキリ・・・」切る音が響く

 

ようやく強引な断髪は終わった

 

霧吹きでたっぷり髪を濡らして櫛で梳かした

 

「耳半分が露わになるくらいでハサミを閉じる」

 

「ジョキリジョキリジョキリ・・・」

「ジョキリジョキリジョキリ・・・」

 

後ろも横と真っすぐに

 

「ジョキジョキジョキ・・・」

「ジョキジョキジョキ・・・」

 

すぐさま銀色の手動バリカンを鏡の前から持ち

 

奈緒の頭を強引に倒した

 

「カチカチカチ・・・」

「カチカチカチ・・・」

 

理容師は「チ・・・」切れないな

 

今度は手入れのされていない黒いバリカンを持った

 

椅子の下にコンセントを入れて

 

また奈緒の頭を倒してバリカンを滑り込ませた

 

「ヴュ~ン・ザリザリザリ・・・」

 

「ザリザリザリザリ・・・」

 

痛いくらいバリカンを押し付けた

 

「ジリジリジリ・・・」

 

「ジリジリジリ・・・」

 

長い髪から短い髪を剃り落とす音が耳元で響いた

 

真っすぐ切り揃えられてしまった

 

理容師は前髪を真っすぐに下ろして

 

額の真ん中辺りでハサミを閉じた

 

「ジョキジョキジョキ・・・」

 

「ジョキジョキジョキ・・・」

 

こめかみから真っすぐに何度も揃えていき

 

生え際から2センチもないくらい厚く揃えられている

 

奈緒の固い髪質が不自然なおかっぱ頭を醸し出している

 

「金太郎さんみたいね・・・」

 

理容師は冷たく微笑みながら呟いた

 

合わせ鏡で後頭部を映した

 

「あなた、髪固いでしょ・・・見てジョリジョリ・・・」

 

「青々してるわ・・・」

 

そう言いながら理容師は後頭部を撫で上げた

 

「小さい頃より短いかも・・・」

 

理容師はクロスを外して、顔剃りの準備をしている

 

「ここ剃っちゃうわね・・・」

 

そう言いながら後頭部にたっぷりの泡石鹸を付けた

 

「ジョリジョリジョリ・・・」

「ジョリジョリジョリ・・・」

 

ほら・・・ツルツル

 

そう言いながら椅子を倒した

 

顔に泡石鹸を塗って、蒸しタオルを掛けた

 

「熱い・・・」

 

理容師は奈緒の自慢の眉を、ほぼ線状に剃り上げた

 

濃い眉は青々と剃られている

 

顔剃りが終わると、席を立たせて

 

洗髪台へと移動させた

 

ミントのきつい香りが鼻につく

 

洗面台に頭を押し付け、勢いよく乱暴に洗っていく

 

顔がシャンプーまみれになって、目に入ってしまった

 

理容師は素早く洗い、匂いのきついリンスを掛けた

 

全体を流して、頭を上げた

 

タオルで勢いよくふき取った

 

「あら・・・目に入ったのね・・・」

 

そう言いながらタオルを差し出した

 

奈緒はタオル拭きながら元の椅子へ腰かけた

 

理容師は奈緒にタオルを巻いて、クロスを掛けた

 

そしてドライヤーで髪を乾かして

 

最後に前髪と横の髪をさらに短く揃えた

 

耳の半分以上が露わになり、後頭部は真っ青に剃られて赤くなったいる

 

前髪は少し浮くくらい短くぱっつんと揃えられてしまった

 

「はい・・・」ため息を吐きながら

「おかっぱ頭完成!」

 

奈緒に向かって冷たく微笑んだ

 

「¥3,000でいいわ・・・」

 

「でも・・・だめよ!覗き込んだら・・・」

 

奈緒は丁寧に頭を下げて、お金を払って店を出た

 

「あ~どうしよう・・・」

 

ツルツルな後頭部を撫でながら虚ろな表情で散策を続けた

 

行き交う人の視線を感じながら・・・

 

短い前髪をつまんだ

 

~END~

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。