2006-07-29

設計開発その4

テーマ:規格の超簡単説明

黒海消波


トルコの黒海沿岸のアマスラの海岸の消波ブロックです。遊覧船から撮影しました。日本では立方体はめずらしいと思います。インターネットで消波ブロックを調べますと環境に良くないということであまりいいことは出てきませんでした。

設計会社では打ち合わせを細かく進める時間もなく、どんどん作業が進められることがあります。このような場合は7.3設計開発を用いなくても製品(設計図面:成果品)が出来るわけですから、もっとスリム化をしたシステムが良いと思います。

具体的には7.3設計開発を適用せず、最終検査の確認をメインとしたシステムが良いと思われます。最終検査は会社が決めれば良いわけですから、もっと実情にあった中身のあるシステムができると思われます。

要は顧客の要求事項を見極めて7.3設計開発か7.5製造及びサービス提供の管理かの振り分けが必要になります。

私の経験やコンサルタントにお勤めの方の話をお聞きすると、多くの業務が7.5製造及びサービス提供の管理で対応できると感じています。お勤めの会社の屋号が設計会社やコンサルタント会社だからと言って固執する必要もないと思います。

7.3設計開発を適用除外する設計会社もあってもおかしくないと思っています。ISOを経営ツールと考えた場合、7.3設計開発に固執することにより不要なコストアップは避けたいものです。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-07-14

設計開発その3

テーマ:規格の超簡単説明

黒海アマスラ


トルコの黒海沿岸のアマスラの海岸です。リゾート地になっています。閉鎖性海域のためか、海岸に近いためかきれいではありませんでした。トルコは草原が多いのですが、黒海沿岸は日本的な木々の緑が印象に残りました。

設計会社では製品を設計図面(成果品)とした場合に、顧客要求事項やインプット情報が単一のシンプルなものでも業務を遂行(成果品完成)できることが多くあります。

このときの作業はきわめて単純な手順にのっとったあてはめ作業になります。すなわち新入社員の方でも十分可能になります。

このときの業務は7.5製造及びサービス提供の管理で行うほうが負担の少ないシステムになると思います。ただし建設における設計は単品の受注設計であり現場は個々に異なります。このような観点では単品がそれぞれ個性を持つことになり7.3設計開発だとも解釈できます。悩ましい点は多々あります。

しかし、設計をされる方からよく聞きますのは、忙しくて考えている暇もないということです。このような状況であるなら少なくとも、7.3設計開発ではなく、7.5製造及びサービス提供の管理が適当ではないかと思ってしまいます。解釈が難しいですね。

記事がよければ Blog Ranking に1票をお願いします。→→Blog Ranking
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。