●【バリアフリー情報や日々の出来事等をつづったブログです】

伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!
高齢者と障がい者の旅を応援します。
「青いかば旅行社」
ホームページ http://aoikaba.main.jp/
メールアドレス info@aoikaba.main.jp
フェイスブックページ http://www.facebook.com/aoikaba


●妻のブログもありますので、そちらも見てみて下さい。
http://ameblo.jp/aoikabaryokosha/



●アメブロのグルッぽでも「車椅子サポートの部屋」、「そうだ伊豆、行こう。」と言うのをやっているので、アメブロをやっていて興味がある方は参加してみて下さい。

●いつもペタやコメントありがとうございます。
できる限りペタ返しをしていますが、商用やコマーシャルのペタにはペタ返しをしていません。もし、違う場合はお手数ですがご連絡下さい。


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
  • 07 Dec
    • 経営塾(2016年度 第4回)

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。 ■ 経営塾12月2日 19:00~21:00で、伊東商工会議所主催の「伊東経営塾」で講演が行われ連れて行ってもらいました。 京セラコミュニケーションシステム株式会社 コミュニケーション事業本部 コミュニケーション事業本部室長兼新規事業開発部長 堀 直樹 氏「経営力を高めるアメーバ経営」  このアメーバ経営は大きい企業・行政向きだと思いますが、末端の社員でも自分の業務が会社の数字(目標)に影響があることを意識してもらい、社員1人1人に目標と数字を持たせ、末端の社員でも経営者目線と責任を持って行動してもらうという部分は、会社の大きさに関係なく言えることだと思います。  伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      10
      テーマ:
  • 06 Dec
    • 車椅子操作と講演(伊東自然歴史案内人会)

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ 車椅子操作の実習11月28日は、”伊東自然歴史案内人会 安全委員会”で車椅子操作の実習とお話をさせていただきました。 車椅子操作の実習は、社会福祉協議会さんの車椅子操作の説明の後、班に分かれて車椅子に乗ったり押したりしてもらいながら市役所から市役所の横にある仏現寺 境内まで実習して頂きました。(市役所から仏現寺 境内までは、坂道や砂利道等もあります)車椅子操作の実習では、いつもツアーのお手伝いをして頂いている平田さんと吉池さんにも班に分かれてサポートして頂きました。  ■ 講演車椅子操作の実習の後は、市役所の会議室に戻って障がいのある方への配慮等のお話をさせて頂きました。 お話の中では●思い込みで判断をしないで、相手(本人、同行者等)に聞くこと●できない理由を考えるのではなく、どうやったらできるのか、見てもらえるかを考える等をさせて頂きました。    今回、妻の案内人の同期だった辻井さんに声をかけて頂き実現しました。 この様な体験や話を通して相手の立場になって考えてもらえるようになって観光客にも優しい街になってくれたら嬉しいです。  伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      15
      2
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 講演(ATAMI会議)

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ 実践者ミニトーク11月24日は、熱海で”株式会社 伊豆おはな”という福祉・介護タクシーをされている河瀬さんご夫婦のおかげで”ATAMI2030会議(今回のテーマは「福祉と健康」でした)”の”実践者ミニトーク”でお話をさせていただきました。  <実践者ミニトーク>さまざまな活動をしている方々のお話しを聞けて勉強になりました。 <ゲストトーク>「生き生きした、接続可能で健康的な地域を取り戻す」下関市保健部長・下関市立下関保健保健所長 福本 怜 氏 お話しの中で印象深かったのは”人気のあるエリアは人気(ひとけ)のあるエリア”という言葉です。また、同じ体操をしていてもおのおの違うようにしているとのこと(ある人は5kgのダンベルを使い、ある人は10kgのダンベルを使う等)。 このことを聞いてバブルの頃の”ジュリアナ東京”と”パラパラダンス”を思い出しました。”ジュリアナ東京”はディスコの名前、”パラパラダンス”は皆で同じ振り付けのダンスを曲にあわせて同時に行います。 人が集まってどんちゃか騒げるところというコンセプトで”ジュリアナ東京”はつくられ大成功しました。そしてその時踊られていたのが皆で同じ振り付けのダンスを曲にあわせて同時に踊る”パラパラダンス”です。昔からある盆踊りも人が集まってどんちゃか騒げて曲にあわせて皆で同じ踊りを踊るものですよね。 ”人気のあるエリアは人気(ひとけ)のあるエリア”というのは、本質ですね。 伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      13
      テーマ:
  • 23 Nov
    • ツアーの様子の画像を使って頂きました!

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ ツアーの様子の画像を使って頂きました先月ですが、約2年前に取材をして頂いた観光Re:デザインさんのサイトがリニューアルされました。そして、カテゴリー【ユニバーサルツーリズム】のところの写真に私達のツアーの様子の画像(4年前のツアーの様子です)を使って頂きました。ここで”青いかば旅行社”の記事も見ることができます。(【カテゴリ一覧】→【ユニバーサルツーリズム】、もしくは下の方の【ユニバーサルツーリズム】からでも移動できます)  こうやってあらためて見ると、この2年間だけでなく当初より色々な方に助けて頂いていてとても感謝しています。この2年間で勉強したり、新しい経験をしたりして方法・方向は状況に合わせて変化してきていますが、”徒歩ツアー”をやる目的や”心のバリアフリー”という本質は変わっていないです。 伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      16
      テーマ:
  • 22 Nov
    • 当事者目線はとても大切!

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ 全てに共通するのは当事者目線11月18日は映像翻訳学校・英語学校の運営翻訳事業、編集・出版事業をされている日本映像翻訳アカデミーのスタッフさんとお話をする機会をいただきました。以前商工会議所主催の”経営塾”で、伊東市出身の新楽社長のお話を聴かせていただいたのがご縁です。 英語すらまともに話せない私だったのですが、2名のスタッフさんは日本人でしたが、残りのスタッフさんは母国語と日本語が話せたので、日本語でお話しさせていただきました。 お話しの中で、英語表記の地図はあるけれど、目的地が日本語や漢字だけ で書かれていると、目的地に着いてもそこが地図に書いてあ る場所かどうかわからないお店等に行っても空いているのかわからない (「OPEN」の様な看板がでていれば入り易い)外国人が歓迎されているのかどうかも不安になる  当事者目線にたって考えることは、どんな分野でも言えることで大切なんだと再認識しました。 伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      18
      テーマ:
  • 19 Nov
    • 記者コラム

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。 ■ 新聞の記者コラムに書いていただきました11月18日の熱海新聞さんの”記者コラム:いま、熱海では”で、11月8日に非常勤講師の河瀬 愛美さんに呼んで頂き、熱海高校 福祉類型の3年生の授業「こころとからだの理解」の中でお話をさせていただいたことを記者さんがコラムで書いてくださいました。 (新聞の画像は河瀬さん(旦那様)に送っていただきました) よい街だと思える・思ってもらえるのも全ては”人”だと思います。 伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba 

      14
      2
      テーマ:
  • 18 Nov
    • 街歩き:宇佐美中学校(その2)

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ 街歩き11月17日午前中、宇佐美中学校の一年生の総合学習の福祉(2クラスのうちの2つ目のクラス)で街歩きをしてきました。11月10日には1クラス目と街歩きをしています。 天気もよく、ちょっとした散歩気分になりました。このような体験を通して、1人でも福祉に興味を持つ子が増えてくれたらと思います。伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba 

      14
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 新聞記事(宇佐美中学校の生徒さん達と街歩き)

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ 街歩き11月16日”伊豆新聞”さんが11月10日に実施した「宇佐美中学校一年生との街歩き」の様子を記事にしてくださいました。   自分達の住んでいる街を福祉視点で見られるようになってくれたらと思います。 伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba 

      13
      テーマ:
  • 15 Nov
    • 新聞記事(講演(熱海高校 福祉類型))

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ 講演(熱海高校 福祉類型) 実施11月8日の熱海新聞(伊豆新聞)さんの記事で、熱海高校 福祉類型の3年生の授業「こころとからだの理解」の中でお話をさせていただいたことを掲載していただきました。 午後からは非常勤講師の河瀬さんのワークショップを見学させていただきました。(新聞の画像は河瀬さんに送っていただきました)    伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba 

      17
      テーマ:
  • 13 Nov
    • 経営塾(2016年度 第3回)

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。 ■ 経営塾11月10日 19:00~21:00で、伊東商工会議所主催の「伊東経営塾」で講演が行われ連れて行ってもらいました。 (株)サンザ 代表取締役社長 荻野 小波 氏「サービス業におけるお客様の声を経営に反映するには ~顧客満足を上げる事がリピーターに繋がる事例~」 質問(株)サンザ 伊豆事業統括部長 北村 治 氏  洗面所やトイレのお話しを聞いて思った事。私の中では”トイレ掃除1つまともにできない人は、何をやってもダメだと思っています。そして、見えないところこそしっかりやる事が重要だと思います。微細な事ですがそこに差がでます。ここをおさえられる人は何をやってもできますし全てが違ってきて、自分で問題点を見つけて対応でき自分で成長していきます。表面的な事だけを求めたりマネをしても絶対にダメだと言う事です。”そんな事をあらためて考える機会となりました。 お話しの中で、東京は”収益エンジン”・伊東は”ブランドエンジン”とおっしゃっていましたが、伊東でビジネスをやらざるおえない場合、伊東で”収益エンジン”と”ブランドエンジン”の両方を持たなければならずかなり厳しい環境なのだと実感しました。  伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      15
      テーマ:
    • 街歩き:宇佐美中学校(その1)

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。 ■ 街歩き11月10日午前中、今年で3年目となる宇佐美中学校一年生の総合学習(福祉(2クラスのうちの最初クラス))で街歩きをしてきました。来週はもう一つの方のクラスです。 学校側で3年間ずっと総合学習に福祉を選択していただき、かつ私達と街歩きをしていただいてとてもありがたく思っています。また社会福祉協議会様に声をかけていただきありがたく思っています。 ・1年生へ講演・3年生が1年生にアドバイス・2年生が1年生へまとめや車椅子操作についてアドバイスと体育館で車椅子操作の体験と2年生からの操作のアドバイス・前回は実際に1年生が街に出て車椅子体験をしました。・今回は中学校近くの知的障がい者施設の方、市役所の福祉課の方、社会福祉協議会の方、私達と3コースに数名ずつ分かれて街歩きをしました。  子供達が普段生活している街を福祉の視点で見たり体験したりすることはとても大事だと思いますし、色々な人達を案内するにあたって世代を越えてコミュニケーションをとったり、普段何気なく見ている名所・旧跡を再度調べたりすることも子供達にとってよい経験になってくれたら嬉しいです。 伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      13
      テーマ:
  • 12 Nov
    • 講演(熱海高校 福祉類型)

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ 心のバリアフリー11月8日は、熱海高校 福祉類型の3年生の授業「こころとからだの理解」でお話をさせていただきました。 是非積極的に魔法の言葉「何かお手伝いしましょうか?」を使って、住んでいる人にも観光客にもやさしい街になって心のバリアフリーがひろまってくれればと思います。  ■ 未来をつくっていくのは若者達です!お昼を一緒に食べ、午後からはK先生の授業でした。授業の中で実現の可否に関係なく、2030年になっていたら良いなと各自が思う街について絵や字でかいてくれました。  2014年の時に使った資料ですが、2030年には間違いなく少子”超”高齢化社会になっています。後14年です。逆に今から14年前に携帯電話(スマートフォンの普及)・インターネット・SNSを代表として現在の状況を予想できていたでしょうか? 歳を重ねるにつれ、頭も段々かたくなってしまうので、学生さん達の発想はとても勉強になりました。   伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      16
      テーマ:
  • 30 Oct
    • 県庁へGo!

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ 県庁での打ち合わせ10月28日は静岡県ユニバーサルツーリズム推進連絡会の打ち合わせに、副会長の金谷タクシーさんと一緒に県庁へ連れて行ってもらいました。県庁では立ち上げを支援してくださったSさんが早退してくださったり、観光政策課の方にも同席いただき意見交換を行いました。 行きは打ち合わせまで時間があったので、熱海駅で鈍行に乗り換えをして静岡駅まで向かいました。 熱海駅での乗り換え時間は3分。1度エレベーターで通路に下りて乗り換えホームのエレベーターで上らないといけません。スムーズにいってもギリギリ位です。最近はキャリーバッグの人も多く、直ぐにエレベーターに乗れない事も多いので、大体乗り換えには余裕を持って10~15分位をとっています。今回は急がなくてもすむので3分の乗り換えに挑戦してみました。(乗れないと30分位待つので...) エレベーターのところには、やはり10人位の人達がいて列の最後尾に並びました。そうしたら、その方達は一緒のグループだったらしく私達を先に譲ってくれ、親切心にふれることができました。熱海駅のエレベーターは奥から開くので最初に乗っても最初に出られます。そのおかげでギリギリ乗り換えできました。 外出して時間のある時は大抵本を読みます。その中で気になった1文がありました。”必要なのは学歴ではなく学問だよ。 学歴は過去の栄光。 学問は現在に生きている。”過去の栄光にすがるのではなく、今後どう生きていくかが大切なのではないかと思っています。学歴のない私にとって、過去を参考にし、時代の流れを見ながら前向きに進んでいければと思います。 夕食後、金谷タクシーの社長さんが自家用車で伊東まで送ってくださいました。 何にしても”人”だと思います。地域を構成しているのも”人”なので、”人”というのは観光・地域創生にも大きく寄与しているはずです。だからこそ”人”を育てていくことに関わっていければと思います。 (写真はお土産にいただいたものです)   伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      20
      テーマ:
  • 23 Oct
    • 講演(旭小学校)&卒論の取材

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ ツアーの雰囲気を体験してもらう10月20日 午前中は静岡市の大学生の卒論の取材でした。卒論のテーマがユニバーサルツーリズムなので、ツアーの雰囲気を体験してもらう上で簡単に街歩きをしました。 実務経験している方が多い方が色々な意見が聞けるのではと思い、トラベルヘルパーセンター東伊豆の吉間オーナーと清水トラベルヘルパーに街歩きとお昼もご一緒していただき、大学生へアドバイスをしていただきました。  ■ 心のバリアフリー午後は、旭小学校の4年生に福祉のお話をさせていただきました。(大学生にも卒論の参考になればと思い聞いてもらいました) 話をさせていただく教室へ行く時、掃除の時間だったのですが、去年話をさせていただいた事を覚えてくれていた子がいました。 いつも通り私達がお話ししたのは、タイトル「<心のバリアフリーをひろめよう!> ~体の不自由な人が困っていたら、勇気をだして魔法の言葉をつかってみよう~」です。 箸(数種類)やスプーン等もまわして見てもらいました。 是非積極的に魔法の言葉「何かお手伝いしましょうか?」をつかってもらえたらと思います。   ■ 卒論の取材の補足講演の後、大学生と伊東のソウルフードとも言えるスイートハウスWAKABA(わかば)のソフトクリームを食べに行って少しお話しをしました。   伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba 

      16
      テーマ:
  • 21 Oct
    • 講演(西小学校)

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ 心のバリアフリー10月19日 午後は、西小学校の4年生に福祉のお話をさせていただきました。 私達がお話ししたのは、タイトル「<心のバリアフリーをひろめよう!> ~体の不自由な人が困っていたら、勇気をだして魔法の言葉をつかってみよう~」です。積極的に質問もありました。 話しが終わった後、時間の関係から箸(数種類)やスプーン等を紹介だけして希望する子には前まで見にきてもらいました。(沢山来てくれました) 話の中でいつもふれていることがあります。 困っていることに気がつくこと 相手の立場にたって考えること 考えるだけでなく、行動すること (行動する時には、魔法の言葉「何かお手伝いしましょうか?」 をつかって声をかけてみてはどうか) やり続けること場所的に市街地にあるので、是非積極的に魔法の言葉「何かお手伝いしましょうか?」をつかってもらえたらと思います。   伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba 

      14
      テーマ:
    • 経営塾(2016年度 第2回)

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。 ■ 経営塾10月18日 19:00~21:00で、伊東商工会議所主催の「伊東経営塾」が行われ、以下3名の方達による講演とトークセミナーがありました。趣旨は外国語・外国の方への対応や外国の方の視点のお話しでした。●(公財)フォーリンプレスセンター評議員 立間直樹 氏「伊東が外国人にやさしい街になるために~メディアの活用と情報発信」 ●日本映像翻訳アカデミー(株) 代表取締役 新楽直樹 氏「伊東発~世界へ=軽やかで、ココロに届くグローバル・メッセージを♪」 ●明星大学人文学部 教授 田中宏昌 氏「会話力よりココロ優先!Part2」   お話しの中で外国の方の視点についてお話しされた部分があり、台の電気が消えているパチンコ屋を見て普段は電気がつくと説明すると興味をかなり持っていたようです。そのことから辞めてしまったパチンコ屋にテーブルを置いてカフェにするのも面白いかも知れないとおっしゃっていました。(かなり面白いと思いました)それ以外にも、伊東市には大室山という山があるのですが、「かわいい」といっていたそうです。 日本語がわからない外国の方への配慮と障がい者への配慮とは同じなのだとあらためて思いました。日本語がわからない外国の方は日本語という壁(バリアー)があり、その壁をできるだけ取り除く(フリー)ということだけですから...  伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      3
      テーマ:
  • 20 Oct
    • 頑張っているね!

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ 芸術祭(生け花・俳句)10月16日は、伊東市の芸術祭でした。午前中は、生涯学習センター中央会館に行き、次女の生け花と母の俳句を観に連れて行ってもらいました。  ■ 芸術祭(吹奏楽)午後からは、長女の出ている吹奏楽を聴きに観光会館へ連れて行ってもらいました。  長女も次女も頑張っています。あっと言うまに秋となり、芸術祭の時期になりましたが、今だに暑くなったり寒くなったりしており、全然秋らしくありません。  伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      9
      2
      テーマ:
  • 13 Oct
    • 講演(富戸小学校)

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ 心のバリアフリー10月12日 午前中は、富戸小学校の4年生に福祉のお話をさせていただきました。富戸小学校には、私が少年野球をやっていた時、行った以来なので、30年ぶり以上です。 私達がお話ししたのは、タイトル「<心のバリアフリーをひろめよう!> ~体の不自由な人が困っていたら、勇気をだして魔法の言葉をつかってみよう~」です。 話の中で、その時その時手伝って欲しいことも違うので、いつも「何かお手伝いしましょうか?」と相手に声をかけてから行動することが大切だということや、小学校4年生でもできることは沢山あると言っています。 話しが終わった後、箸(数種類)やスプーン等を見てもらったり、質問に答えたりしました。質問の中で「階段の昇り降りの時、車椅子はどうやって運んでいますか?」というものがあり、妻がいつもの手順を説明しました。 話をさせて頂いたのが2階だったのですが、帰りに階段を降りているとみんな教室から出てきてくれて「何かお手伝いしましょうか?」と言ってくれて、妻のかばん・パソコンバッグ・車椅子を運んでくれました。階段を降りるとみんなで見送りしてくれました。さっき話したことをすぐに実践してくれたので嬉しかったです。  ■ おまけ私が卒業した八幡野小学校は、当時100年位経っている木造の校舎でしたが二宮金次郎像はなかったので実物を初めて見ました。どうでもよい話ですが、あらためて見ると本を読みながら歩いているので、本がスマートフォンに変わっただけのさしずめ”歩きスマホ”だったんですね。(本来の趣旨とは違いますが...)  時々富戸小学校の前を車で通るのですが、数年前まで青色のカバでしたが、ピンク色のカバに代わっていました。   伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      18
      テーマ:
  • 05 Oct
    • 覚えていてくれた!

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ 次女の授業参観9月26日は、次女の授業参観でした。次女の教室は2階で階段のみなので、いつものように妻の肩を借りて昇り降りし車椅子を運んでもらいました。あいさつをしてくる子や車椅子に興味深々な子供が何人もいましたし、授業参観が終わり1階に降りようと階段にいくと、車椅子を運ぶことをお手伝いしてくれるお母さんもいました。 帰りに車に乗ろうとすると「長谷川さんですよね?」と声をかけてきた男の子がいました。「そうだよ」と言うと「覚えています」との発言。 以前、お話しをさせてもらったことを覚えていてくれたみたいで、少しは記憶に残る話ができていたみたいです。   伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      12
      テーマ:
  • 29 Sep
    • 5年&20周年

      ”伊豆のバリアフリーコンシェルジュ” はせきっず です。■ 起業して5年先日の9月26日は、旅行業に登録(起業)して5年になりました。ただ活動を始めたのは、旅行業を登録した翌年の5月からなので4年半位です。 5年間続けてこられたのは、間違いなく様々な方々が協力・支えてくれたおかげです。 今後活動をしていく中で考慮していきたいことは以下5点です。  介護・福祉関係のイメージを変えていきたい  現状の介護・福祉へのイメージがある中で、介護職を選ん でくれている若者達に社会的にも意味のある仕事を選んだ んだと思えるようにしてあげたい  介護・福祉という業種が、職業を選択する際の候補の1つと なるようにしていきたい  超高齢化をむかえている中で、介護はより身近なものにな ってくるはずです。介護は資格がないと難しいと思わせるの ではなく、小学生位でもできることは沢山あると知ってもらい たい  健常者・障がい者、若い人・高齢者、外国の方等の区別がなく 誰でも普通に過ごせる社会にしていきたい 結果、私達の活動を通して地域活性化につながっていければよいかなと思っています。  ■ 結婚20周年妻の誕生日である9月28日をもって結婚20周年になりました。結婚当初は現在の私の状態など心の片隅にもありませんでしたし、結婚10周年に妻に何か贈ろうと思っていたのですが、寝たきりをプレゼントすることになってしまいました。 病気になってから夫らしい、父親らしいこともできておらず、父親代わりも妻がしており、結婚20周年をむかえられたのも、妻のおかげでとても感謝しています。 これからも家族皆で時を刻んで行こうと言うことで、皆で時計を買いました。  起業して5年、結婚20周年どちらも”あっという間”でした。これからも色々な困難なことがあり、個々に状況も違うと思いますが、私達の場合、現状を受け入れ無理をしないで10年・20年と続けていけたらと思っています。 (おまけ)かなりシュールで、5年前のものですが条件を入れると無作為に七夕の短冊を作ってくれるアプリケーションの結果を再度載せておきます。  ”捨てられませんように”というお願いを聞いてもらえたので、結婚20周年をむかえられたのかな~。 今後共よろしくお願い致します。 伊豆のバリアフリー旅行ならおまかせ!高齢者と障がい者の旅を応援します。「青いかば旅行社」http://aoikaba.main.jp/info@aoikaba.main.jpフェイスブックページhttp://www.facebook.com/aoikaba

      18
      テーマ:

プロフィール

伊豆のバリアフリーコンシェルジュ”はせきっず”

性別:
男性
誕生日:
1970年8月5日
血液型:
A型
お住まいの地域:
静岡県

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
170771 位
総合月間
276779 位
医療・介護関係
1005 位
日々のできごと
11479 位

ランキングトップへ

ブックマーク

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。