1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月28日(火)

も〜、その通り!!うちにもたくさん!!!

テーマ:ブログ

 私の友人の元市議のTさんがフェイスブックに書き込んだ書き込みとそれに対するコメントがあまりにも的確、納得のやりとりがあって、思わず転載させていただきました。

 

私の友人Tさん(元地方議員)

 最近、ある自治体議会の1期目のA議員が、そこの議会で「景観」という言葉を使ったのは自分が初めてだろう、というようなことを言ったり、6期目のB議員が、自分が市役所と長年議論し、他の自治体のケースを紹介したりして、道路植栽に地被類緑化を採り入れさせた、と言ったりしている。どちらの議員も、いま流行の某知事を支えるグループであるが、アホか?と思う。「景観行政」なんて、A議員が言うまでもなくもう何十年も前から散々議論されてきたテーマであり、その自治体の議会でも、過去に何度も採り上げられてきた。地被類緑化については、元々その自治体が先進自治体であり、B議員が初当選する以前は、他の自治体がお手本にするぐらいだった。不勉強にも程がある。

 

Tさんの友人Tさん(元地方議員、元議長)

 同感です。歴史を知らない議員にありがちです。だから新人議員の言動が軽く見られるのです。あの橋は私が架けたなんてよく言う議員がいます。わたしはアホですと言っているようなものです。

 

私の友人Tさん(元地方議員)

 1期目のA議員はまだいいのですが、B議員は間もなく6期満了で7期目に出ようとしている人、しかも、何度もトップ当選しているような人ですから、困ったものです。

 

Tさんの友人Tさん(元地方議員、元議長)

 いつもニコニコしているだけで、敵もいない人でしょう。つまり政治家の意味がわかっていない人、どこにも結構います。一番困るのがこの手の人、ワイパー議員です。あっち向いてホイ!こっち向いてホイの人ですから。

 

私の友人Tさん(元地方議員)

 なるほど「ワイパー議員」www
因みに、このB議員は、学生時代はホストでしたwww

 

私の友人Tさん(元地方議員)の友人のMさん(現役首長)

 不勉強でも採決で1票持つのが議員の恐ろしいところですね。
逆に優秀でも1票です。

 

私の友人Tさん(元地方議員)

 ほんと、そうですね。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年02月26日(日)

農業委員会同意人事(3)

テーマ:ブログ

 赤信号みんなで渡れば怖くない。

 

 公務員の悲しい性ってご存知ですか?

 

 自身で考えることをせず、類団模倣です。地方自治体の職員数を考える時など類似団体という言葉が出てきます。

 

類似団体のグループ分け

 全市区町村を指定都市、中核市、特例市、特別区、その他の一般市、町村に区分し、その他の一般市と町村は、人口と産業構造に応じ、一般市を16類型に、町村を15類型に区分しています。

 

 と言う分け方で考えるというものがあって、これらの自治体のもの(進捗の早い自治体の作業内容)を引っ張ってきて、類似団体の様子を適当なところまで調べて、模倣してしまうやり方です。

 

 「だいたい他の自治体もこんな感じです。」というのが実は議会への殺し文句みたいにもなっています。

 

 なので議会も議会なのです。それで了としちゃうのですから。

 

 横並び主義の典型。アホです。

 

 今、国は、自治体がそれぞれに創意工夫して下さいね。何をやるにしても、地域の実情ってものがあるのですから、そこを考慮して、しっかりその実態を反映させて下さいね。

 

 地方独特の実情を踏まえて、お手伝いしましょうね。と言う状況にも関わらず、未だに昔から変化できていないのが船橋市役所。

 

 地方は変わらなきゃいけないのに。

 

 さて、我が議会事務局調査係はすごいですね。調査依頼をしたら、すでに、調査済み。でした。

 

 下記のような項目についての調査内容をすぐに送ってもらえました。平成29年1月1日現在のものです。

 

 

 なるほどねえ~。中核市チェックをしてみると、私の疑問点がそのまま各市においても掲載されています。

 

 まあ、簡単にいうと裏付けも取らないまま?かどうか知りませんが、他市のやり方のいいとこ取りをしている感じです。

 

 果たしてそれでいいのか?ってことですが....。

 

 「あ~、疑問でもなんでも持ってくれ、赤信号みんなで渡れば怖くない。って感じだよ。」って聞こえてきそうです。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年02月26日(日)

豊洲を放置する愚

テーマ:ブログ

 先般、東京都中央卸売市場豊洲市場開場予定地の外周道路を走行しました。

 

 地方自治体の端っこにいるものとして、なんともやるせない気持ちになりました。

 

 と思っていたところに、お~、その通りと思う、YouTubeの番組を見つけました。

 

 ご覧ください。

 

 「報道特注(右)」テーマ① 豊洲問題(左をクリックしてご覧ください。)

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年02月25日(土)

堀りが足りないなあ〜

テーマ:ブログ

 「もっと深く掘って行きゃいいのに、堀が足りないなあ~」と言われました。

 

 あ~、私の情緒的決断による不甲斐なさをしっかりと指摘されたのでした。

 

 先般、私の尊敬する方からご連絡を頂戴し、楽しいひと時を過ごしました。

 

 私をウォッチしてくださっていたころのお話でした。

 

 どうも今はあまり興味を持ってくださっていないようです。(苦笑)

 

 あの頃、「いいとこまで突っ込んでいくのだけど、『えっ、そこでやめちゃう?』ってところで突然飽きちゃってやめちゃうんですよね。質問を。」と。

 

 そこを掘ればもっといろいろ出て来るのに。

 

 あ~、あの頃はまだ若かったんですよ。って話ですが、あの頃の「止めちゃう」が、結局は執行機関のためになっていなかったことに今、猛烈に気づかされていて、いまは「情け容赦なく」やるのですが、今度そうすると、別の方に「過激すぎませんか」と言われる始末。

 

 まさに別の日にこれまた尊敬する方にお会いし、旧交を温めたのですが、彼が酔うほどに「過激すぎませんか」「もっと穏やかに。」と。

 

 また昨晩は、議会とは関係ない会合である議員と同席だったのですが「最近やたら緩んでいませんか?」っていやいや、緩みすぎでしょう。だけどあんたも頑張んなきゃな!!と思いました。

 

 ということで、今回久しぶりに質問にたちまして、どこまで深く掘り下げられるか?

 

 頭の中では、論立てがぐるぐる、ごちゃごちゃしているのですが、整理していかないと思っています。

 

 主意通告を

 

1. 市政執行方針について
2. 新年度の予算について
3. 道路行政について(平成28年度船橋市包括外部監査結果報告書に基づいて)
4. 地方自治法に基づいた行政執行について
5. 議案第39号から議案第52号まで

 

 と5つもしていますが、まあ、全部はできないだろうなと思っています。

 

 最近別の方に指摘されたのは、話がだんだんずれて言って、「最初のあれはどこ行った」状態になることが多い。と。それに関しては、最初に登場の尊敬する方からも同趣旨の事を言われました。

 

 それに最近は「忘れる」と。現に、今、通告をコピペして、「地方自治法に基づいた行政執行について」ってなんだ?何を質問するんだっけ?と。忘れてしまいました。

 

 まあ一事が万事ですから、あまり期待できないですね。今回の質問。

 

 ただ、「新年度予算について」は何にでも使える「万能薬」みたいなものですから、ネタ切れしたら、思いつきでやっても時間は十分に使える程度の問題意識は常日頃から持っていますのでね。

 

 この登壇日までに「あれってどうなってましたっけ?」ってきかれた部課長さんは要注意です。このブログに書けば、用済みのものと、書かれなければ本番突入のものとそうでないものとが出て来るんだと思います。

 

 何れにしても思いつきがほとんどで、適当だからってある議員さんに言われちゃいましたから。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017年02月25日(土)

農業委員会同意人事(2)

テーマ:ブログ

 さてタイトルは変えても良いのですが、関係するのでそのままで。

 

 同意人事に関する資料の出し方と議会の審査方法についてです。

 

 今回私がここまで突っ込んで来る理由になったのは、資料の出し方です。

 

 同意するにあたって私は自身の同意採決態度を決めるにあたって、その審査に必要な情報が少なすぎて、審査できんと言うたら、法務課がダメだと言っていますと法務課に責任を押し付けるという、私が最も嫌う発言があったがためにキレたのです。

 

 課長レベルでやってんなよと思いますね。

 

 議会の同意を必要とする人事に関して全く根回しのできない市長なのですから、だったら資料をしっかり揃えろよってことです。

 

 副市長や教育長などの特別職と差別するなよと言いたいのです。

 

 はっきり書いておきますが、市長がどんなに根回しだと思ってしていても、受け手が「根回し」と受け止めないのは根回しではありません。

 

 もう一度書きますが、受け取る側が根回しと受け止めない限りは、

 

 根回しではありません。

 

 そもそもコミュニケーション能力のない職員、幹部職員が多いですから、「井の中の蛙大海を知らず」ですが、我が社の場合は、そのまま裸の王様になっちゃった。みたいな感じですかね(笑)。

 

 先般もある議員が言っていました。あくまでも僕じゃありませんよ。

 

 時間、日時、場所指定で呼びつけられた。

 

 タメ口をきかれた。

 

 「呼びつけられた」は非常に増えてきましたね。

 

 議会役職を無視された。

 

 (笑)。など枚挙にいとまがないとはこのことですが笑えますね。

 

 「俺は藤代市長のそばにいたからなんでもわかっている」発言が多いそうですが、少なくとも藤代市長は人事議案などの根回しが必要なものは「呼びつけず」控え室を回っていましたね。(笑)。

 

 僕は前にもこのブログに書きましたが、藤代市長は高校の先輩ですから、高校の関係の会合では完全に先輩ですし、そういう口調でした。それで結構です。完全上下関係がありますから。

 

 しかし、藤代市長は、市役所の仕事の中では私に対しては全て敬語を使ってくださっていました。

 

 ましてや、議会内の役職を持って接するときは特に。

 

 そこには政治家の矜持がしっかりとありました。それより何より、プライベートでも政治家の矜持というものをしっかりともっていらっしゃいました。

 

 僕がどんなにやんちゃを言おうがやろうが、そこは政治家の先輩としての対応でした。

 

 それは大橋市長もそうでした。国会を知る大橋市長は更なる対応だった記憶があります。

 

 で、僕にこぼしてた議員は、「『俺は政治家じゃない』って誰かに言ってたって話も聞きました。」って。(笑)。

 

 さらには、自分が議会より偉いと思っているところが大間違いですよね。って言われちゃいました。

 

 それ~、僕に言われても~。(笑)。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み