1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>
2017-01-11 18:34:38

この世界の片隅にを観て

Theme: ブログ
この世界の片隅にを見て


この世界の片隅にという作品は
ほたるの墓等と並ぶ歴史的な名作だと思います。

また、クラウドファンディングによる新しい映画制作の形を示しつつ、
参加者自身が誇りに思う様な域まで作品の質が及んでいて、単なるお金集めの手段として捉えられがちなクラウドファンディングの正しい在り方も示した素晴らしい作品となった様に思います。

作品の感想


戦時中の呉や広島に住む人々の生活の機微を詳らかに描くことで大局的な時勢や其処に生きていた人々の感情の呼吸が見事に表現されていました。

また、気がついたらそっとそばにいるような自然な佇まいで日常のちょっとした変化を変遷的に描いていて、またその塩梅が絶妙な加減で、様々な要素が見ている人間が気がつくか気がつかないかギリギリの範囲でたくさん散りばめられていました。
そういう静かな意図を随所に感じ取ることができるので、全ての意図を把握できてないのにも関わらず、まだ気づいていない気づきが確実にあると容易に予想できます。
また、見る側の生まれや境遇、ライフステージの段階、気持ちの揺らぎなんかからくる視座の違いで見えるものが違う作品だと感じました。
だから何度も通う人がいるのはとても良くわかります。


人間の生命力について

人間の生命力には2つの側面があると思います。

1つは意志の力。

負けてたまるか、とか
この子の為に今死ねない、とか
そういう強い意志によって輝く力。

もう1つは、それでも腹は空くという力。

作品の中に描かれている人々には身体的にも精神的にも不可逆な重荷がかせられて、あるべきものがなくなることで強烈に後悔したり、やり場のない感情から人に当たったり絶望したりするわけですが、

それでもお腹は、
色んなことそっちのけで空いて、
人はご飯を食べます。
お国の為にと昼夜問わず消えていた灯りが終戦の日の夜を照らして、
何も知らない子供が大人が決めた様々な38度線を気にもとめずに通り越していきます。

そういった有様自体に強い人間の生命力を感じました。

と同時に、強烈に思いました。


人がいつでも笑えることや思いやれる気持ちは
悪用してはいけないこと。

無邪気な子供の命に優先する正義なんかないこと。

笑う「しか」ないことに気づかない、または、それを利用するような政治や社会は要らないこと。

そんなことを思いました。

戦前の方に会うといつも自分の矮小さや人間としてのエネルギーの違いを感じます。
同じ様な感情が宙をまわっています。少しでも血肉化できる様にしたいです。

大切なものがたくさんつまってる映画です。
見てない方は時間があれば見てみてください。



AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-12-12 19:22:27

もしジョー終了

Theme: ブログ
まずはご来場いただいた方々、来れなくても応援していただいた方々、ありがとうございました。

今年1年を締めくくる素晴らしいライブになりました。


今年は上半期仕事でNYにおり、そんな中でも死ぬほど緻密にライブを作り上げてくれたもしクワ制作委員会や、活動を続けてくれたメンバーには感謝の言葉しかありません。

{19CA7A8C-BE9D-48DD-A2BB-870281927DF1}


ビークワイアがKAMIJOさんとやることに関しては賛否両論あります。色んな意見があります。

それはKAMIJOさん側から見ても同様かと思います。それ以上かも知れない。

でも、
第9とゴスペルの関係性を発見できるくらいKAMIJOさんの楽曲が好きな制作委員会がいて、
タイトなスケジュールの中でもレコーディングやリハをポジティブにやってくれたメンバーがいて、
また、屈指の技術力と明るいキャラクターで後押ししてくれたビーブル4がいて、
沢山のサポートをしてくれる方々がいて、
そういう当たり前じゃない積み重なりに色々な場面で感謝して、頭を下げ、ビークワイアの事を最高だとリスク承知で言い続けてくれたKAMIJOさんがいたわけです。

僕にはそれに応えない理由が見つかりませんでした。有難いし、期待に応えたいと思いました。

また、20年という長きに渡り一線で活躍するKAMIJOさんのファンの皆様は、KAMIJOさんのビジュアルに止まらない魅力をしっかり捉えていて、即物的ななにかよりももっと深い人間性の端緒にまで観察や愛着が及んでいて、それを知る事が出来たので、誠実にやれば大丈夫だと思いました。


とはいっても、制作委員会に注意されたり、メンバーに注意されたり、色々ありながら、ギリギリまでリーダーという立場でやらせてもらったというのが正直なところです。不勉強、無自覚を反省してます。


具体的な演目の話は沢山の方々が色々な話をしてくれているので書きませんが、少しだけ。



アンコールで歌った聖なる人は、
震災の日に最後まで避難を呼びかけてお亡くなりになった方を想って作られた曲です。
でも実際は、
亡くなられた方の親族の元にメディアが押し寄せて美談にしようとしたり、関心が去ったらまったくこなくなったりという話を聞いたりしました。
また、他にも、
同じ場所で亡くなられた方々がたくさんいる中で、たまたま避難を呼びかけていたことで注目されることに対するネガティヴな話があったりもしたそうです。

ボランティアの一環で、実際に現地に行ってみると、その亡くなられた方のいた建物は鉄骨だけ残されており、その高さは10数メーターもあり、またその場所からは海岸が見えず、家屋があったことを無機質なコンクリの基礎が伝えており、その景色を見るに、きっと亡くなるなんて思ってなかったんじゃないかなとか想像したりしました。

そういった、
色々な美談ではくくれない事実を知るなかで僕に残ったのは、申し訳ない気持ちと、この曲と長くつきあって、出来れば忘れてしまった沢山の誰かに1回1回真剣に歌おうということでした。







人は永遠には生きられません。
また、
今日は、今日という日は、
誰かが本当に生きたかった日です。

そう思うので、命の使い方をわかってると感じる人が好きです。


その点、
永遠をテーマに歌い、
リスクを承知で武道館に向かうKAMIJOさんは
命の使い方が粋だし、だから、カッコ良いです。


で、今回もそういう意味で、カッコよかった。




杖を渡してから長い時間が過ぎましたが、


昨日は、なかなかに幸せでした。

来ていただいた皆様ありがとうございました!




あ、第九にもすこーし盛り込まれてましたが、そろそろ鈴の音が聞こえる時期ですね。


{7E5CA9A4-7E67-4C51-9F15-79D2BE5D00C4}



次のライブはKITTEという巨大施設で、
クリスマスの日にお呼ばれしてフリーライブをします。
ツリーの点灯式がCHEMISTRYの堂珍さんだったからなあ笑。

何千人見るんだろう。笑


その次のライブは2/4キネマ倶楽部。

ライブはこんな感じでやります。
コラボなども織り交ぜつつ。



あと、近日中にびっくりな話があると思います。

長くなりました。
本当にありがとうございました。



AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
2016-07-28 19:54:38

今後のライブについて

Theme: ブログ
今後のライブの予定をお話しします。

<2016年Be Choirライブ予定 ※2016/7現在>

8月25日 売野雅勇氏作詞家35周年記念コンサート@中野サンプラザ 

〜ファーストアルバムで聖なる人、大和よという楽曲を書いていただいた売野雅勇氏の作詞家35周年ライブに参加させていただきます。一時代を彩った名曲の数々を一流のアーティストが歌いあげます。
同氏は大学の先輩でもあり、プロデューサーの元上司でもあります。リンクを見ていただいたらわかる通り錚々たる面々です。盛大なイベントです。
http://natalie.mu/music/news/186476

10月1日 ゴスペル@川崎Club Citta 

〜リンクを貼りましたが、僕の音楽キャリアはサフロファミリーという上智のインカレから始まりました。
生意気な話ではありますが、NYでご活躍されている打木氏のご協力によりHarlem地区で本場のgospelを経験させていただき、また東海岸最大のgospelフェスであるマグドナルドゴスペルフェストにも参加させていただき貴重な経験をさせていただきました。
その中で、学生時に感じたゴスペルとの違いや日本のゴスペル文化の在り方について一石投じたいと思い今回のイベント開催に至りました。
サフロファミリーもビークワイアもノンクリスチャンが歌うゴスペルです。僕はクリスチャンですが、そういった立ち位置で表現されるゴスペルを考えてもらうよい機会かと思いますし、対内的には同窓会の体もなしており日頃お会いできない世代間の交流を楽しみにしております。

また、スペシャルゲストとして今後ご紹介させていただく方もおり、楽しみが尽きません。

フライングで1人だけご紹介すると、本場ブロードウェイミュージカルのディレクターをされている
Stacy Penson氏が参加されます。
同氏は私のボイストレーナーであり、有名な所ではミュージカルRENTのミュージックディレクターでもあります。
毎週トレーニングを受けたり、日々やり取りをさせていただいてますが、来日を楽しみにしてくれています。
さらなる詳細情報は今後発信します。
以下は昨年の川崎クラブチッタでの映像です。ご参考まで。

Seasons of love
https://www.youtube.com/watch?v=C8G_rjPOqMk

And Yet
https://www.youtube.com/watch?v=767ENCiBpA0

Musics Original Song
https://www.youtube.com/watch?v=vscJNKosXvg

12月11日 MOSHIJO THE NEXT@東京キネマ俱楽部 

つい先日もRose Fesというフェス形式の誕生日会がキネマ倶楽部でありましたが、元々はもしクワという企画ライブから発展したイベントです。

以下は関連動画です。
Ai Shinozakiさん
http://youtu.be/amKMD1gKkyk

D-51さん
http://youtu.be/rsWnIgc27eY

KAMIJOさん
https://youtu.be/LLTMZH2Y-nw

第3回のもしクワは大盛況で沢山の方々から反響がありました。

KAMIJOさんはVersaillesというビジュアルロックバンドのボーカリストで来る8/7にバンド復活、最新DVDがオリコンTOP10入りを果たすなど凄まじい方ですが、昔から世界的に有名な方で欧米で爆発的に人気があります。僕らがアップした動画は瞬く間に世界中の方に拝聴されまして、色々な言語に翻訳されたり、シェアされたりと大変な事態になりました。kamijo, be choirとツイッターで検索すると様々な言語で数えきれないツイートが出てきます。

シンフォニックなサウンド、徹底的な世界観にクワイア音楽が重なり合い、ワンアンドオンリーなものになりました。創造性を失わずに1つ1つの演目の制度を高めてトータルのアウトプットを高めればそれこそ世界に通用するものになると信じてます。ぶれずに集中してやりたいと思っています。

今回は告知動画やヤフーニュースなどへの展開を見ていただければわかりますが、前回KAMIJOさんがひらめいたもしジョーを冠とし、さらにパワーアップ、驚天動地のライブを展開致します。


1月7日 イベント@東京キネマ俱楽部

今年は勝負の年です。メンバーにも1年でさらなる発展が見込めないようであれば辞めると話しました。関わる人にも有限な時間がありますし、学芸会をやる為に作った団体ではないわけで、6年目にしてようやく素直に気持ちをメンバーにも伝えれるようになって来ていると思います。


i tunes link
Listen to Be Choir on @AppleMusic

是非是非みなさん遊びに来てください!
{6FD17018-557C-4E0B-8360-354F0610DC5C}

{444E6BD4-1BC0-433E-8298-04FC3108CC6A}

{5CB51F2C-CA99-4751-B0EF-DAB3D6E6E736}

{EE200ADD-C154-43DA-B10A-E41C84D3BB0E}

{CBF5A04D-A4B3-4B41-B382-70B9B5165108}


AD
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
2016-03-22 12:03:05

活動報告3/22

Theme: ブログ
1. マクドナルドゴスペルフェスト

前回アメリカ東海岸最大のゴスペルフェスである、
マクドナルドゴスペルフェストの話をした。2万人ほどのオーディションに参加してきたが、その中からマクドナルドスーパークワイアに選ばれた。たぶん銀行員としては初だ笑。

先日リハーサルに行ってきた。50-60人くらいいたと思う。
2つびっくりしたことがあった。

1つ目は
4月にニックス戦の開会式で歌うこと。
2つ目は
当日一緒に歌うのがジェニファーホリディってこと。
ドリームガールズの人だ。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/615016/519177/72774900

日系の方が何人か、あとはアフリカンアメリカンの方々ばかりだった。歌は皆さん凄い上手い。どんな音がなるんだろう。
また、ディレクティングが素晴らしい。軽~くソプラノパートを男性のディレクターが歌う。思わず笑ってしまった。コーラスもその場で決めていたように思う。どうも自分でやると譜面読んで~みたいな、所謂歌力がない人が頼りがちな方法論になる。
いつも行くBethel教会のリハーサルでも、祈りから止まらなくなってずーっと歌い続けていることがあるが、文化や理性がそれをストップさせる、またそれが起こらないシーンを日本でたくさん見てきた。
型に頼らない場面も人間的で美しいわけで、そういうものを起こせるように精進したい。

lean on me
right on
を歌った。

それに加え、日本人として、こうへいくん、えみちゃんがソロで、TIAちゃん率いるomusubi sistersがグループで本線にでる。本当にpassionも技術もある方達なので良い結果がでてほしいなと思う。


2. アポロのアマチュアナイトの予選に出てきた。

朝6時から並ぶ


だべって過ごす。
途中、あかつさんに会う。笑
時間ないのに話してくれた。良い人。

なんか、終始感慨深かった。
あー、ここでマイケルがルーサーがレイチャールズがなんて考えながら過ごしていた。

同時に何人か馬鹿ウマがいて、
あー、こりゃ勝てねーやとなった。笑

たぶん受かってないな笑。

あと、日本人の方も沢山受けに来ていた。
特に若いダンサーの方々が素晴らしく、たぶん出演するんだろう。あの位の歳から張り詰めた緊張感を味わって技術を磨けるってのは素晴らしいなと思った。

たぶん僕も歌に真剣に取り組めているかのバロメーターとして、定期的に受けるんだろうアポロは大変刺激的だった。

3. カミジョーさん

アメリカに来て、修行しているその先になにを見てるかというと、もっと高い次元でアーティストやミュージシャンと関わることだ。

実はアポロは二重でテンションが上がっていた。
それは、もしクワでカミジョーさんとコラボした映像が上がってきてそれを見ながら待っていたからだ。

ロゼクロア
プレスト、サクリファイス
ラビアンローズ
スローン

許可の関係もあるからまだ皆さんにはお見せ出来ないし、わからない部分もあるけど、
素晴らしかった。

クワイアとカミジョーさんの世界の相性がやはり抜群でケリーサイモンさん、関谷さんを中心としたバックバンドの個性とクワイアのサウンディング、ステージングは間違いなく世の中に無いものが出来てる。

と同時に、ソロのカミジョーさんがどれだけ1人で輝きを放っていたのかがよく分かった。

立っているだけで存在を証明できる。魅了できる。
代わりがいない、そういう力がある。
で、恐らくこの存在感は長いキャリアの中で培われた部分も大きいはずだ。

こっちに来て出来るだけ人前に立っているが、色んな情報の中で、自分を保ちながら歌いきること、表現しきることはなかなかに難しい。強い気持ちがいるし、自分の事を十分に知らないといけない。

そんな中で、理想の世界観、音楽を追求するカミジョーさんはすごいなと思う。沢山ライブ見てるけどブレなさの点でこっちの人達と共通する強さがある。

上手いじゃなくて強いの方が位が高い世界で自分の矮小さを感じている。

トップランナーに共通しているのは、走り続けれること。上り坂だから険しい。だから価値がある。

また交わる機会があるはずなので、自分なりに追求して力をつければもっと楽しいことができるはずで、
そういうことを目指してモチベーションを高く保ちたいなと思う。

4. めいちゃん、てっちゃん、おめでとう。

クワイアメンバーの2人が結婚する。
何か達成することも大事だが、関わる人を大事にできるようにありたい。まだまだだが。
参加してるクワイアメンバーにお願いして歌ったyou've got a friend.
おめでとう。







週末は山籠りのつもりで曲書く。
メタルギアをやらないようにしないと。





5. 後ろめたい。

思えば沢山の人が僕に注意してくれた。
30くらいになったらある程度しっかりした人間になれると若い頃に思っていたが、そうではなかった。
未だに迷惑をかけている。

クワイアの練習にタクシーでいき現金がなくクレジットがなぜか使えずメンバーからお金借りたり、
仕事でミスり尻拭いを上司がしてくれたり、
リーダー不在の中で僕よりもしっかりした人が切り盛りしてくれたり、
所々、
終わってるな、俺、と思うことがある。

そんな時に強烈に思い出すシーンが2つあって、
2作目のアルバム制作時と結婚式の3次会。


どちらも、人に言えるほど自分の言動伴ってないのに
なにやってんだろう、俺は、と思う。

不可逆な人間関係が、自分に後ろめたさを常にもたせている。

実際、それらが僕の原動力かもしれない。
前までは、都合が悪い事は悪い事だったが、
今は全く逆転してしまった。
恵まれているんだと思う。
教会に行って祈るようになってさらに自分との対話も増えた。開き直りが1番良くない。心に負荷がかかって初めて人生なんだろう。

また、
馬鹿の責任としては、言ったビックマウスに対して求め続けることに最後まで諦めないことだろう。

彼らが期待してくれていた1番のことさへ忘れて、
小さいプライドの為に目標を小さくすることは、
はたらいた失礼以上に失望を生むくらいのことは
分かっている。これはしがらみではなく喜びなんだと思う。みんながみんな立てる場所じゃないからこそ大事に考えたい。

そんなことを思いながら、ポジティブに、やれる事をやりたい。
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
2016-03-07 01:39:21

活動報告3/6

Theme: ブログ
この前マクドナルドゴスペルフェストのソロオーディションは落ちたんだけど、マクドナルドスーパークワイアのメンバーに選ばれた。
オーディションにあたり打木さんをはじめStacy Pensonさん、Wendy Parrさん他色んな方にご指導いただき感謝したい。また友達のこうへいくんとえみちゃんがソロで、ティアちゃんがグループで選ばれたのは何万人も受ける中でのことだから本当に素晴らしいと思う。納得のいく演技をしてもらえることを願う。
このライブは5月7日にプルーデンシャルセンターという2万人以上入る会場で歌う一大イベントで、日本人クワイアでじょんやまりささんも来るよう。日本人クワイアは参加募集しているので是非。
また、何よりドニーマクラキンやヨランダアダムスと同じステージに立てたり観客の人数的にも楽しそうだ。来週からのリハは勉強として色々吸収したい。

3/19はアポロの予選。この前日本人のアポロ出場者とか優勝者が集まっていたたこ焼きパーティに行きエネルギーと知恵をいただいた。世の中すごい人がたくさんいるんだなと思い、ひたむきな感じにやられ、すごい良い人達でめちゃくちゃたのしかった。

この旅は、まるさん来るし、ソイルの元晴さんとか出会いに恵まれてる。

だけどさかいゆうさんの記事に頭ひっぱたかれた、気でいる。

実際継続的な音楽に運はあんまりなくて、どれだけ素晴らしいものを持ってるかで行ける距離が違ってくる。
誰とやりましたも何で勝ちましたも、はい、じゃあ歌ってみてくださいで微妙であればなんの役にも立たないし、今後もやって行けるわけない。音楽的に自立しないといけない。前回のアルバムも旭だよりの部分が大きかったし、自分の力がもっとあればもっと良くできたはず。じゃあ改善するほど練習してんのかと言われたらノーな自分がおり、ひいた。。あんなに苦労したことも喉元過ぎればで、馬鹿野郎である。

で、だ、
歌って弾けて作るを高いレベルでやるための努力は毎日やらないといけない。
練習もしないで曲も作んないでコネ作りみたいなのは間違っているし、僕は間違いなく後悔する。
適切な指導も練習していかないと意味ない。
だから刀を研がないといけない。毎日ぶっ倒れるくらい練習して、で、残りの時間で鑑賞やら人脈やら広げる作業もする。
順番を間違えたらいけない。変わらない歌を歌っていればそれまでだし、作る力も、演奏する力も毎日繰り返して初めて向上するからその時間を出来るだけとってアメリカ生活を過ごしたい。ゆうさん有難う。

幸いできないことを見つけてくれる人、新しいことを教えてくれる人がたくさんいるので練習を基本に頑張りたい。
いや、楽しんでいる時を増やしていくって感じか。
楽しめないようだと向いてない。

歌はAll we askっていうドニーの曲。

Hear our earnest prayer O Lord,
Hear our humble cry
Precious loving caring lord
On whom we rely
Ever loving, ever living God
Of whom no one can compare
All we ask is that you hear our prayer

Give us strength most Holy Lord
Strength to meet this day
Lead us by your Holy Word
Guide us in your way
For life is filled with winding turns
We have often lost our way
All we ask is that you lead today

Give us love that's true O Lord
Trusting as a child
Love for all we see O Lord
Pure and undefiled
But to heal the heart and not turn away
Anyone who is in need
All we ask is teach us love indeed

Take me home with you my lord
When my life is through
Take me home with peace my lord
Let me rest with you
When I've fought the fight
And I've kept the faith
And my race on earth is won
All I ask is that you say well done

Lord please let me hear you say well done


{E7C02D0A-E4DA-483B-8462-9395FE79246D}

{4D358BE3-EBEC-4846-BE55-A17691F5CD0C}

{86EF6B14-CC51-472E-AFAE-2B77B95FB8FF}

{50BC9D89-8793-46E3-916D-A0D9F41B189C}

{2F391469-34FA-4506-B485-B89126B2FBF5}

{FCA7B65A-8819-440E-BF6A-C3BCBDE9D472}

{45DDD653-E1FA-46F5-98E9-D729E2068272}




{42091CB3-EC4A-4A60-A959-39DEF8DCE312}

{083AA61D-B6E6-4B6A-910B-F7E9E5A8BFCF}

{1CC0F13C-67CB-475D-9583-D38AF43EEED5}

{AE2A4A90-3957-4834-BA4A-7B75F07D93D4}



いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
2016-02-14 19:43:22

活動報告2/14 バレンタインデーですね。

Theme: ブログ
NYに来て2ヶ月程たちました。

仕事にも徐々に慣れて、活動も本格化してきました。
どんどん行きます。

1.Kirk Franklinに会う

・Ray SidneyさんからKirk FranklinのキーボーディストのMyron Bulterさんに繋いでいただき、今会う調整をしている。LAだから反対側に行かないといけないので1週間ほど休みを取って行ってくる。もうちょい。ここから何をするかが大事だ。

2. ボイストレーニング
・今は打木さん、Stacy Pensonさん、Wendy Parrさんに習いながらいろんな角度から自分の歌と向き合っている。
・何を持って帰るかは、英語の歌をそれがしっかりわかる人にとって違和感なく歌えること、だ。

歌がうまい外国人決定戦で、すごい上手いのに日本語がうまくなくて残念みたいなことの反対バージョンが結構な日本人の英語の歌に起こっている。
特にStacyのレッスンはイマジネーションを損なわない形でそうは歌わないとかそこで区切るのはおかしいとかいうことを徹底的にやっていて、変化は如実に出てきている。今活躍されてるNao Yoshiokaさん始めブロードウェイ等で活躍する方も訪れている彼のレッスンは感覚の変化に気がつきやすく、3/19のアポロまでに少しでも獲得したい。最終的にクワイアのメンバーに還元できるように。




3.McDonald's gospel fest
{B9F9140F-6E9F-4FAF-8A00-4A8A2F7B3276:01}

・今週の木曜日に予選に行ってきた。
これを通過すると何万人とかいう人の前で歌う本線が5/7に待っている。

・予選にはサフロファミリー時代の友達が来てくれて、かつじょんが電撃参加して緊張感ありつつも楽しく歌えた。結果はまた伝える。結果と同じくらいプロセスと毎日の積み重ねが大事だと思うので、一回忘れて毎日練習したい。

・最後の七人くらいが半端じゃなくすごかった。
特にこの人。
まるで海にいるみたいに共鳴で包まれていて、ただで観れたことがおかしいとおもっていたら、
やっぱり。アマチュアナイトの優勝者だった。笑
出んなよ笑。

・さらに面白いことに、
僕が歌っている最中に特に反応の良い方がいて、それがこの人で、帰り際にわざわざ来てくれて名刺をくれた。

・次の日連絡し、レコーディングに参加してもらう。スピード感大事。
その他にもKenny Smithという方からクワイア参加の依頼が来たり、意外と収穫が多かった。
これで受かれば1番良いが神セブンみたいなやつなんとかしてほしい笑。

・徹底的にやられることは日本では少ない。あんまり戦わないし。はっきりしている歌を歌える人が多いから現状認識はよりクリアになる。そういうことより好奇心が先行していることが分かるからまだやれると思うわけで、環境に感謝しないとなと思う。

・3/19はアポロだ。またベストを尽くそう。


4.Bethel Gospel Assembly

・毎週2回リハ含めて参加させていただいている。
アジア人1人、人間力、営業力試されるなか、Hiroという名前が活路を見出した。有名な安いサンドイッチの名前なのだ笑。所謂サンドイッチマン笑。

長年聞いてきたHave your wayを歌ったのは感動した。



・みな、祈る。悩みや戦いを告白した誰かのために、また自分のために。
毎週2回そういう時間があり、自分なりに自分を考える時間がある。
思えば、良くやれている。大学からなんとなく初めて、仕事やりながらも色んな人の力を借りてやってきた。
また、左官屋と銀行員の息子だ。田舎が嫌いだった。
でも今は風呂場で歌っていた父親のように楽しく歌えたらと思っている。技術も感情をまとわなければただの飾りだ。 
自分なんか無価値が信条なんだ。価値がないから人より頑張らないといけないし、逆に気張らなくて良い。わかったことを1つずつ、あやふやにしてきたことをある意味1からやる、身体が動く感謝、妻や仲間、家族がいることへの感謝、そんなことが巡る。

・聖書は全体の概要本を読んで、勉強会でマタイあたりを勉強している。キリスト奇跡起こしすぎ。12人の弟子の中にユダって名前のやつ2人いるんだ。セイントお兄さんがさらに楽しく読める。

5.人の縁
・自分からアプローチをかけると決めて広げてきた。
今の所色んな方の協力により、上記の他に
グラミー賞を取られているDavid Matthewsさんと奥様,キングの本田さん。
{06AE8BB4-09CE-43A4-9FF6-30664222DB42:01}

バックコーラスの女神達で有名なLisa Fischer
マジでなんでもできる。

{39C1732A-581C-4934-A415-AEFAAF60F0E0:01}

Zingくん
アルバムかっこ良かった。
{F88191A1-D185-41C4-B477-725C84D75F64:01}

教会でディレクションを習っているBobby
サフロ時代のじゃがさん、ゆみさん
みなちゃん、ジェローム

20時間のフライトお疲れ様でした。
{0A525FB7-8F40-4229-B9E1-614FDC58F2CC:01}

Sound of Blackness のGary Dennis Hines
(マリサさん、有難う!)

なんといっても、じょん!
{EAF46F10-5518-4A9D-9C09-4D4608E4218B:01}

・じょんは、大学時代はあまり仲良くなかったんだが、互いに音楽への諦めが悪く笑、また仕事をしながらの境遇など色々重なり、仲良くなった。
マクドナルドのコンペに日本から来るとかなかなか出来ない。そういうフットワークの軽さ含めて好きだ。朝の5時くらいまで話をして凄い体調が悪くなった。笑

・良く駐在は環境良くて良いよね、団体のリーダーとかすごいね、なんていわれる。確かに。なかなか5.60万するとこに住めたりしないし、今回の機会感謝している。
ただ、まあ、捉え方をネガティヴにすれば、仕事でも音楽でも負けっぱなしだ。
でもやめないで工夫してきた。でもまだ足らないと今日昨日も言われて、それでまた仮説をたてて取り組むわけだ。それの繰り返し。

やっぱり負けてからなんだと思う。それも所々大敗があると良い。中途半端だとずるずる現状維持で行きやすいから。
完膚なきまでに負けると本当に好きかどうかわかる。互いにたくさん負けた。たぶん優しくなった。
また負けるだろう。それでまた机やマイクロフォンの前に立つんだろう。
また会おう、じょん。

6.Yoshikiさんに会う。
・色々な方にお力いただいているが今の所難しい。
かなり難攻不落。ただ、また狙い方をかんがえる。

7.会いたい人追加
・MIYAVIに会いたい。世界に羽ばたくサムライギターリスト。
・小林尊に会いたい。ホットドッグ食べている隣で大人数でゴスペル歌いたい。
・オノヨーコに会いたい。

8.会う予定の人
⑴KAMIJOさんのアメリカファン
・もしクワ、改めてもしジョー(知らない人はネットでチェック)以降やたらファンから連絡がくる。主にブラジルのみなさーん!、と、アメリカのみなさーん!から。笑
・内容は、もしクワの動画を出してくれって話と、お前は誰だという話。笑
・動画に関しては期待しておいてくれて構わないと思う。KAMIJOさんとの関わりはまだなんとも言わない。
言えない。言わない笑。
・にしてもKAMIJOさんの海外人気の高さを感じる。失礼ないようにしか考えてない。

⑵まるさん
・最近はレント等でソロを歌われたりミュージカルにも参加されているスーパーシンガー。またミュージカルでられるようなんで是非チェーック!
・子分みたいな立ち位置の人間としてはお伴して、色々まわる。なんか久しぶりな気がする。駐在でいる喜びの一つだ。
・ミシェル、クエストラブ、キンキーブーツ、チャカカーン、ビレッジアンダーグラウンドのジャムセッションあたりを軸に楽しみたいし、楽しんでもらいたい。
{8F0E5EE6-9DBA-4C76-ADC4-1FEDA0DCD325:01}

{1B93CA44-7138-4DC6-97AD-D85084F93F8D:01}

{9E5154D0-A684-4C5D-8711-2BE47EE835F7:01}

じょんのお土産、大量のラーメン
{467A70CD-C6F3-4891-87BC-D84BCFA2A7DF:01}

じゃが、ゆみさんのお土産
{41422E67-B4CE-42CF-83D1-D96EF7BB4B11:01}

9.金融も頑張ってるよ。
・プロファイをやってる。ラテンアメリカ担当。
・仕事以外で金融の大物に会う企画を勝手に建てている。
・Citi BankねDirectorのPeter Blair Henry氏のパーティに参加できそうなんで日本法人の買収やアメリカにおける政策等、利上げや世界情勢に対する捉え方と対策辺りを軸に聞いてみたいと思う。
・FRBの総裁とか会えねーかな笑。さすがに無理か?笑。

なげー。
細切れに使えば1週間くらい更新できるな。
次からそうしよう。笑



いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
2016-01-27 23:05:27

Lisa Fischer

Theme: ブログ


Last Friday night, when it was snowing, I decided to go to Blue Note with my voice trainer, Wendy Parr and her friends to watch Lisa Fischer's concert.
I didn't know anything about Lisa Fischer's singing style but I gave it a shot anyway. The line was so long because she's famous, but I didn't mind since I was interested in seeing her perform. When she started singing, I was really shocked by the quality of her voice. She can sing high notes really well. Her voice blew me away. 
It's really amazing that she can sing various genres really well. 
It was the first time ever in my life to witness such a performance.
It really felt like it was the happiest moment of my life because I got to see her perform live.

Her stage presence is amazing. She really can make you feel what she wants you to feel. If she's singing a sad song, you'll feel sad. If she's singing a love song, a wave of nostalgia will sweep over you.
The concert ended at midnight but before I went outside the Blue Note, I said "hi" and told her how great she was. She didn't utter any words to show her gratitude but she gestured saying "thank you". And that was everything.
When I went home, I tweeted about her concert and how great she was. I almost fell out of my seat when I received a notification that she had replied. I looked at it twice to make sure that it's real.
This is one of the most memorable days of my life.

{AE9B4CFB-28CB-4146-AC3B-B389576762B2:01}

{CAA5A1C5-30A7-4094-86A5-A5454ED2D5C7:01}

My teacher is on Japanese TV show.





{9A743BCB-C9A2-4025-B398-CBADB7582753:01}


いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
2016-01-19 14:02:06

David Matthews

Theme: ブログ
昨日よくわからないことが起きた。

キングレコードの本田さんと、David Matthewsと飲んでいた。
この人がいた。

https://en.m.wikipedia.org/wiki/David_Matthews_(keyboardist)

デビッド・マシューズ David Matthews
[ Leader / Arrange / Cond. / Pf ]

 1942年ケンタッキー州出身。58~60年ルイ・ビル・ミュージック・アカデミーでフレンチ・ホーン、作曲を専攻。60~64年シンシナティ音楽院にも学ぶ。さらにイーストマン音楽院を経て、70~73年ジェームス・ブラウン・バンドでのアレンジャーの仕事が彼の音楽活動の第一歩となり、後の編曲スタイルを形成した。74年からNYの「ファイブ・スポット」に自己のバンドで出演。75年、自己のビッグバンドで初リーダー作を録音し、76年以降は、CTI/Kuduで作編曲者として重要な存在となり、リーダー作も録音する。

 その後、ジョージ・ベンソンの『グッド・キング・バッド』でグラミー賞を獲得後、フランク・シナトラ、ポール・マッカートニー、ポール・サイモン、ビリー・ジョエル等のアレンジャーを担当し、グラミー賞、プラチナ・ディスクなど多数受賞。ジャズ、フュージョン、ポップスと幅広い名アレンジでアメリカ音楽界での地位を確立した。

 日本においては78年からエレクトリックバード、パドルホイール両レーベルへの作品を手掛けるようになる。フュージョン、ストレート・アヘッド・ジャズと共に数々の大ヒットをとばして日本での知名度を高め、84年結成の「マンハッタン・ジャズ・クインテット(MJQ)」の大ヒットを経て、彼の地位は不動のものとなる。

 89年には「マンハッタン・ジャズ・オーケストラ(MJO)を結成。96年からはTV番組「名曲物語」にレギュラー出演。「ベッド・タイム・アイズ」、「ISOLA」で映画音楽を担当。2004年には、人気アニメーション「レジェンズ」の音楽を担当し、国内のみならず、海外でも好評を博している。

 また、NHKの人気テレビ番組「英語でしゃべらナイト」に5回出演し、"マーチャン"として親しまれている。

 大の親日家で、来日数は70回を超える。NYのベルリッツで習っていた日本語は本格的。会話はもちろん、ひらがな、カタカナの読み書きもできる。"熱燗"と"あじのたたき"が大好物で、新宿の"思い出横丁"の常連でもある。

 趣味はセイリングで、ロング・アイランドのモントークの別荘には、31フィートのセイリング・ボートを所有し、遠くはフロリダまで航海を楽しんでいる。彼のキャプテンハットはトレードマークである。

みたいな。

彼のキャリアはえげつなくて、
最初がJames Brown、その後にNina Simone等に携わり、グラミー賞も受賞している。
ジョージベンソンとか死ぬほど聞いてきたし。
いんひょく君へ土産ができたな。早くこーい笑。


今彼はアルバムレコーディングで来ている。キングレコードのビークワイアを担当していただいた本田さんが彼を担当している。やはり別格とのことだ。

Angel's Shareというバーテンダーの世界チャンピオンが開いた隠れ家的バーで飲んだ。
初めてレコーディングをした場所がこの店から近くて、そこは今バーになっちゃってるんだけど、そこでジョンコルトルーンとかとやったんだとか色々教えてくれている。73歳?とかなのに気持ちが若い。

すごい優しい方でした。

八戸に住んでいて、日本をとっても愛している方。

余談だが、
実家のアパートの1つ、オレンジ荘を一棟借りて所有のクルージングを楽しんでくれるとのことで笑(実現したら大変だ。オレンジ荘世界標準にしないと笑。)
6月に実家で採れた枇杷も送りつつ、
明日になるかな、レコーディングお邪魔してきます。

{BE805450-C564-4AFA-BE3E-9307A556EC03:01}

{76665950-7471-472B-8294-10122C825D2E:01}

この場所が彼が初めてのキャリアを積んだレコーディングスタジオ跡地。隣がバーになっていて、バーの方に
当時ここがスタジオであったことを確認したり、ジョンコルトルーンとかジェームスブラウンがきていたんだとか話していた。懐かしそうだった。ご年齢の関係もあり、足が少し悪いようではあったが飾らない性格が魅力的だった。
{F9CC3A91-CD2C-4A33-B6CD-4A203E4FA8D4:01}
Angel's Share


その後はキングレコードの本田さんと深夜パトロールと題してCieloへ。


音響が良く、質の高いハウスミュージックが店舗を満たしていた。こっちはかなりハウスミュージックが人気だ。意外と客の入りや盛り上がり具合が、ここがベストか?みたいな感じだったが、サウンドは凄くよかった。1時間弱、早々と切り上げて家路へ。

昨日はマイナス6度で
かつ僕はなぜかロッカーでグラミー賞とった方のDavid Matthewsを想定し、People get readyを練習しながら1時間くらい家から歩いていったわけだが、別の意味で驚いた。笑

今週はクワイアリハ、ボイトレ、ジムトレ、ビークワイアの方のスカイプミーティングと色々あるため、うまく調整しつつ、レコーディングに参加したい。
{000415EF-F93B-4B0C-8B27-4C36ECE36C7D:01}


{5A57F3B9-78DC-405C-A636-F348B48FEB81:01}

{797286EB-CD19-42E2-A18B-0B945D5E88F6:01}

{03E86694-4D08-4BEC-A08D-31F0E0CA8A79:01}

{EA145323-A8B1-4CC5-B031-29B30160ACD3:01}

後はざっと

{7FE80238-6C32-4A31-92E9-BB752F965F8D:01}
居酒屋有吉。絶対狙ってるな。
{1C01E0D0-C6AD-4537-B0FA-F64E95816BEF:01}

ユニクロ。


完。
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
2016-01-18 01:33:46

言語と文化

Theme: ブログ
If you talk to a man in language he understands, that goes to his head.
If you talk to him in his language, that goes to his heart. 

僕が聖書を勉強してる理由です。
僕が通う教会には歌をもっと黒人のように歌いたくてくる方がたくさんいるそうです。
でも大抵は一回来てもう2度と来ない。
たぶん彼らの大半の思考は、
話が長くて歌っているところが少ないし飽きる、みたいな考えかと思います。

僕は働いていて良かったと思う財産の1つに、
1日でわかることなど本当に限られているということがわかったことがあります。

その文化や人的な関わりにどっぷりつかってみて初めて見えてくるものがあります。
特に歌は人の機微や纏っている空気を察して相手がわかるように表現する必要があるわけですから、
まずはそのコミュニティに染まるくらいやってみないとまず色すらつかないし、本当の意味では繋がれません。

僕はマクドナルドゴスペルコンペティションで
I won't complain という曲を歌います。多くの方が歌う曲なんですが、
レッスン中に、
これをつくったPaul Jonesのことを知らずに歌っているという指摘を受けました。

 歌と歌詞はこんな感じですが、 

https://www.facebook.com/masahiro.hasegawa.73/videos/vb.100001827263497/935640679840165/?type=2&theater

なんとなく、水も甘いも全てを経験した人が書いているようにおもっていました。
でも彼は30歳でなくなっています。
曲の印象がそれだけでだいぶ変わります。
また、彼は10代から教会の中心としてその短い活躍の中で小さな教会を数千人規模にしました。
そして死してなおこの歌が沢山の方の胸を打ち、コンペティションで沢山歌われるくらいになってます。

1番問題なのは、僕が知らないことを僕を評価する人が当たり前に知っているということです。

その一見取るに足らなそうなことが大きな違いを生み出すことを知らないほど僕も若くはありませんが、それでも気がつかないことがあり、だから姿勢としては学び続ける必要がある、言語はきっとそういうものです。

今日も教会に行ってました。
文化の理解が歌に厚みを持たせてくれると信じてます。
いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
2016-01-10 11:17:08

活動報告1

Theme: ブログ
NYに来て2週間ほどが経った。

今回の旅は明確に目的が決まっている為自分の行動が明確で良い。旅の目的は前回、前々回の記事を読んでもらえたらと思う。

まず、教会から。
こちらで打木さんという素晴らしい方にお会いした。
ヨランダアダムスの日本公演のプロモートやアポロにも関わりが深い方で、なによりゴスペルを愛している方だ。

2月にマクドナルドゴスペルコンペティションとアポロのアマチュアナイトがあるが、その予選に参加させて貰える機会をいただけたのもこの方のお陰だ。
今は歌を審査員的な目線も踏まえ教えていただいている。この話は後でするとして、

その方の導きもありBethel Gospel Assemblyという教会に毎週いっている。
行った初日にゴスペルを通じた人の交わりに感動し、当面の間の勉強の場としようと思っている。
ディレクターの立場にいながら聖書やゴスペルの勉強が不十分だと感じていたので、精神性や文化的な背景もしっかり勉強して、ゴスペルを歌うバックグラウンドを持てればと思う。今週からリハに参加する。



また、カークフランクリンに会いに行くために
だいたい毎日手紙を可能性がある人に送ってる。
でも、1番可能性があるのがクワイアメンバーにいた。
知り合いがカークのブランチのキーボードの方だった。笑
早く言ってよ笑。
LAに行かないといけない。

関係性はだいたい自分から作ってる。
意思を繰り返し伝えれば大抵できる。
そういう意味では努力より勇気の方が大事だ。
努力は時に逃げに使われる。
掴みたいものがあって距離や方向を定めるには正解に飛び込んで一回試すのが1番良い。過去問先に解いてボロクソでも何が足りないかはわかる。
何かができるようになってからでは遅い。

団体背負ってきてる。簡単に負けるわけいかないし、
トライの数、手数は負けないようにしたい。
それがメンバーへの義務だと自覚してやっている。

結局俺が舐められる対象になるとだめだ。
ただトライすること、願わくば結果を出して形にできればまた色んな関係性が変わる。
だからその為に努力するし勇気を出して関係ない人をできるだけ関係者にしていく。




制作のインフラは整えた。
{7E5CF8F8-ED72-43C7-93B3-E4E89C098349:01}

小林賢太郎の本をそばにおいて
{4407E59D-8605-47E0-A1EB-A7EABB754126:01}

続ける。言うほど簡単じゃないのは前のアルバムで知ってる。でもまだまだできる。それは自覚してる。
自分の頭の中はまだ少ししか使えてないと思ってる。
しのごの言う前に作って、出し続ける。それだけできれば良い。制作はシンプルに。一生に1アルバムしか出せないような、つまんないと自ら言ってるようなことはやらない。オリジナル作ってなんぼ。




年末年始は
Chris BottiのライブとかジャージーボーイズとかタイムズスクエアにとかSOHOとかいったりしていた。
{A0C14A58-D6AD-43DF-A96B-DF2F75CFAF6A:01}

{5C20A558-F995-4E22-A79E-61DFD9ABBBA4:01}

{2F2E0B0F-F66D-4CE2-BF17-EE01C1032691:01}

{59869175-6437-41E4-AC23-9F921EF82160:01}

{B48F4A55-17E0-41DE-8503-600860D811EE:01}



ブルーノートは今月maceo parckerスペルあってたかな笑、3月上原ひろみに行く。人前で歌う訓練で月はビレッジアンダーグラウンド、気が向いたら火も。昨日も行ってきた。この前だいぶうけて覚えてくれてる人がいて嬉しかった。化け物みたいなやつから盗めるだけ盗む。



制作は毎日のこととして、

マクドナルドゴスペルコンペティションとアポロのアマチュアナイトがある。

久しぶりに一曲をどう歌うかに向き合っているきがする。
NYは乾燥するから湿度に気をつける。
あと、
僕はまだまだ身体をうまく使えてない。身体を鳴らそうとしてなかった。
上手い人は身体を鳴らして力を使わないで歌う。特にハイノートの力の入り方が決定的に違う。身体を鳴らしているから無理に持ち上げなくて良い。身体がなって音の流れが出来てるから少し動かしてやるだけでもかなり自由に細かく動かせる。声帯は適度に緩んでるから波形もベタ塗りにならず質感が聴きやすい。今のところの正解かなと思う。
また、曲の文脈を理解してボリュームや質感をコントロールできる。

コンペティションは通過できるかどうかはわからない。そんな甘くはない。だけど自分と対話して気づきを少しでも得たい。
柄にもなく緊張したりするのはきっと自分を大事に思っているからで、それはそれで悪くない。
自分ができることをやりたい。まだまだあるはず。
今声のことや歌のことを真剣に考えられることに感謝して準備したい。久しぶりに話しかけていただけましたねって感じで身体が少しだけ話を聞いてくれている。忙しく歌以外のことをやってきて、依存先が増えたから、なかなか倒れなくなったのは粘ってやってきた1つの財産として、これで歌が1番うまくなれば1番良い。

誰かに自分の大事なものをゆだねて、その人に否定されて大事なものを手放すなら、元から大事じゃなかったんだと思う。だからマネタイズにしろ営業にしろやってきたわけで、今足りないのは歌。音楽作る力。
自分に集中。長い目で見て積み重ねられることを今から少しずつ。あとはなるようにしかならない。


気持ちは畑を耕すように。
大きな変化は毎日の小さな積み重ねと気づきから。
柔らかいものを触るように小さく、それを響かせて大きく。


いいね!した人  |  Comments(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。