モンテッソーリで数を数える

うちの長男は1から10まで数字を数えることはできます。
でも量として理解しているかというと、ちょっと不安。

そこでこれの登場。
アメリカのとあるモンテッソーリ教材専門ネットショップで購入しました。
Numeral and Countersというような名前の教材です。

$ニューヨーク・ママの幼児教育が知りたい!

1から10までの数字の切り抜きと、丸いドット。
箱も数字もドットも、全て木製です。

まずは私がやってみせました。
それも途中まで。
長男が「ぼくがやる~」とやらせてくれません。

で、6からは彼がやります。

$ニューヨーク・ママの幼児教育が知りたい!

んー、思ったより難しいみたい。

単に一列にドットを並べるのでなく、二つずつ並べると奇数と偶数がはっきりわかります。
本来はそれが目的みたいです。
以下の動画を見るとよくわかります。



ちょっとつまづいた長男。

気を取り直してもう一度トライ。
2まで私がやり、後はまかせます。

で、振り返ればこんなことに・・・

$ニューヨーク・ママの幼児教育が知りたい!

これ以前にやることがあるようで。



AD