2005-08-14 01:35:08

「見込みのある」成績の取りかた

テーマ:入試突破法

大器晩成 (http://www.fg-a.com)


高校時代、僕は学年で二番目に成績が良かったです。理由は知りませんが、一番成績が良かった生徒はハーバードを受けませんでした(決して脅したりしてません)。もし受けていたら僕の合格は危なかったと思います。僕の高校はとても小さく、一学年120人しか生徒がいませんでした。ハーバードとしては、そんな小さな高校から二人も受け入れるのはなるべく避けたいものでしょう。


もちろん僕が「特別」な生徒だったら話は別だったかもしれません。例えば、僕が黒人、ヒスパニック、又は先住アメリカ人(インディアン)でしたら成績一位、二位でなくても合格できる自信はあったでしょう。公平不公平は別として、様々な環境で育った生徒をキャンパスへ集めるのもハーバード入試審査員の一課題ですから。


でも僕もこのブログを読んでくださっている皆様も、勤勉、優秀であるべき東洋人として評価されます。ですから成績はかなり厳しく見られるでしょう。


しかし、だからといって現時点で成績があまりパッとしていない志望者は諦めるべきだとは言い切れません。正直実例は知りませんが、「見込みのある」成績の取りかたをすれば、合格の可能性が出てくると読んだことがあります。例えば、高校一年目はB、二年目はA-、そして三年目はA+という成績表を提出すれば審査員が、「こいつは高校二年目で目覚めたな。将来が期待できそうだ。」と思うかもしれないということです。


勤勉、優秀な東洋人といえど、所詮高校生なのです。童貞捨てることで頭いっぱいで、勉強なんか手につかない思春期なのです。ですから多少の過去の過ちは許してくれるかもしれません。最終的に審査員が求めているのはこれから伸びていく可能性なのですから。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

harvardさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

7 ■無題

まじめに考え、情報を得たいのであれば初歩的な質問もいいのではありませんか?インターネットのおかげで、ちいさな島国から世界のトップの空気を吸うことが出来るのですから。教育には時間がかかる、かけなくてはいけません。たとえ初歩的な質問でもこのharvardさんは案内の出来る方のようですが。

6 ■もっと上質な質問を

皆さんの質問は余りにも初歩でharvardさんの持ち味が引き出せません。
Harvardを目指すならもっと具体的、実践的なことを質問すべし!

例えば、Harvardの授業はTeaching Assistantのものが多いのか?などなど。

5 ■無題

アルク社が森田さんという方をリーダーとしてBlogを始めました。その名も「東大よりHarvardへ行こう」です。内容はharvad
さんのこのBlogのほうがいいような気がします。
これからアメリカの名門大学を目指す人のガイドとしては私の「留学名人」とharvardさんのこのBlogに加えアルク社のBlogもあり3つあることになりますね。

4 ■ヤッホーー!

harvardさんお元気ですか?ブログの更新まっています!質問があります。Harvard CollegeとHarvard Universityはどう違うのですか?それとも同じですか?奨学金のことも書いてください!まっています!!

3 ■無題

私も質問ですが、
ハーバード大学には「学部学科」という概念はないのでしょうか?
調べてみたら、「~専攻」と表現されてる事が多いのですが、何を専攻するかは、入試段階から厳密に決められてるのでしょうか?

2 ■無題

こんにちは、質問させてもらいたいのですが、ここでかまいませんか?


私は高校二年生♂です。日本の大学に進学する気があまりなく、海外の大学に興味があります。そこで質問です。

「これくらいのことをしていればハーバードは入学を許可するだろう」といった合格基準のようなものを、ある程度でかまいませんのでご存知でしょうか?もしご存知であれば、私のケースをみてもらえませんか?「これは入れる見込みがない」のような否定的な基準でもかまいません。


もしよろしければ、メールをいただけると幸いです。take_me_home_0806@hotmail.comによろしくお願いします。

1 ■個性

ハーバードさんの記事をみていて、いつも思う事があります。それは、うまくは言えないのですが、個性をのばす勉強の仕方!?みたいな物なんじゃないかな?と思います。
<br><BR>
私は日本での教育は高校2年生までうけました。それからずいぶんたつので、最近はどうなのかよくわかりませんが、小さい頃から日本では列にならんだり、班を作ってグループ行動をしたり、美術の時間もみんな同じ物を作るように課題があったり、なにかしら、他からはみ出ないように気をつけながら教育されてきたような気がします。
<br><BR>
受験もこの大学へ行くためにはこの高校といったような偏りがずっとあったようなきがします。<br><br>
でもそういう環境もあって、日本人ならではの勤勉で優秀だという言われみたいなものがあるのかもしれませんが。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。