Words of thanks 3

テーマ:

拍手お礼文入れ替えのため、今までのお礼文にやっしぃを少々加えて、味を整えてみました〜チュー

タイトルに「3」とありますが、今のところ「1」と「2」はありません。
後ほど体裁を整えますので、暫しお待ちを〜
ヽ(;´Д`)ノ





||:||*||:||*||:||*||:||*||:||*||



最上さんはわかってない

その透き通るような白い肌
くりっとして潤んだ大きな瞳
甘い香り漂う栗色の髪
誰にでも礼儀正しい姿は老若男女問わず高い好感度を得ていて、年配の大御所俳優からは『息子の嫁に』とそこかしこから声が掛かるし
若い俳優やタレント達はそのキュートな笑顔と家庭的なところから『本命にしたい』と評判だっていうのに
それなのに君は、そんな噂もアプローチもすべて冗談や社交辞令と思い込んで、笑顔で躱すんだ
自分がどれだけ世間の男たちにとって魅力的か全然わかってない
おかげで俺は日々増産される馬の骨に気が気じゃないっていうのに
そのくせ俺には『タラシ』だの『コマシ』だの…
その蕩けるようなハニースマイルも、薄くて華奢なその肩を抱き寄せる権利も、すべて俺だけが独占したいのに
倖せになる資格なんてないって思っていた俺に愛を、希望を、未来をくれたのは君なのに

ねぇ気づいて?
俺が甘い声で囁く相手は君だけなんだよ?


☆☆

敦賀さんはわかってない

その神様が丁寧に丁寧に造りあげた美しいかんばせ
ストイックに作り上げた彫刻のような肉体
甘く響く低い声
『抱かれたい男ナンバー1』『芸能界イチいい男』の称号を欲しいままにして、その上誰にでも平等に優しく接するから、若いアイドルやタレントさんから大物女優まで、あらゆる年代の女性たちを魅了して
共演した女優さんを片っ端から本気で惚れさせて… 
それなのにあなたは、どんな綺麗な女性からのお誘いも見えない壁の向こうでサラリと躱すの
ナチュラルに『タラシ』で『コマシ』なんてホント油断ならない
その大きくて広い胸も、長くて力強い腕と爽やかな香りに包まれる心地よさを知ってしまったのに
もう恋に夢中になるような愚か者にはならないと誓ったのに

お願いですから気づかないで?
私がお食事の心配をするのも、演技を傍で見ていたいのも
あなただけだってことを…


☆☆

あの二人はわかってない

風に靡く髪を抑えながら夏の空を眩しそうに見上げる彼女を、太陽よりも眩しそうに見つめるアイツの焦がれるような眼差し。

演技派と呼ばれ、スタイルも抜群な人気女優と肩を並べて歩くアイツを遠くから切なそうに見つめる彼女の視線。

それが自分に向けられているなんて、夢にも思っていない。

抜けるような青空と大きな入道雲の下、吹き抜けた一筋の風に釣られるように振り返る
その瞬間、視線が絡まった。

俺は息を飲んだ。


二人は
気付いたんだ


その瞳の中にあるお互いの持つ熱に





web拍手 by FC2



AD