1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2013-05-22 00:27:52

Ustream高画質配信(追記)

テーマ:大学・研究
2年半程前,FME(Flash Media Live Encoder)経由でのUstream配信のやり方 を記事にしましたが,先日またもとある勉強会でUst配信をしようとしたところ,大幅に仕様が変わっていたので,メモがてらの追記.


前半は基本的に変わらないけど,後半は結構変わってきます.
変わった所だけ列挙.


・FME設定ファイルダウンロード

ダッシュボード→番組設定→(配信する番組名)→リモート
に「この番組のFlash Media Encoder XMLファイルをダウンロード」というのがあるので,ソコから取得.
はるのメモ
これをFMEに読み込ませて,画質・音質などを調整して配信する.
以前の記事では「これだけではダメで,配信そのものは出来ていなぃ.」と書いていたが,現仕様ではStartを押してサーバへ流し始めた時点で配信もされているので注意.
OutputVideoをPreviewして確認しつつ流しましょう.
回線に余裕があるなら別端末で視聴しつつ流すと安心.

じゃあ,今まであった録画とかはどうしたら?というのが↓

・コンソールウィンドウ

FME設定用XMLファイルの場所同様,
ダッシュボード→番組設定→(配信する番組名)→リモート
に「リモートコンソールを起動」というのがある.
ここに,録画機能や共有・チャット機能などが集約されている.
はるのメモ
以前はいちいちタイトルやタグを入れてからしか保存が出来ず,「aaa」とか適当に入れて保存をかけないと再録画開始出来ず面倒だったのだが,現仕様では番組名がタイトル・タグ・説明に入れられて自動保存されるので,すぐに再録画に移れる.



つまり,FME経由で配信する場合に必要なものは全てリモートカテゴリに集約されている!

1つ不安なのは,ドコまでちゃんとサーバへ送られているかを,普通に視聴しない事には把握できない点.
タイムラグがあるため,そこを確認しないと録画が尻切れになってしまったりするので困るのだが,その辺は別ウィンドウや別端末で視聴して確認しておかないといけない.

なお,通常のブロードキャスターの出番は無い(新旧問わず).起動してそちらから配信を押すと干渉するので注意.一応ここでFMEから流れている映像を軽く確認する事は出来る.



ちなみにずっと勉強会での中継を担当してきて得た映像画質設定のノウハウ
~音声~
・音声は適当で良い.
・勉強会ならモノラルで良い.
・音質は勉強会なら声が聞き取れれば良いので結構低くて問題無い.とは言えさほど帯域を喰うものでもないので,無理に下げてもあまり意味は無い.
・間違えてPC内蔵のマイクにしてあると,かなり音を拾い辛いので注意.

~映像~
・スライドの文字が読み取れるよう,極力高い解像度で.
・ビットレートは一度通信速度を測って,限界まで上げておく.
・それほど動きが重要になるものではないので,フレームレートは10fpsあれば十分.それより解像度やビットレートに回すべき.
・Auto Adjustにチェックを入れておくべき(でないとどんどん遅延する).コマ落ちさせるよりは,Degrade Qualityの方が違和感少なく見れると思う.



リアルタイムにスクリーンを検出して射影変換かけたストリームを流せるツールがあったら便利な気がするけど,数日かかりそうなので作る気にはならないなぁ…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。