痛風と戦う嫁日記♪

打倒・プリン体! を合言葉に突如発症したダンナの痛風にあれこれ悩む嫁の独り言です(苦笑)


テーマ:
我が家には小4と中1の息子がおります。

この兄弟、中々にいい味出してくれる事多々でして(笑)

今日はそんな話題を・・・^^;


つい先日。仕事に出掛けた母は、職場の駐車場で自分の車のドアを

自分の足にぶつける・・・という、何とも情けない怪我をしました。

怪我と言っても打ち身・打撲 なんですが。(苦笑)

帰宅した夕方。その部分を見るとかなり腫れてきていたので、湿布薬を貼り、

痛いな~と言いつつ、家事をしておりました。

職場の友達から電話があり、今日の自分のおマヌケ話で盛り上がっている時、

ふと自分のぶつけた部位を見ようとジーンズを引き上げると、

記憶にないような場所に変な内出血の痕が。

私がぶつけたのは、ふくらはぎ。

内出血が出ていた部位は弁慶の少し上。しかも膝寄り。

何で???になり、知らないうちにそこも打ってたのかもね~なんて話してると

部屋から次男坊が何やら片手に台所へ。そして母に一言。

「お母さん、これで調べてみた方がいいよ。」

そこに差し出してくれたものは・・・


「痛風」 の本。(爆)


しかもその本をペラペラとめくりながら「これじゃない?」などと

私を痛風患者へと仕立て上げていきます。(爆)

それを後ろから見ていた兄。もう笑いを堪えながら

「お母さん、これだよ。ヤバイよ!ププッ ( ̄m ̄*)」 と煽ります。(笑)


結果。母の打撲は 「変形性関節炎」 に決定。(^凹^)ガハハ


電話の向こうの友人は大爆笑。母は軽い眩暈。(笑)

友人は「心配してくれてる息子の姿がかわいい!」 なんてフォローしてくれましたが

母は涙で前が見えなくなりました。(笑)


実は先日、近所の図書室に行ったとき、痛風の本があったので借りてきたのです。

小さな町の図書室なんで、書籍自体は新しいものではなかったのですが、

参考になれば・・と借りた一冊だったんです。(苦笑)


まさか打撲で痛風の本が役に立つ日が来るとは・・・(笑)

本日も我が家はある意味、平和です。(爆)



そして一言。


私は痛風ではありません。(キッパリ。)




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。