日常

安藤陽佳がお送りする、まぁなんとなくつぶやく日常...


テーマ:
APOFES2018が幕を閉じました。
{F5888C7B-1634-4340-800B-D0A61C991E0A}


今回参加したいと思ったきっかけがありました。
もともと少しひとり芝居に興味を持っていた私は、昨年も同様に行われていたAPOFES2017の受付のお手伝いをさせて頂き、何人かの方のひとり芝居を観劇しました。

その時、
「一人一人演じたい世界というものがあり、それを表現して良いのだ」
と感じたからです。
それはなんと素晴らしいことだろう、と。
舞台上で表現している方々がとても羨ましく思いました。

APOFES主宰の猪俣さんが女性だったということにも驚いたのを覚えています。何も知らずに行ったので…
初めて伺ったときはインパクトを片手に舞台を修繕をしていたところで、それにも少し驚きました。
同じ女性として単純に尊敬の念を抱きました。

さて、いきなり話が脱線しますが…
その時に劇団どろんこプロレスさんの勃起崎さん、栗林さん、浅田さんとお知り合いになり(とても気さくな方々で有り難かった)お話をしていてギャラリースペースしあんについてお聞きしました。素敵な古民家がありますよって。
そして昨年5月の公演に至る…と(笑)

そんな素敵な出逢いもあったAPOFES。
私も出たい!挑戦してみたい!と思い応募したのです。お芝居始めてからちょうど節目の年でしたし。

もうこの時には梶井の「檸檬」をやると決めてました。
何故「檸檬」なのか…
文学作品やってみたいってのも多少あったけれど、教師とか演劇をやっていない人を巻き込みたいとも思っていました。
「檸檬」は高校の時に教科書に載っていてなんだか印象に残っている作品でして、読み直してみると心情が重なる気がしたのです…性別も時代も環境も全く違うのに。それが不思議で。それにこの作品を上演すれば今私が悩んでいる事や辛い事も昇華できるのではないか…とも思いました。結構不純ですね。

9月。有り難い事に今年のAPOFES2018に参加させて頂ける事になった喜びもつかの間。さてどうするか。大変だぞー。これは確実に私一人じゃ無理だな、となって演出を依頼することに。

そこで頼み込んだのが、なみけんさんこと浪打賢吾さんでした。なみけんさんとは以前同じ養成施設で一緒でしたが殆ど話した事もなく…何度か同じ授業やご出演されていた舞台を拝見したところその芝居や雰囲気は異様で惹かれるものがありました。
なみけんさんが代表を務める『企画室 磁場』の公演は演出をしており、細部への拘りも凄くて演劇への愛を感じました。何より舞台美術の美しさは衝撃でした。
2回目の公演は“演劇×ドキュメンタリー”なにそれ?本当にやるの?舞台で?
この人のアイディアは底を知れないなと思いました。それを実際に作品にするのは決して簡単な事ではないことはとてもよく分かるのでやっぱこの人すげぇなと思いました。

なみけんさんは本当に自分が面白いと思った事(その面白さはちょっとハードルが高いと思う)を真っ直ぐに突き進んで行く人だなという印象だったので…正直、かなり駄目元で頼みに行ったんですが(以前に別件で断られていたこともあったので)案外あっさり引き受けて下さりビックリしました。いや、本当にビックリしました。何回か聞き直しました。
「え?いいんですか?本当に?本当に?まじですか?え、いいんですか?」みたいな感じだった気がする…(軽っ)

そして私は脚本執筆に取り掛かる。
ここで、感謝を伝えたいのは同級生の国語の教師をやっている幼馴染と高校時代の同級生の二人。覚えてないかも知れないけど檸檬について教えてくれた時があったでしょう。本当にあれ私にとっては有り難かったのよ。ありがとね。

12月。結局三稿目で脱稿。想像以上に時間がかかってしまいました。
当初想像していたものとは全然違うものになりました。
11月の時点でプレ稽古が始まっていましたが、色々お話ししました。とにかく色々話ました。
脚本と出演が同じ人で演出が別ってそういう事ですよね。
それは本稽古に入ってからもそうでした。ひたすら話ました。
もうね、今だから言うけど常に不安でした。
私の技術が低すぎでついていけなくて家で泣きました。それに勉強不足過ぎました。こんなにも私は演劇のことを知らなくて今まで何やってたんだろうと思いました。後悔ばかりです。
恐らく演出は多くを諦めただろうと思います。私がもっと提供できれば…もっともっと何かが生まれた筈なのに。それでも「面白くするから」という言葉をくれたのでそれを信じて、今私ができる事をやるしかありませんでした。
初めてしっかり通しをしたのは確か本番の3日前くらいだった気がします。
自分で言うのも…ですが率直に面白いと思いました。技術云々無しにしても、こんな私でも面白くしてくれたんです。


1月、本番。
皆さんにお見せした『檸檬と私と不吉な塊』
これは“今の安藤陽佳”の全てでした。
だからもっと出来たんじゃないかとかは無いです。そりゃミスはありましたけどそういんじゃなくて、創作するにあたって、俳優としても脚本家としても自分自身の演出家としても舞台作品を創るにあたってこんなものかと…自分の力量というのをはっきりとそりゃもうはっきりと自覚しました。

本番終えて、私を知っている人も知らない人もこの作品を観劇してくれた方々のいろんな感想をお聞き出来たのが私は何よりも嬉しい。伝えてくれてありがとうございます!
私はこの作品で伝えたかった事?といっていいのかな。「幸も不幸も考え方次第だ」ということ。あと「自分しか見つける事が出来ない好きなモノって尊い」ということ。それに気づかせてくれたのは小説「檸檬」だったなぁと思います。

皆さまの感想聞かせてもらって
いやーなんかね、これぞ芸術じゃないかと(笑)



今までの書き方的に…誤解して欲しくないのは、私はこの作品をめっちゃ面白いと思ってるんですよ。当たり前だけどこれは本当に心から。
だからこそもっともっと面白くなったかもしれない。あー申し訳ないなーって気持ちが強くて…もっと私に技術があれば、知識があれば。後悔しても遅いのですが。
だからもうね、修行するしかないんですよ。勉強するしかないんですよね。

私、リラクゼーションの仕事も楽しいし、いろんな事に興味が向いて手を出すし、やりたい事も沢山あるし、旅行好きだし、ゲームも好きだし、あ、これ関係ないわ。脚本も演出も俳優もやってみるし中途半端だからでしょうね。

「あなたは何がしたいの?」

とよく聞かれます。

「私はただ面白い作品を作りたい」

と思います。それだけなんです。
なみけんさんも同じ事を仰っていましたがパクリじゃない!と言いたい(笑)

でもそれだけじゃ駄目ですね。具体的に、細かく一つずつ出来ないことを、知らない事を潰していかなくては。これはこれからも演劇続けたいなら尚更。どうなのかな…続けたいの?どうなの?

まあ、でも私の人生だから

と言ってくれた大先輩のお言葉を噛み締めながら相変わらず悩みまくりながら生きていこうと思います。


めちゃくちゃ長文。
もはやブログなのかこれは。

振り返りはこんな感じです。たぶん後で「あ、あれ書いてない」とかある気がするけど…
これで終わりです。『檸檬と私と不吉な塊』はこれで終わり。
ここまで読んでくださった方、いつも読んでくださる方、初めて読んだ方もありがとうございます😊

アポフェスの打ち上げは楽しかったなぁ!
出演者さんともお話できて本当に楽しかった!
今回のアポフェスは結局8作品しか観れなかったけど本当面白いと思う。全員全然違うの。凄く面白い。観れなかった人のが悔やまれる…
またいつかどこかで何か御縁がありますように…


最後に、いつも応援してくれてありがとうございます。これからも応援してくださると大変嬉しいです。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『檸檬と私と不吉な塊』

全日程が終了しました。

APOFES2018は今週の日曜日までやっていますが、一足先に終演です。


最終日は大雪で本当にとても悔しい思いをしました。きっと一生忘れないと思います。

ご予約頂いた方やご連絡頂いた方々、そのお気持ちだけでも充分嬉しかったです。ありがとうございます!

そしてそんな中でもご来場頂いた方々、心より感謝申し上げます。

観に来てくださった皆様、応援してくださった皆様、関係者各位にも感謝の気持ちでいっぱいです。


さて、更に有難いことにご感想も頂きました。

その中でもとても面白い考察だなぁ、共感してくれて嬉しいな、と感じたものを2つご紹介させていただきます✨

(許可済みです。ご協力ありがとうございます!)


☆男性☆

まずぼくは原作を知らずに見に行ったんですが、作中で繰り返し語る中で「檸檬」の意味合いが伝わってきました。

原作者ー主人公の対比をしながら幸せー不吉を自分に重ねて表現してるところがすごく刺さりました。

あと、小道具の使い方がすごいです。

最初にコンドーム膨らませてて、「どこかで割るんだろうな」とは思ってましたが、檸檬の対比や胎児のモチーフにするとは思ってなかったです!

それと、腕の生えたハートのクッションが、序盤はインテリアとして溶け込んでいて、最後に荷物をまとめるところで意味をもってきたのは「あっ!」と思いました。

あのハートのぬいぐるみ、

手→卵巣

腕→卵管

ハート→子宮と胎児

って暗喩ですよね??

気になった点として劇場でも話したところの延長かなってかんじですが、最初は「彼」がすごく重要そうに見えたのに、話が進むにつれて主人公ー原作の対比に印象を持っていかれてるのが気になりました。

コンドーム割るところのインパクトに持ってかれて意識できてませんでしたが、彼も檸檬が爆発したら~みたいなところはあったんでしょうか……?


☆女性☆

ある女性の人生の一片を見た気がした!

好きなものが、好き故に自分を追い詰めるものになったり、好きな人といれば、憂鬱なものも晴れやかに見えたりして、その好きな人がいなくなったら、好きなものがもう見るに耐えられくなって、憂鬱と解放を繰り返すのかと思うと逃げたくなる...

コンドーム(言っちゃう笑)の使い方が好き笑

登場して、なんだあれは⁈って引きつけられた!

愛する人を失った虚無感の象徴なのかな?舞台の隅に常に転がってたのも、頭の隅にある憂鬱を表してるのかな?なんかあの舞台が主人公の頭の中そのものって感じに思えた。

最後、主人公が好きだったものを布で包んでレモンを乗せて、コンドームを割るとこ、清々しかった!過去の鬱屈と決別したってことだよね?もしくは消し去りたい!って気持ちなのかな。

実は、コンドームを虚しいものとして表現してる作品に会ったのはこれで2回目で、そういう意味でも冒頭の登場シーンには衝撃を受けたの‼️それはMVなんだけどね、その作者も女性で、女性から見て、やっぱりあれは虚しいものなんだなて( ´ ▽ ` )

昔の知り合いとばったり会って「またゆっくりご飯でも〜」とかどこかで聞いたことあるフレーズだなー。もはや定型文になってて、本気で言ってくれてたら嬉しいんだけど、なんか嘘っぽくてもやっとするよね!「インスタで引き立て役にされるんだろう」のセリフ、皮肉っぽくて笑った笑‼️


飲み屋のシーンとかもそうだけど、あの自分を偽っちゃう感じは何だろうね?でも、やっぱり人並みに嫌われたくないとかあるから、やたら笑顔作っちゃったりさ...残るのは疲労と虚無感で、 その場限りで残らないな〜て、そう考えるとそういうヘラヘラした自分が嫌になる...。

でもさ、中野さん、主人公に手紙あげてたよね!中野さんみたいな人に対して、こんなこと考えてた自分がそれでまた嫌になる。なんで普通に好意として受け取れないのかな〜って。邪悪だな、て。

こういう日常のもやもやあり過ぎ...。

劇の感想と違うかもしれないけど、こういう日常を手帳に書き殴ったら気持ちはすっきりするけど、紙汚すだけで何も生まれない笑

でも、はるかは劇にできるから作品になるね!


女の人の荒ぶる感性ってすごく好きなの‼️

病気の宣告されたときの叫び、泣きながら笑う演技もぞぞっとしたし、画用紙にクレヨンでお花を書いて錯覚しようとするシーンもなんか狂ってて好きだと思った‼️



こんなにも色々考えて書いてくれて嬉しすぎました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

その他にもたくさんご感想ありがとうございました!!励みになります!!


ここからは撮影して頂いた舞台写真を何枚か載せていきますね!

撮影:タウラユースケ

{5ECB2C7A-87E3-4EB2-939D-C8A6F9A1B06E}

{0490AF83-54FB-449C-BCB6-1E7ED99D3C7A}

{DF910823-DD76-485C-807C-F1D9A76699A6}

{2416EEBD-72B3-4B30-80CB-53A896ECF424}

{1F58CFEB-74CA-413F-8B70-4C4B3B277F8E}

{A270A6E8-4EB3-4103-84EB-444135795328}

{BE23A89A-9B3C-4CE0-A3D0-D39B949768D6}

{79B64698-018A-4DAD-B417-CC33E0228A0B}

{58922BA5-E297-4CC6-A539-6589EE2310E6}


直前にも関わらず快く引き受けてくださった上にこんなにも素敵な写真を撮影して頂けて嬉しいです😆まだまだ載せたい(笑)
ありがとうございました!!

これを終えて感じたことなど沢山あるので、それはまたの機会に書くことにします。
「檸檬」いいですよ!ぜひ読んでみてください!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さえさあさあ、APOFES2018「檸檬と私と不吉な塊」初日まであと4日となりました!!
うぎゃぁー!!!ドキドキですわ!!!

今日は今回の衣装を見せちゃいたいと思います。
それではどうぞ!


じゃじゃん♪

{51628D33-4A99-4FC6-97CF-3C91B54D4784}

こんな感じです。
いやーなんか、可愛らしい衣装ですよねぇ…
私がこれを着るとどうなるのやら…
楽しみにしててくださいませ( ˙-˙ )
(そして髪がボザボサ…)

なんかとても「造っている」って感じです。
あの檸檬がどうなってしまうのか、ぜひ目撃して頂きたいです。
皆様のご来場を心よりお待ちしております!!

『檸檬と私と不吉な塊』
作:池西ばく  演出:浪打賢吾(企画室 磁場)
出演:安藤陽佳(PLAYunitむめむめ)

【会場】
アポックシアター(千歳船橋)

【日程】
2018年
1月13日(土)19:00〜
1月18日(木)20:30〜※追加公演となりました
1月22日(月)19:00〜

【チケット代】
1回公演チケット ¥1,500
5回公演チケット ¥5,000(期間中使える回数券)
フリーチケット ¥8,500(期間中どの公演を何回でも観られる券) 
ご予約はこちらから行えます。
http://ticket.corich.jp/apply/87739/002/
もしくは安藤まで直接ご連絡ください♪


今回のAPOFES出演者一覧です!
http://apoc-theater.net/events/event/1545/
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
あけましておめでとうございます!
応援してくださっている皆さま、いつもありがとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い致します!
イヌー!!!
{6BF3C5F4-1B70-468A-80A6-16E3481DE87F}


ここからはちょっと感じた事を書こうと思います。


それは、実家から東京の自宅へ帰る途中のこと。
最寄駅から自宅のアパートまではそこそこの距離だ。キャリーケースを引っ張ったり、押したりしながら歩いていた。腕は筋肉痛だ。

自宅までの道を歩いていると「帰ってきたんだなぁ」と思った。それと同時に「すっかり東京に馴染んでしまったなぁ」と気付いた。

そんな事を考えながら歩いていた。
東京はいい。なんでも一人で出来てしまうから。
でも、やっぱり甘えたくなるもんだ。


さてさて、今回の年末年始はここ数年では珍しく長いお休みだったけれど、来週に迫ったひとり芝居の本番の準備や、別で頂いていた演劇に関するお仕事でゆっくりする暇はほとんどなかった。
身体はそんなに休まってはいない。眠い、辛い、怠い。けれど、なんだか悪くない疲れなのかもしれないと思った。

私はこの年末年始、演劇の事ばかり考えてた。

もちろん、演劇意外にもいろんな事をした。
友人と会ったり、猫や犬と遊んだり、ゲームをしたり、年始の挨拶をしたり。

母と買い物に行った。一緒に買ったのにわざわざラッピングしてもらったり、取れもしないUFOキャッチャーを一緒にやって笑った。
父には「お前は何をしていきたいんだ?」と問われた。私は「さぁ、なんだろうね。」と答えた。
本当に分からなかったからだ。
父はそれ以上何も聞いてこなかった。
私は頭のどこかでは演劇から離れる事がないんだろなと思った。少し憂鬱になった気がする。

半年前にはこんな日を再び迎えられるとは思わなかった。
私は、演劇に依存しているだけなんじゃないか…いや、でも今はそれでもいいかと思う。まだ、やりたい事が残っている。あらゆる可能性も諦めているわけではない。

ふと、「そういえばあと3日働いたら集中稽古だなぁ」と気付いて、「幸せな時間がやってくるなぁ」と思った。芝居のことだけ考える時間。あぁ、“幸せ”なんだ。まだ、幸せと思うんだ。
これだけは昔から変わっていないみたいで、少しホッとした。

そんな事を考えていると、以前働いていたお店のパートの韓国人のおばちゃんからあけおめメールが届いた。
『貴方が思った事が出来るように頑張りましょうね。』
なんてタイミングだろう。少し涙が出た。
そうだ、私がやりたい事をやる。思った事をやる。そんな幸せがあるだろうか。その幸せを手にしていられる限り、私はまだここで生きていく。

昨年も沢山の方や作品に出逢い、同時に別れもある。
今年もまたいろんな方やいろんな作品に出逢えるでしょう。
良き御縁に恵まれますように…

そして皆様のご多幸をお祈りしております。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
年明けのアポフェスについて重要なお知らせがございます!
「檸檬と私と不吉な塊」
追加公演が決定しました!

追加日程→1月18日(木)20:30〜


ということで、
13日(土)19:00〜
18日(木)20:30〜
22日(月)19:00〜
の計3回となりました。

皆様にお見せできる機会が増えて嬉しく思います♪
ご来場お待ちしております!

『檸檬と私と不吉な塊』
作:池西ばく  演出:浪打賢吾(企画室 磁場)
出演:安藤陽佳(PLAYunitむめむめ)

【会場】
アポックシアター(千歳船橋)

【日程】
2018年
1月13日(土)19:00〜
1月18日(木)20:30〜
1月22日(月)19:00〜

【チケット代】
1回公演チケット ¥1,500
5回公演チケット ¥5,000(期間中使える回数券) 
フリーチケット ¥8,500(期間中どの公演を何回でも観られる券) 
ご予約はこちらから行えます。
http://ticket.corich.jp/apply/87739/002/
もしくは安藤まで直接ご連絡ください♪
今回のAPOFES出演者一覧です!
http://apoc-theater.net/events/event/1545/
{A32930ED-41F5-4396-B6DF-AB65D259AB3A}

{78BA19FD-0C63-4F44-9109-1EF59035E582}



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。