はるもちの「大腸がん」日記

53歳♂の大腸がん(ステージIV)ブログ。
2013年2月まさかの大腸がん(直腸)発見。開腹手術を受けるも、肝転移と多発性リンパ節転移で切除不能。
でも、ここからが新しい人生のスタート!

【ブログの目的と僕の想い】

自身の記録、家族や友人への報告、同病の方との情報交換や共有が主な目的です。詳細はこちら をご参照ください。


【病歴】
2013年2月、大腸内視鏡検査で大腸がん(直腸)の宣告を受け、4月に開腹手術。6月に肝転移・多発性リンパ節転移で切除不能と診断され、7月から全身化学療法、8月からがんワクチン を開始。病歴詳細は、 ● [まとめ] 2013年の記録[まとめ] 2014年前半の記録  [まとめ]2014年後半の記録[まとめ] 2015年前半の記録[まとめ] 2015年後半の記録[まとめ]2016年前半の記録 をご参照ください。


【日常、その他】
●漢方(現在処方されている漢方はこちら ) ●食事療法はちょっとだけ(人参ジュース、豆乳のケフィアヨーグルト、日田天領水など。日ごろの食生活まとめ をご覧ください) ●サプリ他(プロポリス、エビオス、新ラクトーンA、コーボンマーベル、マルチビタミン) ●運動(毎日60分のウォーキング目標) ●書籍(2013年に読んだがん関連の書籍 ) ●延命や治療に関する事前指示書   ●がん関連Webサイトリンク集


テーマ:
イリノテカン+アービタックス療法1クール目の5日目。

悪心はかなりなくなってきました。でも、まだ少し気持ち悪いです。朝10時過ぎに食べた朝昼兼の食事は少なめでしたが、昼過ぎくらいから久々に食欲を感じ、夕食はゴージャスに食べました。

近所のカジュアルフレンチ系のクレープ屋さんで、鴨と真鯛。美味しかったです。味覚障害がまったくなければ、もっと美味しいだろうなぁ。
{C612336A-BBBA-4859-9715-F80103C2370F}

クレープ屋さんに出かける前にお風呂に入ったんですが、お風呂からでたら急に腰が痛くなりました。ここ2〜3日、調子良かったんですけどね。

クレープ屋さんで座っているときはまだ良かったんですが、帰り道は10メートル歩く毎に座り込むような始末。今もじっと座っているといいのですが、立ったり歩いたりするとダメ。オキノームを飲んだのですが、イマイチ効きません。困っちゃう。

ワンコの足は日に日に良くなっています。今日はちゃんと動かなかった左足で、クビのあたりを掻いてました。まだちゃんと歩けないけど、トテトテ歩いてるし。ずいぶん動くようになったもんだ。

僕の腰も良くなりますように。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「日々の記録」 の記事

テーマ:
イリノテカン+アービタックス療法1クール目の4日目。

今週火曜日の治療はイリノテカンを50%から40%に減量しました。副作用は多少軽かったものの、昨日まで会社を休みました。ご迷惑おかけした部署の皆さん、済みません。

今日は体調イマイチながらも出社しました。仕事やらなきゃいけないし。溜まってるし。

悪心はかなりなくなりましたが、食欲はまったくと言っていいほどありません。でも、食べれば多少は食べられるので、普段の半分くらい食べています。

腰の痛みは、鈍痛はありますが我慢できる程度。2日間ほとんど寝て過ごしたからか、2日間飲んでいないけどオキノームのおかげか、はたまた嫁さんの手当てが奏功したか。

現在、オキノームのお世話になるかならないか、微妙なところなので飲んでいません。便秘はオキノームのせいかも知れないし。セレコックスとカロナールは定期的に服用しています。トラマールは気持ち悪くなる気がするし、効かないので飲んでません。

火曜日の治療以降、便通がなく心配しました。2日間、マグラックスと通導散を服用し、ようやく昨夜ドカンときました。あー、良かった。

皮疹はまだでていません。でないのかね?少しだけ顔が乾燥してきた気がしたので、今朝、保湿剤を塗りました。

ところで、今週月曜日に大変なことになったウチのワンコ。少しずつ良くなっているようです。相変わらず左足はダメでヨタヨタ歩いていますが、右足は復活して耳を掻いたりしています。でも、ずいぶん歩けるようになりました。

このまま、先生の言う通り時間が解決してくれるといいんですけどね。ちなみに、月曜日のワンコの診察はCTも入れて55,000円。ぶひーっ。うち1万円は保険でカバーされましたが、それでも支払い45,000円でした。

さて、僕もこの土日で復活を目指したいところですが、イリノテカンを始めてからちゃんと復活したことがないですからね。イリノテカンの影響で、明日あたりから下痢デーが始まるはずですが、どうなんでしょう。オキノームで逆に抑えちゃうか(笑)。

とにかく、カラダはダメでもココロは元気になりたいです。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は外来で血液検査、診察、化学療法の日。あまり新しいレジメンなど記念したくはないのですが、記念すべき(笑)イリノテカン+アービタックス療法の1クール目(通算59クール目)がスタートしました。

化学療法は18時ころ終了。イリノテカンを50%量から40%量に減らしたのですが、悪心はほんの少しマシなくらいで、結構気持ち悪いです。

今回、ポララミンも追加されました。いやー、ポララミンちゃん、眠いのなんの。4時間半の化学療法中、ほとんど寝てました(笑)。でも、起きるとシャキッとします。

さて、昨日、大変なことがありました。朝起きてわんことしばし遊んだあと、いつもの通りわんこが階段を登って2階に戻ったのですが、戻った後に突然、足を引きずるような感じになりました。

左足はほとんど動かず、右足もイマイチ動かない感じ。Mダックスなのでヘルニアを疑い、慌てて厚木にあるヘルニアで有名な動物病院に連れて行きました。

こちらはCT画像。おいおい、カラーだし3Dっぽいしで人間より立派じゃねえか(笑)。

{F4930A32-6B27-49C2-9F27-25D0D4753B20}


医師のお見立ては、ヘルニアっぽい所見がないし、あまり痛がらないし、左右が均等にダメになってないし、で「脊椎梗塞」ではないかと。脊椎梗塞ならば8週間くらいで治るそうです。治るといいんですが・・。


嫁さんも僕も会社を休めなかったので、昼以降は仕方なくリモートで観察していました。

{1DC9915C-743F-426A-B1BA-B40720119ED7}


昨日はお座りの状態ばかりでほとんど寝られず、辛そうでした。今日はようやくいつものように丸くなって寝ることができるようになっています。早く治るといいのですが。


今日の結果をまとめます。


--------------------------------------

【血液検査】


白血球は3500と僕にしては上出来。

{BA31650C-0D0E-4CF6-A718-5B43763A90A2}


■総ビリルビンの推移

(基準範囲0.4-1.5)

2014/6/3  1.4

6/24  1.0

7/15  1.5

(中略)

2016/11/8  0.8

12/2  1.4

12/20  0.6

1/17  1.0


-----------------------------------

【腫瘍マーカー】


当然ではありますが、1カ月近く治療をやっていないのでCEAもCA19-9も上昇。CEAは初の三桁に。

{BD4F2483-97F0-4B8A-8C08-20FF2ED4254C}


■CEA (上限5.0)

2013/6/17  22.9

7/2  27.5

8/13  16.9

9/24  4.1

11/5  2.0

12/17  2.1

2014/1/28  1.4

(中略)

12/16  2.3

2015/2/17  3.6

3/31  6.5

6/9  16.3

7/21  17.9

9/29  16.3

12/8  19.4

2016/1/26    23.1

3/8  26.7

4/25  31.5

5/27  48.1

6/17  31.9

8/16  29.8

11/8  64.5

12/20  73.2

2017/1/17  101.0


■CA19-9 (上限37.0)

2013/6/17  5.3

(中略)

2014/9/2  6.4

11/4  7.0

12/16  7.2

2015/2/17  7.4

3/31  8.1

6/9  8.2

7/21  8.9

9/29  9.8

12/8  10.4

2016/1/26    10.5

3/8   12.8

4/25  13.2

5/27  16.4

6/17  14.3

8/16  10.8

11/8  14.1

12/20  19.0

2017/1/17  22.8


-----------------------------------

【診察】


イリノテカン+アービタックス療法のスケジュールについては、次回の1週間後はアービタックスのみ、その次の2週間後はイリノテカン+アービタックス。その際、アービタックスを増量して2週間に一度の通院で良い形にすることを考えているそうです。


もちろん、アービタックスの正確なレジメンは1週間ごとなのでそうしてもいいとのこと。


尚、アービタックスは単剤でもいいのか?と聞いたところ、単剤の場合、1割の患者に効果が出たが、イリノテカン+アービタックスの場合、3割の患者に効果がでた、という試験があるとのこと。ただし、調査対象が若干曖昧なところがあるようで、エビデンスとしてはイマイチらしいです。


で、僕は今までイリノテカンを半量(140mg)にしていたのですが、さらに減量し今回は40%強(120mg)にしてもらいました。イリノテカン、辛いんだもん。でも今のところ、悪心はあまり大きな変化がなく残念。


放射線は、背骨の痛みを止めるために照射するものについては「例えば10回を毎日通って照射するような形になる。その1セットで規定の放射量までやり、それ以上の照射は行わないだろう。詳細は放射線科医が決める」とのこと。


放射線をやると腫瘍の評価が難しくなるので、放射線は避けた方が良いのか、という問いに対しては「治験のために放射線を行わないというのはナンセンス。ただ、痛み止めを飲めば緩和可能ということであれば、放射線をやらないという選択肢はある」とのこと。


-----------------------------------

【化学療法】


アービタックスは100%、イリノテカンは40%。ポララミン追加。


■今回の点滴

デキサート3.3mg

ポララミン 5mg

アロキシ 0.75mg

アービタックス 770mg(100%)

イリノテカン120mg (40%)


-----------------------------------

【薬】


酸化マグネシウムは緩下剤。


ミノサイクリンは、アービタックスの皮疹対策の抗生剤。今日から飲みます。ヘパリン類似物質=ヒルドイドは体用、親水クリームは顔用の軟膏。白色ワセリンはいつどこに使ってもいいそうです。


尚、ステロイドの外用薬は症状が出てから検討するとのこと。ま、これから2週間は毎週来ますからね。 様子見ながらということだそう。


化学療法室でこんなパンフレットもらって説明を受けました。

{FFBEECDD-F60B-4D74-AFE7-523336B7D0B7}


■飲み薬

ウルソ錠 100mg / 1日2回2T 

タチオン錠 100mg / 1日2回1T 

オルメテック 10mg / 1日1回1T

ラックビー微粒N 1g / 1日2回2包 

セロトーン錠 10mg / 1日1回1T(3日間)

デカドロン 0.5mg / 1日2回4T(3日間)

セレコックス 200mg / 1日2回1T

カロナール錠 500mg / 1日4回1T

ネキシウムカプセル 20mg / 1日1回1T

ナイキサン  100mg / 頓服

トラマールOD錠  25mg / 1日4回1T

ミノサイクリンカプセル 100mg / 1日1回1T

酸化マグネシウム錠剤250mg / 1日1回1T

ヘパリン類似物質

親水クリーム

白色ワセリン


------------------------------------

【今後】


◆1/24: アービタックス単剤投与(イリノテカン+アービタックス療法1-2クール目)

※このクールをどう呼ぶのが正しいか分からないのですが、僕はこう呼ぶようにします。

◆1/30: MRI

◆1/31: イリノテカン+アービタックス療法2クール目


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

イリノテカン+アバスチン療法11クール目の27日目。 


今日はシャンプーのあと、一緒に夕食を食べにいきました。かわいいねえ。


{F5AB8073-F6D4-424D-B49C-4274EFB7DC67}

今日も相変わらず、腰、背中、右脇腹、胃の痛みがあります。最近分かったのですが、どうやら右脇腹痛も胃痛も、背中の腫瘍が原因となっている可能性が高そうです。

最近、嫁さんに寝る前に「手当て」をしてもらっています。背骨の「病的骨折」を起こしていると思われるところに、手を当ててもらいます。神秘的なことはもちろん信じていませんが、手当ては間違いなく幹部に影響を及ぼします。


手当てを始めると、それまで痛かった右脇腹の痛みがスッーと引いていきます。で、手を当てている背骨の患部がもの凄く痛くなりす。ダメじゃん(笑)。でも、連動しているんです。不思議ですよねぇ。


胃痛と感じているものも、右脇腹痛と感じているものも、結局は背中の腫瘍からきているものだと、最近、感じるようになりました。だとしたら、腫瘍が小さくならないかぎり、この痛みは続くことになります。


さて、手当てしようがしまいがどっちにしろ痛いので、金曜日の夜、初めてオキノームを飲んでみました。2.5mgの超初心者向けです。


金曜日の夜は服用したもののそのまま寝てしまったので、効果は不明。翌土曜日は夜早めに飲んだので、効果を検証することができました。


少なくとも飲んで15分では効きませんでした。効果を感じたのは飲んでから2時間後。通常の痛みを10とすると2くらいに減った感じ。痛みがまったくなくなるということはありませんでした。


3時間後くらいから少しボーッとした感じに。眠いというより、感覚が鈍くなった感じでした。で、寝床に入ったらスーッと寝ちゃいました。


今日も昼頃に服用。同じく2時間後くらいに効いてきました。レスキューと言われていますが、早めに服用した方が良さそうですね。


で、恐れていた便秘ですが、やはり影響はありそう。昨日、今日とまったく出る気配がありません。


ところで、去る1月8日が僕が生まれてから2万日目だということをすっかり忘れてました。記念のお食事でもしたかったのに、残念。


計算はこちらで。

http://calc-site.com

みなさんも、自分の記念日を探してみてくださいね。楽しいですよー。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

イリノテカン+アバスチン療法11クール目の25日目。


相変わらず右腹部痛があります。常に鈍痛があり、さらに食後にソファにだらーんと座ったりすると、凄い痛みが襲ってきます。胃痛は少し治ってきましたがたまに痛いです。


腰も相変わらず。腰骨くらいの高さのところの痛み=ギックリ腰によるものは、そこそこ良くなってきた感じ。みぞおちのあたりの高さの痛み=背骨への浸潤によるものは、強めの鈍痛が常にあります。


それらを庇っているせいか、腰全体の激しい凝りのなかに痛みがある感じ。どこが痛いのか、全部痛いのか良く分からなくて、もうやってられまへん状態です。


また、ここのところお通じがイマイチ。まったく出ていないワケじゃないんですが、ここ3日くらい、通常の1/5くらいしか出ていないイメージ。食事はそこそこ普通に取っているので、だんだんお腹が張ってきました。


そんな事もあって先日の診察でもらったオキノームは、寝られないほどの痛みではないし、便秘もあるかなぁと思って避けていました。


でも、今日“会社でもがんでも先輩”に聞いたら、痛みは我慢すると閾値が低くなるし、オキノームはオキシコンチンに比べると便秘はそれほど酷くないはず。だから、痛みがあるのならオキノームを飲みなさいと。


オキノームとオキシコンチンって、同じものと思っていたけど、違うんですね。調べてみたら、オキシコンチンは服用後1時間程度で効果がでて、12時間持続するもの。オキノームは15分くらいで効果がでて、6時間の持続。オキノームはレスキュー用なんですね。


痛みのせいか夜中に良く目が覚めちゃうし、ちょっと寝不足ぎみ。今日寝るときに、早速飲んでみたいと思います。ぐっすり眠れるといいんですが。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

イリノテカン+アバスチン療法11クール目の23日目。


今日は治験の相談に病院に行ってきました。当初は今月末に予約していたのですが、1日も早く今後の治療方針を決めるための材料が欲しかったので、お願いして早めてもらいました。


先生は無理してスケジュールを入れてくれたようです。本当にありがたい対応で感謝の気持ちでいっぱいです。


さて、詳細は控えますが、可能性のある治験を2つ紹介していただきました。


結論は、まずは現在の病院で3rdラインのイリノテカン+アービタックスの治療を開始します。その上で、2月末頃に再度受診して、その後の治療方針を決めることにしました。


アービタックスがよく効く可能性も高く、それならば、敢えて治験をやる必要はないということです。また、現在走っている治験は、息の長いものなので慌てる必要もないとのこと。


患者のことを本当に親身になって考えていただき、嬉しいかぎりです。現在の主治医も含め、僕は本当に医師に恵まれています。


さて、ブロ友さんから情報をいただき、別途、放射線科にもセカオピを聞こうと思います。早速、月末に予約を入れました。


すぐに放射線治療を受けるかどうかは別として、どのような選択肢があるか、そもそもどのような治療が適用になるのかも含めて情報を集めておきたいと思います。


現在の状況は決して楽観視はできませんが、新たな情報を聞き、闘える武器が増え、希望が持てました。今日は体調も少し上向きで、元気もでてきました。


まだまだ諦めるのは早すぎますよね。絶対に諦めません。粘ってやります。僕の命は、まず、僕がしっかりと守ってやらなければ。さあ、前を向いて。頑張ろう。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

テーマ:
イリノテカン+アバスチン療法11クール目の22日目。

今日はワンコの10歳の誕生日でした。人間だと60歳くらいだとか。記念にワンコも入れる近所の自然派フレンチへ。
{87C01063-8D8F-41A5-A694-F0FB44C9AB00} 

{D825DDA6-CB18-41D5-9D4B-7AC18DA187EA}

食べられるかどうか微妙でしたが、量も少なめでしっかり食べました。少し食べ過ぎちゃった。メール会員になってるので、これで特価2980円。激安でこっちが心配になります。

今日の一番の問題は腰痛。ギックリ腰のせいか、先日の病的骨折のせいかは切り分けができませんが、とにかく常時腰の痛みがあります。

二番目は、右腹部痛と胃痛。程度は大したことはありませんが、こちらも常時痛みがあります。

さらには、微妙な倦怠感。とにかく全体として元気がありません。でも、出社して仕事はしています。

さて、喫緊の課題は今後の化学療法をどうするか。

僕に用意されている3rdラインのイリノテカン+セツキシマブ(アービタックス)のPFS中央値は、約4カ月(2ndライン以降の場合)。その後の4thラインのレゴラフェニブ(スチバーガ)、TAS-102(ロンサーフ)は、それぞれ約2カ月くらい。全部足しても8カ月にしかなりません。

もちろん、もっと長期に渡って効く可能性もありますし、そうした例も多々あることは分かっています。とは言え、このまま漫然と標準治療の順番通りに治療を受けるのには大きなリスクを感じています。

とにかく、多少なりともPFS(もちろんOSも)を延長できるよう、また、戦う武器を増やせるよう(ひとつでもラインを増やせるよう)、まずはこの段階で有効な治験を探したいと思います。

ただ、残念ながら、現状ではこれといった治験がないのも事実。また、今後しばらくの間、大腸がんに有効な薬剤が登場しそうな情報もありません。

でも、少しはもがきます。とにかく、まずは国立がん研究センターに行き、入り込める治験がないか相談をしてきます。ダメなら、3rdラインのイリノテカン+アービタックスをスタートさせようと思います。

がんが急に大暴れし始めたので、判断に余裕はありません。すぐにでも次の手を打たないといけません。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
イリノテカン+アバスチン療法11クール目の20日目。

昨日は、倦怠感、腹痛、腰痛、首痛、頭痛、悪心などてんこ盛りで、ほとんど寝て過ごしました。化学療法による副作用がぶり返してきたような感じもあります。

食欲はあまりないものの、食べたい気もちょっとします。で、食べると気持ち悪くなる始末。トラマールのせいかなぁ。はっきりとは分かりません。

今日は昨日に比べたら外出できるだけマシ。クリーニング屋さんに行ったついでに、外食しました。相変わらずあまり食欲はないのですが、食べればそこそこ食べられます。

薬膳キーマカレー丼と、濃厚海鮮トマトシチュー丼、牛乳くずもち、チャイ。味覚障害も手伝って、100%楽しめないのが残念です。
{3562686B-8597-408F-AE6F-B9E9E57BEE09}

さて、腫瘍の影響と思われる腹痛や腰痛は、腫瘍が小さくならない限り、文字通り「死ぬまで」のお付き合いになるのでしょう。酷くなったのは12月のアタマくらいからですが、その後はほぼ毎日、多かれ少なかれ、何らかの痛みとお付き合いしています。

んー、考えただけで凹みます。とにかく、緩和できるものは緩和して、無理せず気長に付き合うしかありませんね。願わくば、できるだけ痛みが少なく、元気で前向きな日々が過ごせますように。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

テーマ:

イリノテカン+アバスチン療法11クール目の19日目。


昨日は外来で血液検査、診察、化学療法の日でしたが、結論から言うと12クール目は見送りました。


お昼は嫁さんと一昨日と同じうどん屋さんで。海老天おろしうどんと、たまごとじうどん。食後は、神田明神に初詣に行ってきました。三河屋の甘酒も美味しかったです。

{3F93304D-16E3-4284-80B2-4CC37BC6D0B3}

昨日は化学療法を見送ったにも関わらず、なぜか悪心もあるし(笑)、食欲もないし、相変わらず腰もお腹も痛いし、眠いしで、家に帰ってからずっと寝ていました。悪心と眠気は、昼食後に服用したトラマールのせいかも知れません。


今日も状況はあまり変わらず。朝から体調はイマイチです。わんこの散歩にも出る気がしません。ゴメンね。


さて、昨日の診察では、まず一昨日のCTの結果を聞きました。前回(10/18)のCTの結果から比較すると、肝転移、傍大動脈や左手鎖骨上部など各所のリンパ節は増悪。


特に驚いたのが、傍大動脈のリンパ節が背骨に浸潤し、骨折を起こしているかも知れないと指摘されたことです。写真の赤丸で囲んだところ。背骨に左側から浸潤しています。先生によれば骨転移ではないそうなのですが、骨に影響がでてきたのはショックです。

{9A805523-24D2-4C37-B2E0-71872DA0D0F5}

{03D28DB4-BAC7-4057-B26C-33D20A7EB299}


場所はみぞおちの裏くらいの背骨のところだそう。たまたまギックリ腰になったので切り分けができないのですが、腰の痛みはここから来ているもの(比較的上部)と、ギックリ腰のもの(腰骨の少し上のあたり)と両方ある気がします。


今月末にMRIを撮って評価することになりました。場合によっては放射線による治療を行うそうです。いよいよがんが大暴れしてきた感じです。早急に抑え込まなければいけません。


先生はできるだけ早いタイミングでイリノテカン+アービタックスをやったほうがいいと言っていたのですが、アービタックスをやるとベクティビックスを使った治験には参加できない可能性があります。


先生から「それならば、今月末の東病院の受診とその結論をできるだけ早めるべきだ」との指摘。ごもっともです。診察後に東病院に予約の前倒しの電話をしましたが、結論は来週になりました。


今回の化学療法については、イリノテカン+アービタックスに進まず、イリノテカン+アバスチンをもう一度やると言う選択肢もありましたが、効果が出ていないのに副作用で悩まされるのは嫌なので、自主的に中止にしました。


化学療法はやっていませんが、今日の結果をまとめます。


--------------------------------------

【血液検査】


何だか範囲外が多いです。アルブミンが低くて、CRPが高めの悪液質の傾向も続いています。

{8A2BDBE3-B2E6-481E-BD0B-4CAD15192213}


■総ビリルビンの推移

(基準範囲0.4-1.5)

2014/6/3  1.4

6/24  1.0

7/15  1.5

(中略)

2016/11/8  0.8

12/2  1.4

12/20  0.6

2017/1/6  1.1


-----------------------------------

【腫瘍マーカー】


今回、計測はなし。


■CEA (上限5.0)

2013/6/17  22.9

7/2  27.5

8/13  16.9

9/24  4.1

11/5  2.0

12/17  2.1

2014/1/28  1.4

(中略)

12/16  2.3

2015/2/17  3.6

3/31  6.5

6/9  16.3

7/21  17.9

9/29  16.3

12/8  19.4

2016/1/26    23.1

3/8  26.7

4/25  31.5

5/27  48.1

6/17  31.9

8/16  29.8

11/8  64.5

12/20  73.2


■CA19-9 (上限37.0)

2013/6/17  5.3

(中略)

2014/9/2  6.4

11/4  7.0

12/16  7.2

2015/2/17  7.4

3/31  8.1

6/9  8.2

7/21  8.9

9/29  9.8

12/8  10.4

2016/1/26    10.5

3/8   12.8

4/25  13.2

5/27  16.4

6/17  14.3

8/16  10.8

11/8  14.1

12/20  19.0


-----------------------------------

【診察】


継続している胃痛、右脇腹痛だけでなく、背骨への腫瘍の浸潤から来る痛みもあるだろうと言うことで、セレコックス、カロナールに加えて、トラマールも常用せよとの指示。


さらに、いよいよオキノームも処方されました。こちらは頓服で。「夜、痛みで眠れない時に飲んでみれば?」とのこと。

{32E52E5E-52F9-492E-BBA2-031637C53636}


トラマールですら眠気がキツイのに、オキノーム飲んだらどんなことになっちゃうんでしょう。


便秘が嫌なんですよね、と言ったら「人による。飲んだ人全員が便秘に苦しむわけじゃないし、下剤でしっかりとコントロールすればいい」と先生。んー、言うのは簡単ですが、飲んでみないと分かりませんからねぇ。


先生から初めて「緩和ケアの重要性」の話も出ました。病状が進行したせいか、先生の優しさが随所から伝わってきます。


年末に電話で東病院の紹介状とCDをお願いしていたのですが、さっそく用意してくれていました。素早い対応に感謝です。


-----------------------------------

【化学療法】


今回は見送りです。


-----------------------------------

【薬】


前述のように、トラマールを常用、オキノームが頓服で追加となりました。ナイキサンは熱が出なかったので今回はなし。


■飲み薬

ウルソ錠 100mg / 1日2回2T 

タチオン錠 100mg / 1日2回1T 

オルメテック 10mg / 1日1回1T

ラックビー微粒N 1g / 1日2回2包 

セレコックス 200mg / 1日2回1T

カロナール錠 500mg / 1日4回1T

ネキシウムカプセル 20mg / 1日1回1T

トラマールOD錠  25mg / 1日4回1T

オキノーム散 2.5mg / 0.5g / 頓服


------------------------------------

【今後】


◆未定: 国立がん研究センター

◆1/30: MRI

◆1/31: イリノテカン+アービタックス療法1クール目(仮)



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
イリノテカン+アバスチン療法11クール目の17日目。

昨日に引き続き、胃痛、右腹部痛、腰痛、背中痛、倦怠感があり悲しいです。今日は首も痛くて、少し頭痛も出てきました。

でも、出社して仕事はしています。会社で椅子に座っていると少しラクです。

今日は会社を途中で抜けてCTを撮ってきました。仰向けに寝ると、腰痛、腹痛が酷くなるので、拷問のようでした。

こちらは、CTが終わった後に食べた「味噌けんちんうどん」。全部食べたら、胃が痛くなりました。本当は胃が治るまで食べないほうがいいかもです。

{BEBD02EF-DCBF-4084-8310-AE91DB44CBDF}

明日は外来で12クール目のスタート。CTの結果がどうであろうと、今回はアービタックスを追加せず、イリノテカン+アバスチンのままで行こうと思います。

で、月末までに東病院に行って治験の相談をして、その結果を受けて次の治療を決めようかと。残念ながら、現在これといったナイスな治験はないんですけどね・・。

でも、アービタックスをやっちゃうと、ベクティビックスを使った治験には参加できない可能性もあろうかと。選択肢はちゃんと残しておきたいと思います。

さて、去年からまとめていた、アービタックス(セツキシマブ)の皮膚障害と、その治療や対策について記します。参考にしたのは下記のサイトです。

--------------------

◆セツキシマブの中止や減薬をゼロにする! 皮膚障害を軽減する投薬とスキンケア
(2009年11月24日、がんナビ)
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/report/200911/100401.html

◆分子標的薬皮膚障害対策マニュアル2011[PDF]
(日本皮膚科学会)
http://miedaihifuka.jp/documents/rashmanual1.pdf

◆がん化学療法による皮膚障害~分子標的抗がん剤を中心に~
(2015年8月17日、看護roo)
https://www.kango-roo.com/sn/k/view/1645

◆消化器癌治療の広場
皮膚障害1
http://www.gi-cancer.net/gi/fukusayo/fukusayo_01_1.html#01

http://www.gi-cancer.net/gi/fukusayo/fukusayo_01_2.html

◆アービタックス 大腸がんで治療を受ける患者さんへ(メルクセローノ)
http://www.merckserono.co.jp/ja/patients/oncology/erbitux_crc/erbitux_crc.html?firstLogin=true

◆アービタックス皮膚症状ケアブック(メルクセローノ)
http://www.merckserono.co.jp/cmg.merckserono_jp_2011/ja/images/erbitux_crc_skin_symptoms_care_book_tcm2453_140946.pdf?Version=

--------------------

以下、まとめです。

<なぜ皮膚障害が起きるか>

アービタックスやベクティビックスは、EGFRというがん細胞を増やすタンパク質の働きを抑える薬。EGFRは皮膚や毛髪や爪にもあるため、薬の投与により発疹や乾燥を起こす。皮膚症状が強く現れた患者は、治療効果が高いとする報告もある。皮疹は8割の患者でみられる。

◆切除不能進行・再発大腸癌初回治療例に対するFOLFOX4+panitumumab療法とFOLFOX4療法の無作為化比較第III相試験 (PRIME試験) における皮膚毒性と抗腫瘍効果に関する検討
(消化器癌の広場)

◆切除不能進行・再発大腸癌二次治療例に対するFOLFIRI+panitumumab療法とFOLFIRI療法の無作為化比較第III相試験 (20050181試験) における皮膚毒性と抗腫瘍効果に関する検討
(消化器癌の広場)

http://www.gi-cancer.net/gi/report/beirinsyo2010/report/3528_3529/3528_3529.html

--------------------

<予防的治療>

①治療開始日から抗生物質(ミノサイクリンやテトラサイクリン)の内服を開始する。
②治療開始日から保湿剤(ヒルドイドローションなど)の塗布を開始する。
③皮疹発現時からステロイド外用薬の塗布を開始する。

--------------------

<スキンケア>

保清,保湿,保護(三保)の対策が基本となる。

●入浴・洗顔・洗浄
皮膚を清潔に保つ、低刺激の石鹸を使う、熱い湯を避ける、長時間の入浴は避ける、洗顔・入浴後すぐに保湿をする、泡だてた石鹸を使う、こすらない

●保湿
保湿剤を多用する、加湿器を使う、暖房による乾燥を避ける

●靴・衣類
ゆったりとしたものを着用する

●紫外線対策
肌を露出しない、日焼け止めを塗る

●テーピング
テーピングで皮膚を引っ張り、爪に食い込まないようにする

●化粧など
アルコールフリー、敏感肌用を使用。化粧水→保湿剤→ステロイド→クリームの順に塗る

--------------------

<症状と治療>

■ざ瘡様皮疹
「ニキビ」様の紅色丘疹や黄白色の膿疱(無菌性膿疱)。顔面だけでなく頭部、頸部、胸部、背部、下腹部に多発する。投与数日で出現しはじめ、1~2週間でピークに達する。発生頻度は90%以上。個疹が大型で疼痛・灼熱感を伴うことが特徴。

(治療)
ステロイド外用薬を用いた治療をできるだけ早期に開始し、皮疹をコントロールすることが重要。その後、徐々に弱いステロイド外用薬にランクダウンすることがポイント。顔面はミディアム、体幹はベリーストロング、頭皮はストロングを使用する。広範囲に及ぶ強い症状を示す場合は、内服治療(抗生物質=ミノサイクリンやテトラサイクリン、NSAIDs、ステロイド)も考慮する。

■乾燥性皮膚炎
乾燥性皮膚炎は全身の皮膚が極端な乾燥状態になり、カサカサした鱗屑を伴う。湿疹化して強いかゆみを訴えることもある。痒みで睡眠障害を引き起こすこともある。手掌・足底では乾いて硬くなった角質層にアカギレ様の深い亀裂を生じると、強い疼痛を伴うようになる。投与後3~5週以降に発現する。

(治療)
へパリン様物質含有軟膏(ヒルドイドソフト軟膏)や尿素軟膏(ケラチナミンコーワクリーム、ウレパールクリーム)、ワセリン(プロペト)を瀕回に外用し皮膚の乾燥を防ぐ。入浴直後に保湿剤を外用すると効果的。亀裂を生じた場合はステロイドテープ剤(ドレニゾンテープ)や創傷被覆材(デュオアクティブ)などを用いる。皮膚乾燥はとくに冬場に顕著となり、放置すると睡眠障害を引き起こすほどの痒みに繋がる。ステロイド外用薬の追加や、抗ヒスタミン剤や安定剤の内服投与も考慮する。

■爪囲炎
爪の周囲に紅斑や腫脹がみられ、炎症が進むうちに暗紅色調となる。側爪郭に亀裂を生じると強い疼痛を認め、やがて肉芽腫を形成するようになる。ひとつの指の両側にも生じ、多発するのが特徴。投与後4~8週程度から発現し、6カ月頃までみられる。進行すると疼痛がひどくなり、靴を履くことや手仕事が困難となることもある。

(治療)
紅斑・浮腫にはステロイド外用薬、亀裂や肉芽形成時には抗菌薬やステロイド外用薬と抗生物質(ミノサイクリンやテトラサイクリン)内服を基本とする。肉芽形成が顕著な場合には液体窒素による凍結療法、テーピングなど,さまざまな皮膚科的処置が必要となる。

--------------------

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。