はるもちの「大腸がん」日記

53歳♂の大腸がん(ステージIV)ブログ。
2013年2月まさかの大腸がん(直腸)発見。開腹手術を受けるも、肝転移と多発性リンパ節転移で切除不能。
でも、ここからが新しい人生のスタート!

【ブログの目的と僕の想い】

自身の記録、家族や友人への報告、同病の方との情報交換や共有が主な目的です。詳細はこちら をご参照ください。


【病歴】
2013年2月、大腸内視鏡検査で大腸がん(直腸)の宣告を受け、4月に開腹手術。6月に肝転移・多発性リンパ節転移で切除不能と診断され、7月から全身化学療法、8月からがんワクチン を開始。病歴詳細は、2013年分は [まとめ] 2013年の記録 を、2014年分は [まとめ] 2014年前半の記録   ならびに[まとめ]2014年後半の記録 を、2015年分は[まとめ] 2015年前半の記録 ならびに[まとめ] 2015年後半の記録 をご覧ください。

【日常、その他】
●漢方(現在処方されている漢方はこちら ) ●食事療法はちょっとだけ(人参ジュース、豆乳のケフィアヨーグルト、日田天領水など。日ごろの食生活まとめ をご覧ください) ●サプリ他(プロポリス、エビオス、新ラクトーンA、コーボンマーベル、マルチビタミン) ●運動(毎日60分のウォーキング目標) ●書籍(2013年に読んだがん関連の書籍 ) ●延命や治療に関する事前指示書   ●がん関連Webサイトリンク集


テーマ:
イリノテカン+アバスチン療法2クール目の13日目、脱毛18日目。体調は悪くはありません。ここ数日は、そこそこちゃんと寝られてるし。

こちらはサムネイル。かわいい。
{37BE286B-9BFA-4F1C-9200-1A19C58A1DEF}

 さて、脱毛もほぼ収束したようです。ここのところ、脱毛ブログになってて済みません。レポートもこれで最後にします。左側が14日目、右側が17日目(昨日)。上から、前、後、横、頭頂部。
{42DC6E90-7435-4EC6-A461-E012992FB0CC}

シャンプーするのがすごく虚しいです。嫁さんには赤ちゃん用の石鹸でも使えば?と言われていますが、まだシャンプーがいっぱい残ってるので使っちゃわないと。でも、あまり泡立たない(笑)。

ところで、頭皮の湿疹を診てもらいに、昨日、自宅近くの皮膚科に行ってきました。どんどん酷くなるし、痒くなってきたし、血は出るし。

で、毛包炎との診断でした。髪の毛の抜けたあとの毛穴に、雑菌などが入って炎症を起こしているのだそう。前回の血液検査でCRPが少し高かったのはこのせいか?

で、な、何とステロイドは却って逆効果になることがあるとのこと。あらま。で、アクアチムという抗菌剤をもらいました。

昨夜から塗っていますが、調子良さそう。主治医の病院ではステロイド塗れって言われたんですけどね。やはり専門医にかかるのは重要ですね。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
AD
いいね!(81)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
イリノテカン+アバスチン療法2クール目の10日目。体調はぼちぼちですが、ちょっと疲れやすいです。単に運動不足かも。いかんです。

こちらは、サムネイル用。昨日、近所の公園で撮影しました。
{8F7C922C-F6F9-46A8-9C7B-7A56C97704DE}

さて、脱毛レポートその4。イリノテカン初回投与から27日目、脱毛14日目です。
{40598204-C541-403A-9B88-65437E462F02}

向かって左側が脱毛11日目、右側が14日目(昨日)。もう、それほど変化が見らられなくなってきました。っーか、ハゲからハゲへの変化ですからねぇ(笑)。眉毛、まつ毛、鼻毛など、その他は、まだ脱毛が始まりません。

アタマのブツブツは、ひどくなる一方。少し痒みが増してきました。昨夜、初めてステロイド塗りましたが、家にあった賞味期限切れ(笑)の奴。次の診察でもらわなきゃ。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
AD
いいね!(96)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
イリノテカン+アバスチン療法2クール目の7日目、脱毛12日目、体調は悪くはありません。昨日、少しだけ下痢気味でしたが、今日は今のところ下痢もなし。

ただ、相変わらずイマイチ眠れません。昨夜も0:30に寝て今朝は5時過ぎには目が覚めちゃいました。途中3時、4時と一旦、目が覚めたりしてます。で、昼眠い(笑)。

ハゲたので帽子を爆買い。ネットで2つ注文したら、嫁さんも2つ注文してました。さらに、今日3つ買いました。家にもいくつかあるので、急に帽子富豪。せっかくなので帽子を楽しもうかな、と。

さて、表題の件。前回の更新は2015年の3月2日だったので、ほぼ1年ぶりの更新です。★印が新しく追加したものです。

ちゃんとチェックしていないので、一部、リンク切れなどがあるかも知れませんがご容赦ください。

--------------------

<公的サイト・団体・施設・学会・病院・大学など>

◆厚生労働省(がん対策情報)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/gan/
>緩和ケア推進検討会
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-kenkou.html?tid=128561
>がん対策推進協議会 (がん対策推進協議会)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-gan.html?tid=128235

◆国立がん研究センター
http://www.ncc.go.jp/jp/
>中央病院
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/index.html
>東病院
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/index.html
>がん研究振興財団
http://www.fpcr.or.jp/
>がん予防・検診研究センター 予防研究グループ
http://epi.ncc.go.jp/index.html

◆がん情報サービス
http://ganjoho.jp/public/index.html
>★拠点病院、相談支援センターを探す
http://hospdb.ganjoho.jp/kyoten
>がんと共に働く 知る・伝える・動きだす
http://special.nikkeibp.co.jp/as/201401/work_with_cancer/

◆がん研究会
http://www.jfcr.or.jp/
>がん研有明病院
http://www.jfcr.or.jp/hospital/index.html

◆全国がん(成人病)センター協議会(全がん協)
http://www.zengankyo.ncc.go.jp/
>全がん協生存率
https://kapweb.chiba-cancer-registry.org/

◆大腸癌研究会
http://www.jsccr.jp/

◆日本癌治療学会
http://www.jsco.or.jp/jpn/

◆日本臨床腫瘍学会
http://www.jsmo.or.jp/

◆日本癌学会
http://www.jca.gr.jp/

◆日本消化器外科学会
http://www.jsgs.or.jp/

◆日本がん免疫学会
http://www.jaci.jp/

◆国立健康・栄養研究所
http://www0.nih.go.jp/eiken/index.html

◆がん対策推進 企業アクション(厚生労働省委託事業)
https://www.gankenshin50.go.jp/

◆東京都がんポータルサイト
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/iryo_hoken/gan_portal/index.html
>がんに罹患した従業員の治療と仕事の両立支援ハンドブック
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2015/03/DATA/20p3a400.pdf

◆日本大腸肛門病学会
http://www.coloproctology.gr.jp/

◆「統合医療」情報発信サイト(厚生労働省)
http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/index.html

◆がんと就労
http://www.cancer-work.jp/

◆キャンサーサバイバーシップ
http://survivorship.info/index.html

◆日本放射線腫瘍学会
http://www.jastro.or.jp/

◆日本骨髄バンク
http://www.jmdp.or.jp/

◆日本サイコオンコロジー学会
http://www.jpos-society.org/

◆化学療法基盤支援活動
https://scads.jfcr.or.jp/

◆医薬品医療機器総合機構
http://www.info.pmda.go.jp/

◆久留米大学がんワクチンセンター
http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/cvc/index.html

◆東北がんネットワーク
http://tohoku-cancer.com/
>東北臨床腫瘍研究会
http://www.t-core.jp/protocol/list.html

★日本補完代替医療学会
http://www.jcam-net.jp/index.html
>★「がんの補完代替医療ガイドブック」
http://www.jcam-net.jp/topics/guidebook.html

★Midnsガイドラインセンター
http://minds.jcqhc.or.jp/

★臨床研究情報センター 
http://www.tri-kobe.org/index.html
>★CTCAE有害事象共通用語規準
https://sae-rep.tri-kobe.org/search-ctcae-attention.jsp

★日本緩和医療学会
http://www.jspm.ne.jp/
>緩和ケア.net
http://www.kanwacare.net/

----------------------------------------

<メディア>

◆がんナビ
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/cancernavi/

◆日経メディカルONLINE
http://medical.nikkeibp.co.jp/
>癌Experts
http://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/search/cancer/

★日経Gooday
http://gooday.nikkei.co.jp/

★CareNet
http://www.carenet.com/

◆GIcnacer-net消化器癌の広場
http://www.gi-cancer.net/gi/index.html

★MedicalTribune
https://medical-tribune.co.jp/

◆がんサポート
http://gansupport.jp/

◆CancerChannel
http://www.cancerchannel.jp/

◆apital(アピタル/朝日新聞社)
http://apital.asahi.com/

◆yomiDr.(ヨミドクター/読売新聞社)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/

◆ロハス・メディカル
http://lohasmedical.jp/
>ロバルト・ヘルス
http://robust-health.jp/

◆Medエッジ
http://www.mededge.jp/

◆J-STAGE
https://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja/

★QLifePro
http://www.qlifepro.com/
>★医療NEWS
http://www.qlifepro.com/news

★健康百科
http://kenko100.jp/

----------------------------------------

<海外・海外情報>

◆National Institutes of Health(NIH/米衛生研究所)
http://www.nih.gov/

◆National Cancer Institute(NCI/米国立がん研究所)
http://www.cancer.gov/

◆U.S.Food and Drug Administration(FDA/米食品医薬品局)
http://www.fda.gov/

◆MD Anderson Cnacer Center
http://www.mdanderson.org/
>メールの購読(無料)
https://www3.mdanderson.org/subscription/

◆チームオンコロジー.Com
(MD Anderson Cnacer Centerが日本国内でUPしているサイト)
http://www.teamoncology.com/index.php4

◆Patients Like Me
http://www.patientslikeme.com/

◆海外癌医療情報リファレンス
http://www.cancerit.jp/

◆がん情報サイト(PDQ日本語版)
http://cancerinfo.tri-kobe.org/index.html

◆NCCNガイドライン(日本語版)
http://www.tri-kobe.org/nccn/index.html

◆LIVESTRONG Foundation
http://www.livestrong.org/

----------------------------------------

<NPOなど>

◆日本対がん協会
http://www.jcancer.jp/
>リレー・フォー・ライフ・ジャパン
http://relayforlife.jp/

◆わたしのがんnet
http://www.my-cancer.net/

◆がんサポートコミュニティー
http://www.csc-japan.org/

◆JPOP-VOICE
http://jpop-voice.jp/cancer/index.html
>◆大腸がん体験者の声
http://jpop-voice.jp/cancer/daicho/index.html
>◆桜井なおみさんのインタビュー
http://jpop-voice.jp/cancer/plus/1003/01.html

◆日本慢性疾患セルフマネジメント協会
http://www.j-cdsm.org/

◆キャンサーネットジャパン
http://www.cancernet.jp/

◆Over Cancer Together
http://www.octjapan.jp/

◆ディペックス・ジャパン
http://www.dipex-j.org/

◆CSRプロジェクト
http://workingsurvivors.org/

◆マギーズ東京プロジェクト
http://maggiestokyo.org/

◆日本ホリスティック医学協会
http://www.holistic-medicine.or.jp/

★全国がん患者団体連合会(全がん連)

★AWAがん対策募金

★京都ワーキング☆サバイバー
http://www.kyoto-working.com

----------------------------------------

<臨床試験>

◆日本医薬情報センターの「臨床試験情報」
http://www.clinicaltrials.jp/user/cteSearch.jsp

◆UMIN(大学病院医療情報ネットワーク)の「UMIN臨床試験登録システム」
https://upload.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr.cgi?function=search&action=input

◆JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)
http://www.jcog.jp/basic/clinicaltrial/index.html

◆国立がん研究センター中央病院治験情報
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/clinical_trial/index.html

◆国立がん研究センター東病院治験情報
http://www.ncc.go.jp/jp/ncce/division/clinical_trial/index.html

◆ClinicalTrials.com(海外)
http://www.clinicaltrials.com

◆ClinicalTrials.gov(海外)
http://www.clinicaltrials.gov

◆Trials4Me(Beta版)
http://trials4me.lillycoi.com/

----------------------------------------

<情報・その他>

◆がんと・ひとを・つなぐ オンコロ
http://オンコロジー.com/

◆サバイバーシップ
http://survivorship.jp/

◆がん患者のあきらめない診察室
http://2nd-opinion.jp/

◆がん治療の虚実
http://ameblo.jp/miyazakigkkb/

◆健康マトリックス
http://kenko.it-lab.com/

◆にほんブログ村(大腸がん)
http://sick.blogmura.com/colorectalcancer/

◆がんの最新ニュース(がん・ガン・癌スーパーリンク)
http://gan3.com/hotnews.html

◆がん制度ドック
http://www.ganseido.com/

◆市民のためのがん治療の会
http://www.com-info.org/hayawakari.html

◆ガンが消えたひとに、何を食べたのか教えてもらった
http://chikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-1651.html

★有害事象共通用語規準(臨床研究情報センター)
>ご利用の前に
https://sae-rep.tri-kobe.org/search-ctcae-attention.jsp
>検索画面
https://sae-rep.tri-kobe.org/search-ctcae

----------------------------------------

<製薬>

◆ノバルティス ファーマ(がん・白血病を知る)
http://www.novartis.co.jp/life/cancer.html]

◆アストラゼネカ(がんになっても)
http://az-oncology.jp/

◆イーライリリー(がん情報タウン)
https://www.lillyoncology.jp/

◆ブリストル・マイヤーズ(大腸がんを生きる仲間)
http://www.bms.co.jp/daichogan/

◆大鵬薬品(Cancer Therapy.jp/コンセンサス癌治療)
http://www.cancertherapy.jp/

★ファイザー(がんを学ぶ)
http://ganclass.jp/

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
AD
いいね!(79)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

くだらねえが、やっちまった。今の俺のアタマに似てるから、ついアップ。ロマンチストだと?こんなアタマして?あー、アメブロさんに、してやられてる。

--------------------

ちょっぴりロマンチストなあなたにぴったりなキャラは…

ちょっぴりロマンチストなあなたにぴったりなキャラは…
いいね!(31)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
イリノテカン+アバスチン療法2クール目の5日目、脱毛11日目。

昨日は体調がイマイチでしたが、今日は大丈夫。昨日も今日も、朝起きたときに頭痛がありましたが、ロキソニンがしっかり効いて問題ありません。

1クール目ほどではありませんが、若干の不眠があります。昨夜0時くらいに寝て、今朝は5時には目が覚めました。

少し下痢気味です。1クール目も5日目から6日目にかけて下痢しました。今回も同様なら明日がピークです。

こちらはサムネイル用のウチのワンコ。くぅーっ、カワイイ。
{180E749C-FBD3-4276-BC98-36A1FCA6420B}

皆様お待ちかね(?)、脱毛レポートその3。

脱毛は進行していますが、収束に近い感じ。今残っている子たちは、イリノテカンにも負けない強い子らしく、ちょっと引っ張っても抜けません。がん細胞も同じで、強い子は残るのか・・・? ま、それは考えないでおきましょう。
{5AF8528C-A8B9-4734-BFDE-4B4F9C039A2F}

左側が7日目、右側が11日目(今日)。上から、後、前、横、頭頂部。微妙に頭髪が残るくらいなら、がっつり全部抜けちゃったほうがいいのに、と思うのは僕だけ?

赤いブツブツが酷くなってきました。少し痒いくらいで大きな問題はありません。まったく薬などをつけていないので、そろそろ何か塗ったほうがいいかも知れません。

頭髪以外、眉毛、まつげなどは、少なくともまだ抜けていません。これからですかね? やはりアピアランスが気になるので、会社にはハンチング帽をかぶって出社し、会社ではニット帽をかぶっています。あー、面倒。

さて「減薬」の件。医療者でも何でもない僕が言うことなので、話半分、鵜呑みにはせずに読んでください。

しばしば、抗がん剤の副作用に耐えかねてQOLが下がっている方の話をお聞きします。そんな方には、減薬をオススメします。

治療をして長生きするのはいいのですが、生きている間に副作用に悩まされ続けるのでは、まったく意味がありません。QOLを上げ、毎日を明るく楽しく豊かに過ごすことこそ、大きな意味があると思います。

僕の場合、もともと体質性黄疸、かつ、白血球が少ない体質ということもあり、TS-1とオキサリプラチン(エルプラット)は80%でスタートしました。その後、オキサリプラチンは一旦休薬、再開後はさらに60%に減薬しました。それでも2年9カ月、使い続けることができました。

また、現在のイリノテカンはUGT1A1の遺伝子多型もあり、当初から50%で投与しています。もちろん副作用は人によって出方がまったく違うと思いますが、減薬の効果もありQOLはかなり高く保たれています。

周囲の話を聞くと、減薬をしてがんと上手に付き合っていらっしゃる方のほうが、QOLが高く、しっかりと人生を楽しみ、結果的に長生きしているケースが多いように見受けられます(注:何らかのデータや、根拠があるわけではありません)。

そもそも、企業として利益を追求することが本質であるとすると、薬剤メーカーは「できるだけ薬剤を多く使ってもらう」ほうが良いはずです。そこまで言わないにしても、「病気を治すためなら、多少のQOLの低下は我慢してもらおう」という考え方が多少なりとも前提としてあるはずです。

そう考えると、現在、標準的に使われている薬剤の量は「死なない程度の最大量」と言える可能性もあります。試験の結果から標準量が定められるのであって、標準量より少ない量での試験は行われていません。

副作用に悩まされ、生きている意味が感じられない方は、ぜひ、先生と相談してみてください。

しばしば「減薬を患者が進言するのはとんでもない」「減薬などは一切しません」などと、アタマの固い先生の話も聞きます。こうした場合は、投与量を変えずに、投与期間を変えてしまいましょう。

2週間の間隔であれば、それを3週間に変えてしまえば、結果的には66%の減薬になります。これによってQOLの高い1週間が生まれるかもしれません。

かなりの悪知恵ですが、次回の予約の際に「都合が悪い」と言って3週間後にするとか、あるいは、「風邪をひいた」とか「熱がでた」と言って、予約を先延ばしにすればいいと思います。投与量を変えてくれない先生には、そうやって患者側が自ら対処するしか方法がありません。

もちろん、化学療法そのものを否定しているわけではありませんし、現在、QOLが高く保たれている方は減薬などの必要はないと思います。また、減薬は「病気が治らないことを意味する」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんので、減薬を無理強いするつもりもありません。

とにかく、皆さんが、できるだけ長生きして、かつ、副作用に悩まされずに、毎日楽しくすごせることを祈ってやみません。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
いいね!(99)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
イリノテカン+アバスチン療法2クール目の2日目、脱毛7日目。

悪心、倦怠感などが少しだけありますが、大したことはありません。食欲はないのですが、食べると余裕で食べられます。

昨夜は「食欲ないし、食えるか分からないので安い店で」ということで、近所の丸亀製麺に。ところがどっこい、おろし醤油うどん、かしわ天、おいなりさんを平気で平らげました。あらま。

でも、今回も不眠が。昨夜は1時過ぎに寝たにも関わらず、朝5時には目が覚めました。しかもイマイチ熟睡してしてなくて、途中で何度も目が覚めます。

昨日の診察で先生に話しましたが、眠れないというのは聞いたことがないと。何だかなぁ。でも、日中も大して眠くないし、元気だから、良しとします。

今日はビルボードにチャカカーンを観に来ました。チャカ、63歳だそう。もっと若く見えます。チャカの歌はチャカしか歌えない。すごい存在。
{9DF25BF6-E071-41BA-858E-35C5CA4E6A8F}

さて、脱毛の件。気付いたら脱毛が始まったのは母の日でした。母に会えなくなる「脱毛」がスタートしたのが母の日なんて。なんだか皮肉です。

脱毛は、さらに激しい(禿げしい)状態になってきました。ここまで急に進行するなんて思ってもいませんでした。3日前に床屋に行ったのがもったいないくらい。

残念ながら、かなり病的。んー、どうにもならんか。あまり隠すつもりはなかったのですな、やはり人目が気になります。母親には死んでも見せられない。

向かって左側が脱毛5日目、右側が7日目(今朝)。
{39C4BC04-CC1A-48B2-8619-38F75C01212D}

5日目までは、ギリギリどうにかって感じでしたが、さすがに今日はもうダメ。んー、剃りたくなってきた。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
いいね!(99)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は外来で血液検査、診察、化学療法。イリノテカン+アバスチン療法2クール目がスタートしました。
 
今朝は頭痛がありましたが、化学療法が始まる頃には治りました。それ以外、体調は良好です。

いま、帰りの電車の中。ほんの少しムカムカするくらいで、大したことはないです。あとは鼻水がよく出ます。お腹の具合が少し心配ですが、少なくとも自宅まではどうにかなりそうです。

脱毛は1日ごとに進んでいます。今日はさすがに病的。ニット帽かぶってみましたが暑いの何の。

そのまま電車に乗って周りの反応でも楽しもうと思いましたが、みんなスマホに夢中で50過ぎのオッさんのことは全然見てくれません。ダメだこりゃ。

頭皮のブツブツがチョコやコーヒーの可能性があるにも関わらず、化学療法中にチョコ1箱を平らげる。JINSの安メガネと3足1000円のグンゼの靴下が素敵な53歳。お願い、誰か私を見て。
{6486AA3C-0812-48E3-9BFB-89F13BD323DB}

今日の結果をまとめます。

--------------------------------------
【血液検査】

白血球3300。骨髄抑制は起きていませんね。良い子、強い子、元気な子。総ビリルビンは0.8で問題なし。

嫁さんから携帯に「骨髄抑制はどう?」とメッセージ。この写真を送ったら「何を見ればいいか分からない」と。「骨髄抑制」とか書いてあると思ったみたいです(笑)。少し勉強しなさい。
{16D80352-79D9-40FD-A194-5BEF030BFF6E}


■総ビリルビンの推移
(基準範囲0.5-1.5、旧0.3-1.2)
2014/6/3  1.4
6/24  1.0
7/15  1.5
(中略)
2016/1/5  1.4
1/26  1.4
2/16  1.0
3/8  0.9
4/1  1.0
4/25  1.2
5/13  0.8

-----------------------------------
【腫瘍マーカー】
今回は計測なし。

■CEA (上限5.0)
2013/6/17  22.9
7/2  27.5
8/13  16.9
9/24  4.1
11/5  2.0
12/17  2.1
2014/1/28  1.4
(中略)
12/16  2.3
2015/2/17  3.6
3/31  6.5
6/9  16.3
7/21  17.9
9/29  16.3
12/8  19.4
2016/1/26    23.1
3/8  26.7
4/25  31.5

■CA19-9 (上限37.0)
2013/6/17  5.3
(中略)
2014/9/2  6.4
11/4  7.0
12/16  7.2
2015/2/17  7.4
3/31  8.1
6/9  8.2
7/21  8.9
9/29  9.8
12/8  10.4
2016/1/26    10.5
3/8   12.8
4/25  13.2

-----------------------------------
【化学療法(点滴)】

イリノテカンがジェネリックだから嫌です、と先生に言ったら、調剤の方の権限なので調剤に聞いてくれと。で、化学療法室でお願いしたけど「ウチは大鵬のジェネリックしかありません」と。ないものは仕方ないけど、どこの病院もそうなのかなぁ。

あ、アバスチンが前回から減量されてたんだ。先生に理由を聞くの忘れた。

■今回の点滴
デキサート3.3mg
アロキシ 0.75mg
アバスチン340mg(66%、510mgから減量)
イリノテカン140mg (50%)

-----------------------------------
【薬】

副作用が軽かったことを報告。先生「デカドロン、やめてみようか?」と。ということで、セロトーンだけもらいました。副作用がひどければ、ウチに残っているデカドロンを服用します。

頭皮のブツブツは大したことないので、酷くなるようならウチにあるステロイドを適当に塗ることにしました。

■飲み薬
ラックビー微粒N 1g / 1日2回2包 / 21日
ウルソ錠 100mg / 1日2回2T / 21日
タチオン錠 100mg / 1日2回1T / 21日
セロトーン錠 10mg / 1日1回1T / 3日
オルメテック 10mg / 1日1回1T / 21日
<漢方>
半夏瀉心湯、十全大補湯、桂枝茯苓丸

------------------------------------
【今後】

◆5/27: イリノテカン+アバスチン療法3クール目
◆6/14: がんワクチン5クール目の2回目(久留米大学)


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
いいね!(83)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
イリノテカン+アバスチン療法1クール目の17日目、体調は良好です。明日は外来で、血液検査、診察、化学療法。2クール目のスタートです。

さて、イリノテカンの脱毛記録、残しておきます。写真は、お世辞にもキレイとは言えないので、ご覧になりたくない方はスルーして下さいね。

下はサムネイル用。あー、カワイイ。
{F7065B74-100F-4809-9E66-F3A5536EA973}

脱毛はちょっと悲しいですが、第三者的に観察して少し楽しんでいます。病的に見えず、ただのハゲ(笑)に見えることを切に望みます。

さて、こちらは使用前。もともと短髪です。年相応に白髪も。床屋さんの「白髪交じりの方が、却ってカッコいい」という言葉に騙され続け、ある時から染めていません。上が前から、下が後ろから。

◆使用前
{1B86FC5E-64BB-4D67-ADAD-AC66BB39AD40}

で、こちらが使用後(脱毛後)。

◆使用後
{DC40BB19-55C6-4132-BA0A-4CDB998DC3B8}

向かって左側が、昨日の朝(脱毛4日目)。右側が今朝(脱毛5日目)。上から、前、後、横、頭頂部。

ご覧の通り、昨夜、散髪に行ってきました。ブロ友のDさんの助言を参考にしつつ、さらに、行きつけの床屋さんと相談して、頭頂部12ミリ、刈り上げ8ミリ。ハゲ隠し(笑)で多用される手法だそうです。

ブロ友Dさんからは「あまりに短いのは、目に入って痛いよ」と。五厘刈りくらいにしようと思ってたので危ないところでした。

床屋さんからは「剃るとメンテナンスが大変だよ」と。んー、僕にメンテは無理かも。少なくともブツブツがある以上、剃れないですね。

写真を見ると、頭頂部の赤いブツブツが目立ちます。肌が弱いので、単なるブツブツか、クスリの副作用なのか切り分けができません。

散髪のおかげで、お風呂から上がった時のストレスが減りました。何しろ風呂上がりに毛が抜けるのが面倒で面倒で。タオルが大変なことになるんです。短くなっただけで、大きな違いです。

普通に寝たりしている分には、今のところ抜けません。どうしてでしょ?気づいてないだけ?

髪の毛を抜いて人に見せたりしてましたが、だれも喜ばないし、みんな見たがらない(笑)ので、もうやめました。我ながら、相変わらずやることが子供っぽいです。反省しきり。


☆大腸がんブログはこちら!☆
いいね!(80)  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
イリノテカン+アバスチン療法1クール目の15日目。体調はぼちぼちです。

ちょっと前の新聞のチラシで見つけた、ヘンなコピー。「だんご三兄弟熱唱」ってあーた、どう熱唱すんのよ。
{A71D867F-CE2D-4AF7-8718-4DA6E3AF0397}

試しに嫁さんと一緒に熱唱してみました。かなり笑えます。皆さんも試しにどうぞ。

さて、髪の毛は、どんどん抜けています。ちょっと引っ張れば、この通り。汚くて済みません。
{12135337-4B27-4BA6-8D86-2BB535E40095}

引っ張らなければそんなに抜けませんが、風呂に入ったりすると大変なことになります。あんまり面倒なので、明日、近所の馴染みの床屋に行って五分刈り(=高校球児、×青空球児)くらいにしてこようと思っています。

本当は剃ってしまいたいところなのですが、頭皮にブツブツと赤い湿疹があります。湿疹があると、剃るのは難しくなるだろうし、毎日剃るのも自分が大変なのでやめておきます。剃るのはもうちょっと先のお楽しみ。

もともと皮膚が弱いので、単なる湿疹か、はたまた皮膚障害なのか、切り分けができません。罹患してからは、そんなのばっかり。このままだと剃れないので、困っちゃいます。

ちなみに髪を短くするのは、古い話ですが中学生の頃に剣道部で五厘刈りなどをしていたのでまったく抵抗感はありません。

嫁さん、メッセージで「そう言えば、あなたは昔『県道』やってたんだよね」と。俺、地方公共団体じゃねえし。

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
いいね!(102)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
イリノテカン+アバスチン療法1クール目の13日目。

ここ数日、髪の毛を引っ張ってみてたのですが・・・さっき、いよいよ抜けました。思ってた以上に、するっと。

残念ながら抜けないという事はなかったようです。だいたい2週間くらいという話だったから、13日目というのは、ほぼ予定通りではありますね。

僕は、最終的にはツルツルの丸坊主にしちゃおうと思っています。

「最初はいつも行っている床屋さんにやってもらえば?」という嫁さんのアドバイス。確かに、最初から自分で剃るのはハードルが高いかも。髭も長くなると、剃るのが大変ですからねぇ。

この機会に長く使っている髭剃りも、ちょっとだけ高級なものに新調しようと思います。アタマを剃って流血とかしたくありませんし(笑)。

ちなみに、アタマを剃ると寒いらしいですね。嫁さん、帽子を買えば?と早くも心配をしています。

髪の毛が抜けるのは一向に構いません。でも、罹患したことを内緒にしている母親には、しばらくは会えなくなります。

薬は長く効いて欲しい。でも、薬が効いている限り母親には会えない。んー、ジレンマ。

1年経っても薬が効いていたら、姉と作戦会議をするか、ヅラを手配するか・・。でも、ヅラは絶対にバレるよなぁ。ま、あとで考えればいいか。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
☆大腸がんブログはこちら!☆
いいね!(98)  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。