船井幸雄さんの会「にんげんクラブ」の、

同名の会報誌の巻頭インタビューを

8/5発行9月号から書かせてもらっています。


6月に取材した真砂三千代さんの記事が

この号に掲載されました。


真砂さんは

アジアや日本の「衣」を原点に、

日本の糸や染めや織りを活かした服づくりをしている衣作家。


服は単なるファッションではなくて、

素材や染料の力が人を癒したり元気にしたり、

自然や植物を敬う作り手の気持ちに包まれたりするもの。


実際に真砂さんは

地元の畑で育てた藍で染めて服を創っています。

 

オペラ歌手の春原恵子さんのステージ衣装も

真砂さんの手によるもの。

あるものは竹で白を出した光の布です。


私は天蚕の普及活動もお手伝いしていますが、

「衣食住」で「衣」が一番に来るように、

まとうものにはそれぞれ意味があります。


産着から旅立ちの装束まで誰もがお世話になるのです。
布の深さにもっと触れて、

神事の衣装なども研究したいと思っています。

 

会報誌『にんげんクラブ』(冊子)の

巻頭インタビュー記事をどうぞ読んでください。
「にんげんクラブ」

 

9月20日(水)から26日(火)まで。
松屋銀座7階で「真砂三千代秋の衣展」が始まります。
afaのサイト

 

 

AD