1年に一回くらい、

あるヒーラーさんに観てもらってるんですが、

今年は1月の下旬にメッセージもらいました。

 

昨年夏前の3カ月がとてもたいへんでしたね。

それがピークでしたね。

でももう終わりました。って、

そう、父の最期の時でした。

(それ言ってませんでしたが)

 

そして今年4月、5月から

いろいろなことが鮮明になって

梅雨あたりから新しいことが始まる。

 

まさにその通りに進んでいて驚きます。

新しい仕事のお話がいくつか来ていて、

住居周辺が少し変わって、

庭仕事ができるようになって、

新しいことと出会っています。

 

でもそれは、新しいことに手を出すのではなくて

もともとやるべきだったことを

ようやくする時が来たのだと解釈してます。

 

何より、農的ライフを中心に

文筆業の分野が広がっていることが

ありがたい。

 

しばらく書かなかった間に

季節も変わってお庭も農園も

大きく変化しています。

 

アブラナ科の葉っぱに
モンシロチョウが
次々と産卵するので、
ついにこんなのをかけることになりました。


アルミワイヤーで半円型の支柱を作って
シュロの茎で止めて、
市販のシートをかけて出来上がり。
よく見たら中に青虫が入ったままなので
取り除くという地道な作業が続く(笑)

 

 

大好きなホーリーバジルは、
特別にポットにまいたのだけど
発芽に時間がかかってます。
トゥルシーティー、
いつになったら飲めるんでしょう。

 

 

 

さて、2番目の写真の2つの葉っぱ。
どちらがヨモギでしょう!

右がキク科の植物。

左がヨモギ。

 

昨年から勝手に生え出した葉っぱが
ヨモギではないかと期待してたけど
どうやらキク科の何からしい。
自然栽培のヨモギを手に入れたので
比べてみたらこんな感じ。
そっくり。

 

そうそう、今年は梅干しやるつもりなんだけど、
青も黄色も落下し始めてるので、
下旬の梅仕事まで冷蔵庫で保存することに。

 

その他の季節仕事。
ヨモギとドクダミ乾燥中。
ジューンベリーはジャムをやめて酵素ジュースに。
ドクダミ化粧水とドクダミクリームもつくった。
今年はなんだかマメに働いてます。

 

AD