畝づくりから6日目。
1回目の種まきから3日目にして

ついに発芽!

 

1ミリくらいなので見えないかもしれません。

中央に小さな新芽があります^^


この辺りは、バジルかレタスか、
ミックスしたのでわからないけど
楽しみ〜。

 

そして昨日は
月がしし座のところにいるので熱のエレメント。
「実の日」なので、
泉農園の黒大豆をまきました。
豆がつるを伸ばして行く様子を
イメージして、小さい畝をもうひとつ追加。

 

 


葉、実を終えて、次回は根の野菜です。

あとは、猫よけ(トイレされますT_T)の

タンジーや大好きなホーリーバジルの
苗と種が連休明けに届くので、
また場所つくらなきゃ。

 

庭には、昨日蕾だったアヤメが咲いて、
まるまると太ったクマバチ。

プーさんみたいで可愛い。

 

 

 

農園の話が続いています。

今まで、自己発見やリソースや

ライティングなど

マインドとメンタルと

ビジネスに関することを

あれこれ言っていたのに、

突然、農園になって、

ついには個人セッションやめるとか言って、

この人何?って

思われているかもしれません(笑)

 

それについて少しだけ。

突然気が変わったとか

新しいものに飛びついたのではなくて

元の自分に戻っているだけです。

私自身も本当のリソースを

活かしたいと思っているのです。

 

 

そして、

 

何かのために無理にすることを

もうやめよう

 

と思うのです。

何かのためというのは

 

収入のため。

もっている資格を活かすため。

義理人情で。

周囲がみんなしているから。

競争心で。

世間体で。

社会的な位置づけを意識して。

 

などなど。

 

見れば、

これらの共通点は

軸が自分以外のものに向かっていること。

 

自分の軸が定まっていたら

それに従えばいいだけのこと。

 

元々決まっていたであろう

自分の役目であれば、

 

まったく無理をしないのに

スイスイ進む。

 

面白くて

探求したくてたまらない。

 

そうしている自分が

とても活き活きとしている。

ーと人に言われたりするし

自分でもそう思う。

 

どんな方法で

何をすればいいかは

自分が見つけるしかなくて、

誰かと同じようにやってもダメなんです。

 

それで、

人々の光を世に出す、

自分の光も輝かせる。

というコンセプトは変わりませんが

もっと本質に向かって

アプローチしたくなったんです。

 

野菜の育て方などを教える訳ではありません(笑)

聴かれれば体験談としてお話ししますが。

 

土と種と触れ合うと

たくさんのことが見えてきます。

 

自然の摂理や、土の中の命や

目に見えない菌や

循環や自然のペースや

はたまた人のエゴやなんかが

見えてくることがあります。

 

植物の生命力を感じて

ただ、生きるということも感じたりします。

 

それを伝えていきたいのです。

前からこんなふうな

土と植物と真剣に向き合える時を

ずっと待っていました。

いろいろな事情で

やっと今になったというわけです。

 

だから、

根本は変わらないのだけど

発信していくことが違う

ーーーそれだけです。

 

『人生で必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』

(ローバート・フルガム)

『人生で大事なことは、農園と稽古場で学んだ』

私の場合はこれ。

 

「稽古場」については

また改めて書きますが

演じることを練習すると

さまざまなことが見えてくる。

人間探求の最たるものなので。

 

なので、演技メソッドは心理学の

体験学習のようでもあります。

 

「農園と稽古場」からの発信です。

 

 

AD