週末に「フィンドホーンの会」で

「セイクレッドダンス」を

踊ってきました。


フィンドホーンは

1960年代に創られた

スコットランドの

エコビレッジ。

何年も前に聴いたその場所に、

いつ行けるかなあと思いながら

ダンスのCDを手に入れたけど

振り付けがわからない。

 

そうしたらこの

「フィンドホーンの会

〜春の女神を迎え入れる」に

出会ってしまいました。

 

この花は、メンバーの方が作ってくれて

会場の中央に置き、

みんなで囲んでワークをしたり

シェアしたりしました。

まさに、春の女神を迎え入れる演出!

 

600曲くらいあるダンスから3種類を、

現地でダンスティーチャーの資格を

取った方がリードしてくれます。

 

フォークダンスみたいです。
何かを表現するのではなくて。

シンプルな動作を繰り返すダンス。
まさに「踊る瞑想」。
自分の内側を見つめる時間です。

 

その他にも

人とつながるワークや

唄、倍音、瞑想、

エンジェルカードのシェアなど、

身体に触れる、動かす、

踊る、歌う、内観して

分かち合う時間を共有。

魂が大喜びしました。

 

自分の魂が駆け引きの算段なしで

喜ぶこと。

それがリソースにつながる

”光”なんだ

 

と、改めて思いました。

 

内面に

比較や

恥じらいや

卑下や

嫉妬や

不信感や

焦燥感などは

微塵もなくなって

至福の時

 

になるのです。

それが

自分の”光”なんです。

 

これを自信を持って

言えるってことも気持ちいい。

言えない時期もね。

きっと。

 

 

”光”を見つければ、

あとは何をするか

絞り込まれてきます。

 

「何をするか」という行動の中身は

いくらでも決められるので

それは後で考えましょう。

 

マンツーマンで

”光”を見つける

「光のセッション」は継続募集中しています。

 

今まで、長い間

このことでさまよっていたとしたら

今度こそ

大きな気づきと変容を手に入れてください。

 

言葉

写真

対話

発話

書く

あなたにとって最適な方法を複数チョイスして

 

「ストーリー」を作り、

人生のシナリオを書き、

”光”を見つけていきます。

 

身一つでいらしてください。

 

きっと春の光が見えてきます。

 

きっと内側の女神が目を覚まします。

 

「光のセッション」は、

2月の日程が少なくなりました。

 

詳細はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
AD