12月22日に開催の

「あなたの中の光を見つける

価値観カードとヒプノセラピー」で

どんなことをするか、

よりわかりやすくするために

「ヒプノセラピーとはなんぞや?」

ということを

長岡純さんにインタビューしてみました。

 

 

これ読んで何か感じたらいらしてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヒプノセラピーってどんなこと?

 

※は=山上晴美、ま=長岡純

 

 

は ヒプノセラピーのことを簡単に言うとどんなこと?

 

 潜在意識にアクセスして、

トラウマや思い込みを癒す心理療法。

催眠療法ともいうけど、催眠と言っても

完全に眠った状態ではなくて、

睡眠と覚醒の間の状態、

「あわい」ともいうエリアにいるときのことです。

 

は 催眠療法って聴くと、少しドキドキするわ

 

 そうかもね。

完全に眠っている訳ではなく

目は覚めていて、その時にどの意識レベルに

いるかという幅がとても広いの。

例えば、「目を閉じて美味しいケーキを

イメージして」って言うと、

きっと何か浮かぶと思う。

それが既に催眠状態の始まりなの。

本人は催眠に入っているとわからないのだけど。

 

 

は その状態にいると何がいいの?

 

ま その状態にいる時はとてもリラックスするの。

リラックスすると

普段は閉じている潜在意識に

アクセスすることができるようになるの。

それは潜在意識の奥深くにある

ハイヤーセルフや超意識といわれる部分と

つながることでもあるの。

リラックスしている時は

副交感神経が優位になるので、

それだけで癒しが始まり健康にもなるの。

脳波もベータ波からアルファ波優位になってくる。

この覚醒と睡眠の間の状態のアルファ波のときは、

精神活動が活発で、意識レベルが高まっているときなの。

実は、誰もが日常のなかで

そこを行ったり来たりしているのだけど

自覚はないのよね。

 

 

は ハイヤーセルフや超意識とつながる!?すごい。
そのいい状態を意識して作り出すのがヒプノセラピーなのね。

で、具体的には受けるとどんなことが起きるの?

 

 変性意識状態とも言うのだけど、

そうなると潜在意識のフタが開いて、

そこにしまわれていた過去のトラウマや

思い込みなどが出てくるの。

潜在意識の不思議なはたらきで、

今直面している問題の原因や

関係のあるものがちゃんと出てくる。

それから、変性意識状態でイメージをすると、

それが実現するための種がまかれた状態になるの。

 

 

 その意識状態の時、

「イメージしたものが実現するための種がまかれる」って

ところが面白い

 

ま  それは暗示にかかるのと同じ状態で、

イメージをすると、それが脳に植え込まれるの。

たとえば何かを達成して嬉しいというように、

感情を味わいながらイメージすることで、

より脳に定着しやすくなるの。しっかりと

イメージすると、脳がそれを受け入れ実現して行く。

 

は 潜在意識にある記憶が具体的になって出てくるの?

 潜在意識は悩みの元となっている

記憶の貯蔵庫のようなもの。

それは言葉になったり、イメージになったりして、

その人の得意な感覚を通して出てくるの。

そうやって今悩んでいることの

本当の原因に気がつけば、

そのことはクリアーされていく。

 

 ふーん、気づけば

クリアーされるっていうのがいいね。

私が以前、純さんの個人セッション受けた時は、

確か、親との関係でインナーチャイルドのことだったわ。

 

ま そうね。

いろいろなやり方があるのだけど、

その方がどんなテーマを抱えているかを

よくうかがって、最適な療法を選ばせてもらいます。

今の問題の原因へと退行してみると、

幼い頃の親との関係に行きつくことが多いの。

 

は 親との間で解決されてないことが

他人との関係に反映されるものね。

それすごくわかるわ。

           

ま 幼い頃の親との関係が人間関係の基礎になるから、

大人になってからもずっと影響を受けるのよね。

でもその問題が浮上してくるということは、

今の自分にそれを受けとめることができると

潜在意識が判断したからなの。

まだ無理という段階では出て来ないの。

 

 純さんは、どんなきっかけで

ヒプセラピーを仕事にしようと思ったの?            

 

ま まず、私自身の育った家庭環境に問題があったのね。

知らずに長年それを引きずってきた。

だから生きづらかった。生きづらいということさえ

気づかなかったんだけどね。

そういうことがあってヒプノと出会った。

自覚はなかったけど、

深い所で癒されたかったんでしょうね。

ある時自分ヒプノ

(自分で自分をヒプノセラピーする)してみたら、

潜在意識が分厚いコンクリートのイメージを見せてくれた。

ヒプノでは出て来たものが何なのか

自然にわかるのだけど、それは幼い頃自分の心に築いた

壁だってわかったの。

もうこれ以上傷つきたくないって、

無意識のうち心をコンクリートで覆って守っていた。

それから、警戒心で逃げようとする猫も出てきた。

猫のようにおびえていた象徴ね。

そして、鳥が出てきたの。

自由に大空を舞っていいってメッセージだった。

最後に孟子が出てきて、壁の「山紫水明」みたいな掛け軸を指して

「行きましょう。あそこに」って言うの。

 

は 面白い!

いろんな動物や孟子まで出てきたのね(笑)

で、その後の純さんは?

 

 このことも含めていろいろなことがあって、

まるで十二単を一枚一枚脱ぐように

少しずつ癒され軽くなっていった。

これからも私の自分癒しは続いていきます。

人様にセラピーさせていただく者は

まず自分を癒さなければね。

 

以前、スピリチュアルのことを知りたい時期があって、

22年くらいいろいろなことを学んできたの。

ブライアン・ワイス博士の「前世療法」も読んで、

ずっとヒプノセラピーをやってみたいと思って。

で、4年くらい前にあるイベントでヒプノに出会って、

それから本格的に学びはじめたの。

 

は なるほど。長く気になっていたのね。

それで、今、ヒプノセラピーは

どんな場面で使われているの?

 

ま 個人セッションやワークショップの他、

医療にも取り入れられているのよ。

私は、健康で、スッキリして

未来に向かいたいと思っている前向きな人にこそ

やってほしいの。

抱えている荷をおろしていって欲しいからね。

 

は そうね。まさに。

問題がゼロって人はいないものね。
ところでこれは、どこが発祥なの?

 

ま 紀元前5世紀頃の古代エジプトが

起源といわれている。

「眠りの寺院」で神官が心身を病む人を眠らせ、

神からの診断と治療法のお告げを受け取っていたの。

更にそれがギリシャ、ローマへと受け継がれていったそうよ。

 

 シャーマンのようになるのね。

           

 アメリカの精神科の医師ブライアン・ワイス博士が、

神経症と強迫観念に悩む患者さんを

催眠で幼い頃に退行させようとしていたら、

紀元前19世紀の過去生に偶然戻ってしまった。

そのいきさつが書かれた「前世療法」という本が

有名になって、催眠による前世療法が広く

知られるようになったのよね。

 

 

 ヒプノセラピーのこと、よくわかりました。

潜在意識下にあるものがすごく大事ってことなのね。

これやると問題がほとんど解決されそう!

 

ま そうなの。

催眠状態には誰でも入れるし、

みんなが抱えているいろいろな悩みの正体は

ブラックボックスのような

潜在意識の中に隠されているから、

潜在意識と対話できるヒプノセラピーを

ぜひ活用して欲しいの。

慣れてくれば自分ひとりでもできるようになるから、

希望する人に

これからお伝えする機会が

できたらいいなと思ってます。

 

 ぜひ〜!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

きらきら「あなたの中の光を見つける

価値観カードとヒプノセラピー」
残席2 1

 

【日程】 12/22(木)

【時間】13:00〜17:00(シェアリングとお茶会含む)

【料金】 6,000円

【会場】貴船坂サロン(西馬込駅から徒歩6分)

 

内容の詳細はこちら

 

【申し込み】こちらのフォームから

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

きらきら「ライティング・セッション」モニター 受付中

締め切りまであと11日

 

✒️方法

・ブラッシュアップしたい原稿をご用意ください。

・パソコン又はスマホで、スカイプセッションができる環境をご用意ください。
・お互いに原稿を見ながらセッションをします。

 ※詳細はお申し込みの方へお伝えします。

 

 

✒️対象の文章

・SNSなどの文章

・自己紹介などの文章

・手紙などの個人的なメッセージ
・その他、気持ちや状況を表現することを目的にした文章全般

 

 

✒️所用時間

・40分

 文章が長いと途中までになります。その場合は再度お申し込みください。

 内容によってはカスタマイズセッションを設定いたします。
 

 

✒️代金

・40分3,000円(税込み)

・お支払い方法はお申し込みの方にお知らせします。

 

 

申し込みはこちらから→ 申し込みフォーム

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

AD