昨日は大寒。
あとは春を待つばかり。

ある日の春の兆しの写真です。
青空が見えるとうれしい。

 

 

 

 

そして、昨日の朝

また、お知らせいただきました。

 

「無理しない。
自分が楽しく。
魂のまにまにいきなさい」

 

大好きな言葉

「魂のまにまに」

 

で、いろいろ修正かけます。


公開済みのこと、変更してすみません。

 

 

1 【投げ銭カフェ】


1/29「『今、ここ、サトケン』から見つける”大切なこと”」ワークショップは、
全面変更して、

参加費なしの投げ銭カフェにします!
氣愛のおむすびは変わらずに出ます(笑)

 

 

日時は同じ1月29日(日)11:00〜15:00

千鳥森のテラス↓


詳細は一両日中に発表します。

 

 

2 【無料コーチング】


現在親御さんの介護をしている方に、

「無料コーチング」をします。

 

ほぼ、傾聴になると思いますが、

父の晩年3年間を看た経験から、

親の介護のつらさがわかります。

うちは日常生活を送ることはできましたが、

徐々に衰弱していった後半3カ月、

いろいろな想いを抱えながらお世話しました。

こちらも近日中に詳細発表。

 

 

3 【光のセッション(仮)】

 

「ライフコーチング」から

「リソースを見つけるセッション」に特化

 

していきます。

 

私がとても大切にしていること。

リソースを見つけるきっかけづくり

私の方も楽しくて大好き。

クライアントさんの

「それも、リソースだったんだ!」の

言葉に活力をいただいています。

 

 

 

 

 

AD

今年のテーマの一つ

「ルーツを旅する」の中の

”食”編で、今のタイミングを活かして

味噌づくりをしようと思います。

寒仕込みですね。

 

味噌は江戸時代には

既に毎日食べるものとして愛され、

「医者より味噌屋に金をかけろ」と言われたほど、

日本人の食卓に欠かせないものだったようです。

 

私も、手前味噌づくりを始めて、

その美味しさと味わい深さに

すっかり虜になってしまっています。

自分でつくったお味噌と

もち麦ごはんだけでたくさん食べられてしまうほど。

 

そんなわけで、

我が家はオール手前味噌なんですが、

たまには、違う味のを食べてみたい。

そして、味噌の深さを知りたい。

 

そこで、

ただ作るのでなくて、

麹、豆、できれば、塩、水なども変えて

いくつかのバリエーションでやってみようかと。


同じ材料でも

作る人や環境によって味が変わるし、
豆が同じでも、麹や塩によっても
もちろん違ってきます。

 

今回の内容は、


・豆を変えてみる
・麹を変えてみる
・同じ内容でもメーカーを変えてみる(産地が違います)

・検討中ですが、塩と水も変えてみる
・日本人と味噌の関係を調べてみる

 

もう1つトライするのは
熟成する秋まで私の方で保管して、
完成したらみんなでする試食会。

 

材料は岡山、福井などの自然栽培の米、
自然海塩、自然栽培の豆などを使い、
半年間、毎日お声がけして、
おいしいお味噌に育てたいと思います。

 

容器を含めて全て準備するので、
三角巾だけ持って身一つで来てください。
熟成後の一人あたりのお渡しは

3キロ強になる予定です。

 

料理勉強家サトケンが、

場の盛り上げ、発酵の世界の話、

発酵料理を食べさせてくれるというお楽しみがつきます。

どんな気持ちで作るかって、とても大事です。
ということで少人数での開催。
 

一昨日、Facebookで投稿したら

あっという間に残席1になりました。

こちらでもお知らせします。

イベントページはありません。

 


「味噌ラボで知る発酵の世界ー

サトケン発酵料理付き」

 

2/25(土)10:00から14:00
西馬込です。
参加費は9,000円。
材料費、容器代、各社から材料調達の送料、クール宅急便代、
煮豆作成、指導、お話、テキスト、食事代、会場雑費、保管料を含みます。

 

ご興味ある方はこちらからお申し込みください。

 

詳細をお送りします。


材料を発注しますのでお早めにどうぞ。

 

 

 

 

12月に、御殿場の自豊暮で。

できたての麹の温かさを感じる。

大豆は大鍋で煮ておいてくれました。

 

 

 

 

2014年11月、山梨慧光寺で作った

「米麹、麦麹、豆麹」の全部まぜ味噌。

10キロくらい作ったので、

いい具合に熟成中。

今、美味しくいただいてます。

カビは生えません。

 

 

 

みんなで、「てまえみそのうた」も歌って、踊って〜♬

※写真は、五味醤油さんからお借りしました。

 

 

AD

*画像はお借りしました

 

 

冊子を読んで、気になるフレーズや単語を意識し、

そのワードの何が気になったかを、

話したり書いたりしながら、

「自分が大切にしていること」を見つけるするワークショップ。

 

「『今、ここ、サトケン』から見つける”私の大切なこと”」は

29日11:00からです。

 

ダイアログとも呼ぶ

全員対等の対話会について

質問をいただいているので説明をします。

 

先日、

参加を迷われている方から

こんなコメントをいただきました。

 

「私に話ができるだろうか?」

「みんなの前で個人的なことを話すのは少し恥ずかしい」

「注目されたらドキドキ」

 

などなど、気になることがあるようですが、

それらはすべて、

いやなものを無理にしないといけないという状況の時に

感じることだと思います。

 

 

ここでは、

 

「しなくてはならない」

「義務的である」

「管理されたる」

「指示される」

といったとらわれをぜひ手放してください。

 

そして、

個人的なことと言っても、

プライベートな話題をさらすのではなく、

 

話す本人の気づきのために

感じたことを言語化することを重視しています。

 

この作業は

わたしはとても楽しんでやっています。

それまでもやもやしていたことが

言葉として明確になることは

大きな気づきだからです。

 

 

冊子を読んでキーワードを見つけて話す

 

申し込みいただいた方に、事前課題をお伝えしています。

これを何かに控えていただいて、当日お持ちいただきます。

※冊子『今、ここ、サトケン』は、

A5判50ページくらいなので、すぐに読めると思います。

まるブルー課題1
誰にでも「理由なく何か魅かれること」があると思いますが、
そのような視点で読んだ時に、どこの部分が印象に残りましたか?
ページと何行目から何行目辺りというふうに書いてください。
数の制限はありません。
 

まるブルー課題2
全文の中から「心に残った単語」を挙げてください。
数の制限はありません。

 

 

 

ネイティブアメリカンの

トーキングサークルのような

「自由で安心な場」で対話をする

 

初対面同士の緊張感をほぐして、お互いの間にある壁を取り払って、

信頼感を高め、安心な場であることを共有します。

 

めざしているところは、

 

ネイティブアメリカンの「トーキングサークル」。

 

焚火を囲んで輪になり、平等に、意識の共有をする。

 

指導する人、管理する人はなく、

 

立場にとらわれることなく、

 

それぞれの話を敬意を持って受け止める。

 

 

 

選んだ「大切な言葉」から、自分がわかり、

 

想いと行動の一致が、

 

本来の自分を生きている実感を呼び覚ますことでしょう。

 

 

話さなければいけない

内面を見つめないといけないといった義務ではなく、

 

自然に溢れ出てくるもの

話したいことを

自由に発していただければいいと思います。

 

 

言葉を見つけること発すること

 

言葉がたくさん出てくる時、

または出て来なくてもどかしい時。

どちらの経験もあると思います。

 

冊子の中に出てきた魅かれる言葉が

微妙にニュアンスが違うかもしれない。

そんなこともあると思います。

 

しかし、

使い慣れていない言葉はなかなか出てこないので、

ヒントになるように「言葉集」をご用意します。

 

感じてみる

シェアして言葉にしてみる

言葉にしたことで気づく

他の人のことを聴いてみる

他の人のことを聴いたことで

書いてみる

書いて文章にしたことで気づく

さらに

シェアして気づく。

 

温かく安心の場で過ごす時間です。

軽食、おやつ、珈琲も楽しんでください。

 

 

なぜ、”大切なこと”を見つけるといいのか

ふだんは、あまり意識していない

内側にある大切なこと。

こだわりや価値観。

 

それらがはっきりすると、

だから、わたしはこれが好きなんだ。

だから、わたしはこれにこだわるんだ。

という、自分の軸の部分がわかってきます。

 

そして、行動がその「大切なこと」に合致していると

自分の人生を生きている楽しさが味わえます。

 

想いがあって、それに沿って動く訳ですから。

 

ぜひ、”大切なこと”を見つけて

言語化してみてください。

 

そこからさらに先のビジョンが見えてくるでしょう。

 

 

******************************************************

 

【開催概要】

光のワーク第二弾&1000冊突破記念

「『今、ここ、サトケン』を読んで

”私の大切なこと”を見つける」


日時:1月29日(日)11:00〜15:00
会場:森のテラス
大田区千鳥町2-6-5
東急池上線(五反田から蒲田を通っています)
千鳥町駅徒歩4分
 

事前に『今、ここ、サトケン』を読んで、課題を済ませてください。

冊子をお持ちでない方で、お申し込みの方にはお送りいたします。

 

途中で軽食をお出しします。
最後に珈琲とお菓子でシェアリングをしましょう。

参加費:6,500円(飲食代込み)
事前振り込みになりますので、お申し込みの方にお伝えします。
お申し込み:こちらのフォームからお願いします。

 

【光のワークとは】
「光のワーク」は、自分の中の光を見つけること、

光を輝かせて発信し共有することを目指しています


【ゲスト】サトケン

【ファシリテーター】山上晴美

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
募集中の講座
○1/29(土)11:00-15:00
    光のワーク第二弾はダイアログ(対話会)
冊子「『今、ここ、サトケン』」から見つける
”私の大切なこと”」

会場:千鳥森のテラス

 

募集中の個人セッション
○ライフコーチングトライアル
    30分間でセッションの説明、方法、体験ができます。
詳細はこちらから

 

 

 

 

 

戻りましょう。


ごまかしの「本来の自分」はもう卒業だ。

 

 

ーーー

 

その人の元へ 戻りなさい


そう 他の誰でもない(その人)

(あなた)の元に戻り 寄り添いなさい

あなたを必要としてる(からだ)

あなたを必要としてる(気もち)


(いのち)が 触れる 全ての(知覚)は

あなたの存在が 必要なのです


全ての(苦しみ)は その存在を

あなたに 受けとめてもらうのを

今も 待っているのです


さあ あなたが 必要とされている

(ふるさと)へ 還りなさい



〜ティク・ナット・ハン


訳詩© : Naoto Nakajima
Go back and take care of yourself. Your body needs you, your feelings need you, your perceptions need you. Your suffering needs you to acknowledge it. Go home and be there for all these things.
- Thich Nhat Hanh

 

 

 

募集中の講座
○1/29(土)11:00-15:00
    光のワーク第二弾はダイアログ(対話会)
冊子「『今、ここ、サトケン』」から見つける
”私の大切なこと”」

会場:千鳥森のテラス

 

募集中の個人セッション
○ライフコーチングトライアル
    30分間でセッションの説明、方法、体験ができます。
詳細はこちらから



今日もいいお天気で気持ちがいい。

イタリアワインの魚の形の空き瓶が

かわい過ぎて、ずっと捨てられません^^




さて、本題。

何度か書いてますが、

自分らしさをめいっぱい発揮して

自分も人も喜びを感じられる人生は

幸せだと思うのです。

 

それがなかなかできないのは、

自分に制限をかけているからなのですね。

ここまでのことは、

おそらく多くの人がわかってて

「それはわかってるけど、

どうしたらいいのかわからないのよ」って

思っていませんか?

 

そうなんですね。

何か今は持ってない貴重な知恵を授かりたいとか

思いますよね。

 

でも、

 

答えはあなたの心の中にしかないのです。

心の中を探したら絶対に見つかるのです。

自分を知ることが、

外から何かを入れるよりも先なんです。

 

 

考えてもみてください。

今までに、

「あ、私って、こんな人だったんだ!」って

思ったこと何度もあるでしょう?

それはどんな時でしたか?

 

誰かの言動や見聞きしたものに感動した時

→わたしはそういうことに感動するタイプなんだ。

 

誰かの言動や見聞きしたものに喜びを感じた時

→わたしはそういうことがうれしいタイプなんだ。
 

誰かの言動や見聞きしたものに怒りを感じたとき

→わたしはそういうことが嫌いなんだ。

 

誰かの言動や見聞きしたものに深い悲しみを感じたとき

→わたしはそういうことに悲しむんだ。

 

誰かの言動や見聞きしたものに妬みを感じたとき

→わたしはそういうことを妬むんだ!

 

誰かの言動や見聞きしたものにやる気を奮起させられた時

→わたしはそういうことでやる気がでるんだ!

 

誰かの言動や見聞きしたものにやる気を消失させられた時

→わたしはそういうことでやる気を失うんだ!

 

これ、

挙げて行ったらまだまだ出てきます。

 

さらに、

外側のこととして、

できたことに対する、自分や他人からの評価で、

→私はこれが得意な人なんだ!

 

などと思うことがあります。

 

自分の感情に耳をすませてみる。

そして、

「あなたは何々が上手ですね」のように、

外部から受け取ったものを

素直に感じてみる。

 

それらが集まって、

私はこういう価値観の

こういう人。

 

だから

○○をとても大切にしているんです。

 

と明言できるようになります。

 

想いと行動が合致すると

本来の自分を生きることが

確信できて満足感を得ます。

 

この「とても大切にしていること」を

ぜひ見つけてみてください。

 

1月29日(土)の「千鳥森のテラス」でのワークショップでは、

みんなで冊子を読んで感じたことをシェアしながら、

自分が大切にしていることを見つけていきます。

まだ読んでない方には、贈呈させていただきます。

 

こちらの記事に詳細があります。