植樹祭

テーマ:

「北海道植樹祭 in 下川」にさきがけて、勝手に植樹前夜祭♪


『下川運輸の森 第1回植樹祭~♪』を

5月29日(土)にやりましたー(^O^)/



うちは運送屋なので、毎日CO2を排出している。

で、地球温暖化だ、低炭素社会だ、と世間で騒ぐたびに

肩身のせまい思いをしながら、経済活動をしているわけだけど

排ガス規制の新車に、早々入替えられるわけもなく、

近年のカーボンオフセットという下川町の取組みに

「そうかー!!」とひらめき、

わが社も昨年、下川町内の山林を取得。

ここに、木を植えて、森を育てて、トラックから出るCO2を

吸収しようと考えた。


植えるだけじゃないので、長~い取組みである。



それで、先日第1回目の植樹祭をささやかながらも開催。

社員一丸となり、みんなで初めの第一歩。


はるころ日記~田舎を駆ける女たち~-植樹説明

初めての植樹は、下川町森林組合のWさんの指導の元で。

Wさんの説明はとってもわかりやすい。



はるころ日記~田舎を駆ける女たち~-植え方

すでに、組合で2,000本を植樹してくれてて、

素人の私たちが、植樹する場所をあけておいてくれたのだ。


2,000本植樹して、残るのは500本ほどらしい。。。

自然界はきびしいのだ。。。

カラマツは、早くて30年、普通は40~50年で成長。

その後、家や家具の材料になるそうだ。


さて、みんなで植樹だー。

はるころ日記~田舎を駆ける女たち~-植樹4

前日まで続いた雨も、カラッとあがって、雲ひとつないお天気。

気持ちいい~



はるころ日記~田舎を駆ける女たち~-社長も植樹

社長も40年後の森を夢みながら植樹。。。。

はるころ日記~田舎を駆ける女たち~-植樹1


右端は、社長に似てるけど、社長の弟のタケチャンマン。

わが社の環境リーダー。リサイクルのことならおまかせマンです。

はるころ日記~田舎を駆ける女たち~-カラマツ苗


こんなちっちゃいカラマツの苗木が

はるころ日記~田舎を駆ける女たち~-karamatubayasi

こんなんなります。。。



みんなで看板を立てる。

はるころ日記~田舎を駆ける女たち~-看板設置


この看板の木は、なんと廃線になった下川の線路の枕木なのだ。

会社の倉庫でねむってたのだ。

けっこう貴重かも。。。

そして「下川運輸の森」看板は、町内の書家の大先生にお願いした。。。
こうしてみると、立派なもんである。


大先生へのお礼は、残ってた枕木(配達込み)。

お安い先生でありがたい。



植樹のあと、社長がみんなに記念品?

はるころ日記~田舎を駆ける女たち~-植樹記念

美花夢のお菓子。

植樹のあとのおやつにいただきました(≡^∇^≡)



はるころ日記~田舎を駆ける女たち~-下川運輸の森

さてさて、成長が楽しみなわが社の森。

当分は、木のはえてる別の森でCO2を吸収してもらおう。。。

まずは社員みんなで植樹して、環境に対する意識改革が

大切なのかなと。

人の成長も、木の成長も長い目で・・・byサト美




AD

コメント(5)