• 29 Jun
    • しもかわ学会

      久々の地域学「しもかわ学会」運営委員会。うっかりしていると、ついつい遠ざかる傾向にあるしもかわ学会だけど、無意識のうちに頭のすみに追いやっているのかも・・・でも、地域学はこれからもっと、他の地域でもさかんになっていくだろうし、下川も少しずつ広がりができて、横の連携ができてくるとおもしろい地域学の発展があるような気がする。たくさんの人に知ってもらって、一緒に学んでいきたいので、どんどん「しもかわ学会」を利用してもらいたいなあ・・・今日の会議は、チョン先生のゼミとカルチャーウィークエンド自主企画参加、総会について。チョン先生と茶話会では、「しもかわの文化・韓国の文化」と題して、異文化を通して下川の地域を見つめなおそうってことなんだけど、あまりかたい雰囲気をかもし出すとただでさえ、地域学しもかわ学会っていう近寄りがたい名前で、人も集まらなさそうなので、茶話会ということにして韓国伝統茶と下川の茶菓子つき、無料ってことでいかにも浅はかな猿知恵を使ってみたけど、どうなるでしょか。できれば、たくさんの人にふだん聞けない話とか今とっても身近な韓国について、質問してみてほしいな。講和と対談形式でなごやか雰囲気でやりたいと思ってます。韓国ドラマも俳優も知らない、韓国にも行ったことない私でも知らないことを学ぶって、やっぱり面白いなあと感じましたよ。昨日の韓国語講座では、おばさま達のパワーに圧倒されまくり。みんな勝手にしゃべるもんだから、ただでさえわからんのにアンニョン、ハムニダ、ヘヨー、イエ・・・と、おばさま達の勝手な解釈と発音で、いよいよ頭がグチャグチャだ・・・だけど、それなりに楽しかったのである。「しもかわの文化・韓国の文化」~チョン先生と茶話会~日時  7月9日(日) 18:00~19:30くらい場所  恵林館(下川町緑町)対象  みんな (一応、定員30名)会費  無料 (韓国茶&茶菓子つき)出会いは歴史の始まり   別れは再会の約束 byチョン チェキルなのだ。。。byサト美

      テーマ:
  • 27 Jun
    • 本場コチュジャンとともだち

      1年ぶりにチョン・チェキル先生が下川にやってきた。今年就航した旭川直行便で、ソウルから2時間10分しか、かからないそうだ。近いっ!!歓迎レセプション焼肉をT邸の車庫で行った。去年、チョン先生と交流があった面々が集まってくる。なんと、東京研修に行ってるとばかり思っていたIっちゃんが来ているではないか。去年も早く来て炭をおこしていたが今年も同じようなシチュエーションで錯覚を起こす。。さては、過酷な缶詰研修に耐えられず逃げ出してきたか・・・と思いきや、3ヶ月の研修をきちんと終えて、故郷に錦を飾ったそうである。そう思ってみると、なんとなく色白の顔がかしこく立派に見えてきた・・・蒸し暑い夜のビールに焼肉はいつでもどこでも最高である。写真は、チョン先生が韓国から持参したえごまの葉っぱと特製コチュジャン。えごまの葉っぱにコチュジャンをつけて焼肉をくるんで食べるのが韓国風らしい。シソの一種らしいが、味は全然ちがって独特な清涼感のある味で、私は嫌いじゃない。さわやかハーブのバスクリンの味だ。と言ったら、Nさんに「バスクリン食べたことあるのー?」とつっこまれたが、バスクリンみたいな香りで確かに食べたことないが、きっとTVを見ている人たちにはたぶん、この表現で味は伝わったはずだ・・・えごまの葉っぱは、消化作用があり、油ものと一緒に食べるといいらしく、血液サラサラ、脳活性化、鉄分豊富と思いっきりTVも真っ青商品らしい。ワイン、ウイスキー、焼酎、八海山と夜も更けて、どしゃぶりの中解散。楽しい交流会だった。チョン先生が滞在する共立トラスト。先生が「共立は、共に立つ、すばらしい言葉です。それを残しているのもすばらしい。そして、ひらがなにすると、”ともだち”ですね」うーmm、気づかなかった・・・共立が、ともだちとなるとは・・・すてきな言葉や楽しい飲みニケーションを教えてくれるチョン先生と韓国を学ぶ会がある。場所は、まさしく共立トラスト。韓国を通じて、お友達をつくりましょっ。共立トラスト『遊学広場』6月28日~7月21日までの毎週 月・水・金 19:00~21:00参加費は、1回300円問い合わせは、NPOしもかわ観光協会 まで好きな時に参加していいそうなので、韓国の俳優さんとか文化とか言葉に興味のある人は、ぜひのぞいてみてね。チョン先生が、よくできた人にはさらにできるようになる、えごま漬を用意してるみたいだし、何がなんでも行ってみなくては。。。byサト美

      テーマ:
    • ポストカード「しもかわ物語」

      NPOしもかわ観光協会のオリジナルポストカードJR車内誌の旅日記でも、おなじみの渡邊俊博画伯こと、ズーさん。「しもかわ物語」として発売されたカードは全部で4枚あるんだけど、下川の観光資源をとてもよく表現してあって、しかも、生活感あふれる、ほのぼのとした絵の感じがなんともいえない・・・・森の中の名湯の宿・・・五味温泉・ゆれる氷の中の炎・・・ロマンチックなアイスキャンドル・万里長城とふるさと交流館、パークゴルフ・日本最北の手延べめん・・・おいしい手延べうどん私が一番気に入ったのが、手延べめんのカードなんだけど麺工場でつるされてる麺で焼き鳥屋ののれんを分けて入るのを想像しているお父さんの絵はなんともいえないのである。チューの口になってるお父さんとか目が微生物のように泳いでるのなんか目が顔の外に這い出すのではないかと思うほどだ。こんなカードをもらったら、みんな下川にイチコロだ。通常は1枚100円なんだけど町民に限り、還元価格1枚70円で買えるよ。(還元単価は期間限定 7/10まで)お問い合わせはこちらまで・・・byサト美NPOしもかわ観光協会

      テーマ:
  • 25 Jun
    • ストレィtユアスパイン

      公民館講座「ヨガ教室」の先生の通訳を引き受けた。Gリアがいないらしい。名寄のALT(アシスタント・ランゲージ・ティーチャー)の奥さんベニア先生である。彼女は英語塾の先生・ヨガの先生そしてあるときは芸術家、アーティストでもある。2回目の今回も定員一杯の大人気。 単純に訳すだけでいいや・・・と気楽に会場へ。ヨガはみなさんご存知の通りインド発の 瞑想リラクゼーション。目を閉じ、呼吸しながらゆ~っくりとすべての動きをつくっていくのだ。レッスンが始まって「これは、通訳もヨガの先生っぽく話さないと、みなさんリラックスできないのでは?」と勝手な解釈がよぎり ベニア先生の口調にあわせ私もヨガの世界へ・・・・うっかり眠るところだった。 後半 豪快にいびきをかいて先生に「Very Good!」と褒められた生徒さんがいた。肉体的・精神的に疲れている方、ぜひおすすめですよ。内臓に意識を集中して呼吸したこと ありますかー?Straight your spine・・・ 背筋をのばして  ヨガの基本姿勢カオル

      テーマ:
    • ほっかいどうFan

      モレーナで『ほっかいどうFan』 という雑誌があったので開いてみると、下川町が出ているではないか。これこれ、前にガッポさんが取材受けたって言ってたやつだ。どれどれ・・・出てる出てる、ガッポさん、Nケン、S夫婦にボケ嫁さんと楓ちゃんまで出ているではないか。「森の生活」を知ってもらうには、とっても良い記事だ。もみのアロマツアーや、5月の森の結婚式まで紹介されている。下川は、生活の中に森があってふだんは、あまり意識してないけど知らず知らずのうちに体内に木々のエネルギーが取り込まれて元気に暮らしていけてるんだろうなあ。最近100歳おめでとうって人も多いし。後半の部分には、下川の元気なおかみさん達もいっぱい出ていて、これを見たら下川に来たくなるにちがいない。これから、緑が輝くいい季節。今年もツリーハウス作りも始まるし、森林療法体験のガイドもやっているので森に行ってみたい人は、「森の生活」 にどうぞ。最近始めた、お祝いの贈答品やお返しもののセットも、環境と健康を考えたこだわりのグッズとか、ラッピングはリユースできるものとか、オリジナルのラベルとか、メッセージカードもつけてくれるのでオリジナルリティの高いものが揃えられるので、相談してみてね。先日、いただいた森の生活のお返しものもとっても気持ちのいいセットでした。びわこ(洗剤のいらない食器洗いふきん)にハーブティ(グリーンフラスコ)美花夢のパウンドケーキとクッキーが風呂敷にかわいく収められてました。。。byサト美

      テーマ:
    • サリーリ展

      お天気がいいので、午後からチャリンコでブラブラとモレーナまで行くことにする。店内の席は、のんびりとくつろぐお客さんで埋まっている。ちょうどサリーリ展をやっていて毎年見にくるのを楽しみにしている。南米やタイ、インドの雑貨やクロス、エスニックな服などが所狭しと置かれていて見ていて楽しい。昔なつかしい刺繍のテーブルクロスやのれんで欲しいのがあったけど今回は、スカートとブラウスを買ってしまったので、あきらめる。座る場所がなかったのでK原さんとそのお友達のテーブルに合席させてもらう。サリーリとモレーナのオーナーが奏でるケーナとチャランゴの音楽が一層異国にいる雰囲気をかもし出している。K原さんには、去年のサリーリ展でも一緒になった。お友達との会話に混ぜてもらいながらそのお友達の顔、どうも見たことがある。????むこうも、???「前にあったことあるよね・・・」ようやく、思い出した。以前、名寄でヨサコイをやっていた時のメンバーだ。昔のなつかしい話や、今年も北鼓童がファイナルに残った話なんかをしたりして、懐かしかった。夕食にも早い時間なのでコーヒーケーキとチャイを注文。モレーナのコーヒーケーキ、とってもおいしい。トッピングのクルミがやさしいコーヒー味のふわふわケーキにパンチをきかせている。。。あれっ?前にもこのブログで紹介したような・・・とにかく、おいしいので是非食べてみてね。夜の7時から、打上をかねて音楽パーティーをするって言ってたけどきっと盛り上がったんでしょうねえ。3時間近くも、根がはえてしまった・・・あー、癒された・・・byサト美

      テーマ:
  • 23 Jun
    • 一応、みた。

      普段、スポーツ観戦など一切興味ない私であるが、ワールドカップは人並みに見ていた。今朝の日本×ブラジルも観ていた。なんとなく起きちゃっただけであるが、観た。ブラジル人のサッカーは美しかった。ロナウジーニョがどの人なのかは最期までわからなかった。ロナウドとは別人なんだろうか。それにしても、宅の主人はイナモトばっか応援する。イナモトが出てないと「イナモト!イナモトを出せ!」イナモトが出ていると「イナモト!イナモトにパス!」とにかくイナモト、大好きらしい。主人曰く、日本は負けたけど、イナモトはがんばったらしい。(ナオ子)

      2
      テーマ:
  • 22 Jun
    • NPOしもかわ観光協会総会

      バスターミナルで通常総会今年の方針と戦略①来町される人たちへの「おもてなしの心」を育む②文化や歴史、生業や暮らしの営みを次の世代に伝える③ツアー商品の開発と交流人口の拡充④オリジナル商品の販売強化と自主財源の確保⑤観光協会体制の強化北海道は、観光地としては人気がある。だけどリピーターは少ないそうだ。なぜかというと、何も変わらない、同じ風景で一度、来れば充分なのだそうだ。田舎だからこそ、自然がいっぱいだから味わえる、下川だと、なおさら良いという価値のある観光資源をみつけてPRしていかなくてはね・・・役員改選で、われらが森の生活代表のNケン氏が理事に選任された。若い人が入って、少し新しい風を吹かせないとね・・・がんばれ懇親会では、会場が暑くてビールがうまかった・・・こんなにうまいと感じたのは久しぶりだ。ちょうど隣に座ったTさんと自主財源確保の話に花が咲き、そこへ現れたIさんを交えてでは、夏の間に何か企画しましょう!と盛り上がってしまった。そう、酒好き3人集まれば、酒ぬきの企画は考えられないでしょう・・・煮詰まったら、ご報告しますのでお楽しみに・・・・byサト美☆観光協会では、かわいいイラストのオリジナルポストカードを好評販売中

      テーマ:
  • 21 Jun
    • キャンドルナイト

      今日は夏至で、「100万人のキャンドルナイト」で「しもかわキャンドルナイト」な日なのにあやうく、忘れるところだった・・・子供座談会が終わって、うちに帰って、急いでキャンドルセッティング。ふだんもほとんど間接照明で過ごしているのでキャンドルの灯りだけでもいろいろ出来るかな、と思ったが部屋の広さのわりには、灯すキャンドルが少ないのかいろいろは出来ないことがわかり、ソファに横になった・・・TVも音楽もつけず、しばらくは落ち着かなかったが、だんだん目もなれて、ゆらゆらゆれる、キャンドルの灯りを見ているうちに不思議と心が静まって、自分だけしかいないこの部屋だけ時間が止まっているような感覚に襲われる。10時過ぎ、「ドン、バタン、ダダダ・・・」静寂を打ち破る音とともにD助が帰宅。一気に時間が動き出した・・・音を出すのが仕事のような男だ。。。外灯をつけずにキャンドルのランタンを玄関フードにかけておいたら、つけておいてくれて、ありがとうとお礼を言われた。こんな小さなことでも、うれしい気持ちになれるんだと思って、こっちもうれしくなった。いつも、行動する先々の電気トイレ、洗面所、玄関、台所・・・とつけっぱなしのD助のためにそこいらじゅうをキャンドルだらけにしたらいつもヤツのの軌跡をたどって消し歩く作業が減って、今よりはちょっとはスローに過ごせるかも・・・byサト美我が家のキャンドルナイトは「しもかわキャンドルナイト 」ブログにものっているので、のぞいてみてね。

      テーマ:
    • 子供座談会

      今年開校100年を迎える下川小学校100年か、すごいな。。。でも私が卒業してからだけでも30年が過ぎてるんだ・・・それもすごいな・・・10月の式典に向けて準備を進めているんだけど、今日は、「子供座談会」記念誌にのせる事業のひとつで座談会するなら、未来を築く子供たちに夢のある話をしてもらおう、ということになって小学生5名、中学生2名、下商生2名の9名に下川小学校6年1組の教室に集まってもらった。年齢のちがう子供たちが集まって発言してくれるかどうか不安だった。18:30開始ということもあって、お腹が空いてる子もいるだろうと矢内のパンと飲み物を用意、リラックスした雰囲気で友達とのおしゃべり感覚でって感じで。初めに小学校の高橋先生から下小の歴史のクイズで今と昔の違いなんかを説明してもらう。それから座談会が始まった。人前でしゃべるのが大の苦手とする私にコーディネーター役があたってしまったのは不幸としか言いようがない・・・いつもこうなのだ・・・結局は苦手なことでも「他に誰もいないんです・・・」という言葉に最後は引き受けてしまうのだ・・・しかし、こんなつたないコーディネーターの心配をよそに、子供たちが優秀だったおかげで19:30までの約1時間、座談会は楽しく盛り上がる。児童会(書記会ってったかな?)生徒会の面々だけあって、発言もしっかりしてるし自分の考えもハキハキと言えるしすっかり感心してしまった。特に下商生女子2名には、助けられた。あの子たちがスムーズに会話をしてくれたおかげで、中学生、小学生も「あーこんな風に話せばいいんだ」と思ったと思う。HさんとKさんには、町で出会ったら矢内のシェークをごちしてあげよう。。。座談会の様子は、記念誌が発行されてからのお楽しみにしておいて欲しいんだけど「100年後の下川を思い描いてみよう」いろいろ出てたなかで「合併して、下川町はなくなっている」・・・リアル「誰もいなくなって、全部が森になっている」・・・アリエル「少子高齢化で中国人がたくさん働きにきている」・・・ヤダあなどなど、子供の目線から見える下川町や学校生活なんかが聞けたりしてとっても楽しい時間だった。今一番好きなこと、夢中になってることで「冒険!」と答えた中学男子。下川のあちこちをチャリンコで冒険してるらしい・・・あんまり外で遊ぶ子を見かけなくなったけどやっぱり、子供の好奇心を満たす魅力がまだまだ下川にはいっぱいあるのかなとちょっと、うれしくなった・・・ビデオカメラ担当N村さん、高橋先生お疲れ様そして座談会リーダーのE口さんのとってもすばらしいリーダーシップのおかげでスムーズかつ、みんな「あなたにどこまでもついてゆきます」ってカンジでチームワークもバッチリ。「子供座談会」チームバンザイ!byサト美

      テーマ:
    • 自治基本条例策定検討町民会議~最終回~

      ちょうど去年の6月に町民会議が設置されたので1年がかりで「自治基本条例」と向き合ったことになる。10名の町民会議委員(内4名は公募委員)と8名の職員プロジェクト委員と6名の事務局の人達と22回に渡って、額をつきあわせ学びながら議論をしてきた。今思えば、あっという間?まずは、基本条例って何?って感じなもんだから半年前から取り組んでいた事務局からの説明を受けたり、神原先生の講演や本を読んだり。。。まだまだ、チンプンカンプン。。。日本語なんだけど、本でも資料でも条例というぐらいだからお堅い文章に、聞きなれない単語で今まで休眠していた脳ミソがパニクリかけている。。。9回目から町民、職員、事務局を混ぜて3つのグループに分けた。そして、素案(たぶん素案作りのプロになっている事務局メンバー。)に沿って第1章からの条文についての検討という、過酷な作業へと突入するのであった・・・でも今思えば、このグループ討議の時間が一番の意見交換の場所だった。しかも、行政のこととか全然知らなかったのに職員の方々が手取り足取り、新入社員教育のようにやさしくていねいに、教えてくれるんだもの、さすがの私でも亀の歩みながらも、ちょっとは理解できるようになった。町民会議メンバーのHさんのアイディアでBGM(クラシック)をかけたり、コーヒーをおとしたりして、会議中もリラックスムードで今までにない会議のあり方もとっても良かった。2月~3月は、毎週のように集まった。週に2回集まる時もあったりして、この頃はよく夢でうなされたよ・・・だけど、どんなつらい時でも、町民会議M会長の明るく、前向き、時には、町民会議に向けられた非難に立ち向かう、強いお言葉を聞くとよっし、がんばるぞ!という気になった。議会の条例委員会や、町民意見交換会を経て、最終チェック。ついに6月19日(月)、町民会議の最終回を迎えた。当初は去年の12月に定例会提出、18年4月施行という強行スケジュールだったが、町民会議のもっとじっくり意見交換をしながら、進めていくほうが良いのでは?という意見が尊重されたようだ。たぶん、以前なら行政の指導のまま、予定どおり進められていったんだろうなあ、なんてことも思ったりして。。。この日は、町長、助役も出席。21日(水)の議会定例会に提出して、説明が行われるんだけどすんなり通るのでしょうか・・・ドキドキ 課長、Nさん、Kさんガンバ!町民を交えての条例策定の検討会議は、初めてのことらしいし・・・「自治基本条例」がこれからの下川町の自律、住民自治の第一歩になってくれればいいなと思う。最後に全員が一言づつ挨拶。町民会議のメンバーは、地元企業の社長さんやらUターン者、Iターン者、若手起業家など、年齢も20代から60代までとっても異色で個性的な人ばかりだった。そして役場の職員Pや事務局の人達は、今まであった役場に対する偏見を変えるくらい、すばらしい行動力、沈着冷静な中にも、笑いとあたたかみのある人柄、おだち柄。これは当分、下川も単独でがんばれそうな予感。。。きっと、この人達は変えてくれるでしょう。(強い思いを込めて)最終会議のあとは、懇親会。1年も会議を続けてきたのに、このメンバーでの飲み会はこれが初めてだ。美花夢のスローフードが体にしみわたる・・・下川産トマトジュース元気も今日は、さらにおいしく感じる。生ビールに関しては、その上をいくうまさだったに違いない。。。本当に、貴重な体験をさせていただいた。これから職員は自治基本条例に基づいた意識改革、町民は、住民自治をしていくために自分ができる一歩をふみ出していかなければ。町民会議に関わった者の役割として、できる限りお手伝いしていきたい。。。せっかく、集まったメンバー、しかも公募さんもいたことだし、これを機に今後もつながっていける会ができればいいなとひそかに思ってるんだけど・・・とりあえず、自治基本条例策定町民会議はこれで終わりだけどこれからが始まり・・・byサト美

      テーマ:
  • 20 Jun
    • スポーツフェスティヴァル

      6月24日土曜日は幼児センターへ通う娘の運動会。先生から当日の注意事項を聞いた。「人影に隠れて応援してください」2歳は難しい年頃なのだ。家族を発見し、そちらへ脱走でもしようものなら運動会どころじゃない。 最近こそなくなったが 「お便り帳」には毎回何度となく「今日も淋しくなってしまいましたー。」と書かれてしまう娘なのだ。想像はつく。隠れて観戦だ。その旨をじーさん、ばーさんたちへ連絡。孫、ましてや自分の子の運動会すらみたことのない舅さんは今から興奮気味。「どーやって見分けるんだ?」「よくわからんのじゃないか?」さて、当日はどんな服を着せたらよいものか。カオル

      1
      テーマ:
  • 18 Jun
    • サンル川

      フィッシングマスターのおすすめポイントに到着。サンル川は水が澄んでいて、木や森の緑と青空がうつってとってもきれいだ。ここでも私はマイチェアをどっかと出して風に吹かれて、のんべんだらりとしている・・・二人は、フィッシングマスターの後をついて川に下りていく。水面にヤマメが飛び跳ねているのがよく見える。ここのヤマメちゃんは元気が良すぎてイクラちゃんをゲットしては逃げ去る・・・そのたんびに又イクラちゃんを針にセットのTビス。でもちっちゃいけど、ヤマメ釣りを思う存分楽しんだふたりは満足気。サクランボ柄のマイ長靴の中は川の水でビショビショになっちゃったけど楽しい思い出になったから良しとしよう。。。byサト美

      テーマ:
    • やまめ釣り

      下川に遊びに来ているアメリカンボーイと過ごせる最後の休日。彼の希望で3人でやまめ釣りに行くことにした。アメリカでもフィッシングは時々しているらしい。広く浅くモットーのD助はさっそく、物置から(2年ぶりのようだ)フライ用の竿や胴長を用意。アメリカンボーイ、Tビスは自分用の竿とエサのイクラちゃんを持ってきた。さすがにアメリカから長靴は持ってきてないので私のサクランボ柄の長靴を貸してあげることにする。釣りの穴場を知らない私たちは上名寄のえん堤に行ってみた。フライのおじさん達が7~8人、かっこいい釣りウェアのスタイルで釣りを楽しんでいる。こちらはというと、金魚柄のオレンジTシャツに胴長のD助にアバクロTシャツにサクランボ柄の長靴のアメリカンボーイ。なんか、風景とマッチングしない二人だがおかまいなしに楽しんでいる。始めは堤防の淵で釣っていたふたりは上級釣り人がしているように中洲に行くことにしたようだ。とりあえず、川を渡るにはサクランボ柄の長靴では足りないので、D助がおぶって渡り、無事中州へ。風も強く、フライのおじさん達にはあまりヒットがないようだが、イクラちゃんをつけたTビスの竿には、どんどんかかる。でも上名寄のえん堤では、釣れるのはウグイばかり。お天気もいいし、まだまだ日が高いのでどーしてもヤマメを釣りたいヤツらはフィッシングマスターの私のいとこの案内でサンル方面へ向かうこととなる・・・時刻17:30・・・by サト美

      2
      テーマ:
  • 17 Jun
    • キャンドルナイトグッズ

      キャンドルナイト(6月17日~21日)に向けて、キャンドルホルダーとかキャンドルを実家に取りにいかないとなあ・・・と思っていたら、かわいいふくろうのキャンドルホルダーを分けていただいた。先日の陶芸教室で、教えていただいたS木さんが、あんまり私がこのキャンドルホルダーをほめるもんだから、2コのうち1コをわけてくれた。で、物々交換にキタクラフトのハウス型鍋式を持っていったら喜んでくれたので、お互い気持ちのいいトレードができて満足満足S木さんのお宅には、毎年オープンガーデンに参加している、とっても素敵なお庭がある。のぞいてみたら、かわいいお花が咲き乱れてテラコッタやハンギングも飾ってあって居心地のよいお庭になっている。はー、ガーデニングはお金がかかりそう・・・私は、お花やプランターをもらったり、ねだったり、たかったりして地道に揃えていきますわ。さっそく、今宵はフクロウちゃんに点灯してみましょう。byサト美

      テーマ:
  • 16 Jun
    • 感謝

      先日、店での買い物を手伝ってあげたおばあちゃんに「ありがとう!ありがとう!」と手を合わされ、ついでに「めんこいチョンマゲだぁ~」と髪型まで褒められた。こちらも商売上のサービスだったとはいえ、そんなに感謝されるとうれしいものである。30を目の前にして「めんこい」なんて、照れるぜ。私も親切に対してストレートに感謝できるばあさんになりたい。善いことしたのかな、えへへ、と相手をスガスガシイ気持ちにさせる感謝ができるようになりたいな、と思う。(ナオ子)

      テーマ:
  • 13 Jun
    • 夜間陶芸教室

      夜間陶芸教室を開いてほしいという要望が結構あったみたいで今回、陶芸愛好会「竜胆」のオバ様たちが企画したんだけど定員15名のところ、10名の申込み。しかもそのうち6名は私が声かけしたメンバーでほとんど身内で貸切状態だ。しかも鬼隊長とN将軍も入ってるもんだから教室は二人に占拠されたようなもんだ。かなりハイテンショングループでまわりに迷惑をかけたやも知れぬ・・・やはり、鬼と将軍はどんなときでもはりあうらしく、違う形ながらプランターを作り、お互いをけん制しあっている。私はというと、竜胆のオバ様がつきっきりで教えてくれたおかげで(というより、ほとんど土をさわらずして形がどんどん出来上がるのだ・・・フシギ)かわいいアロマポットが出来上がった。来週は、ポットに模様を彫ったり、穴をあけたりして3回目には焼いた器に絵付け。最終回はカルチャーウィークエンドにぶつけて、完成するらしい。こんなわけで、あと3回、鬼と将軍との楽しい陶芸教室である。陶芸センター内には、竜胆の作品もたくさん飾ってあるんだけどかわいいものや、素敵なものがたくさんあるのでたまにのぞいてみては。。。byサト美

      2
      テーマ:
  • 11 Jun
    • バーベキュー三昧

      お昼に団地花壇打上焼肉をやったんだけど、今日は、午後から友人たちをバーベキューに招待してるのでその準備もしないとなので結構、時間が満杯に詰まっている。D助がはりきって、スクリーンテントやらテーブル、チェア、コンロなんかをせっせとセッティング。3年ほど前から、キャンプ用品をコツコツ買い集めてたので我が家の前は、ちょっとしたキャンプ場の雰囲気になった。4時頃から始めたんだけど日中の猛暑がウソのようにどんどんどんどん冷え込んできた。だけど、テントの中は快適で知り合いが生産販売している美深牛の特選カルビーやらなかおちやらホルモンやらを下川森林の木炭でジュージュー。とれたての下川産アスパラはバター焼きにしてみる。アメリカからファミリーで里帰りしている友人たちは大喜びだ。アメリカ産牛肉よりははるかにうまいと思う。イカとゴロも絶妙だ。ゴロはおにぎりにつけるとこれまた、うまいっ。さて、お腹も満たされたので家の中でくつろごうとしていたところへな・な・なんと!東京セレブ亀ちゃんがチャリンコに乗ってやってくるではないか。うーん、チェックのシャツといい、まるで下川になじんでいるではないか。しかし話を聞くと、しっかり東京生活を送っているらしい・・・すっかり亀ちゃんのペースに巻き込まれてしまった。次から次へと移り変わる話題にまわりの人間はきっと私たちの会話を理解できなかっただろう。亀ちゃんの話はいつも楽しい。そして亀ちゃんが下川へ戻ってくる条件、イケメンのお婿さんを探す!ことをかたく誓ってチャリンコで去っていく亀ちゃんを見送った。その後、友人の息子とそのいとこの子、そしてD助がプレステⅡで剣豪とかいう侍対決のゲームを始める。普通、相手に絶対に勝つ、とか時間内に何人やっつけるか、とかに集中するのが当然だと思うんだけどこのアメリカンボーイはわざと斬られて、息絶え絶え寸前で走って逃げ回るのだ。そして、斬られて死ぬのではなく、走り続けて、出血多量状態でバタッと倒れる、という戦法?!なるほど、こんなゲームのやり方もあったのかと、その後はいかにギリギリで斬られ、逃げ回れるか、結構むずかしいんだけどそればっかりやってるのだ。見てるほうは、侍の動きがおかしくてこんなもんで涙出るほど笑った。ツボにはまってしまった。日本とアメリカのちがいをお勉強させていただいた・・・byサト美

      1
      テーマ:
    • 店員たるもの

      昨日、夫婦で焼き肉を食べに行った。隣のテーブルにおじさん(おじいさん?)トリオが座った。おじさんA 「ねぇ、梅酒まだ?」店員 「梅酒、お一つですか?」おじさんA 「さっき頼んだよ。なぁ?」おじさんB 「ああ、梅酒3つ頼んだ。」おじさんC 「頼んだな、梅酒。」店員 「…少々お待ちください。」梅酒?彼らが注文するのは聞こえていた。飲み物をお茶にするか、コーラにするか、迷っていたはずだ。店員がすぐに戻ってきた。店員 「うめしゅ、みっつですか?」おじさんA 「…いや、ごはん3つだ。」おじさんB 「ああ、ごはん3つ頼んだ。」おじさんC 「頼んだな、ごはん。」店員 「ごはん、もう少々お待ちください。」この店員は冷静であった。『ごはん』と『梅酒』のありえない言い間違いに即座に気がついたのである。三人ともシラフで梅酒と言い張っていたのに、である。先日、自分が働く店でお客様(おばあちゃん)に「呉服関係のものを買いにきたんだけど」と言われ、それはどのような物ですかと尋ねた。するとおばあちゃん、「シーツ」と言うではないか。シーツぅ?私は冷静な店員ではないので「呉服のシーツですか?」と奇怪な質問をしてしまった。当然、変な顔をされた。奇怪な店員である私が、もしあの焼き肉屋の店員であったなら「ごはんの梅酒ですか?」とあやしく問いかけたに違いない。店員たるもの、頭の回転が速くなければだめである。(ナオ子)

      2
      テーマ:
    • マイ長靴

      長年、長靴など必要もなかったので自分用の長靴がひとつ欲しいと思い、森にもはいていけるように母に「シンプルな茶色かカーキ色の長靴買ってきて」とお願いしていたんだけれど母の思考回路を通ると上のような長靴として出てきちゃうのだ。こんな色といい、柄といい気持ちの悪い長靴にはお目にかかったことなかった私は袋をあけた途端、奇声をあげた。母、「かわいいしょー。これね、旭川の上野ファームに行ったら、売ってたのさーこれと無地のしかなかったわ」お願い、無地にしてほしかった・・・でも、見ているうちにだんだんかわいく思えてきた。さくらんぼ柄なんてキュートではないか。それで、今日の花壇作りでの長靴デビューとなったわけなんだけど、当然、こんなキモかわいい長靴をはいてるのは私だけだった。花壇作りのあと、焼肉&ビールをしようということになって私とD助が買出し係になったんだけどマイ長靴で真っ赤なBMWに乗り込む私に、M&Mご主人達は「サトミさんなら、ありですよーその長靴もいけてますよー」と、かなり無理気味のお世辞をのたまってくれたので颯爽と乗り込み、肉とビールを買いに行ったのである。畑仕事も楽しくできそうな予感である・・・byサト美

      1
      テーマ:
AD

カレンダー

月別

一覧を見る

カオル・・・夫とひとり娘の三人家族。町の商店街と観光を盛り立てる熱血イベンター、またある時は英語塾講師、わらじが足りない下川生まれのA型。→もういっぱいイッパイです。(本人)

サト美・・・結婚と共に彼を下川へ呼び寄せ、二人揃って父の運送会社に勤務。最近やっと田舎のよさに目覚める下川生まれのB型。

ナオ子・・・第二子を無事出産。ふたりの子供の母実践中。手先の器用さと持ち前のセンスを生かし、手作り小物からポスターデザイン、さらには三味線までひきこなす(?)下川の若シュフ。函館生まれのB型。


AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。