中村治輝 公式ブログ  

あなたらしさへの招待状

このブログでは、
○「自分自身で人生を創っていく」「本質から望んでいる生き方を選ぶ」
「自分らしいライフスタイルで生きる」
そのための、自らの力を取り戻し増やしていく。

そのお役に立てそうな事を、書いていきます。

自分らしく大好きな事をして生きること。
それは、自らの力を取り戻し、自らの命が輝く生き方。
あなたの魅力が最大限発揮できる生き方です。

ただ自分らしく生きているだけで、
たくさんの人に喜ばれて愛されながら、同時に貢献できる。
そんな生き方ができると、素敵だと思いませんか?

何だかモヤモヤ、イライラしたり、忙しく疲弊している状況では、
なかなか魅力を発揮し続ける事は難しいと思います。

「自分らしい人生を生きる」
「好きなことをして生きる」
自分の望む生き方を決めるところから人生のシフトがスタートします。

ようこそ、あなたらしさへご招待致します。


フィールエッセンス

テーマ:

こんにちは、

やりたい事を実現してビジネス化していくために、

〇〇視点のバランスを整える事は必須である!

 

という事を、クライアントさんへの個人セッションを通して、

そして、自分自身のライフプランを考えるにあたって改めて重要性を実感している

今日この頃ですので、今回はこのテーマを書こうと思いました。

 

ズバリ答えから書きますと、

「短期的な視点」と「長期的な視点」 

この2つのバランスを整える事が日々重要であると感じています。

 

「なーんだ、そんな事か」と感じられた方もいらっしゃるかもしれませんし、

「へー。どういう事だろう?」と感じた方もいらっしゃるでしょうね。

 

もう少し詳しく書きますと、

「今をワクワクする視点」と「長期のワクワクを見通す視点」

具体的には、

・今、ワクワクを感じながら活動を実行すること

・将来の方向性を見据えたワクワクする道筋を持つこと

この両方の事ですね。

 

でも、意外にこのバランスを崩してしまっているために、

なかなか行動ができずに止まってしまっている方や

動いてはいるんだけど、漠然とした不安や焦りを感じてしまう方は

少なくないんです。

 

なぜならば、この2つの視点はお互いに影響し合う、

相関関係にあるからです。

 

どちらか片方だけに偏ってしまうと、いつの間にかバランスを崩して

まるでドロ沼にハマってしまった様に上手くいかない。

そして身動きがとれなくなる事もあるんです。

 

自分らしくやりたい事を実現していくために、

「短期的視点=今をワクワクする視点」を持つことで、

今、ワクワクな活動を実行していく事に対する、

情熱が湧いてきますので、行動するエネルギーを得る事ができます。

 

なので行動しやすくなり、

その活動自体により、目標達成へ向けての流れが生まれて来ます。

こちらのやりたい事のメッセージも広がっていきますし、

同時にいろんなリソースが集まって来ます。

なので、なくてはならない視点と言えますね。

 

しかし、この視点だけに偏っていくと、

人によっては何の為にやっているのかという目的を見失ってしまう。

そして、いつのまにか自分の制限的な思い込みによる、

忍び寄る影響力(恐怖や不安、面倒くささなど)に囚われてしまう事があります。

 

もう一つ、人によっては目の前の事だけにフォーカスする事で、

長期的な資金繰りや経営計画、又はライフプランを考える事を後回しにしてしまい、

その不具合が目の前に現れて、不安が大きく出てきた時にはじめて、

焦って右往左往してしまう事もあります。

 

そうなると、目の前のワクワクに意識が向きにくくなり、

行動できなる事でまた不安になる。という悪循環へ陥りかねません。

だから、やりたい事を形にしていくためには、

短期的視点だけでは不完全だ、という事を感じて貰えたのではないかと思います。

 

 

では、次に「長期的視点=長期のワクワクを見通す視点」について

見ていきましょう。

 

この長期的視点を持つことで、

将来の方向性を見据えたワクワクする道筋を持つことができ、

事前に不安要素や懸念材料に対処する事ができますし、

これから実現していくワクワクを目指して今の活動をよりワクワク

楽しめるという利点があります。

 

この視点があるからこそ、短期的視点の活動に集中できると言っても良いですね。

 

ただし、この視点に立つ際に注意するポイントがあります。

この視点に偏りすぎると、今度は将来のワクワクを

早く実現したい気持ちが強くなる事があり、

今の目の前の活動が遠回りに感じて集中できなくなる事があります。

 

そうなると妄想だけが膨らみ、現実が追いついていかない人になってしまいます。

 

また、将来のキャッシュや売上の計画を立てる際にも、

将来にばかり意識が偏ってしまうと、

将来の売上や儲けにドキドキ気持ちが奪われて、妄想が膨らみ、

取らぬ狸の皮算用になってしまう事もあります。

 

こうなると、今の判断を誤り、

目の前のワクワクする活動からそれている事に気づかず、

本当にやりたい事の道を外れて行ってしまう事すらあるでしょう。

 

僕自身も、ここまでに書いてきた落とし穴に

これまで何度もハマってその都度這い出してきた経験がありますし、

クライアントさんや周りの仲間もこういった状況に陥ってしまう姿を

見てきた経験があります。

 

個人的には、短期視点と長期視点の両方のバランスを保つことは、

意識し続けていないと難しい時期もあると感じています。

 

なので、何だか上手くいかない時には

この両方の視点がうまくバランスが取れているのかについて

一度意識を向けてみる事をオススメしたいと思いました。

 

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コンサルティング会社を退職し、

数年間減らしていた個人セッションを、ここ数ヶ月で本格化させた事によって、

改めて、クライアントさんの変化を大きく実感する機会が増えています。

 

良い変化を起こす大きな要因の一つに、「自分への信頼感」があります。

 

上手く行っていない時。

行動できない時。

自分を責めちゃう時。

苦しい〜時。

などなど、

 

こういう時は、自分への信頼感が薄れている事がほとんどですね!

 

何かアクションを起こすにしても、

心の中では、

「どうせ、上手く行かないんでしょ!?」

「しんどいなー、上手くいくかも分からないのにエネルギーがもったいない」

「やっても無駄だから、止めた方が身のため」

そんな声が聞こえてくる様です。

 

自分の行いに対して、自分自身がそもそも信じていない。

諦めてしまっている。そんな状態。

 

こんなセルフコミュニケーションでは、上手くいく方がむしろ不思議です。

まるで、心の中で2人の自分が綱引きしている様なモノです。

イメージするだけで心が引き裂かれてしまいそうですね。

 

こんな時には、たいてい

出来ない自分が悪いのだ!とか、

時間が無いからだ!

環境が悪すぎる!

自分はなんて能力がないんだろう!!

 

という感じで、

自分自身、又はそれ以外の何かのせいにしてしまっています。

 

それだと、自分の人生を創っていく力を他の何かにあけ渡している在り方になってしまい、

自分の力を信じる事なんて、とてもできるはずが無いですね。

 

自分に「人生を創る力」がある事を感じるには、

自分が望む現実を創っていけるんだ。と心の中で信じられる事が必要です。

 

何かのせいにしていると言うことは、

自分以外の何かが悪くて、自分にはどうしようもない。

自分の力ではもうお手上げ!

という状態を受け入れている態度と同じなので、自分の力を信じる事とは

真逆の事を信じてしまっています。

 

自分が悪い。他の何かが悪い。と思っているうちは、

そのコトが解消されない限り、望みが実現することは無い。

と心の中で確信してしまっているので、そういう現実が叶ってしまっているんですね。

 

ここで、よく質問される事は、

環境のせいにする事が違うのは分かるが、

自分を責める事や、自分のせいにするとなぜダメなのか?という事です。

 

自分の力を信じるという事は、自分の人生の責任を取るという事とイコールです。

つまり、「自分が望む現実を創る事は、自分しだいである!」という事実を

受け入れる姿勢が大切になってきます。

自分を責めている状態とは、今の自分ではダメ!という事なので、

「自分しだい」という事を受け入れる姿勢とは反対のベクトルなんです。

 

これは、思っているよりも難しい事では無いので、

気楽に考えて貰えればと思います。

 

はじめは、何となく「自分には力があるらしい」

それで良いと思います。

 

今の状況が自分の望んでいるモノで無いと感じている時。

それは、自分が悪いからでも、環境や他の何かのせいでもなく、

本当は自分がその気になれば望みが叶うんだな。

という事を感覚的に理解できた状態が、自分への信頼感が高まった状態だと言えます。

 

これは、初めは何となくその可能性を感じてみるだけで良いのです。

 

自分自身への信頼感が高まったクライアントさんは、変化が早いです。

でも、その最初のきっかけは、

「もしかしたら自分にも現実を変えられる力があるのかもしれない。」

そういう予感からスタートしています。

 

なので、まずは自分自身や周りの何かを責めたりせずに、

「もしかしたら、自分には既に理想の現実を創る力があるのかもしれない。」

そう興味をもって、自分や目の前の現実を見つめ直してみる。

その可能性に意識を向けるところから初めてみてはいかがでしょうか?

何となく良い予感を感じたらこっちのモノですよー。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

営業とは、「自分を売る事である!」とか聞いた事ないですか?

特に、自分らしく生きる。好きなコトを仕事にしたい方には

この事を意識した方が格段に上手くいくと思います。

 

では、「自分を売るって何ですの?」(ラジオの相方が関西人なので相方の言葉です)

そこを考えてみました。

⇒いちゃりばラジオ「自分を売るってなんですの?」

※▼以下の内容は番組内で話してる内容とは少し違いますが、

  もし良ければお付き合いくださいませ。

 

自分らしく生きる為の「自分の売り方」の前に、

購買心理において、良く言われている事から紹介しますが、

①モノやサービスを購入する時って、感情的な理由が必ずあるのです。

→論理的に考えているようで、実は感情で動いているとの事。

 

理論は感情を正当化する為、又は不安を解消する為に使っている様です。

 

②モノやサービスを購入する際には、そのモノやサービスが欲しいのではなく、

その結果得られる気持ち(感情)を感じたいので買っている。

 

振り返ってみると、思い当たることは誰にでもあるのではないでしょうか?

 

 

▷ここで「自分を売る」という事に繋がるのですが、

要は、そのモノやサービス自体に価値があるのではなく、

その結果、得られるコトに価値があるのですね。

 

だから、それを誰から受け取る(営業される)のかによって、

購入後の得られるイメージや価値が変わって来ます。

ある意味、良くも悪くも歪んでしまいます。

 

▷ヒト=フィルター

 

どのフィルターを通してモノやサービスを見るかによって、

購入する動機の強さに違いが出てくるんですね。

 

怖いことに、誰からの情報化によって、

マイナスな印象を与える事すらあるので、気をつけたいですね!

 

 

つまり、何を購入するかよりも、誰から買うかが重要なのです。

だから、「自分を売る」のですね。

 

ただし、この時の重要なポイントは、

必要以上に自分を作らないコト

 

でも、自分に自信がないから自分を良く見えるように作らないと売れない。

普通そう思ってしまうケースは多いと思います。

そう思わない人は既に売れている方か、

これから売れる可能性の高い人だと思います。だから大丈夫!

 

実際は、自信が無い訳ではないけど、有る訳でもない。

そういう方の方が多いかもしれませんね。

 

では、なぜ自分を作らない方が良いのか?

ここからが、自分らしく生きる為の「自分の売り方」です。

 

「自分らしく生きる」をテーマに生きていく。

好きなコトを仕事にするには、

等身大の自分を打ち出していく事が重要だからです。

 

多少、小手先で美しく飾っても、それがバレると引かれてしまいます。

自分らしく商品やサービスを売ると言うことは、

それを売っているあなたの価値観や在り方に

引き寄せられる方に買ってもらう方が、最も喜んで貰えるからです。

 

「あなた」というフィルターを好きだという人が

お客様になってくれる可能性が高いんです。

 

その方が結果的に、あなたもお客様も幸せじゃないですか?

 

自信が無くても大丈夫!

真心こめて、楽しんで提供する商品やサービスには魅力があります!

 

それを購入してもらう事は、あなたの自信に繋がります。

そして、そんなお客様からのご意見が、さらに商品やサービスの質を

高めてくれるのです。

 

そんな好循環を作り出す為にも、

最初は怖くても、思い切って自分らしく生きてみる。

そして、そんなあなたの価値観や在り方を表現してみて下さい。

それが、「あなたを売る」という事。「自分を売る」という事ですね。

 

もし、ピンと来るものがあれば、試してみて貰えると幸いです。

 

⇒いちゃりばラジオ「自分を売るってなんですの?」

収録から時間が経っているので、

番組内で話してることと記事の内容が違うかもしれませんが、

ご興味があれば聞いてみて下さい。

 

アドリブで好き勝手話してるので、お聞き苦し部分も多いかもしれませんが、

徐々にいい番組にしていくので、お許しを!!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)