「はるのいざない」☆ブログ編

自分を受け入れられなくて、ずいぶん遠回りしてしまったマッサージ師のブログです。
あなたはあなたの花を咲かせる。
その当たり前のことを、思い出してもらえたら嬉しいです。


テーマ:

チャクラは微細エネルギー身体の特殊なエネルギー中枢である。それぞれのチャクラは、物質的身体のおもな神経および内分泌.腺の中枢と連関している。チャクラは、微細エネルギーを物質レベルに変換し、物質的身体でのホルモン、神経、細胞の活動に翻訳するための変換器として機能している。(P.209)

と『バイブレーショナル・メディスン』(リチャード・ガーバー著 日本教文社刊)にあります。

 

上から頭頂部のチャクラ・眉間のチャクラ・喉のチャクラ・心臓のチャクラ・太陽神経叢のチャクラ・仙骨(脾臓・性腺)のチャクラ・根のチャクラと主なものは7つあるとされるチャクラについて、皆様も耳になさったことがあるでしょう。

 

上記引用文にもあるように、それぞれのチャクラが、個々の神経叢や内分泌腺の中枢と連関しているといわれていますが、ホルモンが感情と大きく関わっていることは女性なら、よりわかるのではないでしょうか?

 

自分の場合は、思春期によるホルモンの変化が強迫性障害の発症にも関係していたのではないかと感じています。

でも、今回、そのことを裏づける文章をみつけることができませんでした。

 

けれど、テンプル・ビューティフルが制作した、1998年東京で行われた、メンタルヘルスの専門家デイビッド・マクミランM.A.来日記念講演会のテープ、「心の病を癒すホリスティック療法」第1部 「心と身体のつながり」後半には、ライデン腺が開かれて、そしてクンダリーニが突然あがってきたことで精神的な問題がいろいろでてきたという話の後で、

思春期のとき内分泌.腺のセンターがオープンになります。これがクンダリーニの目覚めだというふうに(エドガーケイシーは)いったのです。私の娘が思春期になったとき同じようなことを経験しました。一つ一つのセンターが本当に開かれているのがわかったのです。ケイシーにいわせると思春期の終わりの頃、自然に開いたこのセンターというのはまた閉じていくというふうにいっています。非常に強力な性的な攻撃的なエネルギーです。それがだいたい10代の終わりから20代の初めになると、また落ち着きを取り戻していきます。

とあります。

私の強迫性障害は、大学への入学という大きな環境の変化とともに改善しはじめましたが、このタイミングはエドガーケイシーのいうセンターが再び閉じていく時期と一致しています。

 

このようなことがもっと研究されていくと思春期に精神的なバランスをくずした子供たちが過程をスムーズに経るのをサポートできるようになっていくのではないでしょうか。

 

ちなみに、このテープには、ケイシーが、主要なセンターを結ぶコードに圧力がかかっていると、精神的な問題が出てくることがあるとかたっていたと述べられています。

 

 

今回、強迫性障害や恐怖症の場合、どのチャクラに問題が起きている場合が多いかといった具体的なことの書かれている本を探すことはできませんでした。

 

おそらく、私の場合などは複数のチャクラに問題が生じていたのではないかと思うのですが、今日は、アストラルの次元との結びつきが強いとされる、みぞおちの太陽神経叢のチャクラについて書かせて下さい。

 

バーバラ・アン・ブレナン氏の『光の手 ㊦』(河出書房新社刊)には、

深刻なトラウマ(精神的外傷または心の傷)があるときは太陽神経叢のチャクラの中に現れる。(P.31)

と、書いてあります。

また、上記の本の上巻には、

太陽神経叢チャクラは精神的チャクラだが、その健康面の機能は個人の感情生活と直接関係がある。

(中略)

だが、このチャクラが開いてもその上の保護膜が破れている時は、彼の感情は非常に無節操で極端な状況になる。低レベルのアストラル界の存在(地縛霊や憑依霊)によって影響を受け、混乱させられ、彼の意識は宇宙と星々の中で迷子になるかもしれない。(P.161)

ともあります。

 

この太陽神経叢のチャクラが、胃や膵臓や副腎といった臓器にエネルギーを供給していることを考えても、ストレスの影響を受けやすいような気がしませんか?

 

でも、私の場合は、胃の不調というものが殆どなかったため、このチャクラに対して、あまり関心を持たずにきてしまいました。

 

けれど、今頃になって、胃に少々問題が生じてきたようです。

 

『バイブレーショナル・メディスン』(リチャード・ガーバー著日本教文社刊)には、

病気の人のからだをみると、多くのばあい、異常なチャクラはひとつだけではないことがわかる。あるチャクラを流れるエネルギーがブロックされると、その下位のチャクラに過剰なエネルギーが流入する。たとえば心臓チャクラがブロックされると、その下位の太陽神経叢チャクラに過剰なエネルギーが流れこんで、飽和状態になる。(P.477)

と、ありますが、心臓チャクラからエネルギーを供給されている肺や心臓に大きな負担がかかったとき、太陽神経叢チャクラに過剰なエネルギーが流れこんでしまうことはないのだろうか?

あるとしたら、窒息体験なども太陽神経叢チャクラに問題の生じる原因になるのではないかと思ってしまいます。

 

ちなみに、

上記のテープの第2部「心の病ーその原因とアプローチ」の後半には、腹部の脳といわれる神経系統が不安感をつかさどっていると語られた箇所があります。

 

臨床の場面で私が発見したことなのですが、腸のところで問題がある方、特に胃と腸の部分です。ここに問題がある方は、時々非常に極端な不安症にかられることがあります。

と、マクミラン氏は仰ってます。

 

そして、胃の中に寄生虫がいた男性が、風邪のような症状が出て完全に回復しないまま何年も経ったある日、ひどい不安感に見舞われ自分の仕事を手放すことになってしまったが、寄生虫がみつかり、それが、体からいなくなったときに不安感がなくなったという話もして下さっています。

もちろん、不安症がある人全てに寄生虫がいるわけではないとも仰っていますが、肉体と不安感の関係を考えるうえで、とても参考になる話のように思えるので書いておきます。

 

仮説の域を出ないかたいシリーズにお付き合い下さりありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ  にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
 


        

ランキングに参加しています。

お好きなボタンをひと押しお願いいたしますドキドキ

 


はるのいざない

 

 

東京都渋谷区千駄ヶ谷の小さなせらぴーすぺーす「はるのいざない」。

 

ここでは、人生という冒険のなかで身につけてきた思い込みや緊張から解き放たれた深いリラクセーションのなかで、愛であり喜びであるあなたの本質と再び繋がることを大切にしています。

 

もし、あなたの中から、恐れや緊張ではなく、喜びに生きたいという思いが込み上げてきているのであれば、どうか、押さえ込まないで下さい。

あなたをサポートしてくれる新しい時代は、もう来ているのです。

 

私たちが、変わりたい、変わらなければという思いさえも手放し今という時にくつろぐことが出来たなら、愛であり喜びである私たちの本質は、そこに何かをもたらすことでしょう。

 

 

 

 

セッションは、からだへのワークとエネルギーワークです。

いつもフルに使っている頭は少しお休みさせてあげて下さい。

 


■からだへのワーク■
精神的に辛い時、身体への関心が薄くなる人は多いと思います。けれど、実は、自分の本質としっかり繋がるためには、自分の身体としっかり繋がることが、とても大切なのです。(身体に不調や麻痺があることとは関係ありません。)
内へといざなうマッサージ&タッチと、内へといざなうレイキ&タッチの二つのメニューがありますが、どちらも、深いリラクセーションに導くもので施術はとてもソフトです。
内へといざなうミニワーク」をメニューに追加いたしました。からだへのワークって、どんな感じだろうと思われている方、ぜひ受けてみて下さいね。

 

 

 


■DNAアクティベーション■
約3000年前、あの聖書にでてくるキングソロモンの時代から、神官や巫女や預言者などが自らの能力を深めるために使ってきたと同時に、今の時代だからこそ皆に開示されたエネルギーワークです。
オーラの中で肉体に一番ちかい層であるエーテル体にクリスタルのついたワンドで光を入れていきます。座位と立位で行います。くわしくは、こちらをご覧下さい。

 

 

 

 

 

「はるのいざない」は不定休です。

施術開始時間10時から17時までとなっておりますが、19時まで遅らせることも可能です。

 

メニューと価格一覧は、こちら

 

ご予約・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>