「はるのいざない」☆ブログ編

自分を受け入れられなくて、ずいぶん遠回りしてしまったマッサージ師のブログです。
あなたはあなたの花を咲かせる。
その当たり前のことを、思い出してもらえたら嬉しいです。


テーマ:

人類が月に降り立ってからあと数年で半世紀。

今は有人ロケットを火星に飛ばす計画が進められているそうですね。

 

地上には超高層ビルが立ち並び、地下を何層にも分けて電車が走っています。

そして、その運行を管理するのはコンピューター。

 

医療機器の開発だって目覚しい。

 

人間は各分野で著しい進歩を遂げてきました。

 

けれど、それを考えれば、不調を感じて病院に行っても、原因不明とされてしまうことがあまりにも多いと思いませんか?

 

そして、診断名がついたとしても、なぜ発症したのか、あるいはなぜ治ってしまったのか、まだまだ解明されていないことが多すぎると思いませんか?

 

その理由は、『バイブレーショナル・メディスン』(日本教文社社 刊)という本からリチャード・ガーバー医師の言葉を借りれば、「人体を複雑な生物機械としてみている」からで、霊とかスピリットとか言われるものの存在を無視しているからだと、私も思います。

 

波動医学理論の支柱になっているのは、分子の集合体だとかんがえられていた肉体が、じつは「エネルギー場が織りなす複雑なネットワーク」であったという理解である。すなわち、物質や細胞という枠組みとしてあらわれているそのエネルギーネットワークは、生命力とからだの調整をおこなう「微細な」エネルギー系によって組織され、維持されている。(P。50)

 

上記の本から引用させてもらったこの文章は、「物質もエネルギーの一形態である」というアインシュタイン的な視点から肉体もエネルギーととらえて書かれています。

 

そして、生命力とからだの調整をおこなう「微細な」エネルギー系とは、オーラだとかエネルギー体だとか言われているものだと思って頂いて良いと思います。

 

この微細エネルギー系は層に分かれていて、肉体に近い方からエーテル体・アストラル体、・メンタル体・コーザル体と離れていくにつれて高次のエネルギー体となっていきます。

 

何層に分けているか、あるいは各層の名前だとか役割だとかは本によって少しずつ違ったりしますが、

同書には、

コーザル体はときに「ハイアーセルフ」(高次の自己)とよばれる。(P.211)

と書かれています。

 

そして、

コーザル体のむこうがわには、さらに高い周波数をもつ微細エネルギー身体の次元が存在し、人体のエネルギー系に影響をあたえているだろうとかんがえられている。(P.188)

とも。

 

普通の人には見えないこれらの微細なエネルギー系は、日本では全く無視されているわけです。

 

けれど、実はこれらが私たちの健康、そして病とも大きく関わっているのです。

 

具体的なことまで今日は書くことが出来ません。

 

でも、体の病と頭の病を分けて、頭の病に恐れと恥ずかしさを抱いていた私のような者には、結局、体の病も頭の病も、不調を起こした部位のみの問題ではなく、もっと大きなエネルギー場の問題なのだと知るだけでも意味のあることでした。

 

時代は少しずつ変わってきていますが、強迫症状に苦しみながら、自己嫌悪という不要な感情を抱かなくても良いように、いつかもっと多くの人がそのことを受け入れる時代がくるといいなと思います。

 

ホリスティックに強迫性障害と恐怖症を考えたい③

ほぼ満開になりました

 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 


        

ランキングに参加しています。

お好きなボタンをひと押しお願いいたしますドキドキ

 

はるのいざない

東京都渋谷区千駄ヶ谷の小さなせらぴーすぺーす「はるのいざない」。

ここでは、人生という冒険のなかで身につけてきた思い込みや緊張から解き放たれた深いリラクセーションのなかで、愛であり喜びであるあなたの本質と再び繋がることを大切にしています。

 

もし、あなたの中から、恐れや緊張ではなく、喜びに生きたいという思いが込み上げてきているのであれば、どうか、押さえ込まないで下さい。

あなたをサポートしてくれる新しい時代は、もう来ているのです。

 

私たちが、変わりたい、変わらなければという思いさえも手放し今という時にくつろぐことが出来たなら、愛であり喜びである私たちの本質は、そこに何かをもたらすことでしょう。

 

セッションは、からだへのワークとエネルギーワークです。

いつもフルに使っている頭は少しお休みさせてあげて下さい。

 

■からだへのワーク■
精神的に辛い時、身体への関心が薄くなる人は多いと思います。けれど、実は、自分の本質としっかり繋がるためには、自分の身体としっかり繋がることが、とても大切なのです。(身体に不調や麻痺があることとは関係ありません。)
内へといざなうマッサージ&タッチと、内へといざなうレイキ&タッチの二つのメニューがありますが、どちらも、深いリラクセーションに導くもので施術はとてもソフトです。
内へといざなうミニワーク」をメニューに追加いたしました。からだへのワークって、どんな感じだろうと思われている方、ぜひ受けてみて下さいね。

 

■DNAアクティベーション■
約3000年前、あの聖書にでてくるキングソロモンの時代から、神官や巫女や預言者などが自らの能力を深めるために使ってきたと同時に、今の時代だからこそ皆に開示されたエネルギーワークです。
オーラの中で肉体に一番ちかい層であるエーテル体にクリスタルのついたワンドで光を入れていきます。座位と立位で行います。くわしくは、
こちらをご覧下さい。

 

「はるのいざない」は不定休です。

施術開始時間10時から17時までとなっておりますが、19時まで遅らせることも可能です。

 

メニューと価格一覧は、こちら

 

ご予約・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>