「はるのいざない」☆ブログ編

自分を受け入れられなくて、ずいぶん遠回りしてしまったマッサージ師のブログです。
あなたはあなたの花を咲かせる。
その当たり前のことを、思い出してもらえたら嬉しいです。


テーマ:

臨死体験を経て末期癌から生還したアニータ・ムアジャーニさんが「喜びから人生を生きる!」(NATURAL SPIRIT刊)という本の中で、

私の癌が治ったのは、心の状態や信念が変わったことよりも、自分の真の魂が輝き始めたおかげだとはっきり言いたいと思います。(中略)私の癌が治ったのは、自分の有害な思考が完全に消えてなくなったからです。私は思考の状態ではなく、ただ存在している状態でした。(P.206)

 

と、語っています。

 

自分の場合を振り返ってみても、様々な思い込みや恐れによって、スピリットの光を覆い隠してしまったことが、病発症の一因になっていたように思います。

 

けれど、強迫性障害や恐怖症が激しかったときに、他人からそれを言われていたとしたら、こんなに苦しんでいるのに私のせいだと言うの、と、悲しみとともに怒りをおぼえたことでしょう。

 

たとえ一因でしかないとしても自分の思考が病に関係していると言われたら、特に自分を責めやすい人ほど感情が動くことでしょう。

 

けれど、中高時代、すでに私の思考は同級生たちと比べても明らかに融通性を失っていました。

 

おまけに、アニータさんは、

向こう側の世界で私は明晰でした。そして、自分が抱いていた恐れのために死んでいくのだと、直感的に理解しました。(P205)

 

とも書いていますが、強迫観念や確認行動の原因ともいっていいでしょう私の抱えていた恐れなんて尋常じゃありませんでした。

それら全てが自分のせいと言われても、もはやピンときません。

 

アニータさんが有害な自分の思考に気づいたのだって臨死体験をしたとき。

 

日常の中で自分の抱いている思考すべてに気づいている人なんていないのです。

 

そして、これまでの時代は、気づいていない自分の思考によって人生が決まっていくことも多かったのでしょう。

 

けれど、新しい時代はもうすでに始まっていて、多くの人が、古くなった思考を手放しはじめています。

 

でも、中高時代の私のように、頭の周りが思い込みでいっぱいになってしまっていると、一つ手放すのも少し難しいかもしれませんね。

 

もしかしたら、生活環境を変えるという発想も浮かびづらいかもしれません。

 

 

中学、高校と激しいままだった強迫症状が大学入学を機に治まりはじめたのには、複数の要因があったと思っています。

 

でも、やはり、魂が望む方向に一歩踏み出せたことが大きかったようにも思います。

 

多くの方が言っているように、私たちのスピリットは、生まれてくる前に何らかの目的を立ててくるように思います。

 

そして、病というものも目的のために必要な場合があるかもしれません。

 

でも、基本的には、心地の良い感情というものが、スピリットの決めてきた道へと導いてくれるように思います。

 

非常に運動神経の悪かった私は、両親に反対されたため中学の2年生で、ようやくバレーボール部に入ることが出来ました。

 

エースアタッカーになれると思っていましたから、毎日毎日わくわくでした。

 

でも、なぜか全く上手くならなくて、試合に出ることも出来ません。

 

そうなると、俄然、練習がきつく思えてきます。

 

そこで、ああ、向かなかったんだと辞めればよかったのです。

 

でも、両親に対する見栄もあるし、体育系のクラブに伝わる考え方に染まり、辞めれば負け犬だと完全に思い込んでいたのです。

 

強迫性障害のピークの時なんて、引切り無しに不快な感情に苛まれているわけですが、更に自分を辛い状態に置けば症状が改善するわけがありません。

 

大学に入って、ようやく新しいことを始められるようになっても、恐れや不安が強かったから100%わくわくとはいきませんでした。

 

それでも、バレーボール部だったときよりも魂が輝き始めた。

 

それが強迫性障害の症状が改善しはじめる一因だったように思います。

 

もし、私のように思い込みによって自分を辛い状況に置いている方がいらしたなら、変えることも考えてみて下さい。

 

あなたの魂は想像以上にやりたいことがあるのかもしれません。

 

ホリスティックに強迫性障害と恐怖症を考えたい②へ

 

 

 

 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 


        

ランキングに参加しています。

お好きなボタンをひと押しお願いいたしますドキドキ

 

はるのいざない

東京都渋谷区千駄ヶ谷の小さなせらぴーすぺーす「はるのいざない」。

ここでは、人生という冒険のなかで身につけてきた思い込みや緊張から解き放たれた深いリラクセーションのなかで、愛であり喜びであるあなたの本質と再び繋がることを大切にしています。

 

もし、あなたの中から、恐れや緊張ではなく、喜びに生きたいという思いが込み上げてきているのであれば、どうか、押さえ込まないで下さい。

あなたをサポートしてくれる新しい時代は、もう来ているのです。

 

私たちが、変わりたい、変わらなければという思いさえも手放し今という時にくつろぐことが出来たなら、愛であり喜びである私たちの本質は、そこに何かをもたらすことでしょう。

 

セッションは、からだへのワークとエネルギーワークです。

いつもフルに使っている頭は少しお休みさせてあげて下さい。

 

■からだへのワーク■
精神的に辛い時、身体への関心が薄くなる人は多いと思います。けれど、実は、自分の本質としっかり繋がるためには、自分の身体としっかり繋がることが、とても大切なのです。(身体に不調や麻痺があることとは関係ありません。)
内へといざなうマッサージ&タッチと、内へといざなうレイキ&タッチの二つのメニューがありますが、どちらも、深いリラクセーションに導くもので施術はとてもソフトです。
内へといざなうミニワーク」をメニューに追加いたしました。からだへのワークって、どんな感じだろうと思われている方、ぜひ受けてみて下さいね。

 

■DNAアクティベーション■
約3000年前、あの聖書にでてくるキングソロモンの時代から、神官や巫女や預言者などが自らの能力を深めるために使ってきたと同時に、今の時代だからこそ皆に開示されたエネルギーワークです。
オーラの中で肉体に一番ちかい層であるエーテル体にクリスタルのついたワンドで光を入れていきます。座位と立位で行います。くわしくは、
こちらをご覧下さい。

 

「はるのいざない」は不定休です。

施術開始時間10時から17時までとなっておりますが、19時まで遅らせることも可能です。

 

メニューと価格一覧は、こちら

 

ご予約・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>