「はるのいざない」☆ブログ編

自分を受け入れられなくて、ずいぶん遠回りしてしまったマッサージ師のブログです。
あなたはあなたの花を咲かせる。
その当たり前のことを、思い出してもらえたら嬉しいです。


テーマ:

中学だったか、高校だったか、正確な言葉も覚えていませんが、宗教の時間にシスターが、

イエス様が一番大切だと仰っていたのは何かというような質問をしたことがありました。

 

手を挙げた生徒がいたかどうかも覚えていませんが、

面白い先生で「それは、愛なんです」と、もったいぶりながら自分で答えていらしたのを覚えています。

 

では、イエス様がいう愛とは、いったい何でしょうか?

 

 

多くの子供たちと同じく、私もまた、家族の痛みや苦しみを自分のことのように感じてしまう子供だったようです。

 

おそらく、それが辛すぎたことも一因だったのでしょう。

 

思春期を迎える前に、私は、他の人ばかりではなく、動物や植物とも自分を切り離し、自分だけの世界に引きこもってしまっていました。

 

ねばならないという観念だけが肥大して、中・高時代は、バレーボールが生活のほぼ全て。

高齢になって、無理がきかなくなってきた祖母を思いやることも出来ず、頼み込んで買ってもらった犬が鳴くとうるさいと腹を立てていました。

 

そんな私にとって、好きな人が出来たことは、自分だけの世界から一歩を踏み出すきっかけのひとつにもなりました。

 

けれど、ともかく不安でしがみつくものが欲しかったため、恋をするたびに、

「私がこんなに愛しているのに…」

「私だけを愛して」

と、何度心の中で叫んだかわかりません。

 

家族の中に体調をくずした者がいても殆ど気にもかけずに、思い込んだ人に愛されることだけを願っていたあの頃。

そう、もちろん私は、彼に対する思いこそが愛だと思っていました。

 

けれど、ふられてふられて、あなたは自分を愛しているの?という質問から逃げることが出来なくなって…。

 

違う人にはなれないのだから仕方ないと押さえ込んでいた感情が噴き出して、

 

こんな自分を愛せるわけないじゃないビックリマーク

私は、私なんかに生まれたくなかったと大泣きして。

 

頭の周りの思い込みも随分とれて自分を大切に出来るようになった今は、イエス様が伝えようとした愛とと、あの頃愛だと思い込んでいたものが、イコールではないということはわかるようになりました。

 

またまた長いですが、愛に関する過去のブログも、宜しかったら読んでみて下さい。

 

 

 

 


にほんブログ村


健康と医療 ブログランキングへ                                     

 

必要な方にメッセージが届きますように、上記バナーをお暇な時に押して頂けると嬉しいです。  

 

東京都渋谷区千駄ヶ谷・せらぴーすぺーす「はるのいざない」では、

9月25日(日)から11月29日日(火)まで、

秋の特別価格設定で皆様のお越しをお待ちしております。

是非こちらから、ご確認下さいませ。

↓↓↓

★はるのいざない ホームページ

 

★めにゅー・価格一覧はこちら

マッサージ&タッチ・レイキDNAアクティベーション

 

★ご予約・お問い合わせはこちらからお願いいたします

 

10月30日(日)は、『秋のワクワク癒しの祭典』

に来て下さいね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

はるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>