七田チャイルドアカデミーとピグマリオンの両方を経験して、数の数え方(捉え方)の違いを感じました。

 

一例を出しますと、「下の積み木の数を答えてください」という問題の場合です。

ピグマリオンでは、2と3の固まりで5、という捉え方です。

 

七田の教室では、串だんご方式で数えます。
イメージ図を作ってみました。

 

 

「一番高い2階建てのところが1,2,3,4、1階に移って、5」という感じです。

あくまで私見ですが、もれなく数える技術は七田方式だけど、数の量感、センスを育てるのはピグマリオンという気がします。

 

どちらがいい悪いの問題ではないのですが、今のところ、息子にはピグマリオン方式で数量感を育てていきたいと思っています。