ひらがなへ興味をもってもらうために買ったものが、公文の「ひらがな ゆびなぞりカード」です。

 

 

指でなぞる文字の部分がくぼんでいるので、指先に刺激が与えられて、ひらがなを覚えられるというもの。

モンテッソーリ教具の「砂文字板」と同じ原理ですね。

砂文字板のように、サンドペーパーを文字の形に切ってカードに貼ってもいいと思うのですが、それはとても労力と時間がかかりそうで。

 

簡単な文字からスタート。なぞるのは楽しいみたいです。

文字を書く練習の前にも使えそうですね。

 

 

さて、難点は、箱から取り出してくるのが面倒なことです。

そこで、リビングに貼っているものの、息子が見ているのか見ていないのかわからない、家庭保育園の「あいうえお表」と合体させました。

 

 

家に余っているクリアファイルを12×9cmに切り取って、右辺と下辺をポスターのひらがなの枠に貼り、ポケット状にしています。

そこに、半分に切ったゆびなぞりカードを差し込んで完成です。(絵が描かれている方の半分は、いずれカルタにでも使えるかもしれません。)

 

 

好きなときに簡単に取り出してゆびなぞりができるようになりました。

 

 

<ご参考までに>