努力できる人とできない人の6つの違い

テーマ:
数々の「仕事のできる人たち」は、ほぼ例外なく努力をしていた。  無論、努力をしたからといって成功するわけではない。
だが、努力なくして成功はない。

流れ星精神論ではなく、方法論
やればできる。
根性が努力が足りない。
ではなく、努力の仕組み化をする。
『どうすればできるのか。何が足りないのか。』

流れ星才能ではなく、環境論
見えないものではなく、見える環境。
『成功者の周りには成功者がいる』

流れ星結果ではなく、過程
『なぜ成功しないのか。ではない』

流れ星努力とは習慣
『小さな成功を積み重ね、習慣とする。』

流れ星達成感ではなく、学習感

流れ星努力とは信仰
努力をしたほうが良いかどうかは、本質的には誰にもわからない。
報われる保証もないし、結果がでるという客観的な証明もできない。
だが、「努力をする人」は、「努力をすることの価値」を信じている。それは一種の信仰であり、証明を必要としないものである。
流れ星感想
みんな言います。こうありたい。こうなりたいと。でもなぜ叶わないのだろう!?の根本を見つめた記事から考察。
好きな言葉『常にWhy?を。』を何度も噛み締めました。。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご感想、ご意見はこちらまで❗
中村はるき 公式ホームページ
http://nakamura-haruki.net/

twitterアカウント
@nakamuraharuki1

ご相談、ご連絡はこちらまで⬇
nakamuraharuki@outlook.com
大東市議会議員 中村はるき
「政治に未来の声を。」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考文献:安達裕哉
http://blog.tinect.jp/?p=14757